ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

福田充徳

「無理な恋愛」 〜10☆☆☆

来週最終回かー。

金も社会的地位もある立木、有利か? と思わせておいて、今更全てを失って老兵は消えゆくのみ……やせ我慢、団塊の世代!
一方の、失うものなんてなにもなかった龍彦。やっと、やっと懸命に取り組むものをみつけましたよー。
脚本かー。ゼロから何かを創造する力は無くても、たたき台をまとめる力はある人っているよね。今までのいちゃモンつけはこの伏線だったのかと納得してしまいましたって。

そこ以外では、りっちゃんの彼氏の残念っぷりがツボ(笑)
ワンテンポずれて入院の時も笑ったけど、今回の電車の撮影ではもう絶対やる、やる、はい乗っちゃったー。ってなもんで、お茶の間でりっちゃんより一足早く「残念な人だねー」とハモってしまいましたよ。
でも彼氏はやる気だけはあるから!(才能ないけど 笑)
龍彦と組んでナイスパートナーな感じなのって、実際チュートリアルとしてコンビ組んでることを思うとまた(登場時には絡まない位置だっただけに)面白いです。

女優として遅咲きながらがむしゃらに頑張りだした楓。
これならいっそ、どちらともお友達のまま(ん年後に大きな賞でも受賞して、「この成功は2人の男性のおかげです」とか言うような)穏やかな終わり方もあるのかなっと思ったりします。
まさか死なないよね立木さん??

ドラマに本人役で出演して、売れ行き悪いことにされちゃってるZUKANがちょっと可哀想(^0^;)

「無理な恋愛」8 ☆☆

「その白髪も、しわも」
60才の立木さんだから好きだ、と諭すかえで。うわー。
いい場面ではありますが、そんなに喜ばせちゃっていいの? 本当にいいの?
だってこれって、もっと早い回での立木正午だったら絶対、「誘ってる?」と思うじゃないですかー。本来隣に座って手でも重ねて、いっそ抱かれちゃってもいいぐらいで言うような台詞であって、あーんな遠くから交わす会話じゃないぞー。向かい合わせ座って親子の説教みたい。

なので、その後龍彦に会っても内緒にするところでちょっとホッとしました。後ろめたいぐらいの気持ちなのね?
おやおやかえでさん、ちょっと本気?

でも、再現ドラマの若い子ちゃんには「どっちも嫌」と正論吐かれて笑いました。うん、私もそう思う。「正解」は他に居るだろうって。でも年齢とともに選択肢が狭まっていくってこともあるのよー(夏川結衣レベルですら??  ^_^;)
一応双方のとも了解の上とはいえ、二股。
そう思うと嫌な女なわけですが、自覚あるみたいだから仕方ない、赦してやるか。

立木の本気にひっぱられて、龍彦まで必死にアピール。
会社の若いのも先走って「お父さん」にご挨拶かと思ったら、りっちゃんの彼もとうとうプロポーズ(一生無理だけど 笑)

物語云々より今回は、懸命に恋してる人みてなんか「いいねー」って思う回でした。リアルでは友達も親戚もあらかた片づいちゃってさ、恋バナどころか結婚式も最近ご無沙汰だもんね。いいねー、恋って。はあ。

「無理な恋愛」4,5 ☆☆☆☆

メッチャいい! 丁寧な脚本に毎回のめり込んで見ています。
特に5話は、受けて立った俳優陣の演技も良かったー。

立木を非難するかえでが、自嘲気味の笑顔からだんだん泣きが入って、最後にキッとにらみつけての絶縁宣言で去っていくところ。押さえた怒りがふつふつと伝わってきましたわ(事務所で人前で非難するのはどうかと思うけど、それだけ我を忘れたってことで)
誤解&八つ当たりなんだけど。
最初は説明しようとしていた立木も、何も言えずに帰してしまうその、諦めが悲しいよね。

もちろん立木が、かえでのドラマキャスティングにコネ使ったりしてないのは視聴者には分かってること。
いつ真実は伝わるんだろうと思ったら、もう即!
秘書からの切り返しですよ。そうそう、立木がプロデューサーと話してた時に一緒にいたんだもんね。
「自分のことしか考えていない」
「立木さんの何を見ていたんですか」
いやあもう、正論だけに耳が痛いのでは。
ただ、ここで立木さんがせっかく秘めていた恋まで告げてしまうのはやりすぎじゃないかと(物語上ではなくて、秘書として)思うんですけどー。もしかして秘書さんは立木の事が好きなのかも。そう思うと許せるわ。

で、かえでちゃんがそんなお仕事と人生の転機で男いらずになっている間、重圧に負けて家出(?)した龍彦はなんと、立木邸に居候(^^;;;)どこまでプライドないのかなこの男はー。

励ますかえでの気持ちも分かるし、それが龍彦には重荷なのもわかる(笑) けれど物書きって商売は、書かずにはいられない人がなるものだろうから、今まで最後まで書き上げたことがない時点で既に作家は向いてないよ(><)
そして案外、主夫に向いているかも……。

いつも楽しい再現ドラマ、親友砂羽ちゃんのヒゲ男装が、案外似合ってたのが発見でした。そしてかえでちゃんはイケメン(笑)
でもやっぱり、バラエティーの一部じゃない本当のドラマの方が格上で達成感あるんだろうなー。
台本にライン書いて行数数えて盛り上がってる2人、可愛かったです。
撮影終わっちゃったら、ホントどうするんだろう。
これを足がかりにお仕事広がって行くんでしょうか?

そして、あんな啖呵切っておいて、どの面下げて立木さんに謝りに行くんでしょうか。
ちゃっぴーファンのかえでママが上京!っていう6話をこれから見ます。ああ、楽しみ。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ