ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

稲垣吾郎

「福家警部補の挨拶」1 ☆☆☆

ポラロイドは古いよね……フィルムまだ売ってるんだ。


それはさておき。

黄色いダッフルに斜めがけのカバン、眼鏡。現場が恐れる「変人」福家を、あの檀れいが演じます。

2005年の正月に永作博美が福家で「オッカムの剃刀」がドラマ化されたのを思い出すので、比べると力強さがないというか。こんなふにゃっと真犯人主張されてもなーと思ったりしましたが、それだけに『動かぬ証拠』が物をいうのかとも思いました(ちなみにその当時のドラマレビューがこちら
鑑識さんが奴隷な理由は更に分かりません。 


脚本家(反町隆史)が、役者志望のストーカーを利用してオーディションのふりで犯罪の片棒を担がせるというアイディアはキャッチーで引き込まれました。なるほど、自分は誘拐&監禁されたというていで、別の殺人のアリバイにすると。

てことは、このストーカーは口封じに殺されるんだと早々に分かりますから。いったいどうやって…と思ったら、なんと危険な橋を渡る事か。

せっかく薬で寝かせたんだから酩酊状態のうちにサクッと殺しておけばいいものを、わざわざ目を覚ましてから銃をつきつけ、オーディションなんて嘘だヨーンと怒らせて乱闘にもちこむとは!正当防衛にするためとはいえ、あれじゃあ銃で撃つ前に殴り殺されちゃうかも。それとも逆に自分が銃で撃たれて殺される可能性もありましたよねw 

とにかく不確定な危険が多すぎる計画でした(><)

放火も、消したかった証拠を燃え残しちゃいましたしねー。


つまりはこりゃ、盗作でもしなきゃ推理作家でデビューなんてできなかったよね、という伏線なんでしょうか(違)

そして、ややこしい推理をぐいぐい述べる福家さんですが、最初に脚本家に目を付けたのが
「関係のない私の名を覚えていて変」
て、それは殺生です。目の前で電話を受けて、イラつく稲垣警部。待たされてたら電話の相手ぐらいは気になるし「福家からの電話はとりつぐな」だなんて、興味をもてとばかりの異常な状況でしたって。そもそもそれって、視聴者に『福家』を印象づける場面だったのに「覚えていて変」ってー!
ホールドアップだって、銃を向けられて焦れば顔を覆うとか頭抱えるとか、手近な椅子を投げつける為に振り上げるとか、両手を上げるシチェーションなんていくらでもあるし。
という様に、原作ありなくせに細かいところが杜撰で納得できません。

同じ筋立てでも「相棒」で見る方が面白そうです。



「TAKE FIVE」4 ☆☆

「家には滅多に帰らない」

え、マウス飼ってるのに?ほらお兄さんが心配して窓を破ってまで餌やりに(違)


その兄弟で盗みあってまで欲しい大事なマウスちゃんを取り戻すのに、火事を設定というのも……大事なものは持って逃げるでしょう?ホームズ読んでないのか……弟、置いて逃げたー!!


というわけで、取り合うのが命あるマウスなせいで、何かのめり込めない一編でした。物かペットかにしてほしかったかも。マウスって、ストレスで結構簡単に死ぬんだからね(昔学会で見せるからって紙袋に餌と水と一緒にほりこんで電車のって死なせてた先輩がいたなあ)


気軽な回で楽しくみましたけどね。帆村教授の酔っぱらい寝相w うつぶせ一文字に人が寝ていてイコール酔ってると、仲が良い訳でもない同僚教授が分かるとか以前にも目撃されてるんでしょうかw


アリバイ授業に合わせて、赤外線を乗り越える2人のダンス(?)にも笑ったーw

かと思うとその授業で、刑事姉妹&研究兄弟が同時に思うところあって自分たちの仲を考え直したり。いい話にもなるところが憎いよ、この!


あとは、伏線のお婆さんタイムがもうちょっと面白いか短いかしてくれないかなあ。


今から8話の宝塚回を楽しみにしています。

「TAKE FIVE」2、3 ☆☆☆

「きちんとしておきたいタチなので」

吾郎ちゃん、いいなあ。


窓際警察官が独自の視点で真犯人に迫り……てっきりそのまま、ルパンと銭形の様に追いつ追われつになるかと思いきや。なんと泥棒チームの5人目として参加しちゃいましたよ(><)

理由がスゴイや。

悪徳セミナーの入会金や授業料をそれぞれの利用日数やらで「きちんと」減価償却して、それぞれに「きちんと」返却するには、警察でなく、勝手に裏金をかすめとってばらまける義賊の方がいいからw

あまりに筋が通っててたまりません。


元々<2話に西村雅彦>とツイッターで見て録画したので、いつ出てくるかと見終わって……西村和彦の間違いか?と気付いてがっくり来ましたが、吾郎ちゃんが楽しいのでチャラで。


3話でも結局、情報提供だけでなく警察からあれこれ盗み出すのを手伝っちゃってるよー。


唐沢がみせる教授/盗賊の2つの顔(執着しゅうちゃく/執着しゅうじゃく)、チャラい松坂桃李、翻弄されるいつもの松雪泰子、と他のキャラもなかなか良いのですが、やっぱり吾郎ちゃんばかり見ています。

あ、あと松雪泰子の部下の男の子(千葉雄大)が弱々しすぎて気になりすぎるw 彼が逞しく成長する日は来るのか?

「ブルドクター」10 ☆☆

息抜きに歌舞伎w


妻子の海外留学中に、内緒で始めた趣味ならテニスとか。
照れくさい系なら社交ダンスとか、いろいろあるじゃないですか!それをなぜ歌舞伎に、それも天下の市川亀治郎が本職で踊るVTRを称して
「ちょっと習ってた」て!
そんなおふざけは断りましょうよ亀さん。

夫の見知らぬ一面に驚き、やり直しを夫婦ともに誓うといういい場面が台無しですよー。
結局、全体通しても一番印象に残っちゃったのが歌舞伎でした。
2番がゴローちゃんのプロポーズを蹴る釜津田。 


教授の不正とか、命を狙うのは誰かとか、政治家だとか、そんな本筋はスタッフにとってすらどうでもいいのね。


人気ブログランキングへ


「ブルドクター」6 ×

「誘拐なんて、なかった」

ええええええええええっ!


既に警察巻き込んで捜査されてるのに、保護者の一存でなかったことに出来るんですか?息子さんの心のケアとかも

「なかった」

で終わりそうで怖いです(><)


父からの遺書とか、花火を観てたから後ろ向きに落ちたってネタ自体は季節柄にも合っていい感じでしたし、解剖医だけが遺族の見られる書類に署名が残るというトリビアもなるほどでしたけど。何故3年後に騒ぎ出して即、息子を誘拐??

まず普通に面会に来ましょうよー、この先生なら会ってくれるのに。

(来たけど留学中だった、なら犯人兄妹もしぶといですねw)

誘拐も、せめて夜をまたがず、息子さんに誘拐されてる自覚がない「連れ回し」程度でいいじゃないですかー。「お母さんのお友達」と遊園地で遊んでた系のアレですよ。


最後にとってつけた様に「お母さんは凄いんだよ」と言われて息子喜んでましたけどー、それは別の状況で聞かせてあげて欲しかったです


……でも見やすいよね。

前回も文句いって×つけて、またしても身内が巻き込まれる展開で、なにも変わっていないこの安心感(><)

正直疲れているときに「それでも、生きてゆく」は観たくないし、大好きな「ドン•キホーテ」はちゃんと観たいし。お皿洗いながら適当に観てても惜しくないのは「ブルドクター」ですw

江角マキコが、他のドクターをよけずに突っ走る「ブル」な場面、『書類をまき散らす』から『横の人に飛びつく』にレベルアップしてて苦笑。ギャグ漫画でも古くさいのに、実写でしなくてもー。


人気ブログランキングへ

「ブルドクター」5×

何この肩すかし。


致死ウィルス感染か?

肝炎ウィルス感染か?

ダブルでパニックを仕掛けておいて、両方とも元のご遺体からしてウィルスを持っていませんでしたよ。それだけなら、集団心理を描くとか予備調査が大事とか。百歩譲って、いつも子どもをほったらかしのダメ母主人公が変わるきっかけになるなら爽やかな気持ちになれましたけどねー。逆なんだもん。真っ当な抗議をしている子どもの方に、変化を要求しているよねこのドラマは。しかも、お母さん実は死を覚悟していたのにそこは伝えないとか。こんな時だけ子ども扱いかよ!

「夏休みの宿題は、絵日記に決めたよ」

いやそこは、もっと別の流れの後に『お母さんの仕事の紹介をする』とか、今ニュースで流れている危険なウィルスへの対策をまとめることにしたからお母さん教えて、とかでしょう!!


……で、実際にドラマで動いたのは釜津田刑事とドクター吾郎の恋愛かよ!


思い返せばずっと、主人公が第一発見者が2回、しかも同級生の整形だの容疑者は吾郎先生だの(この時の犯人の殺意も妙だった)世間が狭い事件ばかりでしたよねー。

あんなダメ母を育てちゃったおばちゃんが、そのうち倒れて解剖されないことを祈るばかりです。まさかだけど息子の命の危機もありかも。

「男にしてください!」とか、ブラザートム先生が好きな人が実は……とか、小ネタはちょこちょこ面白いのに。誰か別の人に話の骨格は任せて、今のスタッフは台詞の味付けに専念したらいいんじゃないかと思いますが、どうでしょう。

ツレが喜んでみているので多分この先も見るけど、ライブでツッコミをいれてバカに出来ないのはつらいわ……。



人気ブログランキングへ

「ブルドクター」1 ☆☆☆

江角マキコ、あたり役。

医者と警察の衝突•なわばり争いとか、医局内の序列や出世競争だとか、ひとつひとつは目新しくもない素材なのですが。態度も背もデカイ「監察医」江角マキコと、まさかの「刑事」石原さとみが並ぶと壮観。オラなんだかわくわくしてきただー!
例えばジョギング中の死亡を、心筋梗塞=病死とするか 不審死とするのか。そこが捜査の分かれ道といえど…•、なんと解剖の出来る医者は日本全国にわずか170名とは!ホントに??少なすぎやしませんか??
そこで、まあいいやっと殺人が見過ごされたり、事故死がわからずに妻が逮捕されたりと、今回ドラマで描かれたようなことが、全国で起こっているのだったら怖すぎます(><)

可愛い石原刑事さんも最初は、ちゃっちゃと書類を書かない江角ドクターを「非協力的!」とプンプン怒っているわけですが、事件2つにして早くも、嘘をつかない『ご遺体の声』に耳を傾ける大切さを悟った模様です。でもそうなると、吾郎ドクターとの交際は難しくなっちゃうのかなー。
(その刑事さんの習い事、書道教室が江角の母宅で、息子とも既に顔見知りという世間の狭さがドラマですねーw)

アメリカ帰りの江角マキコ。
連れて行かれた息子もアメリカに3年いたそうで、家族3人一緒と書こうとして『三人いっしゅ』になりますwこれが実はめっちゃリアル。我が家も親の留学に3人つれて行きましたが、忘れるなら難しい漢字からと思うと大間違い。カタカナ、ひらがなが先に消えて行くんですよ!(毎日使うアルファベットと似た位置づけだからかも)
さておき、仕事ばっかり大事な江角ママ。
『三人いっしょ』にやっと気づいて、バーベキューの計画を立てるところで1話終わり。亀治郎パパもいい奴そうですが、さて。お出かけ先でご遺体発見、なんて続き方はしないといいなあ。
さとみちゃんと吾郎ドクターの交際の行方も気になります。
佐土居先生のアル中はどうなる??(役名を覚えなくちゃねー)

人気ブログランキングへ

「世にも奇妙な物語」SMAP特別編☆☆☆

SMAP総出演を、2話めから視聴。
草なぎ@不条理→木村@摩訶不思議→稲垣@ホラー→中居@お笑い。
最後が明るくすっきり終われて、ナイス組み立てでした!

草なぎ君の不思議な床屋は、客と入れ替わるシステムはありがちかなって思ったのですが、異文化コミュニケーションの段階説明に一家総出のアメリカ移住から帰国したばかりの我が家、受けまくり。
曰く 1,何もかも珍しく楽しく
   2.嫌気がさし批判的に
   3.新入りに知ったかぶる
   4.受け入れて一体化
たった半年の我が家は楽しいばっかりで帰ってきましたけど。現地の日本人の方々は各段階それぞれ居ましたねー(^^;;;)
で、全てを受け入れ、ついに順番を迎えた主人公。
次はなんだろうと希望に燃えて「外」に踏み出すのに、そこは「元」の世界。泣いて帰りたがってましたよ。え、日本に馴染めない帰国子女ですか(^^;;;)なんてある意味リアルな。

キムタクのは長い長いコマーシャルの様。
つい引き込まれて笑って観てて、長すぎてダレて来た頃で終わりましたよ。妹が男なのは蛇足じゃないかなー。一番好きなのが、パタパタパタパタ響く足音と回り込む画面だけで表される遠〜い広〜いキッチン(笑)

そして白眉がゴローちゃん。
電車に轢かれたのに旅行を続けるお姉ちゃんのお話です。
聞き覚えのある話の流れにあれれ?今市子さんの??ってすぐ思ったけど、何より、弟役のゴローちゃんの佇まいが今市子さん描く主人公タイプそのまんまな後ろ姿でびっくり(髪型、体型に、衣装。あの上着!)
光を押さえた画面も金沢や浜辺の風景も、台所で煎れるお茶も。よく考えると恐ろしい話を静かに美しく映像化してくれました。指紋で確認されたところも電話の声だけで、変に泣かせないのがいいですよね。
でもラスト、鞄の中身をガッツリ映してくれちゃったのは衝撃。(原作は「お帰り」って言ってる主人公の方の表情だけだった気がするのですが、どうでしたっけ。)
もちろん、もっとグロテスクにも出来たところをぐっと押さえてきれいなきれいな寝顔なのですが。ありえない場所にそれがあるというだけで、実写だとインパクト強すぎでした。
(途中から理解不能になっちゃったらしい家人。オチの反応を楽しみにしていたら、姉帰宅で「帰ってきたね」と言って寝ちゃいました。早い、まだ早いよー、ただの「身元取り違え事件」にしないでよー)

そして中居くん、楽しかったわ。
私女免許とれるだろうか。記念日に興味がありません(><)掃除が大嫌いです。 大人免許はもっと不安だー。

(追記)
みんなすっごく映りがきれいーとは思ってみてたんですけど。2001年の再放送だったとは(笑)やせたとかエステ行ったってレベルじゃないよね、何故わからないか私(^^;;;;;)
そっちが「奇妙な」かもだー。

「ブスの瞳に恋してる」最終回 ☆☆

 ウエディングドレスで振り向くミユキ・・・・・。

「スゴイ!スゴイよ」っとオサムさん。それって本当は
「面白いよっ」
って言いたかったんじゃないの?(だってコントなら絶対、笑いどころ ^^;;;)

 他にも、走って走って教会に駆け込んだミユキ。
ベールやティアラ外れて髪の毛ぐしゃぐしゃで片足ドブにはまってて犬に噛まれてる・・・なんてのもアリだと思う私はドリフ世代ですよ。

 でもこのドラマですから。
どっちの場面もみゆきちゃんのメイクは完璧で、パパの熱演がすっかり場をさらって泣かされちゃいました?。

 エビちゃんも素直にお祝いしてくれて揉めず。
昔の女2人に祝福されて結婚するオサムって、果報者。

 ・・・女の結婚が幸せ、みたいな感じって疑問はあるんだけど。
『面白い妻』ってことで『=仕事は続ける』のが前提の結婚と思うと新しいカモネ。
エッセイ書いて、ドラマ化されちゃってくださいオサムさん(笑)

「ブスの瞳に恋してる」10・11 ☆☆

 涙と感動の結婚報告でした。

 いやでも本当はああいう真剣な場面こそ、お笑い好きには笑っちゃってしょーがない場面だろうに!双方真剣かつ笑えるって演出だって出来たと思うんだけど・・・まぁこのドラマのテイストとしてはやっぱりあそこでは泣かせて正解なんでしょう。

 その前の、唐突なプロポーズは笑えたわ。
カンペ?フィリップ? 撮影中にADが指示出す紙。あんなので結婚申し込む奴なんてそうそういないって(^^;;;)しかもその後、ミユキの気持ちはほったらかしかよ!

 美也子さんにふられた後、さすがにすぐには納得出来ずにぐずぐず悩んでたおさむ。それが、いざ決めたとなるとまっしぐらなのは良いんだけど・・・・親に熱弁ふるう前に、ミユキに愛を語らなきゃダメじゃんよ!
甘いささやきとか!プレゼントとかデートとか!ちゅーもすっ飛ばしていきなり結婚ってそれは。
例えが突然ですが、「美味しんぼ」によくある展開、
”**勝負に勝ったら##さんに結婚を申し込みます!”
を思い出してしまいましたよ。えー、勝負の前に相手の気持ちを聞けよーっって毎回思ってたもんアレ。男にとっては勝負大事かもしれないけど、女にはその前の、デートの方が大事じゃないかなぁ。

 さておき、自分よりミユキを選べと勧めた美也子さんが、突然姿を消したりせずにオサムを励まし続け&仕事で充実していそうなのはいい感じでした。
 同様に、中盤あっさり別れていたエビちゃんがリベンジで復帰してきたのも何をいうか楽しみでいい感じ。オサムの実家で気に入られてた・・・っていうのは出来すぎだったけどさー。
「結婚したい」と連れてきた相手が美也子さんじゃなくミユキだった、ってところの驚きはなかったのかなー。それとも『こいつなら勝てる!』とそこでほくそ笑んだのかなー。
(息子のスキャンダル報道ぐらい知っててよお母さま!)

 あ。
以前、恋人のフリをして「5年つきあってます」とかって挨拶した。ミユキの実家でのオサムとミユキの関係は、その時のまんま認識されてるってことでオッケー??
でもママ、ウソだって見破ってなかった? 結果オーライなの??

「ブスの瞳に恋してる」9 ☆☆

 プロポーズ大作戦!・・・って他人のプロポーズだし!
あんなに見張られてたらデートどころじゃないし!公園管理のおじさんに怒られるし!!

 と、数知れないツッコミを飲み込んで。

 オサムと美也子さんのデートを演出して、あれこれ世話を焼くみゆきは可愛かったです。
 買い物で鉢合わせ、しても『お似合いの2人』を誘っちゃうもんね。またおさむと美也子も本当に来るし!!

 また、そこでの美也子さんの対応がちゃんと大人。
いきなり「貴女の方が彼を幸せにしてあげられる」と身を引いちゃったりせずに・・・・・。
 いや確かに「みゆきさんの方が」って言ってたけど、いじけて身を引いたわけじゃなくて。愛されていることも分かっていて、自分から”別れを切り出した”んだから。この微妙な差でなんだか納得できたかも。
 おさむとの別れは、彼女自身の幸せの為でもあるんだよね。
この先おさむといたら絶対、さみしい思いをし続けるだろうからさ。

 そんなわけで、唖然呆然のおさむはともかく。やっと主人公とヒロインがくっつきそうになってきましたー。長かった(^^;;;)

「ブスの瞳に恋してる」6 ☆☆

 手編みのセーターを友人と合作。・・・意味無いじゃん!!
どすこいラーメン一丁、出前してあげるほうがミユキらしいのに。

 今まで、ずっと唐突に差し挟まれてきた元カノ@井川遙とおさむの幸せな生活。
ここにきて「前に進めない」ほど、その恋の不幸な終わりに捕らわれていたと言われるとなるほど納得です。何をしていても考えちゃ・・・ってたよね。確かに。

 せっかくみゆきの気持ちに応えられそうな時だっただけに、実に不幸なタイミングですが。相手がこんなエピソード付の井川遙じゃ、気持ちが巻き戻されちゃうの、仕方がない(その分、別れにまったく葛藤がなさそうなエビちゃんが可哀想 ^^;;;)

 どすこいラーメンのおかみさんの恋?と同様に。空回りで終わってしまうのか、みゆきの恋??
・・・っていうところから、どう復活させていくのかに俄然興味が湧いてきました(^^)
 売れない構成作家と駆け出し女優、じゃなくて、売れっ子の作家と脚本家というクリエーター同士で何かぶつかるものがあるのかしら。それとももっと簡単に、面白いホンが書けなくなるとか。

「みゆきさんが好きです!」フラグも、やっと立ちそう??

「ブスの瞳に恋してる」4,5 ☆☆☆

 走り方が変だよ、吾郎ちゃん。

 恋するみゆきったら直球勝負で、仕事も捨ててきて
「だって好きなんです!」と大告白!!
この時の泣き顔がもの凄くて、ちょっともらい泣き。ここで女優さんだと、きれいに映りたい泣き顔で入れ込めないんだよねー。

 さすがのニブチンも、ここまではっきり言われたら揺れてきましたよ!!
占い師(ミッちゃんサイコー!)まで訊ねたりして。

 ただ、「みゆきはオサムが好き」と聞いてそれを利用した、あの若手構成作家くん。あの時はダークにニヤリ、だったのに。今週はいきなりイイヒトで、2人の仲を取り持ちたがるのね??
 交際発覚!のエビちゃんよりも、どすこいラーメンがオサムは好きなはずだ!!・・・っていうその確信はどこからくるんだー??

 井川遙も脚本家として凱旋帰国。そっちで攪乱してくるのか。
私としてはそろそろ、周りの男の子に「みゆきさんが好きだっ」って人が登場して、オサムをあせらせて欲しいのですが・・・・。

 先週食堂で居合わせた「拙者」の人。TV画面やどすこいラーメンにも出没してますね(笑)これは単なるお遊びか、何かの伏線か??

「ブスの瞳に恋してる」3 ☆☆

「私が面白いのは外見だけです!!」
そこは肯定か!!(笑)

 恋心をすっかり自覚したヒロインなのに、彼の方はもうストーカーしてくれなくて。悩むばっかりのヒロインには笑顔がなくて、可愛くみえなくて辛かったぞー。

 そして事務所はお笑いデビューを勧めてくるし。
ここで3人ってのが後の森三中をもちろん思わせるわけですが。一番面白い人がお笑いキライってどうしましょう、ですね。

 ラストは、彼がプロデュースしたファッションショー成功のため、みゆき自らがカッコワルイ服を着て満場から笑われて。
 こーこーでー「笑わせるって気持ちいい〜」とみゆきに思って欲しかったんだけどなぁ。ノリノリだったくせに心理描写なかったねぇ。

 ていうか、あの衣装をモデルに着せようとしてたなんて間違ってるぞオサム。例えばエビちゃんが着てくれたとして笑えないじゃん(^^;;;) 割烹着でモデルウォークされちゃったらどうしよう。

 ここは、事務所通してファッションショーに出場をオファーされて欲しかったなぁ。
モデル?とちょっと喜んだのにフタをあけたら非道い服で、でも君に着て欲しいと恋しい人に言われて・・・・・・の上での決断だったら盛り上がったのになぁ。
 だってみゆき、最後の隠し球は自分が役に立てる筈って、どうして知ってるのよー。

『最後で痩せて美人になって結ばれるんじゃないの?』と友達。おまえエンディング観てないなぁ(笑)

「ブスの瞳に恋してる」2 ☆☆

 えーっもうヒロインが彼に恋しちゃった??

 口説きに・・・・もとい、アホ番組で笑われてくれと頼みに日参されて、出来るだけ小さいナルト選んでラーメン盛りつけてたのに。気付いたらナルトが2個になって普通に笑顔で接してますよっ
 その間のみゆきのにらみ顔が本当に怖かったので(><)、笑顔になってくれたのはいいんだけど、そこに何故か小首傾げたりする『健気で可愛い』演技が加わって、ナチュラルな可愛さが半減って感じ?
 「水10」で普通に女Aやってるときの方が可愛いと思うんだけどなー。あ、あと唄上手いんだから唄わせてあげたら?

 ・・・という具合に、もっといいところを・・・・という気分になっているのは、後半の構成作家の彼と同じだと気付いてしまいました。敵の思うツボか??(^^;;;)

 構成作家の日参と、MEGUMIのストーカー騒ぎを並行してたのはなかなか面白かったですよね。毎日会うって・・・・愛情なり攻撃的な気持ちなり、とにかく何かを育てていくのね。

 普段、女優さんのアクセサリは気にしても服装自体は『同じカッコ出来ないしねー』と気にしてないのですが。みゆきの服はなんだか気になる。着られそうで・・・・(爆)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ