ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

秋元才加

「にぶんのいち夫婦」2〜4 ☆☆

 妊活のタイミング法は拒絶したのに、妻が他の男といたとなると抱くんかい!
しかも睦言が浮気相手にかけた言葉と一緒で嫌……って、ちょっと待って、あの裏垢って本当に旦那さんなの?

 結婚記念日に帰らなかった和真(竹財輝之助)を、疑うようになってしまった文(比嘉愛未)
女子会で思わず吐露すると、あれよあれよと浮気慣れしたお友達(秋元才加)が旦那部下(伊藤萌々香)のSNSを特定!チラチラと仄めかされる男の影。そして「彼のプレゼント☆」という時計は、結婚2周年祝に和真から贈られた、自分のには可愛すぎると思ったものと同じデザインで……。
 ここの場面が、妙に軽快なBGMw その後も、深刻になっても良さそうな場面でやっぱり同じ楽しげなBGMが多用されていまして、そう深刻にならずにワクワクしてていいってことでしょうかw   だって確かに、まだ浮気疑い。 このあたりから妄想場面が増えてきまして、和真に抱かれている部下嬢が、カメラ目線で勝ち誇ったように微笑む……のは妄想w   アポ無し訪問の義両親に、息子の浮気をぶちまけてやろうかーも考えただけで、公共の場で胸ぐら掴んで「知ってんのよ、この女と〜!」と叫ぶ修羅場も妄想だったら、さて、帰らない旦那を待ちながら「きっと今頃……」と疑う時の和真と女が絡み合う図は、さて事実なのか、また妄想なのか?
 そうなると1話終わりで見た、家の近所で女と待ち合わせ堂々と腕を組んで歩くふざけた和真も……え、妄想だった??どっち、どっち? 

 そんな混乱下なのに、子供で繋ぎ止めようと不妊治療を始める文。うーん。
精子採取や、さあ今日は子作り!となる雰囲気に耐えられない和真と、こっちはもっと痛くて大変な思いしてんのにとムカつく文。これはかえって揉めてしまうのでは…。

 と、そんなこんなを会社で赤裸々に後輩 男 子 に 語る文。えええええ!
家族計画ってシモの話でもあるわけで下手したらセクハラだよね。しかし悪態つきながらも文を慕うらしい樋口くん(坂東龍汰)は、不妊治療のために仕事は代わってくれるわ気晴らしのお茶に連れ出してくれるわ、そこでばったり和真と出くわせば、まるで宣戦布告のような口をきき……。冒頭の、独占欲発露に繋がるわけですがw 
いやいや、コールセンターの学生バイトだよ? 夜はホストだよ? 子供が欲しい既婚者がまともに取り合う相手じゃないってば。まあ、そうやって割り切れないのが男女の仲ですけども。
深刻さは、DV受けてるのに妊娠しちゃったお友達の方がかなりランク上ですから…、文の悩みはなんだかお遊び感。そして『会社のリサーチでスイーツ食べ歩き』などという、絶対嘘じゃん案件が本当だったことでw 旦那の浮気疑惑も、勘違いな可能性が出てきちゃいましたよね。
「文、世界一可愛い」
と事後にささやかれ、SNSの浮気垢と同じ文言でぎょっとしてしまう文でしたが、これが単なる偶然の一致ならせっかく歯の浮くセリフで褒めたのに嫌がられる和真が可哀想〜w   笑顔で帰宅しても、浮気疑惑があると
「どうせまたニヤニヤと」
って言われちゃう!竹財スマイルが!

 チラチラと挟まれるセクシー竹財をもっとまとめて見せろーと思いつつw 30分があっという間で無責任に楽しいでいます。しかし何かと集まったり、リモートで繋いで同じ料理作っていたりと仲良し4人組が、キャラ違い4人であまり趣味も合いそうにないのが不思議です。何繋がりだったっけ?

「戦艦大和のカレイライス」☆☆

 広島発地域ドラマ。
舞鶴、横須賀、呉、佐世保。旧軍港4市海軍グルメファイトって、ちょっとオモシロ美味しそうw

 ヒロイン沙織(秋元才加)は『平和』の溢れる広島市出身。東京でモデル業もしたけれど……今は呉市のミニコミ紙「KURE:YON」のモデル兼ヘボライター。呉の誇り戦艦大和をヤマト表記にして怒られても口答え(^^;;;;) それでもグルメをまかされて出会ったのは……。
寡黙な料理人長二(三浦貴大)と、彼が作る 戦艦大和のカレイライス!

 リンゴの角切り入り、肉は牛。長二が作るカレイが旧海軍の、それも『戦艦大和のカレイ』に似ていると好事家が集まっています。
グルメファイトにぴったり!とはしゃぐ沙織には断るばかりの二郎ですが、戦艦大和の生き残りという友人祖父のためにはカレイを作ってきてくれました。しかし、ご老人の長い昔話の締めくくり
「人生に無駄なことなど、ない」
という言葉に、死んだ兵士もかと噛み付く長二。更には「思い出のままにしておきたい」とその日の試食を断られ、鍋の中身を庭にぶちまけて出て行く非礼……。追いかけた沙織と言い合いになりますが、「俺たちは」と、まるで戦時中にそこにいたかのようです。

 あの男に似た人が、大和の厨房手(料理人)に居たと言い出すご老人。
 金の種類や電話のことなど、現代の常識を事細かに(縦書きで!)書き留めた長二のノート。
「私ノ人生ハ無駄ダッタノカ」
そこに挟まる写真の女性を突き止める沙織でしたが、別の写真に並んで映る婚約者「司」はどう見ても長二です。「大和ミュージアム」戦没者名簿には、司長次郎、の名。

 まさかの、SFなんて縁がなさそうな沙織側からタイムスリップを確信。しかも、長二郎を追って超常現象に巻き込まれ……大和から海に放り出された長二郎を呼んだ「死なないで!」の声と手が、沙織のものだったとは。
改めて過去と決別し、なにか吹っ切れたような長二郎です。

 そしてグルメファイト当日。
会場に食べにきたご老人は、あの時のままの味だと。そして思い出と同じ言葉をかける長二郎に、車椅子から立ち上がって敬礼までしてくれるのです。もっとも、今までに美味いものを食べ過ぎて、あのカレーが人生で一番美味いと、当時の様にはもう思えないのだそうですが。今日の長二郎はそれでいいのだと、穏やかに笑います。
「人生に、無駄なことなどない」
やっと、そういえる様になったんですね。


 いやあ秋元才加のスカートが短い! もとい三浦貴大の生真面目な風貌が昭和で良いですね。
正直、海から上がって時代が違うと気づいた時や、その後アパートを借り屋台のバイトを始めるまでの、長次郎の人生が気になります。戸籍もあるのか心配ですが、それはまた違う話(^^;;;;)
坂の多い呉の街、見下ろす坂の奥にけぶる港がいい背景でした。作中で語られる広島と呉の違いも興味深いですw
 しかしこの役、広島出身の娘じゃなくなぜ秋元才加? 滑舌も発声も申し分ないのですがその分、興奮しての長台詞がキャンキャンと煩くて参りました。しかも内容が、モデルを諦めた自分と大和を降りなかった長二郎が同じだとかなんとか……おい。長二郎も「違う」とはっきり遮りますが、そのもっと前に本当にもう黙れと思ってしまいましたよ。
あとカレイライスに添えられてるのフォークでしたw 大和ではそうだったのかなw 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ