ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

窪田正孝

「4号警備」~最終回 ☆☆☆☆

毎回、濃いい30分でした。
時間延長すれば盛り上がると思ってる民放ドラマ、これを見習ってくださいよ!

2話、スピードワゴン小澤演じるストーカーが若いお嬢さん(阿部純子)の自宅にまで潜んで襲いかかるわ、誘拐するわ。どちらも決められた警護だけしていたら見逃すところを、部屋に送り届けてからも気を配る朝比奈、GPSを複数仕掛けた獅子丸という合わせ技で追い、最後は命がけで彼女を救う。もうこれはほんとに惚れるしかないでしょー!

と、思ってたら3話でなんと、ストーカー被害で失職していた上野さんが同僚として入社している盲点w それでも始めは石丸にばかり懐いていて
『若い男性は怖い』
と朝比奈と距離を置くところに心の傷を感じたものです。そのうちぐいぐい来ましたけどね!

不動産屋社長の自宅、選挙事務所、奥さんの職場とあちこち警備する間に、石丸さんが社長だった過去を知り、娘の楓と朝比奈が出会ったり。基本「話せばわかる」と思っている石丸の甘さで、DV被害者である奥さんの逃亡に支障が出たり。朝比奈の恋人を殺したストーカーも出所、何故かぐいぐい来てる上野さんでなく楓の方を朝比奈の恋人と認定……ってそっちの方が好みだったとかそういうことですか?
ともあれ、段々とお互いの長所短所を理解し尊重し、補い合う合う仲になった石丸と朝比奈は、多分最後になる危険な仕事を「二人でなら」と引き受けるのです。これぞ4号警備!萌えますね。

そして最終回。マフィアがらみの警備で殺し屋にまで狙われて大格闘!ピーンチ!…を、切り抜けたと思ったらなんとそこにストーカー君(賀来賢人)も隠れているという。流れ弾でも当たれば良かったのに。
しかも楓を誘拐監禁、爆薬を仕掛け済み。
代わりに俺を撃ってくれー!という父石丸の叫びもちゃんと双方向通信で娘さんに届いていて無駄ではありませんでしたが、実際に撃たれたのは石丸でなく、ブレットキャッチャー朝比奈!いくら『大切な人を、今度こそ守れた』という事実が朝比奈君に必要であってもこれは……てか防弾チョッキも無しにそんなorz  
それ以降みんな楓を忘れ、死にかけ朝比奈の心配しかしなくなってしまって、その辺は作中唯一の不満となりました(><)
まあストーカーもショック受けてたし、その上美人社長の『可哀想な子』扱いで心折れ、逆切れの自殺や楓の膝の上の爆弾起動もせず逮捕されましたから……楓はすぐ無事保護されたのでしょうけれど。

明るいエンドは、続編の希望も持てるもの。朝比奈&獅子丸コンビで4号警備、また見たいですよね!

「ヒトヤノトゲ 獄の棘 」~最終回 ☆☆☆

見応えありました。泉谷しげるファンに大プッシュ!もちろん萩原聖人も小澤誠悦も、窪田正孝もナイスでしたよw

刑務所内に横行する、裁判や面会人をネタにした賭け。組長(泉谷しげる)への便宜。
不正を一掃しよう!と燃える看守長(小澤誠悦)が武島(窪田正孝)に頼む証拠探しだって、録音機器持ち込みは違法だったり、録音内容で武島も叱責されたりと詰めが甘いw 美人の面会人が通い詰めての獄中結婚は美談かと思ったら、実はそれもヤクザの差し金で夫のマンションを売り飛ばした金は組長の懐へと、もう怖い怖い。

でも、囚人と通じるような奴はみな不良看守だろうと思いきや、案外取り込まれるのって真面目な人でした。上からも気をつけろと重々言われてるのに、逆にそれが足枷になるんですね。見回り中、ちょっと雑誌を拾ってやっただけなのに、実はそれが不正持ち込み品。『違反に手を貸した』と言いがかりで脅され、バラされたくない一心で次は自ら差し入れをし、伝言を引き受け、気づけば組長の息のかかったタダ酒呑んで、ヤバい女と寝てしまっているという泥沼(^^;;;;)
それに気付きながら、もう止めろと助言だけして見逃した武島だって親も刑務官だったことも真面目なところも同じ。狙われるのは自分だったかもしれませんよね…。
しかし彼には、父の死という大きな反発が。真相を知っているげな組長に近づきたくもあり、殺人かと憤る気持ちもあり。取り入ろうとしたら、保身を捨てて告発しかねない彼の危うさを組長みたいな奴は見抜くのかも。

そんな中、看守長が強行した組長移送から暴動が起き、組長と手錠につながれたまま捕らえられてしまう武島。
手下たちの組長愛がすごいのですが、紛れ込んだ裏切り者が刃物を手に組長を狙い、乗り込んできた教育係(萩原聖人)が刺されてしまいます。そもそも、武島が賭博をばらして左遷されたんだから来なくてもいいし、組長を守る義理もないのに。土壇場で職務の真髄に迫るのがこの不良元看守なことが皮肉です。そして、どうせ先のないこんな暴動、どう納めようかと思ってるだろ?と痛いところをつくのもこういう柔軟な輩。
工具で、手錠より武島の腕を斬ってしまおうというチンピラを寸前で組長が止めてくれるまでの緊迫は印象的でした(手錠と窪田正孝、セットでよく見ますがコメディでも通常逮捕でもないのはレアではw)

そして明らかになる武島父殺しの犯人と真相と、証拠の在り処。
いやつくづく主人公は組長でしたしw これからの武島は誰の背を追って成長していくのか気になるエンディングでした。

「4号警備」1 ☆☆☆☆

30分とは思えない内容の濃さの上、イケメンで眼福。大満足です(^^)

民間警備会社の業務には各種あり、1号:施設警備、2号:交通誘導、3号:貴重品運搬、そして4号が身辺警護。
1号2号の仕事から、4号に回されることになった石丸(北村一輝)の臆病さとオタクなこだわり、元警察官朝比奈(窪田正孝)の機転と行動力が噛み合わさって、ゴールデンコンビが生まれるのか?

番組冒頭は外国人(セイン・カミュ)の要人警護。記者には囲まれドローンで爆撃されるド派手な犯罪! でも銃で反撃できるでなし、ただ走って逃げ続けて商店街に追い詰められて、上着で包むというローテクでドローンを捕まえて爆弾をポイーって、その投げた先に人がいたら大惨事なんですけど。大丈夫だったようでホッとしましたよ(^^;;;) そして立ち回りが済んだところに、やっと車で参上の石丸。要人と朝比奈を収納して撤収……ってw あちこち壊れてそうなのに、名刺ぐらいおいていかなくていいのかなw

そんな二人の初4号は、相続絡みで命を狙われている盲人広瀬(水橋研二)の警備でした。電車のホームから突き落とされ、交差点では車が突っ込んでくる、でも仕事にはいつも通りに歩いて通いたい!

手錠も手帳も銃もない民間警備、依頼には費用が発生するので必要でも高すぎたら払えない代わり、払うならわがままも言える、警察とはちょっと違う角度から考える安全や警護が新鮮です。
メンバーそれぞれのスキルや動機も違い、警察出身の朝比奈は格闘が出来、過去のなにやら不幸な事件から身辺警護にこだわりがある模様。対する獅子丸……もとい石丸は、人は嫌いだし動くのは苦手。普段の北村一輝からは別人のおどおど中年に仕上がっていて、二人の対比が秀逸です。

服装も朝比奈がカジュアル革ジャンなら石丸はかっちりスーツ(ただしちょっとモサいw) 通行人みんなを疑って猫まで気にする石丸の報告は朝比奈をイラつかせ、でもだからって路上で怒鳴る態度(と、靴の音!)が嫌だから離れて歩いてと言われるのは朝比奈の方w
意地でも普通に暮らしたい広瀬への対応も
「死にたくなければ家にいろ!」
と胸ぐら掴んで怒鳴りつける朝比奈と、そこでは黙して上に担当替えを願い出る石丸とでは真反対なわけですが……。

傍目には暴言でも、朝比奈の真摯な思いやりが広瀬には嬉しかったそうで(靴もちゃんと替えてたしw)、せっかく警備がいるなら普段行かれないところにと思い出のバスケット観戦に。いやそれ、警備的には更に大変で危険も増加でしょ、案の定ナイフ持って群衆に紛れて狙ってきたじゃないですか!でもそこは腕に覚えのある朝比奈の格闘で無事に犯人確保に至りましたよ~。防御一方の格闘がこれまた新鮮でした。

文句たらたらの石丸も結局現場にもどり、次回はストーカーに悩む女性の警護だそうです。20万円なんて払えない!と相談だけで帰ってた人ですよね。費用はどこから、そして無事に守ってもらえるのでしょうか(惚れてまうやろー!)

「獄の棘 ヒトヤノトゲ」1 ☆☆☆

wowowドラマに字幕がついて幸せです。

父の務めていた刑務所に、同じ刑務官として勤務を始めた青年武島(窪田正孝)は、いじめや不正が見て見ぬ振りをされている腐敗ぶりに驚く。しかしいじめられている服役囚を助けようとした浅知恵は本人の犯罪者なりのプライドを傷つけ自殺騒ぎに。新任の看守長からは密偵を頼まれ、先輩刑務官からは不正なギャンブルに誘われ、父の死に裏があるのかとほのめかされる……。

場違いな好青年を窪田正孝が好演しています。明るいブルーの刑務官の制服と制帽も似合いでコスプレとしても必見w
牢名主の泉谷しげる、腐った先輩刑務官の荻原聖人、看守長に小澤誠悦と豪華共演者で今後も見応えもありそうですねえ。ただし犯罪絡みはやはり不愉快。武島が助けようとした囚人も、芸術家肌のいいやつ風に見えてその実、収監された原因の犯罪は幼女ばかりをねらう性犯罪ですからね……orz 父の死の真相も重苦しい話になるのは間違いなく、気軽に見られる楽しいドラマではないのがなんとも悩ましいところです。


「火村英生の推理」6、7 ☆

「こんな綺麗な景色の下で」
のセリフに吹いてしまいました。美意識それぞれとはいえ、トラックですよ。
事件当日に現場で描かれた素人絵を見ながら言うのですが、画力はともかく、画面の左半分がどーんとトラックなんです。海が見える崖までわざわざ絵を描きに来て、自分が乗ってきたトラックを入れる構図が謎です。そんな絵、アリバイに使うのか車屋に飾るのか……ああ、崖下の被害者は木陰ならぬトラック影にいたんですねえって。
もうヤダorz

被害者が2度殺された内訳、撲殺と崖の上からの投石も、なんで同一人物の犯行ってことになったんですか。

マンション階入れ替えのトリックはなかなか興味深かったですが、鑑識が仕事してれば両方にいたことってわかりますよねえ。というか、そんな面倒臭い挑戦をなぜしちゃうのか(^^;;;)
 

シャ十軍の姐さん脱走の経過もお粗末でなんだかなあ。
家族を人質に脅すのねえ。その刑事は洗脳で判断力をなくしてたとしても、刑事のスマホにそんな証拠画像送って同僚の目に入りそうなもの。覗き防止フィルムでも貼らせておきましょう。
 

そんなこんな文句いいながらも、クッションでわちゃわちゃお手玉するアリスは激かわいいとか時々楽しいので見続けていますが辛いです。
そうそう、火村の推理にのっかって推論の心理描写を語りだす時のアリスはうざくてイヤ。推理ドラマで謎解き場面がイヤですみません。
 

原作読んでみました「46番目の密室」スペシャルであったらクリスマスを楽しむ二人がみられるなあ。←逃避w


「火村英生の推理」5 ☆☆

『1日早く殺していれば上手くいったのに……』
火村から犯人への、俺ならもっと上手くやる、とも取れる助言は印象的でした。心の声? 自分の中のそういう部分も突かれているようでドキッとします。

しかし事件はいつもにも増してつまらなかったですねえ。
倒叙で犯人分かっているのに、捜査も最初っからそいつだけが容疑者だもの。もちろんいつものシャ十軍や、いるの忘れてた女子大生がやっと申し出た捜査依頼や火事の記憶と、今回他にも割く時間が多いので捜査が寄り道するような複雑な事件を解いてる時間はなく、シンプルな推理でオッケーですけどね。だったらサイコパス描写も別に要らなかったのでは。
その分火村と有栖のイチャイチャが目立ちましたねえ……なんですか、部屋の隅で耳打ち!なんですか、喫茶店での息のあったやりとり、けしからんもっとやれw

『いつから自分を疑ってたのか』と犯人が聞きますが、キーホルダーのトリック以前に通報から変ですよね。
自室で恋人が意識不明、ならまず呼ぶのは救急車でしょ。首が取れてる腐ってるって状態でもなければ、助けようともせず警察呼んでる時点で死んでて欲しいのかと思いませんか。
その辺を補強するためのサイコパス描写なのかなあ。有栖の小説の殺害動機は結局、どうなったんでしょうw
(通りがかった息子。大家さんと有栖のやりとりに、「次の本が楽しみで生きてる」と言いつつ「早く次を書け」は無茶振りだと文句を言って去って行きましたw そこは高齢者の鉄板ギャグだから言わせてあげてw)

来週は、火村と有栖が「ヒガンバナ」にカメオ出演。
こちらには「山猫」から誰か来るそうで、じゃあ「山猫」には「ヒガンバナ」から誰か出るんでしょうねえ……。そういう話題づくりより、もっと面白いもの作ってくださいよお。

ところでJDの『母屋がごうごうと燃えていました』のごうごうのイントネーションが平板で気になりました。「ゴーゴーとツイストを踊る」に近いごうごうw 意味をわからずに丸覚えしたのかな、演出は擬音らしい力の込め方を指導してあげてくださいな。 

「火村英生の推理」4 ☆☆

「あれは医者」「ツレは看護婦でおそらく不倫」
と、居合わせた別の客を品定めするという趣味の悪~い遊びにふける火村と有栖。またそれが当たってるから始末が悪いんだけどさ。じゃあ自分たちははたからどう見えるのかって推理はせず。
泊まり込んだ有栖の部屋では、行き届いた朝食を作った火村に「新婚か」と例によってのカップルごっこを始める2人。ホント脚本は『家に出入り』にイヤってほど重点を置くけど、ソコジャナイ、ソコジャナイんだってば(^^;;;)
有栖の初恋が描かれているというのに、彼女はすぐに手首切ってしまうという甘酸っぱいよりは重苦しい記憶になってますよ。

そして事件も、例によってかなり無理めで自宅の繭で死んでいた男。
2人が別々に隠蔽工作をしたためわかりにくくなったものの、逆に言えば2度正直に通報するチャンスがあったし救急車も呼べたかもしれないのに、水漬けで死んだオジさんかわいそうに。あ、でも火村の推理通りならまず最初に殺人を試みたのは死んだオジさんで、返り討ちにあったんだから自業自得ですが、もうそれはどうでもいいんです。
あの豪華めのマンションに、出入りを見張る防犯カメラもないのかいとかつっこんでも仕方ないのでいいんです。
火村と有栖が付かず離れず、軽い悪態を付き合いながら仲の良さを振りまく様子が楽しみで観ています。事件起きずにずっとそんな無駄口叩きあってくれていてもいいぐらいですよ。

なのに毎回なんとか十字軍の長谷キョーと高校生がちょろっと出ますが、本編がどうでもいいぐらいですからおまけのラスボスもっと心底どうでもいいですw 本来は、伏線になるこのほのめかしこそが、短い出番で火村と有栖ぐらいの強烈な印象を残すべきで、そこが気になるから来週もみるわってポイントになるのが理想なんでしょうけどねえ。

「火村英生の推理」3 ☆☆

ココ!いつもの『ホモに見えちゃうよネタ』を出すならココでしょ!(学食で一緒にカレーを食べ、火村の授業をニコニコと聞いている有栖w 何者ぞw)

夫が誘拐されて身代金を請求され……のはずが実は、夫を殺してしまっていた奥さま。死体を隠してとりあえず出張に行って帰ったら、あるはずの死体が消えて誘拐の電話が……という不可思議事件。
結局は夫のマネージャーが盗聴をしていて云々。アンジャッシュ児嶋が情けない変態役を見事に演じておりました。そうか奥さんが好きで助けたくて、でも脅迫で言いなりにできることが嬉しかったのね……キモ(><)
 盗聴発覚の発端は、初対面の犯人が犯罪学者火村と小説家有栖をわざわざ名指しして間違えたこと。火村の声を知っていたなと。その前日の殺害現場での会話は確かに
「(彼の)自信作です」
「さすがエキスパートの先生だ」
等々と火村の発言が不自然で勘違いを誘うものでしたけどね。准教授なら公人で大学HP等あちこちにがっつり顔写真公表されますし、作家も覆面で活動してない限り顔はわかる職業なのに迂闊! まああの犯人なら、二人から自己紹介をされていても、うっかり「え?逆でしょ?」ぐらい言いそうw 
そして、有栖は作家に見えないのではなく、学食で女子大生が品評していたように学者関係にも見えませんw

そんな二人の「お前が犯人だ!」タイムは、相変わらず警察抜き。見晴らしのいいテラス席で、犯人が飛び降り自殺でもしやしないかとハラハラしましたよ。前回のようなふてぶてしい犯人ならともかく、認めちゃうタイプは窮鼠に転じがちですからねえ、死なないまでも逃亡の恐れもあるでしょう。もっと逃げ場のない場所でやってほしいものです。

そしてまたラストに謎の美少年&シャングリラ十字軍。どうでもいい。ただ、火村がシャグ十に面会してたのが新たな流れです。
くんくん「私と同じ匂いがする」って、物理的に嗅いで感じる匂いじゃないと思うのですがw


「MARS ただ君を愛している」1 ☆

うわー『地味な私に、何故か学園プリンスが向こうから』なドリーム全開でむず痒いです。
でも惣領冬実原作で、主題歌「フレンズ」ときたら、ターゲットはアラフォーアラフィフなんですかね? それとも唯一の学園ものとしては、JK狙い?

海で出会ったキラと零は実は同級生。
華やかな零は皆の人気者で、地味なキラには遠い人だったが、絵をきっかけに話すように。セクハラ教師を撃退してくれるなど優しく頼れる零に心を開いたキラは、零に絵のモデルを依頼し……。そのせいで来週は、キラが女性陣からいじめられる模様です(^^;;;) 転校生の窪田正孝はラスト2分に登場ね。30分ドラマです。

タイトルは軍神マルスから。デッサン用彫像マルスに零がキスする場面は、映し方がずいぶんとあっさりで、むしろ驚くキラに焦点が。「火村秀夫の推理」ばりに、アップで見たかったですよ。原作はどう描いてるのかなあ。

派手な名前に似合わずキラちゃんはひたすら大人しく、何をされても黙って我慢する無口で内気なタイプ。それが、教師が仕返しに零になにかしたかもとなると大声が出せたり、モデルの件もはっきり頼めるなど、零がキラを変えていくんですねえ。
しかしモデル依頼の場面、テンパったキラの「体、貸してください」という申し出もかなり間違えているとはいえ、「俺とエッチしたいってこと?」と応える零にドン引きで、お似合いの二人とも思えませんよ。
原作の零さまなら許せちゃうのかな、これ?

漫画原作ドラマ数あれど、オープニングに売り上げ部数をどーんと提示した作品は初めてみましたw 原作が好きならその情報要らないし、そんなに売れてるなら見てみようかなーって人を寄せるなら別時間帯のCMで釣ればいいのに、何故オープニングで。
惣領冬実の絵を見せてくるのも、ある意味人間離れした絵柄ですからねえ……零役:藤ヶ谷太輔が生き写しなわけでもないので逆効果では……。

「火村英生の推理」2 ☆☆

だーかーらー、ドラマが率先してホモを喧伝してくると萎え。
大学生の部屋に同性の同級生がしげしげ来るだけでカップルなのか!それとも『屈辱』『支配』と火村がほのめかす関係の中に、もっと放送できないようなコトを読み取れと……(^^;;;;)
そしてシャングリラ十字軍という長い名に失笑。ひとまわりしておしゃれなの?

今回もあれこれ眼福な以外は凡庸な話でありました。
包帯男は、まず行きずりの刺殺事件で逮捕です。今までロクな証言も出ず一ヶ月経った事件に、どう突破口が開いたのかはスルーってw 謎解きも火村の脳内で推理終わっていて、すがすがしいほどです。推理中での真犯人に『自首なんてするな、みっともなく捕まれ』的に毒づくあたりは面白かったのですが、それをしてくれるのだって警察でしょう~。なんて信頼感、もとい他力本願な啖呵ですか。生瀬勝久の無駄遣い……。
来週も見るけど。

金庫の鍵番号を、凝った暗号で表現したらわかんなくなっちゃったという大家さんw そんなやつおらへんやろーと笑ってたら、お前だ!と家族に言われてしまいましたとさ(^^;;;)


「臨床犯罪学者 火村英生の推理」1 ☆☆☆

窪田正孝が可愛い!変な関西弁も可愛いー(><)

京都での犯罪、それも殺人事件が起こると警察に呼ばれて馳せ参じる火村(斎藤工)と有栖(窪田正孝)。そしてサクサク謎を解いてしまうので、むしろ事件よりも二人のほうが謎だらけです。
大学で犯罪学を教えている火村と、小説家の有栖がなんでそうも警察に必要とされているのか。それも必ずペアで呼ばれるのも謎ならば、年齢差のある二人の関係も謎w(作中でも隣人に同性愛を疑われたと困るくだりがあるのですが、いやいや、同性が鍵を持っていて開けただけで友人や大家の可能性すっとばす腐女子など無視でいいから) 犯罪に魅入られるタイプで謎解きが楽しくてたまらない火村と、関係者に感情移入過多で泣きながら犯人を問い詰める有栖。そう、警察抜きで犯人を問い詰めに行くんですよ、どういう立ち位置なのか。そして、互いになにか犯罪捜査に関わりたい事情と秘密がありそうです。
正直、事件のトリックはどうでもいいやw 

イケメン二人前髪が目にかぶってうっとおしいのですが、 犯人を問い詰め激昂するときには両目出るようですよ。偶然なのか演出か。せっかくのきれいな顔なんだからずっとみせてよね。演出といえば、火村が推理の際に唇をなぞる色っぽい仕草、原作にもあるんでしょうか。サービスならやりすぎな気もw
そして窪田くんのえせ関西弁、台詞量も多いのでいくら可愛くても気になります。ネイティブの娘によると登場時が一番ひどくて後はましになっているそうなので。刑事生瀬さんや古民家の主夏木マリに囲まれて各話ごとに上達していくのかも。
旦那はどうせ推理物は興味ないだろうから、娘とキャッキャ楽しむことにしまーす。

「High & Low」1 ☆

不良もの。
それぞれ毛色の違うチームを続々と紹介する顔見せだけでまあ15分。映画「東京TRIBE」ならまだラップで度肝を抜かれたけど、これは……普通です。そもそも不良の抗争なんて見たいの?
EXILEが大量に出てるらしいから、ファンなら画面のあちこちに誰がいたのいないので楽しめるのでしょうか。窪田正孝を目当てに見て、確かに彼はメッチャ美しく画面を支配してましたけども出番は紹介画面の5秒ぐらい? やっとドラマらしきものが始まっても驚くほど面白くないのに、次の5秒のために見るのは辛いです…。 
クレジットの人数が多すぎて笑うw 町田啓太に、まさかのゴールデンボンバーも出てますねえ。でもねえ。この人数をさばいてそれぞれに見せ場をもたせるなんてクドカンでも無理なのではw 群舞としての喧嘩場面は見応えあります。いっそ演技パートなしでどうかなw   って、ええええ映画化ー?

「デスノート」最終回 ☆☆

「リューク、目の取引を!」
って燃えてる燃えてるw 今から寿命半分になったらなお即死w


原作をあれこれ弄りつつ、まあ最後の『夜神月をかっこよく死なせない』だけは全うしてくれました。憧れられないダークヒーローの最期、窪田くん熱演でしたよね。
その分やはりエルが割を食った感じ。最後のビデオ『ライトがキラじゃなかったパターン』の披露で益々、エルが天才ってよりは用意周到だっただけって印象を強めて終わってしまったし。
そして終わるなり続編映画のCMで、さらに余韻もないw 6冊もノート出してどう展開するのやら。てか、松山エルも窪田ライトも出せないですよねえ? それともCGしちゃう? どうせなら松山エルvs窪田ライトが実現しちゃえばいいのにー。
結果、今週うっかり続きを見ようとしてしまいました、最終回見たのにw なんてことw
ここは、ドラマ「デスノート」は永遠に私の心の中に生きている……とでも、いい感じに言っておきましょうかw 

放映開始前に抱いた不安を思えば、充分見ごたえのある作品になったものだと思います。窪田正孝の代表作になったことは間違いなし。世界各国で同時放送したんですよねえ?反響を知らせる記事を見かけないけど……好評だったから映画続編の企画も実現したんだろうし、これをきっかけに窪田くんが世界に羽ばたいたりしないかなあ(^^)

「デスノート」~10 ☆☆

お父さんの命よりデスノート。そんな鬼畜に成り果ててしまったのね、ライト……(><)

正直、L vs ライト対決の下りは、いくら偽ノートだって目の前で自分の名前書かれそうになったら気分悪いしw 実際あそこまで書かれたら『お前の名前も書いてやるからな!』って同レベルな仕返しをしたってイコールキラってことにはならないと思うんだけどなあ。と、ちょっと不満でしたが。あの場面の肝は『ワタリが偽ノートを用意した』ってところでしょう(原作の「ジェバンニが一晩で」の代わりですよねw 筆跡偽装も必要ないから楽チン楽チン)

そして跡を継いだメロと…ニアの茶番を我慢している間にどんどん話がすぎていきましたよ。

そしてついに! 夜神総一郎が自らの名をデスノートに書く!

さすがにそれは必死で止めるし。
これはデスノートじゃないよ、ただのノートだよと白々しい嘘をつき続けるライトに『今のその葛藤こそが命の重みだ』と、正しい道を示す父でしたが……。結局は邪魔は全て排除するぞと、キラとしての決意をさらに固めてしまうことになるとは、親の心子知らずもいいところ。親思いから手を染めてしまったデスノート利用なのに、親不孝ここに極まれりで胸が痛みますね。
名前書く前に燃やしちゃえば良かったですねえ。 


次週、最終回。

悪い顔のライトがたくさんたくさん見られそうw ドラマ的にはどう決着をつけるつもりなのか、楽しみです。原作を全く知らずに結構はまっている旦那は、私よりもっと真摯に楽しみにしていますからね。旦那大満足なラストになりますように。 

「デスノート」6、7 ☆☆☆

「……計画通り!」
あああああ、悪い顔になってるぅ ←原作通りw


海砂のため、保身のため他、計画を仕込み目論見通りに『デスノートの所有権を放棄』するライト。すると途端に可愛くなっちゃって!

「俺たち友達だろう、流河!」

いや1度テニスしただけ。ライブチケットを贈った好意wも踏みにじられて、せいぜい知人だと思います。

一足先に所有権放棄、『ファンだからストーカーして拉致監禁?』と第二のキラ疑惑をコロッと忘れ去った海砂につづくライトのこの変貌。戸惑いつつも、手錠で繋がれてLとライト君が共同生活……に入るかと思ったらそれは即解消で、共同捜査の方に乗り出しましたよ!

普通の大学生設定どうしたw( L曰く『僕が才能を開花させた』ってw)


確かにライトの計画通り、デスノートを渡された『金も地位もあって欲深い大人』ヨツバグループの経営陣は分かりやすく私利私欲のために殺人を始めてバレバレ。海砂のCMオーディションを隠れ蓑に潜入捜査があるから人手はいくつあっても、でしょうけど……。

え。ミサミサのハリウッド進出は? 長期休業の口実つけたのに、なんで国内仕事が入ってるのw

え。ライト君の協力って不法侵入で盗聴機材取り付け? それも刑事じゃなぜいけないの。  

設置場所に脚立を置いてきたらバレるから、持ち去るのは分かります。でも警備員に追われてもなお、脚立を持ったまま階段を駆け下りるライト君律儀すぎでしょw そして逃げ切った車に、もう乗っている海砂と松田=松井w 3人でビルに入ったのに、2人で出たの? ヨツバの警備、ザルw

もうあっちこちツッコミどころ満載でしたが、火口逮捕のところでLと共に口上を述べてるライト君はもうやばかったです。何様だ一般人w(白づくめのエルと黒づくめのライト君、画面的にはいい対比ですけども!) そして銃を取り出した火口に慌てふためく一同w 顔を見られないことに専心のあまり、もっと簡単な危害の加え方を忘れて防弾チョッキもなしに逮捕に近寄ってるとか、バカでしょwww
(ただでさえエルが優秀な印象がないのに、これでは台無し。世界5大探偵のうち3人エルで残りがニアって、その2人しか手をあげてなく思えます)


そしてついに、デスノートに触れるエル。ライト君!

以降のライト『素直で可愛いキャンペーン』終了、悪い顔で声も怖いし、おばちゃん寂しいです。そしてデスノートを抱えてうずくまりっぱなし。不審です。

声をかけられて『なんでもない』って、いやいや、死神を見て腰を抜かすエルの方が普通。時計に仕掛けたデスノートの切れっ端と針金(シャー芯?)でゴソゴソ、とりあえず少しは怖がってから火口殺害の実行に行けばよかったのにー。まあその辺はエルからのツッコミ待ちですね。


記憶をなくしていた間にも「犯罪者なら殺してもいいと思っている」とエルに指摘され、自分のキラ指向を自覚するライト君。これは大事な場面でした。となると、わかっていて復活したキラはもう、正義の味方でも巻き込まれたわけでもなく……さあここからの転落の一途が楽しみになってきましたよw


もうちょっとニアが魅力的ならもっとよかったんだけどなあ……。


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ