ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

稲森いずみ

「アイシテル〜海容〜」7☆☆☆

ガラスが割れたままの写真たて。……取り替えようよ(^^;;;)
これが智也のものでそのままにしておきたいとか。物理的に外出できないとか(それでも割れガラス外すことは出来るぞ)、放心状態で部屋ぐちゃぐちゃとか。仕方ないねーと思えるならともかく、あのきちんとした部屋で、毎日外出していて、2人でみるのに割れたままってナニ。割った旦那に嫌がらせですか。

5話の最後で書いていた手紙は、6話の入院騒ぎでそのままになっていた様で今回やっとキヨタン母の手元に届きました。
献花といい、毎度逆効果です。しかも手紙は内容で更に墓穴を掘りますから。
”ワカリマセン、トニカクスミマセン” が、
”ゼンブワタシノセイデス、オユルシヲ” 
に変わって、智也母が何か学んだことはよく分かるのですが、そもそもこうして謝られること自体が
”殺されて死んだことを思い出してしまう”
から辛いのだとは、まだまだ思いもしないのでしょう。
私も今まで、花も手紙も誠意の表明でいいこと、加害者側としてするべきことだと単純に思っていたことに考えさせられてしまいます。

でもキヨタン側も、手紙を突っ返しに行って ”人殺し””出て行け”の落書きに絶句。 そちらはそちらで、相手側の生活に思い至ってはいなかったワケでしょう。
互いに、じりじりと歩み寄りはじめているような。

いつかキヨタンのじゃがいもを、智也母が味わう日は来るのでしょうか。

それにしても、もしもご近所で同様の事件が有ったとして。加害者の家族よりも、そのドアに落書きする様な輩の方が100倍怖いです。何様だ。防犯カメラつけて警察沙汰にしてやればいいのに。

……さなぎは触ったら死んじゃうんだよね。
また智也母がいかにも、”お世話するつもりで構い過ぎて死なせちゃう”タイプにみえるのでハラハラしますー。

そして「ぼく全部話すよ」と智也。
な、何?? 智也の記憶の中のキヨタンが、悪魔の様な悪ガキだった以外にもまだ何かあったの??
死刑になりたくて殺したとか言わないでよ。

1話 2話 3話 4話 5話 6話 9話

「アイシテル〜海容〜」6 ☆☆☆

「私たちが生きていることを赦して下さい」
最後の最後に来た智也母の手紙。結局、これにつきるのかも加害者側から言える言葉は(そしてまた怒らせてしまう様で、何もしないのがいいのか、無駄玉でもうっておくべきなのか……)

回想のキヨタンはもう、うるさくて不躾でわがままなイヤなガキで、なーにが初対面の人でも仲良しになれるだ!状態でした。自分のことを言われるより、家族のことを、それも善し悪しじゃなく”変だ”と言われるのって地味にむかつきますからねー。世界はお前中心なのか!?
でも、だからって殺されていいわけじゃない。……子供の言うことなんだし…ここが観ながらどこに自分の気持ちを持って行くのか難しいところです(^^;;;;)

破談もねー。ありそうな話ですが、妹の荒れ方&立ち直りの早さはちょっと共感出来ず。だいたいその前から、智也のことを詳しく訊ねるでもなく姉を励ましてばかり、事件の大きさを分かってないようにしか見えませんでした。
いくら、死んだらいいと言わせたいからって……。
ここは、最初から破談を心配したけど大丈夫、なエピソードにならないのかなー。だって向こうの家族がどういおうと、本人さえ承諾なら結婚はできるんだから。そこで夫婦の絆を智也父に思い出させる的な?
(原作通りなら仕方がないけどー)

とりあえず、父もやっと智也に面会。就職もできて、良かった良かった。

1話 2話 3話 4話 5話  7話 9話

「アイシテル〜海容〜」5☆☆

せめてもの”誠意”である花束が、ますます遺族を傷つける。
じゃあどうしたらいいのー(><)

だんだんと明らかになる智也くんと母の溝の原因。
”智也の帰宅は自分の楽しい時間の終わり”
……これにはドキッとしましたね。この気持ち分かるわ…。
それだけなら誰だって持ちうる気持ち、なんでもない日常だったのでしょうが(キヨタン姉の”いなくなっちゃえ”みたいな)、事件後に振り返ると取り返しのつかない瞬間になってしまっていて哀しいです。

ただ、ホームレスおばあさんとの事件は、”それだけ?”と思ってしまったのも事実。
(原作では性的暴行を受けてるの?それも見たくないし、幼い子役さんに疑似体験させたくもないですが、絶対言えない秘密&心の傷としてそちらの方が納得は行きます)
小火を分かってて放って逃げたとか、もっとはっきり殴ってしまって殺したと思いこんでたとか、もう一押し欲しかったかなー。繊細な智也くんにはあれで十分にショックだったのかも知れないけど。
ずぶ濡れ描写も、”悪い子”ですか?
”誰にイジメられたの?”じゃないの??

「白い春」といい、子供がふらふらしている印象。
土曜の半日登校がなくなって以来、平日の帰宅は中学年以降は連日4時過ぎって製作側は知っているのかな。テントで笛吹いたりしている時間がよくあるなあと思ったり。智也くん塾も行ってたのに!
まあ10時に電車乗ってる小学生もみるぐらいで、塾&就寝も遅くしたらスケジュール大丈夫なのかな。9時にねなきゃ駄目だよ……閑話休題。

独房で、だらっと放心する智也くん。
調査官の注意(姿勢まで!)にも取り合わず何かもの想う……まだまだ隠していることはあるのかも。

そして智也母の妹。恋人は赦しても恋人の両親は、駄目という展開じゃないのかなー。ああ可哀想に。

キヨタン姉に罵倒され、土下座し、”死んでみれば”といわれてしまう智也母。
何かヒントをもらってしまった様ですが、駄目よ!死んじゃ駄目!キヨタン姉のためにもそれだけは駄目(実際は、ドアに落書きしてイタ電するような輩に言われちゃうンだろうなあ)

ところで、夜道で殺人を話題にしながら歩く調査官2人。
慣れっこで麻痺してる部分はあるにしろ、ヤーメーテー。プロ意識なさ過ぎだよ!

1話 2話 3話 4話 6話 7話 9話

「アイシテル〜海容〜」4 ☆☆☆

「ママはあなたを愛してる」
これこれ、この赤ちゃんを抱いた看板、1話からバスの窓の向こうやキャッチボールする河原でドーンと見えて気になっていたんです。やはり智也くんもみていた、という展開になってきました。
彼は、自分は愛されていないと思っていた模様。

「お兄ちゃんちヘンだ!」
これには私もむかついた……。キヨタン(この呼び方も聞く度イラっと来ますね^^;;;;)確かに言いそうですよ。わがままいっぱい愛されて育ってて、そこが可愛くもあるのですが(><)

「子育てって絶対に失敗ができなくて……」云々
この智也母の台詞はまた薄ら寒かったです。”失敗”成功”、”勝ち”負け”そんなことで人間くくって生きてきたのね。それでいったら現状の智也くんは”失敗”なのね。
ひとりっ子と向かいあって真剣に取り組んだからこそで、育児放棄や虐待よりなんぼかましなのかもしれませんが……。こういう人はもっと何人も産んで頭空っぽで育てた方が親子お互いのためなのかも(私も3児の母、まとめて育てた4,5年は記憶が跳んでます 笑)。それで髪振り乱したら、さすがのあの父親もちょっとは育児に手を貸したのかも。それとも浮気に行くかな。

「私が死んだ方が良かったんでしょう!」
と、キヨタン姉。
そんなことないよ(涙)絶対にないよ(涙)
ましてあんなもの凄い育児日記つけていた様なお母さんが! でもそれまで愛独り占めだっただけに、それを弟と分け合うのは耐え難かったのかなお姉ちゃん…。

↑この騒動故に、息子の行動を「分からない」と書いてきた智也母の言葉を理解するキヨタン母。自分だって、子供の全ては分かっていなかった、と。そこは、両家族のために優しい流れだと思いました。頑ななままでいるよりは。
ただ……キヨタンの死が、それこそ愛情たっぷりに育ったことが引き金になったと知ったらまた崩れてしまいそう、この両親。

少年法のせいなのか、まだ未確定な調査を語ることにもためらいがあるのか(前者でしょうけど)、キヨタン家の質問には何も答えられない田中美佐子達。
よく報道にもありますが、本当に遺族にとっては理不尽な情報不足ですよね。でも恨む相手に顔がある場合も、また辛いものなのかもと”観てしまった”姉を観ていると思います。

「いつか笑って着飾れる日が来るよ」
とか、妹に励まされている智也母。そりゃ身内ならそう言うけど。身なりちゃんとして、コジャレた店で普通に注文しながらそんなこと言われても。まあ「流星の絆」で”遺族は笑っちゃイケナイのかよ!”と言っていた様に、
”加害者家族は外出しちゃイケナイのか”
と問われると困るのですが……。
妹の婚約者はともかく、その家族から破談を迫られそうな気がする私も充分、心が狭いのかもしれません。

ところで、智也父の実家はどうなってるんでしょう?キヨタン家の両実家は?
話を整理するのも大事ですが、これだけの大騒ぎならある程度家族の描写がある方が当たり前で、智也母の実家ばかり出て来るので変な感じ。

来週何かが明らかになりそうな予告……怖いです。

1話 2話 3話 5話 6話 7話 9話

「アイシテル〜海容〜」3☆☆☆

初めは優しさから声をかけた。

それが分かっただけでも、この回は大収穫でした。殺そうと連れだしたわけじゃなかったんだ……ホッとします。
しかも、その重い口を開いたのは事情徴収する側の事情を思いやったから。なんて気配りのできる、怖いぐらいに賢く優しい子です。うん、怖い。

自分でも息子のリサーチを始める智也ママ。
自宅は投石落書き等の嫌がらせを受けているのに、あれこれ聞いて回る相手はみんな思いやりにあふれていて驚くほどです。
子供も、ヒトゴロシーだの吹き込まれることなく(「空飛ぶタイヤ」と違うところだわ。さすが私立小学校?)あれこれお話してくれます。で、カブトムシをよそのお宅で育てていた。ママが虫嫌いだから。まあ、なんて賢くて優しい子……でも我慢しすぎで怖いかも。

と、結局事件は起きてしまっているのでどうしても「原因」を探して、大丈夫我が家はこうじゃない、的なことばかり考えてしまいます。
一方のキヨタン宅でも、日常に戻れないお母さんが
「私のせいだ」
と繰り返します。だからって、苛立つお父さんが
「そうだよ、お前のせいで殺された、それで満足か!」
と叫べばやはり傷つくわけで、真実がどこにあるのかはまだまだ謎です……。
(一緒にランチしてた友達ママだって、きっと責任感じてるよね。謝りに来てこじれたりしないのかな)

相変わらずマスコミ取材がおとなしく、実家のお教室では事件が知れ渡って生徒さんが減るのに、当の智也母は普通に歩いていて不思議。嫌がらせ電話や投石までする人達がウロウロしている町なのに?
パートに行っていませんが、先週見逃したあたりでもう辞めたのかしら。来ないでくれと言われたわけじゃなさそうです。
智也父は完全に悪者ですが、息子への態度はさておき、職をなくしそうで世間に怯える彼の反応の方がまともに見えたりもします。


そして、喫茶店で話しこむ智也母と調査官(^^;;;;)キヨタカなんて固有名詞出して、うかつです!!
そこにキヨタン姉が居合わせてしまうところが、とってもドラマ。
お姉ちゃんはすぐに振り向けません。だよね。

1話 2話  4話 5話 6話 7話 9話

「アイシテル〜海容〜」2 ☆☆☆

トモヤ母の首飾りをみて、ああこりゃ駄目だーと思いました。

冒頭20分を見逃し。その間に着替える描写がどう入ったのか分かりませんが、謝罪に行く人間が自分を着飾るなんて。不誠実にも程がありますよね(作法として不幸に真珠オッケーとかいう問題じゃない)
その後、
「殺さないで欲しかった!」
という遺族の声に倒れ込み、やっと事態が飲み込めた様ですが……遅いわ……。

と、これはつっこみではなく。衣装にも気を配って演出しているのねーという点だったのですが。
葬儀に一切報道陣がいないのには違和感を覚えました。普通、あのお父さんのスピーチは何度もニュースで流れるよね。
調査官(田中美佐子)とのお話の間、いつマスコミに囲まれてもみくちゃになるのかとハラハラしてたのに。

実家の母から電話。なんとまだ事件を知らず、トモヤ=可愛い孫な会話が続く……。
ここもちょっと泣きました。
でも、とうとうトモヤ母が実家に逃げ込んでからは、いつマスコミが突撃して来るのかと思ったら。意外にそんなことなく、まったりしていましたね。
穏やかに栗蒸し羊羹などつまんでる母娘妹。問い詰めも寝込みもせず、そんな冷静にいられるものなのでしょうか??嘘よ何かの間違いよと、おばあちゃんぐらいは騒いであげて欲しかったです。
そんな子じゃないといってあげて。

それと、遺族にはホテル泊を勧めていた警察側。加害者側の家族にはそういう配慮なし?(もっとも加害者家族が葬式に来た報道なんて観たことありません。行けないのか流さないのか)

うーん、心酔できた1話と違って、今回はチラチラと引っかかります。冒頭観ていないせいでしょうかね?

1話  3話 4話 5話 6話 7話 9話

「アイシテル〜海容〜」1 ☆☆☆☆☆

なんて真っ向勝負。立派な正当派ドラマです。でも観ていて辛かったこと。

遺体で発見される2年生。殺したのもなんと、近所に住む小学生だった。

甘えん坊な息子”きよタン”を見送って、新しい靴を買って、でもきっとそれをお子さんが履くことはもう無いフラグかと思うと正視に耐えないーっ!たまのランチで息抜き、良かったね。でも、この日に限っては早く、早く帰ってあげてー!!!
かと思うと、加害者になるんだろう上級生の家庭も淡々と描写。
母の過干渉も父の丸投げもあるものの、充分正常の範囲内と思えるおさえ方で、でも……事件は起きてしまう訳です。
「こんな遅くまで、何してたの?」
「人を殺して来た」
イヤイヤ、これを信じる親はいないよ……。お母さんは悪くないよ……多分。
ああ、我が子が殺されるのはもちろん嫌。でも我が子が殺人者になるのも嫌だ(><)

我がツレは少年犯罪の報道を観ると必ず、親に責任がある親を出せと言う人で一理あるとは思いつつ、賛同仕切れない自分がいます。自分だけは、自分の子供だけは100%大丈夫だと何故思えるのかしら。

さておき、被害者の母と加害者の母が客と店員として接する一場面もあって……今まで通りに暮らすことなんて金輪際出来なくなる前の、最後の一日が「この日」なのかと思ったらもう、辛くて辛くて(><)

事件までは両家、母親を中心に描かれていましたが、事件後は被害者の姉@中学生(川島海荷)の辛さ、加害者父の勘違いっぷりが加わります。
「あたしたち被害者なんだよ??」
    でも報道カメラに取り囲まれる家。
    自責の母は壊れちゃってるし。
「俺、仕事クビかなあ?」
「産まなきゃ良かった」
    奥さんじゃないけどホント、今言うことか。
    それに産んだのは妻ですよ。

その中で、加害者母(稲森いずみ)だけが凛と立ち、それでも息子を愛していると揺るがない姿が救いでした。

警察に保護された息子が、いったい何故殺人に至ってしまったのか?
計画的に誘導?それとも衝動?(母自慢にむかついたとか?)
そしてドラマとしてどこに着地しようとしているのか??
……”海容”とタイトルに入れたぐらいで、海のように広い心で全てを赦…でも稲森いずみは赦す立場にいませんから!
現時点で今期ベストかと。

いくら可愛いからって”きよタン”呼びがキモかったのと、返り血を浴びたシャツがきちんとハンガーに掛けて収納されていたこと(奥にぐしゃっと隠さなかったのは、躾が変にいいのか、見つけて欲しかったのか??)にはびっくりしました。
でもいわゆるつっこみどころは一切ないですね。

今後の展開がとてもとても気にはなりつつ……しんどい鑑賞になりそうです。

2話 3話 4話 5話 6話 7話 9話

「医龍」最終回 ☆☆☆

 上には上が居るね(笑)
と、権力争いにオチをつけての大団円。加藤先生、教授就任おめでとうパチパチパチ

 「名人」「達人」がチームを組んでの神業な手術(笑)
もう誰も彼らを止められない…と思ったら!ライバル医が危篤で運ばれて来るというまさかのジャマが入りましたよ!!(それを意図したんじゃないだろうけど。あれは事故なの?自殺未遂なの??)

 奇跡の同時並行手術!
結局助かったから良いようなものの。あっち15分こっち後回しで手術して、両方死んでたら責任取れませんよねっ 『二兎を追うものは一兎をも得ず』って昔から言うじゃないのよー。
 そんな1秒を争う治療中も皆喋りまくりだし。呼び止められればたっぷり間をとって
「俺に…まかせろ」
とか言うから気を揉みますよねドラマは!
「世界一の助手よ」
とかふざけてる間にも心停止だっちゅーねん。

 緊迫した手術中、時々映る赤ちゃんのアップに和みました〔^^〕よく考えると、手術場面は赤ん坊抜きで撮影してるんだろうに。毎回同じ角度の赤ちゃんの寝顔が出る度に『よく寝てるねぇ』と思っちゃったりして(^^;;;)
  とにかく赤ちゃんが助かって良かった。良かった。

 そして朝田はまた戦場に??
毎回、音楽の盛り上がりにとても騙された気もしながらも、やっぱり毎週楽しみに観たドラマでありました。
(あまりにスーパーマンな主人公よりも、伊集院や内科医や麻酔医が良かったよーん)

「医龍」8 ☆☆☆

 荒チャン、いえいえ荒瀬先生の過去バナシ(涙)

 髪が黒くてまだマジメで下っ端で。
おそらく今の伊集院先生みたいに『キレイ』だった荒チャンが、医局に染まって、そんな自分を許せなくて、荒んでいく様子は辛かったですわ・・・・(ああいうダメな男に弱いンです^^;;;)
 責め続けられる為に、自ら演じている悪役だったのね。

 それが意外か、と言われると・・・・あのヤリスギな金髪といい、過去はいかにもありそうな役ですから驚かなかったけど。「強盗」「銃創」も無理矢理な話だとは思うんだけれども。

 前回の「兄妹なんです」ええーっっっ の”驚いただけ”よりも見た甲斐があるお話しでしたよ。彼女を是非”彼女”にして、夏には一緒に海行ってね!!そしてご飯食べてね!!

 チームに荒瀬が加わって、手術がステップアップする様子は面白かったです。あそこまで明確でなくとも、そういうことってあるんだろうな、と納得できたし。
(「お立ち台〜!」と踏み台要求するのに笑いました ^^;;; 内科医に抱えられてた時もちっちゃかったもんねー 惚れるー)

「医龍」6 ☆☆☆

 また出たよ、スーパー看護師が!!

 それも気管切開するの、挿管で気道確保するのってレベルじゃないですよ。外科手術してキレイに血管切り取っちゃうってんですからねっおいおいっ
 そんなにも現場では、『無能な医者より、経験ある看護師』って空気なのでしょうか。
そりゃ我が身で考えたら、技術ある人が現場にいながら見殺しにされるのはイヤですよー? イヤだけど、権利も資格もない人に命預けるのはもっとイヤですよー。それじゃ、なんの為の資格なの(><)

 さておき、じっくり手術を描いた回でした。
金魚鉢にもずらっと白衣の人達。その他もTV中継にかぶりつき。・・・急患はよそへ回ってもらうのかしら(^^;;;) ていうか、命運を賭けた大手術なら、トイレタイムの代行員ぐらい用意しておけばいいのに・・・・。
(実際、何時間にも及ぶ執刀中って、そういう問題もあるでしょうねぇ)
 ドラマじゃ良くある、パニックな手術室に颯爽と現れる天才外科医。でも実際は裏でこんな風に慌てて手を洗って、「最低15分は」かけて準備が必要なんですね。

 そして、そんな努力もこんな騒ぎも、すべてひっくりがえしてくれたのが妖しい北村一輝の裏切り!!やったー!期待通りだよ!!

 過去の因縁がこれから語られて・・・・・最後は、阿部サダオも入れた「最高のチーム」でリベンジ手術ってことになるんですか??これがスポーツだったら、和解した北村一輝もチームに入ったりするのかもしれないけど(笑)

「医龍」4・5 ☆☆☆

 だからナゼ脱ぐ(笑)  <<屋上イメージトレーニング

 とうとうチームでの手術始まりました!ワクワク。
 てっきりバチスタは終盤ですると思っていたので、早い展開に驚き。手術始まってからが(野球マンがみたいに)長いんでしょうか?

 前回は、研修医まだ悩んでるしまたまた医局の腐敗だし、既視感ゆるゆるでしたが、今回は楽しかったですねー。
 アイスドール加藤先生の、昔は熱血だった過去が描かれて(女性誌みながら菓子パンで昼食って可愛いよー)ついに
「第一助手は私がします!」
来たキター。これを待っていたーっ!!

 意外や、にゃにゃーつ麻酔医は参戦を断ってきたし。東北医大の妖しい彼氏は、絶対なにかジャマをしてくるし。ERの先生も
「手術は掛け算」
と、結果がゼロ=失敗に終わる可能性をほのめかすし。
 一筋縄ではいかないに決まっているバチスタ手術。局長の出世とかはどうでもいいから、成功して欲しいですねー。

 ところコミックリリーフ、長髪の変な外科医(池田鉄洋)、最近は彼の出番が結構楽しみです(^^)

「医龍」3 ☆☆☆

 あー、びっくりした!!

 心臓に穴の開いている子じゃなくて、内科医パパ(佐々木蔵之介)の方がぶっ倒れちゃったのにも驚いたけど、その後の朝田にいろいろびっくり。
 エルボーでガラス割り!!
 逆に切開は、指が入るぐらいの穴しかあけないのかと(ザクザク切って血がドピューじゃないんだ ^^;;;) 直に心臓触って「VFだ!」って、うひー(^^;;;)

「助かる患者を助けないのは罪だ」とドクター朝田。
この熱いハートにして普段の無愛想。路上での無茶。ブラックジャック思い出しちゃいましたよ!ああ、無免許じゃなくて良かったね・・・・・!!

 その後意識無いまま、問答無用で手術されちゃったらしい内科医パパ。速攻で現場復帰。
左遷までの間、バチスタチームに「入ってやる」だそうで、祝・押し掛け入会。

 正直、前半の長い長い内科医独白、やもめ暮らし&娘LOVEは「イイ話」ではあるけれど余分だったなーと思っています。RPG感が薄まるというか。
 それに「保育園の迎えはいつも最後」って、その辺ケアできるシッターが確保できないなら親権渡すな母親。・・・と変な詳細が気になっちゃって。
 でも、その長い長い解説あってこその娘の笑顔、
「お家に帰ろう(^^)」
なのだから、バランスって難しいです。

 そうそう、あまりにヒマそうなので(ウソ)救命救急ERに配属になった朝田。戦場コモンセンスでバリバリ治療。当然研修医も道連れでERです。
 そこでついに明かされた、麻酔医の特殊能力!体重当て!!

 ・・・でも、看護師42kgも耳を疑ったけど龍太郎の76kgも軽すぎやしませんか??身長180cm以上あるんでしょう?
 体重だけでなくBWHも正確にあてて来そうなキャラクターだけに・・・・数値のデータベースがグラビアアイドルのサバ読み公式発表なのではありませんか(笑)

「医龍」2 ☆☆☆

 育て、研修医!(笑)

 可愛いボクちゃん:伊集院くんを一人前にするために、執刀を任せるドクター朝田。
救急車で来た患者も一緒にオペだ!ときたら、伊集院くんがどう思おうと周囲は完全に『朝田派』だと思ってますよねー。

 その外国人患者、実はとてもエライ人で・・・なベタ展開はなく(^^;;;)思いっきり日本語とジェスチャーで話すドクター朝田!相手の言葉話したらかっこよかったのになー。英語と違って下手でもわかんないのに!

 ともあれ本人の承諾無しに、バチスタチーム@ドラゴンボール2個目に数えられてる伊集院くん・・・外科医の腕は上がっても、出世の道はもう閉ざされたのよね。可哀想かも(^^;;;)
 そして3人目は、もしかしたら麻酔医なの??
朝田の手術をいちいち的確に解説した後の意味深な目つき!

 でももっと意味深だったのは、ラストで出てきた北村一輝外科医でしょう。
遠くから知人にガン飛ばし、なにやら呟いて去っていく。先週もしてましたよね(笑)どこの犯罪者ですか。もう盛り上がる盛り上がる。

 一応本筋は末期癌患者さんとの触れあいで、朝田の思いやりだの、患者と信頼を結び「先生」と呼ばれる伊集院を描いていてハートウォーミングでしたが・・・・本当はそんなイイ話、必要なかったんじゃないでしょうか。
 他局の、手術するでもない患者さんとふれ合う心臓外科医。暇そう。

 他にも、連ドラ的に入れちゃった感じで浮いてるのって双子の看護師。何故あそこでハモる必要が(^^;;;) せっかく手術シーン他での看護師は優秀に描いているのにー。
 ハッまさか双子ならではの連係プレーで、バチスタチームに将来入ってくるとか??

 とにかく、小池君の可憐さに目が釘付けです。その次にチーム編制にワクワクで・・・北村外科医の妖しい退場も、毎回恒例にしていただけたら大喜び。
 あの人、恋人裏切るよねっ絶対稲森いずみピンチだよねっワクワク。 

「医龍 TEAM medical dragon」1 ☆☆☆

 えーっ坂口が医者ぁ?? という第一印象訂正。そうか、いいんだ。『型破りの医者らしからぬ医者』なんだから(笑)
 コンビニで原作も立ち読み。なるほどこれは若返った阿部ちゃんか坂口くんのする役ですね。

 女が大学病院で教授になるために。
野心満々で龍太郎(坂口憲二)を利用しようとする美貌の助教授に稲森いずみ。こっちもはまり役。

 一方で、白い巨塔の腐敗にまだ慣れない研修医にウェンツの相方くん。可愛い。彼もこれからバチスタ手術のチームにスカウトよね♪
 そうやって1人2人と仲間が増えていく様子も楽しみかも。そして最終的にバチスタ手術成功&稲森いずみが教授になれるか?かな。

 東北医大の美貌の(笑)外科医:北村一輝も龍太郎と因縁ありげでその辺が楽しみ。(稲森いずみとの恋愛?よりも・笑)
 また見せ方がね。いちいち大仰で盛り上がるので、すっごい大作を観た感じになりました。
エッチはあるわ、服剥ぎ取るわ(治療のためとはいえ・・・)画面がエロ臭いのも大人向けにはプラス要素?

 医療テントでの坂口くんの英語は非道かったけど(「You idiot!」あんな平坦に口にされる罵倒語を初めて聞いたってぐらい ^^;;;)、ドラマの舞台はおそらくもう日本だから大丈夫でしょう。
 内科医蔵之介との対決も楽しみです♪
(木曜10時台、忙しい・・・・)

「曲がり角の彼女」1 ×

 10代なら駅まで10分で走れた。20代なら階段を駆け上がれた。ああそうですか。
まずハイヒール脱いだらいいのに。その素敵なお尻で贅肉がどうとかって、もうそれは見てるこちらにケンカ売ってるのかと(^^;;;)

 仕事が大事なら、親の死に目に逢えなかろうと立派にパーティ取り仕切ったらいい。親が大事で駆けつけたなら、ゆっくり泊まってきたらいい。中途半端なんだよっ

 そんなわけで、つきあいきれないのでリタイヤでーす。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ