ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

竹中直人

「ようこそ、わが家へ」1 ☆☆

ほんとにあの男なのかなあ……?


呑気なタイトルと裏腹に、見えない相手にじわじわと追い詰められていくサスペンスというか。原因の理不尽さがもうホラーの域というか。

事なかれ主義者のはずだった主人公健太(相葉雅紀)が、たった一度声をあげて割り込みを注意したことから追いかけ回され、庭を荒らされ、ゴミを漁られ、仕事の邪魔をされ……


それだけでも十分犯罪ですけど。

ポストに子猫の屍体を詰め込まれるに至っては、もう放火や直接襲われる事態目前でしょう。とっととセコム入りましょうよ。監視カメラ設置も必要よね

この後に及んで、若い妹(有村架純)を送り迎えする様子もないとか家族が呑気でもうイライラするー(><)


旦那はなぜか、父親(寺尾聡)の部下(山口紗弥加)が怪しいと譲りません。いやいや、優柔不断に腹がたつなら会社のロッカーでも書類でも荒らせるでしょう、なぜ家に。それも罪ない花や可愛い猫ちゃんをw


そんなわけでハラハラはしましたが、本当に電車でもめただけの相手がここまで執着してきたんだとして。もしくは妹のストーカーだの、ご近所問題や仕事先でどうこうだったとして。3ヶ月かけてどう盛り上げて、最後はどうなれば溜飲が下がるんでしょう。

泣いて土下座されたとして気分悪いだけでしょう… この先の展開に期待がもてませんです。 


それと、親子で海釣りの最中に若者グループに絡まれて、その場を引いた父の弱気に落胆したという主人公なのですが…いやいや。子連れで喧嘩を買っちゃダメでしょう。お父さんの判断は間違ってないのよ。

(ただ出張旅費2重取り問題は……録音ぐらいしておくべきでした。保身のために役立つのは、強い相手のいいなりになることじゃなくて対応策の確保だよね)


さて2話を様子見。
あ、そういえばエリカ様いたっけ。月9なのにラブは絡まなそうな配役ですね 

「上流階級~福久丸百貨店外商部」☆☆☆

神戸を舞台に、あなたの知らない外商の世界。面白かった!


上客はデパートに足を運ばずとも、向こうから品を持って来てくれるよ

と、ざっくり噂には聞く外商システム。ケーキ売り場のバイトから上り詰め外商部員になって奮闘する、庶民上がりのヒロイン鮫島(竹内結子)とともに視聴者も外商の世界を学べちゃう。
 

じゃあ何を売るって指輪や時計や洋食器。それだけじゃなくケータリングや孫が欲しがるライダーベルト。果てはお葬式まで受注…!!

難しいのは、人気商品、企画をすればいいというものじゃなく、基本は実績とカタログ。既に取引のある=実力も危機管理も保証済みの会社をお勧め。つまりは安心と信用なんだと繰り返されます。
親しくなるあまり、友人のようになってもいけない外商部。むむむ。 

神戸セレブを演じる高畑淳子や浅野ゆう子が手強かったですねw
セクハラ親父渡辺いっけいが、薄幸松雪泰子を囲ってる愛人じゃなくてよかったw


でもマダムに好かれて稼ぐイケメンくん(斎藤工) もいたりするんですが……

そいつと同居?え、ゲイ!

離婚の危機?
ノルマに届かないとクビ?

いやあ、てんこ盛りで楽しかったです

男ばかりの外商部、女の鮫島を邪魔にしていた面々がずらっと葬式の手伝いに来てくれるところはお約束とはいえうるっときましたよねー。


しかしあのタイ式キラキラの葬式はどうなのかw

故人の意思通り賑やかにするのは素敵で、確かにあれなら孫がおじいちゃんからの最後のプレゼント、変身ベルトをギュイーンと光らせてお別れでも大丈夫ですが。

クリスマスシーズンで電飾が集まらないからって、クリスマス用のを横流しして後で戻すって。納期遅れは半額割引で許してもらってOKとしても。我が家を飾る電飾が、3日間葬式に使われてましたよなんて大激怒なんじゃ…(^^;;;)


…と思ったら、金持ち喧嘩せず?皆さん優しく、お役に立てて光栄だとまで。顔の広いクンさんと友達だったのかな。

今後も担当は是非鮫島で、なんて電話があるばかりか、『さすが福久丸』と寺の電飾が話題になって会社の株もあがったそうでよかったよかった(上手く行きすぎですがねw)


伝説の外商葉鳥さん(草刈正雄)と鮫島の触れ合いも美しく、お客様のために!というスローガンも心地よく見られます。

デパートを宝石箱みたいなところ、と愛する鮫島を応援するしかないでしょう。

震災20周年を迎えて、崩壊した映像ばかりの時に綺麗でオシャレな神戸が見られて嬉しかった、という公式HPの投書にもハッとしましたね。 


連ドラになったりするかしらん。
その時は、恋の行方が楽しみですねえ。イケメンくんと鮫島、じゃなく羽鳥さんとのw 

「都市伝説の女part2」6 ガンダム

救急車呼ぼうよ!


ファーストガンダム当時からおたくな身としてはなんともむずがゆい回でした。豆知識と都市伝説は違うし!!!
しかーし、それ以上に破壊力が強かったのが謎解きパートの映像です。裸で放置(><)
 

仮にも恋した人が亡くなってるのに、蘇生も試みずにまずデータの心配って鬼畜でしょう~。おまけに教授は全裸ですよ全裸。

いくらワンルームだからって、風呂場の人に声をかけ、応答がないと覗き、様子が変だと駆け寄り←この時点でただの居眠りなんだったら激怒ですよねw で、感電と悟るや救命もせず、パソコンとりあげて中味確認です。全裸の股間をちょうど隠してたパソコンを元の位置に戻すまでの間の、遺体の情けなさを想像すると泣けて来ます。

これは恋人未満だったお嬢さんにやらせる役じゃありません。バスクリンで水白けりゃいいってもんじゃないでしょう。よほど憎んでいる相手でもなければ、長年つれそった古女房ですら可哀想で代わりにバスタオルぐらいかけてあげたくなるレベルですよね。


3億円事件で「クロコーチ」、今度は「安堂ロイド」をパロディ、次回はなんと吸血鬼で「彼岸島」までターゲットですよ。もっと続けて、話題の「リーガルハイ」や可哀想な「夫のカノジョ」もいれて盛り上げてくれたらいいのにー。
あと白衣着て「私、失敗しませんので」と「ドクターX」も是非! 


ラストのロボットダンスは不思議で素敵でした。

「都市伝説の女Part2」1 ☆☆

音無月子、絶好調に帰国しての新シリーズです。

旬の富士山を背景に、本栖湖のモッシーだの樹海に隠れ住む民だのw アマゾンならともかく樹海程度の広さでどう隠れ住むのw


縁が切れたかとせいせいしてた元上司たち「丹内班」まで、新組織「非科学事件捜査班」UIUに巻き込んじゃっていい迷惑です。県警相手に

「都市伝説が」

と言えなくて、モゴモゴごまかす竹中直人がオモシロ可哀想(><)あ、オアシス大久保が出てきて無謀にも月子(長澤まさみ)とスタイルを競い、溝端くんにセクハラかましてたのも笑ったw

でもまあ、別に毎回感想を書く程のことでもないかなあ。

遺体を洞窟から動かした理由が全然納得出来ない上に、距離も方法も大変すぎる&目撃されるでしょ! と無理あり過ぎても、どうでもいいもんねー。

声がオダジョーのなんとか君が失踪したそうで、Part2の最終回は彼からまた電話がかかってきて終わりかなw 


映画「くちづけ」☆☆

笑って泣いて。

障害者たちの噛みあわない会話がまるでコメディで、あったかくなりました。その分、訪れる不幸に泣きました。グループホームが舞台の、笑って泣ける映画なんだってよ!と、障害者家族の会メンバーで見に行ったので他人事じゃなくて、もらい泣き必至。

…でも全体としては納得いきません。


本当なら、いろんな人に大切にされて楽しく暮らしていける筈の娘さんだったのに(貫地谷しほり好演)

舞台のグループホームも、古いけど吹き抜けや庭が気持ち良さそうな素敵な居場所だったのに。

「オレじゃなきゃ」「オレが居なくちゃ」

と囲い込んだ結果、身動きとれなくなってちゃダメじゃないですか(竹中直人も好演だったけどなー)


まあ、ネットでの評判をみたら皆さん胸を痛めて障害者の現状に興味をもってくれた様なので…啓蒙には成功なのかな。でもやっぱり物語の中で、他の道を示して欲しかったです。寮母さんの台詞に「一言言ってくれれば」とあったけど、そんなご近所助け合い以外の選択肢ね。

この映画を見た若者が将来障害のある子を持って、『親子心中上等』な結果だけ思い出したら悲惨じゃないですか。これが「実話」でも、イコール「正解」じゃないってことは一緒に伝えておいてくれないと…。 成人の障害者も、案外街で普通に暮らしてますよ。全員犯罪者やホームレスになってるわけじゃないからね!
(例えば子どもさんが自閉症と診断されて思い出すのが「レインマン」だと、なんだかやっていけそうな気がするでしょうw)



なので、観賞後、家族の会でくっちゃべったことを下にまとめて書いておきますのでご参考まで。

そして逆にそこでは黙ってたけど、漫画ファンとして黙っていられないのは、あの掲載誌。違うでしょー!!

いっぽん先生のあの作風なら、青年誌。モーニングかアフタヌーンっぽくしましょうよ。何故マガジンみたいな少年誌w 表紙の遊戯王みたいな絵がいっぽん作なのかとびっくりしちゃいましたよ。 


↓ここから具体的にああすればこうすれば満載w↓


☆脱走は、本人に中古GPS携帯でも持たせればいいのに(障害者割引もあり)

☆てか、あんなに脱走される施設の責任を問え。契約先を変えるべき。

☆障害者=ダサイ服って腹立つ。うーやん妹は兄にオレンジでオシャレさせて。

☆娘の障害の為に定職につかなかった発言が意味不明。

(小中学校に養護学級も特別支援学校も、放課後サービスだってある。シングルで障害児育ててる社員なんて普通にいる。ショートステイでもガイドヘルプでも居宅支援でも……本人の介護度が低くても父親も病気ならいけるいける)

☆障害者の兄が原因で破談。それは現実問題あるかもしれない(ご近所に侵入してカレー喰ってる兄だし、イキナリ馬乗りで殴り掛かって謝らない謝らせないし。周辺で聞き込みしたら評判酷そう)しかし、35才兄を妹が引取るとかありえない。職もありグループホームで自立していた環境からじゃ逆行w 自分の子どもたちには絶対させたくない選択。

☆人が減っていって閉鎖になるグループホーム、もったいない。

 昼だけも受け入れるとかいっそ人数を増やして補助金額を増額、雇用人を増やして、と拡大経営をして欲しかった。運営側が医者って、夜間でも安心なイメージで近所にあったら預けたい。

☆橋下愛がうるさい。

 知的障害者の近くでは優しく喋って欲しい←他人にそう怒鳴っている橋下愛が一番うるさかった(「あまちゃん」で彼女に、無口でたまにキレると怖い役をさせているクドカンは使いどころを分かっている)
☆後見人制度を利用する(←親の死後、障害者年金などの収入や身の振り方を責任持って見守る他人を自治体が世話してくれる、らしい)


うちのも失踪癖があって、お金の価値は分かってない模様です。それでも刑務所や公園で暮らしてる将来を心配したことなんてない…のは、私が死にかけてはいないからでもありますけど。1人で育ててきたんじゃないんだから、まさかの時にもきっと誰かが気にかけてくれると信じたいからです。 
障害者福祉は無駄遣いとかって流れになりませんように。障害者を安心して託せる社会じゃなかったら、自分が老いたり傷ついたりした時に暮らせないもの(><)

「都市伝説の女」3× 、4☆☆☆

音無月子、走る!!


惜しげもなく美脚をさらすのは毎回ですが、今回は天狗の総本山高尾山参りでテンションMAX、参道を山道を走る走る。追いかけて鑑識くんも走る走る。楽しい回でした。

「天狗だなんて冗談かと」

と口を滑らせて、月子の逆鱗に触れる鑑識くんw 慌てて都市伝説を勉強して出直してくるとか下僕w そんな彼の得意分野、脅威の記憶力をちゃんと役にたてつつ捜査もして、事件は見事(?)解決します。
突然の突風が犯人の邪魔をすること幾度……残る黒い羽と映像。
今までの花粉だダイヤだホクロだという小さな『証拠』じゃなく、初めて本当になにかありそうだったじゃないですか。毎回こうだったらなー。


なにしろ前回のドッペルゲンガーは酷かった。

3人目の同じ顔の謎、はさておき。

最後の謎解きでは教会から控え室、更に沼まで、犯人も一緒にぞろぞろ移動ですよ、何やってんの? 旦那はまだ立場上逃げられなくても、浮気相手は

・警察に呼ばれても来ない

・交差点で追われた足で逃げる

・偽装工作後、高飛び

と、いろんなポイントで消えられたでしょう~、本当に殺してるんだから!

(それに、本当に他人のそら似なのか、生き別れの双子や父の隠し子じゃないのかを調べずにドッペルゲンガー扱いされても困りますよね)


それにしても荻野目慶子の変貌は……テロップでびっくりしました(><)

「完全なる飼育 メイド、 for you」☆☆☆

西村雅彦が出演してるから録画しました。
まさかこんなエロ映画とは~。でも結構面白いじゃないですか~。というわけで☆3つ。(上映時は、濡れ場だけ3Dだったそうですw) 

イケメンなのに内気で非モテな主人公(白いシャツで、小柄なL風)は、メイド喫茶の苺ちゃんに夢中です。プレゼントを渡そうと必死すぎて不審者と間違われ……気がついたら彼女を監禁してました(^^;;;; ) 
正確には、もみ合ううち気絶しちゃった彼女を連れ帰り、でも騒がれても困るのでちょっと拘束←ここがもう間違ってるんだけどねー。

しかし漫画喫茶って、監禁するには実際便利で驚きでした。軽食、飲み物が既にあって、衛生設備あって。もちろん主人公が雇われの身とはいえ漫画喫茶の店長だから「臨時休業」にもできて、監禁できるんだよね。と、思いながら見ていたら、そのまま平常営業かい!怪しまれながらプレイかい!!
最初は抵抗していた苺ちゃん、当然だんだんと主人公にひかれていきます。監視カメラも駆使してやりたい放題、案外楽しげなマン喫幽閉ライフ。苺の存在がバレて終わりになるかと思いきや、他の苺ファンの乱入で手に手を取って外の世界へ逃避行です。
そして苺に案内された「私の部屋」とは……廃墟。彼女も家をなくしたネカフェ難民の1人だったのでした!
時代を切り取ってますね~家族がない家がないことで、失踪が騒がれない伏線にもなっているのは勿論のこと、その廃墟も当然、ムード満点なエッチの舞台になるわけで万事抜かりがありません(笑)

監禁強姦でも純愛、という勝手なドリーム。ストックホルム症候群丸出しでもありますが、主人公に都合がいいのは世の創作の習いなのでOKです。ただ男性視聴者は、同じ苺ファンなのに悪役の脇役”ブサ男”の存在は気にならないんでしょうか?彼と主人公の違いはただタイミングと……顔だよねー(^^;;;)

ラストはちょっと意外なハッピーエンドで、徹底的にドリームでした。話せば警察もわかってくれるでしょうに~。

ところで西村さんは、スエットでマン喫に居座るダメ中年。どの漫画も2巻だけ集めてきて大量に抱え込むという地味な嫌がらせで、店側と揉めています。2巻ないのは嫌だよねー(笑)竹中直人はマン喫のオーナーで、無断で臨時休業にした店長を叱りに来ます。

「フリーター、家を買う」6 ☆☆☆☆

今回ついにお父さんのターン!

ここまで、とにかくいかに父親(竹中直人)が空回りで諸悪の根源なのか、の描写に力を入れてきたこのドラマ。
もちろん毎回、息子(二宮和也)の成長だの母の鬱病発症やその原因だの、娘の嫁ぎ先や息子の職場の人間関係だの、あれこれ描かれるのですが、親父はやっぱり息子の変化など気づかず、母の病も理解せず協力せず、ご近所のイジメも親父の失言のせいなら母の入院も親父が酒飲ませたから。ダメダメです
それでも、飲ませた酒がプロポーズの時と同じだったとかね、不器用な父なりの愛情もチラ見えたりして。食事でも誘ってみようとした息子がみたものは、若い女と連れだって歩く親父の姿。うわー。 

まあ順当に考えたら不倫、でなかったら隠し子(^^;;;)

衝撃の事実なのに、問い詰めずにただ不機嫌な息子にイライラしました。で、やっと観たとばらしても今度はろくに言い訳をしない父親。対決なしに家出です。まったくこの親子は……(><)
ホント毎回、ドラマチックにはほど遠い些細なやりとりがじわじわと続くのですが、どう転ぶのか気になって目が離せません。

で、男らしい姉さんを呼んで女のところに乗り込むわけですが、これまた愛人認定でろくに相手の話を聞かず(笑)折良く父が来ればベランダに逃げる(^^;;;;)まったくこの姉弟は!!
でもそこで聞けた本音は、素直になれず家には居場所のない親父の哀しい叫びでした。

いやはや、パソコンぐらい覚えろよとか、自分の態度が悪いと自覚があるだけになおタチが悪いぞとか、つっこみどころばかりでしたけど、尊敬のまなざしで見てくれる他人にだからこそ素直になれたのもまた分からないではありません。
苦学生に援助するのもキャバクラで浪費も、この場合同じことでしょう(一応拒みつつも結局お金をもらってた、この女の素直さがまた、タチが悪いんですって)

母の退院にあわせて戻ってきた父親。「女と別れた」とか見栄を張る(足長おじさんだったくせに!)親父に、話を合わせてやる息子はまた1つ大人になったのかもしれません。

そんな主人公家族が右往左往している頃、隣の家では印鑑詐欺だかなんだかが静かに進行中。母を苛めてる困ったおばさんにも、息子に軽蔑され暇をもてあましストレスを抱えるそれぞれの事情があるのでした……えー、引越決めたら派手にバトルしちゃえ!と思ってたのに、相手の人生も描いちゃいますか? 

職場の恋のフラグあれこれといい、登場人物が多くて。で、家はいつ買うの?と時々我に返るのですが。
今週も観るのだ。

人気ブログランキングへ

「フリーター、家を買う」1☆☆☆

新人研修、懐かしい~(笑)
電信柱にこそならなかったものの、泊まり込みで似たようなことしましたよー。
で、無茶を言われて苛つく主人公は3ヶ月で会社を辞めちゃいましたけど!!後に他社の面接で「変」を連発、でも下手したらその会社でだって同じ様な研修してるかも。同じように嫌な上司だってどこにでもいるんですよ。
というわけで、
「どこかに僕の能力を評価してくれる上司がいる」
と、次の仕事も決めずに退社し、バイトも続かない主人公はおばかさん。いくらニノでもこれは駄目だわ(><)
そんな息子を正論だけで追い詰める父親に竹中直人。板挟みのお母さん(浅野温子)がとうとう心を病んでしまいます。姉さん(井川遥)だけが救いだけれど、嫁いで子育てしている身で……。

気がつけば、殺人もロボットも出てこない、超貧乏でもない、普通の家のホームドラマを久しぶりにがっつり観てしまいました。
こども側の論理で主人公を擁護してみたり、親の立場で非難してみたり、どちらかだけが悪者とは描いていないので、いろんな見方が出来るのでは。 

ガテン系バイトで香里奈にガツンといわれて、さあ次回から目が覚めるのか??(レギュラーだよね?ってことは、ここの仕事は長続きするの??)
まだまだ家を買う日は遠そうだけど、いっそそんな突飛なことせず、普通に彼が再就職して地道に暮らすまでを描いて欲しいと思ってしまいました。それじゃタイトルに偽りありですがw

映画「ワンピース ストロングワールド」☆☆☆

竹中直人がスバラシイ!!

敵「金獅子のシキ」の声をあてているのですが、主人公側である「麦わらの一味」が大人数にそれぞれ見せ場をつくって分散している分、誰よりも喋っているのはシキですから!気がつけば2時間たっぷり竹中直人を堪能してしまった映画でした(^^;;;)

今回、原作者が総指揮を執ったとか、入場プレゼントに書き下ろし単行本がもらえるとか、私のような原作は全巻買ってるけどアニメはスルーだったファンでも思わず食指が動く見事な話題づくり。満員の客席は子供や若者ばかりで多少お行儀が悪かったのですが、同時に原作でもよくやるしょーもないギャグの天丼にストレートに笑ういいお客さんでもありました。こういう映画は映画館がいいね!
 

<大事な仲間>がさらわれる、助けに行く、まとめちゃえばそれまでの話なのですが大満足でした。

故郷の危機に、即「帰る!冒険はまたすればいい!」と言い切るルフィにはちょっと驚きましたが、まあそんな奴かも。そこも、原作者がそう言わせてるなら文句のつけようがないです。迷子のゾロ、何よりまずレディのサンジ、この2人の距離も丁度よかったですねー。

次から次へと出て来る怪獣(?)たちの造形も秀逸!尾田さんの絵が好きだー。

そして、どんなにみんなに見せ場があっても、やっぱり最後はルフィがカッコイイ!王道主人公の大活躍でありました。(最後の大事な一言は、少年漫画なんだからあれで正解ですが私の脳内ではもっと違うこと想像しておきます) シンプルな黒スーツにカラーシャツのルフィ、メンズノンノでしてた変なかっこより余程オシャレでした。腹筋むき出し&裸足が一番似合うけどね!

そうそう薬だけは、もっとたくさん残して渡してあげなきゃ駄目でしょーと思いましたがダクトグリーンがもう存在しなければあれでいいのかな。

期待の0巻は、薄い上に漫画は少なめでした。でも単行本の横に並べて大満足です(家族と行ったので2冊。台詞が違うところがあってビックリ)設定資料やインタビューが読み応えありました。
さーて、新しい本棚に並べ直した事だし、久しぶりに1巻から読み直して見ましょうか!! 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ