ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

福山雅治

「集団左遷」~最終回 ☆

 新章、盛り上がりませんでしたねえ……。

 不正融資の証拠をつきとめた片岡(福山雅治)でしたが。頭取(市村正親)に預けた証拠の手帳からは、宿敵横山(三上博史)の名前だけが消されていて。勝ちほこる横山は、その後副頭取にまで出世。
もう自浄は諦めた梅原(尾美としのり)たちがマスコミに流そうとアポをとるものの、ドタキャンをする片岡……。

 蒲田編ではスパイだった梅原が、いつ裏切るのかと待ってたのにただのお友達でした。 そして、会議に乗り込んできた片岡、ちゃんと予定通りマスコミにリークしていて、直前のドタキャンは本当にただ『少し待って』欲しかっただけだったのかーいw  そして頭取副頭取とまとめて失脚、ちゃんちゃん。

 そこからは、蒲田組のその後を描きつつ『頑張る!』で締めるんですよ。昭和なお父さんなら、それで満足……ですか? 
だって対する横山は、頑張ってなかったんですか? 彼なりに目標があって、良かれと思って……、頑張って賄賂渡したし、支店統廃合をしたんでしょ、それを片岡が邪魔したわけでw 
せめて蒲田編ぐらいコメディを押し出してくれれば新喜劇だと思って見ますけど、新章は真面目すぎましたよね。福山雅治主演だから見た人も多かったでしょうけど、真面目一徹でただ策もなく頑張るだけの主人公が、すっきりイケメンなのはミスマッチで……。

 すぐ職場はなれて尾行を始め、きれいな家に帰れば美人妻とイケメン息子が待ってる片岡よりも、ずっと奥さん入院中の真山(香川照之)の方が、大変そうでしたよ。片岡が来たばっかりに振り回され、最後は奥さんと過ごすために銀行を辞めて、奥さんの実家で経理を手伝うことにした真山さん。もうそっちが主人公の方が『頑張る』は伝わったかも。

 エンディングの曲♪さあ、頑張ろうぜ~♪のPVみたいなドラマでしたorz

「集団左遷!」~6☆☆

 みんな別の支店に移れて、めでたく第一部完。
いやいやいや、町の銀行が無くなったら困ると、子供まで貯金箱抱えて蒲田支店を応援に来てくれてノルマ半分埋まったほどだったのに。結局、閉店てorz それに直前に出向された花沢さんは、戻ってませんよね?酷すぎる……。

 蒲田支店の存続を夢見て、ノルマ100億円達成を誓った片岡支店長でしたが。以来、本部が蒲田支店の邪魔ばかりするセコイ自体に。稟議書は通らない、優良顧客は横取り。更には羽田支店の方が低金利を提示、と同じ三友銀行内で契約を張り合う異常自体に(^^;;;;)  しかしまあ、会社の方針に逆らっているのに今まで通りの訳がないともいえます。

 ノルマを焦るばかりに地面師詐欺にひっかかり。それは防いでも、三嶋社長(赤井英和)が融資金を持って逃亡! 前者はついこの前の実際の事件そのまんまですし、アルアルなんでしょうけども。どちらもつきあいのある行員を指名しての取引だっただけに、誠意が報われるという片岡節が通らなくて居心地が悪いです。
三嶋社長が逃亡なら、新規大口融資だけでなく給与自動振り込み分の契約もパーかと思いますが。それ以上に気になるのは、最初から逃げる気なら何故、羽田支店との契約を反故にしてまで蒲田支店で借りたのか、ですよ~。『借りる方だって、相手を選ぶ権利がある』的な演説までぶっておいてそれって、実は片岡に恨みでもあったかと思ったのに。ただ借金を返したかっただけ……だなんて!

 それでも、頭取(市村正親)の後押しまであってなんとかノルマを達成か……!!
と思わせておいて、ノルマより大事なものを優先する流れはまさにドラマの王道w そうそう、未亡人は工場を潰して駐車場を作る融資より、工場を復活させてくれる人材の紹介の方が嬉しいんですよね。そのためなら、蒲田支店全員失職したっていい……の? そりゃ恐れ入ったわ。
 その紹介するベンチャーも、物が義足だからってイコール善良ですか?1億円の融資依頼に、スーツも着てこないような非常識な奴らなのに(学生かと思ったw)

 さらにはあんな、サプライズみたいな転勤辞令……。まともな神経なら、とっくに転職活動はしていたでしょうに、その辺ももやもやしますねえ。まあいいんですけど。花沢さんを銀行員に戻してくれれば。だって、やっぱり出向の梅ちゃんだって、本部に戻ってきたじゃないですか!
ん?何故に片岡に謝るんですかね……って、ええええ、スパイこの人かー! 確かに片岡の動向、筒抜けw


「集団左遷」2、3 ☆

 片岡新支店長、まさかの無策orz
本当にこの人、本部でちゃんと仕事できていたのでしょうか……。ただ頑張れ、日参しろ、で全てうまくいくなら苦労しないよね。

 2話では、取引先社長の夢「エコ発電」を利益度外視でバックアップ。その結果、利率がお得な方でなく損になっても蒲田支店で借りてくれて本部の思惑と逆に。それドラマとしては盛り上がりますけど、あまりに結果オーライではorz
それに、去年関西国際空港を破壊した台風では、太陽光発電パネルがあちこちで吹っ飛んで大騒ぎでしたよね。山を伐採してパネル設置、元々は森林が支えていた表土や水が流れて地滑りした上に、崩れたパネルは感電の恐れがあるから片付けもできない始末。今回主人公がみつけてきたのは農地でしたけど、そこにパネルがズラッと並ぶ功罪の罪の方を全く考えていないのは能天気すぎです。

 3話はエステ会社。年間パスポートの過販売でキャパを超え、予約がちっともとれない状態。週刊誌にもすっぱ抜かれた会社に片岡は『支社を増やして、予約をとれるように』と融資をするんですよ。確かにそしたら詐欺じゃなくなるけど!既にパスポート買った客がどれだけ来ても収入なしですよね。新しい客は、週刊誌をにぎわせたクリニックに来るかしら……(^^;;;)

調査中、ポンと10万円のパスポートとやらを自分も買って妻にあげちゃう片岡。ああこいつ全く生活の苦労はしてなくて、その上で能天気に頑張れ頑張れ言ってるんだなーとがっくり来ました。

 その間にも、本社は容赦なく嫌がらせを仕掛けてきますw よその応援に10人よこせ、顧客も取り上げられ実質ノルマはマイナススタート。でも例の経営が怪しいビューティークリニックだけは残ってるのを、見落としだラッキー☆って、いや、どう考えてもわざとですよね。本当に仕事できないでしょ、支店長orz

 挙句、毎日定時で帰る副支店長を尾行。奥さんが入院中と知ります。いや暇か、暇なのか支店長が尾行って!毎日定時帰りが怪しい、スパイだろうって……スパイこそ目立たない行動とるのでは。莫迦なのかなorz
調査会社の報告を、副支店長に隠そうとする場面も。とにかく隠れろと相手をテーブル下に突っ込もうとして出来なくてご対面……これ、笑うところなんですかね。本当に見られたくないなら銀行外で会えってだけでしょうに。毎度そんな調子で、いい加減脱力しながら見ていたのに、ついに副支店長まで『ガンバる団』に入団しちゃいました。
 その副支店長と妻のやりとり自体はいい話でね。早く退院して、夫に仕事を思い切り仕事をしてもらいたい、朝見送って、ちゃんと家を守って帰りを待ちたい。健康な頃に戻りたい……というだけなのに。それを『ガンバる』を繰り返す言い回しで表現されただけで、もう泣きながら自分も頑張ります、ってなっちゃっててorz 頑張る=無策で突っ走る、じゃないはずなのに。

 もしかして、片岡がこんな無茶言いだすのも想定内で、蒲田支店ごと辞めさせたくての人事かなと思えてきますw あ、そう思ったら楽しいかもw

「集団左遷!!」1 ☆☆

 お気軽な「半沢直樹」、動機が恨みでなく「だって頑張りたい!」って斬新かもw

 三友銀行員片岡(福山雅治)は50歳にして支店長に。昇進に浮かれる片岡でしたが、集められた新支店長たちに、横山常務(三上博史)は『廃店』を言い渡します。業績の如何にかかわらず、行員をクビにして予算の大幅カット!君ら支店長だけは本店に戻すので、安心して「何もしないこと」「頑張らなくていい」と。

 これが、楽チンなようで案外大変ですw
新支店長が赴任。普通は早々にノルマを掲げ、支店一丸となって達成だ~と尻叩くのでしょうに、嘘をつきたくない片岡はそういう訓告を先延ばし先延ばしw
某社倒産、社長が金持って逃げた件でも、自分の責任だと探し回る担当行員を止めるわけにもいかず。結局は一緒に全額回収してきてしまうし。町工場から融資引き上げの件も、親身に通う滝川(神木隆之介)の手前、つい本部に掛け合うと約束してしまったり。

 そんな片岡を横目に「頑張っていいんですか?」と確認しつづけだった副支店長真山(香川照之)、実は前支店長から廃店を聞いていて……。本部に下手に逆らうより、おとなしく廃店になった後、少しでもいい再就職先を斡旋する方向で片岡には頑張ってもらいたいとまで言うのですが。

 横山常務との会食の席。我慢の限界を超えた片岡は、ちゃんと頑張りたい、ノルマを超えてみせると宣言してしまうのでした。ノルマさえ超えたら廃店はチャラですよ! ただし失敗の場合、本来なら片岡だけでも本部に戻れる約束は白紙ということで……うわあ、真山副支店長の目論見がパーじゃないですかorz


 そんなわけで、銀行ものにしては世にも珍しい『頑張らない』第1話でした。あれ、2話からはめっちゃ頑張ってノルマ達成を目指す話になっちゃいますね、普通かw

廃店=クビだなんてーと騒ぐ蒲田支店員たち、「今たまたま、この支店にいるだけなのに」と嘆いてましたが、どうやらちゃんと見越して問題社員が集められている模様。これから一人ずつ、その辺の事情を明らかにしつつ、問題社員ならではのやり方で業績をあげてみせたりしてくれますか?「日本ボロ宿紀行」の高橋和也が行員にいて、弁当の手配したりしています。
 長かった1話に続き、2話も拡大版。とりあえず様子を見ましょう。

「ラブソング」1 ☆☆☆

恋愛要素はなくてもいいかも。

既婚となった福山雅治の劣化が……などと漏れ聞こえての第1話視聴でしたが、逆に期待ゼロで臨んで結構楽しめました。
週2日、企業カウンセラー室に来る臨床心理士の神代(福山雅治)。 パートのおばちゃん高畑淳子さんなどなどがカウンセラー室を訪ねては、ほわんと幸せになって帰って行きますwそりゃあの声でささやかれて励まされたら元気でますよ、ハーブティーなんか無くても大丈夫w


しかし、工場長にひっぱってこられたヒロイン佐野さくら(藤原さくら)だけは一目惚れはしなかったようです。叱責の原因にもなった吃音を治したいと打ち明けたのに、急がないでとなだめる神代にご立腹。
同居の幼馴染(夏帆)が結婚するのをきっかけに、彼女に頼る生活を止めようと努力しているのに上手くいかないんだよね。ほぼ無言の会社から、家に戻ると自分を出してぶーたれたり、怒ったりするさくらちゃんが可愛いです。案外ドスのきいた低音なのもギャップ萌えw 化粧っ気なく、芋くさいところも可愛い可愛い。

そしてついに言語療法士(水野美紀)に紹介され、音楽療法を試してかぼそく歌い出すところなんて一緒に泣きそうでしたよ。
理不尽な世界と戦ういたいけない娘さん、応援したいじゃないですか。がんばれー!

しかしこれは月9。
今はまだ単に、悩める若者と見守るおじさんてだけですが。月9ならラブ進行かと思うと、それはちょっと、うーん、どうなの。

そりゃとっさのギター伴奏もできちゃう神代氏、音楽好きにはポイント高いでしょうし年齢差はあっても素敵ですよ。そして神代の側からも、さくらは亡き妻(かな?水野美紀の姉)に似ているようで、想い出を重ねるような気持ちは生まれるかもしれませんが……。無理に恋愛に持ち込まないでくれたほうが見やすそうです。
同郷の幼馴染、天一(菅田将暉)が、おバカ可愛い勢いで最後にさくらをさらっちゃえばいいんじゃないかなw 
とりあえず見てみます。

「ガリレオ(2)」最終回 ☆☆

いきなりタペストリーをひっぺがして壁に数式書き出したのにはびっくりしました。しかも、消さずに帰ったよね美砂刑事w トリックより何よりあれはダメでしょう。それをみつけた奥さん(天海祐希)も、すぐ

「湯川君……」

って、中学時代からあんなことしてたのかというorz


で、前回も今回も途中で寝てた旦那にトリックを説明する羽目になりましたが、

『一年前に仕掛けた』

という点が納得いかないらしく何度同じ説明を繰り返したやらw なんで見張ってたの?なんで社員が水使っちゃだめ? え、なんで1年も?

そんなに子どもが欲しいのに愛人も作らない旦那は誠実なのに、殺されて可愛そう←これは、ドラマ版だとそうなっちゃうよね。自殺した元カノも愛人もどっかに消えちゃってて。


美砂がいきなり泣き出したのにはびっくり。「じょは情緒不安定のじょ」…は、「あまちゃん」だw そこまで逮捕できなくて悔しいような極悪人かな、他の人をまた殺す可能性はほとんど無いだろうし。

彼女が好きで、容疑を晴らそうとずっと頑張ってたとでもいうならともかく、ちょっとお茶した程度の後は普段の岸谷だったじゃないですか。

ま、すぐに先輩を呼び捨てまで回復したし。美砂の精神状態よりヒ素入り土をいじってたハゲ刑事の健康の方が心配な最終回でしたよね。

湯川さんは変わらないし。 

「ガリレオ(2)」10 ☆☆

被害者の奥さん(天海祐希)は、湯川の中学時代の同級生ですかー。そうかー。

あんな2人が同じ教室にいたのかとか、同窓会で集うのかと思うとゴージャスですね。
でも「物理が関係ない」と、捜査依頼をはねつけてた湯川を振り向かせるのが実に面白い事件でなく、同級生だなんてなんか…違和感です。中学時代に嫌いだった花を30年後に好きになってるよりずっと違和感ですよ(><) 


そして犯行動機。
「1年で妊娠しなかったら離婚」
40代女性相手にそんな約束、ご無体なw


原作を読んだのは随分前なので、細かい違いはどうでも良いのですが。さすがにこの年齢にまつわる2つは無茶な改変では…。
ただ、壁の大作タペストリがぼやっとした主張の無い図柄だったことは納得でした。素人だし。こんなあんなテクニックを駆使したいというわけでもない暇つぶし。で、夫だけが凄いじゃないか飾れよーって言ってくれる出来(って実は凄い作家さん提供だったりしたらすみませんw でも原作通りタペストリ作家だったら、もっと派手な作品を用意したでしょ?) 


ひっそりと枯れた薔薇には唯一テンションがあがりました。


あの気の長ーい哀しい犯罪は、トリック説明だけ1時間でパパッと済ませては身もふたもないと思っていたので前後編なのは納得ですが、果たして後半にきちんと盛り上がるのでしょうか。地味なのに。

そして最後はどこに落書きするのか湯川←それじゃギャグだって…。


「ガリレオ(2)」9 ☆☆☆

湯川を恨んでの犯行。


そりゃ、無神経で有能で有名人なイケメンときたら誹謗中傷は渦を巻いているでしょうが、今回動機になった”恨むきっかけ”は、あまりにも単純w  学会発表の質問たった一つでダメになるキャリアなら、悪いのは運じゃなく研究の質ですよね。 湯川じゃなくても、そのうち誰かが同じ指摘をしたでしょうに。


そして事件も、『予言にみえる』ところは不思議でも、『予言にみせかけた』と捉えれば、ほら単純w


こういっちゃなんですが、毎週毎週「遺留操作」「刑事110キロ」の方が何十倍も入り組んで訳の分かんない事件を解いてますよ!勿論、複雑=面白いではないのでガリレオはこれでいいっちゃいいですけども、犯罪捜査と関係ない湯川准教授を巻き込む理由が必要なのがガリレオ。

その点今回は、犯人が湯川を指名して大義名分があるんだから、他の部分に時間を割けたでしょうにー。

でも生瀬さんの怪演で見てて飽きませんでした。 


湯川を恨んでの犯行=栗林だ!となる岸谷刑事、酷すぎるw

そしてついに、個人宅の鏡に口紅で落書きする湯川w
だから岸谷も学習して、模造紙とマジックを持ち歩けとあれほど…!! 拭けばいい鏡より、潰した口紅がどこのブランドで限定品だったりしないかの方が問題じゃないの(><)

「ガリレオ(2)」8 ☆☆☆

名勝負!


憎くて殺したかったし、演技の為に殺人を体験したくて殺したと開き直る女優(蒼井優)

追いつめられて手が震える自分の反応も面白い、これから体験するだろう取り調べも裁判も、留置所や刑務所暮らしでさえもワクワクする!

出所したら人殺しの役を演じる!

と何から何までポジティヴ・シンキング(^^;;;) こりゃ勝てないな-と呆れた矢先に我らが湯川准教授がガツンと言ってくれました。そんな演技は見たくないと。

♪女優殺すに刃物は要らぬ♪

♪皆で背中をむけりゃいい♪ 

あわや蒼井優の独擅場になるところを、辛くも湯川がセーブ。おかげで気持ちよく見終われましたわw


説明タイムに協力する花火師さん(ガッツ石松)と准教授のやりとりも楽しかったです(^^)

パソコンで花火の画像を見ながら、専門用語バリバリで理解し合う2人w (ドラマ的にはそう見えますが、実際あのパソコンの画面には、台詞が表示されていて読み上げてたんじゃないでしょうかw)


と、大満足で楽しみましたけれど。
あれこれ女優が仕掛ける度に思ったのは「これスマホじゃ出来ないな−」という時の流れですw 原作発表時にはiPhoneとか一般的ではなかったのでは?
だって彼氏携帯をポケットにいれて操作は(コナンでもあったw)、ロックかかってても出来ないけれど、そもそもスマホじゃ無理じゃ無理。そして写真はGPSで撮影地を記録しちゃうw 
彼女がさあ殺そうとマンションにやって来た時、
「やっとスマホにしたんだよー」
とみせびらかされたら、肩を落として帰って行ったでしょうか。せっかっく考えたトリックを台無しにされて、やっぱり逆上して刺したかもしれないw 


そして殺し方が不確実なのも気になりました(><)

あの体格差じゃ警戒されたら終わりなのに、水平にしたナイフで肋骨を避けて一撃で心臓を刺すだなんて難しすぎでしょう。

「肋骨にナイフがあたる感触が」

と本人もメモってる様に、失敗スレスレだったんですよ! 役と同じ様に殺したかったにしろ、例えば彼を刺し損ねて騒がれたら?

更にそのメモ見られたらどうするんですかw

ICレコーダも気味悪がられる程有名だったのなら押収されるかもで、写真のトリックとか準備してる場合じゃないですw


月と花火の写真も、撮影地云々は置くとしても、生前の彼が撮ったとするなら女優さんは存在を知らない筈。つまり、警察自ら位置の矛盾に気付いてくれなければ、容疑者にされても自分から指摘を出来ないんですよw せっかくの二重トリックが、役に立たないリスク高すぎるw

むしろ、その写真を撮ったら遺体の横に置き去りして、通話トリックなんかしない。第一発見者にもならずにほったらかす方がましに思えて…

策士、策に溺れる

の通りに溺れまくりな女優さん、やっぱりガリレオ教授が出て来なくたって解決した事件に思えて仕方ないですw

「ガリレオ(2)」6 密室る ☆

文系が過飽和知ってたらそんなに得意げかw


山小屋で自殺にみせかけた殺人事件。でも、全然湯川を呼ぶ事件じゃないじゃん! 
 

湯船の泡から、入浴をアリバイに殺して来たんだろうと推理が展開しますが女性なら生理中で湯船を遠慮する確率はかなりあるし。その他にも共同の湯船はダメという潔癖性だってありで、鼻高々に過飽和を連呼する刑事さんがみっともなーい。

その前に、お仕事はと聞かれて

「警察系?」

だなんて自分から言っちゃうのが信じられない(><)そこは

「公務員です」

でしょう!おまけに、警察がいると犯人が知っても、だから計画を変更して齟齬が生じたとか、だから特にアリバイに利用したとかでない(鍵の確認なら誰でもできる)のがもやもや~。

ああ再現場面でも、ホログラムシール貼るのにあんなにベタベタ触ったり何か塗ったりしてたら鑑識で分かりそうなものだと思ったし、吊り橋も簡単には落ちそうに見えなくて納得が行きませんでしたよ。索が腰より高いもの、足を持ち上げないと。相手が松下奈緒ぐらい長身ならあるいは…でもその場合も、こちらの背が低いと結局押す部分が低くなるからね。
その前に、後輩が個室で寝たりせず、言いつけも聞かずに「先輩から呼ばれたよー」と皆に知らせて出てくる可能性って考えられていませんけど。天才肌の帰国子女を、がっつり躾けてる自信があったの?


実験室のリアルなホログラムは面白かったし、「優秀な後輩を消せば楽になると思ったけど違った」という犯人の言葉は印象的だったのですが全体にとても雑な印象でした。

数式を書きまくる湯川さんが、前回は病室のガラスに書いて岸谷刑事が2時間かけて消しただの、今回はいかにも高価なテーブルに!だの、ギャグ扱いになってきたのもなんだかなー。本気で困るなら、模造紙でも持ち歩けばいいじゃない。


なんか癇に障ると思ったら、岸谷が「美人じゃない」と自分を下げるせいでしょうか。女優さんの君にそんなこと言われちゃこっちの立つ瀬がないのよ(><)

「ガリレオ(2)」3 ☆☆

桃w 尻w

果物持って入院見舞いにくる湯川もレアですが、研究室で酔いつぶれる女刑事に毛布をかけてやったりと……2人の間が縮まってきた様でイヤンです(><)彼女はいっそ、万年助手とどうにかなればいいのにw


事件は、頭の中に響く呪いの声。

指向性のスピーカーじゃない「何か」を思いつく湯川に振り回される刑事たちなのでした。


3度目にしてやっと、普通の捜査じゃわけわからない事件です。
しかも、湯川の試作品が犯人逮捕に直接役に立つ形だったのも嬉しいですね。犯人が作ったものとそっくりでしたよ、と言いながら、湯川が作った方を大事に大事に扱ってる助手さんいい人だ。

そんなわけで見てれば次々と目を引く場面で楽しいのですが、思い返すと何も残らないというかキャラで流した感じの薄ーい話だったような。だって美砂はもう「オカルトちゃん」の称号も、週刊誌に載っちゃうーと騒いでいたことも忘れて湯川に頼ってましたよ。えー。

教祖の念は信じる、呪いも信じる、美砂自身があまり真っ当な刑事でない分、湯川が何をしても大丈夫そうなんですよね。
地面に数式を書いてる時も止めもせずにただ立ってましたよ(放り出したノートを後で自分で拾う湯川。美砂が外聞を気にする人なら、待つ間に拾ってあげてるか、他人の顔でずっと離れてるよねw)

事件も『呪いの声』の犯人と原理は分かりましたけど、社長の溺死との関連は証明出来るのか??
前回の事件より、こっちの方が実は報告書をまとめるのが大変そうじゃないですか。

あと医者はイケメンの筈では…(><)
 


「ガリレオ(2)」2 ☆☆

オカルトちゃんw

帝都大出のエリート女刑事が超能力で事件解決!って、確かに週刊誌向きのネタですねー「美人刑事」だしw その影には以前から警察との関係を疑われる「イケメン准教授」も。


そんなわけで、殺人事件の証拠物件が超能力~ダウジング~で発見されたんでは報告書が書けないと、湯川に泣きついて来た岸谷刑事。真面目だ…。

本人の主張がどうあれ、鑑識さんみたいに『犬も殺人もその子がしたんだろう』とか、納得のいく説明を勝手に考えるのが普通の困った大人ってものなのに、エリート刑事は女子高生が『水晶に導かれて犬の死骸をみつけた』って話の方を信じましたよ。

相変わらず万年助手にはキッツイですが、案外いい奴なのかも。


でも真実は、死骸遺棄を『目撃したので場所と犯人を知っていた』という、一番分かり易い結果で、報告書にだってダウジングのことなんか何も書かないで大丈夫なのに、何を湯川研究室でうだうだしてるんでしょう。

挙げ句に湯川先生に抱きついたり(違)して…!!


先代湯川係の薫なら、絶対しなかった甘え方をする岸谷。湯川先生のソフトな拒否具合が面白いので、コンビとしてはいい感じに見えてきました。しかし、大教室を埋める湯川ファン学生からは呪われそうw 


メトロノームによる共振の実験は見せ方が面白かったですね!
事件としては、前回に続きまたもマトモな説明が正解という不思議成分足りなすぎですが、その分気軽にキャラを楽しめる感じ。品川に替わって投入のハライチ澤部も、同じハゲでも好感度アップで見やすいです。

このキャラに慣れて来たあたりで、ドーンと大仕掛けなびっくり事件を解決してくれると嬉しいのですが。さて。


「ガリレオ(2)」1 ☆☆

驚きがなかった。


前作では(というか原作では、と混同しているかもですが)トリックにも動機にも随分と驚かされたものなのですが、今回はそりゃそうだろーな感じ?

身体が温かくなる、遺体は白濁、眼球以外にも加熱の跡は検視で分かってしかるべきで、本当に湯川准教授(福山雅治)が出てこなければ分からない事件だったんでしょうか。

それなのに最後に教祖は本物?的場面を加えられてもなあ…。


それに、薫さん(柴咲コウ)と准教授のコンビが好きだったのに(><)指輪ならぬゲルマニウムの結晶をはなむけに、薫さんはアメリカ研修に旅立ってしまいました。淋しいわ。

代わりにやってきたのは、帝都大出身の小生意気娘(吉高由里子)うーん。不思議現象をすぐ信じちゃうあたり文系な感じはよく出ていましたが。万年助手の栗林さんに無礼なところとかいやな感じ。さて、ここからどう応援したくなるキャラに持って行ってくれるのでしょう。

あ、内海がドラマ後原作にも登場するようになったように、小生意気娘も東野圭吾が出してくるでしょうかwそっちが気になるかもw


「龍馬伝」4 ☆☆☆

うわ、下手なラブシーンよりドキドキでした。
道場で鬼小町を組み伏せる龍馬(><)うっかり覗いちゃう兄(←龍馬の励ましが、途中まで愛の告白に聞こえなくも無いところもニクイ 笑)

そりゃあただのデカブツ相手ならともかく、同じ剣術を学ぶ者同士でルール無用に殺し合えとなったら男の方が有利でしょう。剣の道を生きてきた佐那には辛い現実。(ワンピースのゾロとくいなを思い出したり)

「私は弱くない。あなたが強すぎるのです」
貫地谷しほりの涙が綺麗でした。そうか、そんなに強いんですね坂本龍馬は。入門初日にはコテンパンだったし、普段が笑顔で優しい人なので忘れがちですが剣の腕は立つんでしたっけ。いつの間にか道場主に迫る腕前になっちゃったのね。
その前段の、佐那の笑顔を喜ぶくだりも言うのが龍馬じゃなかったらまるで口説き文句。さてここから2人はいい関係に……?と、思ったところで黒船来襲。どうやら次週からは剣術修行どころではなくなる様子です。

『広い世間を見に行ったのに、何剣術ばかりしてるのか』
と、怒ってた乙女ねえやンだけは大喜びかも。

一方の弥太郎も一念発起、私塾を開いて子供たちに教え始めたところなんと加尾が、
「私にも学問を教えて下さい!」
喜んでる弥太郎でしたが、それって結局、龍馬に会いに江戸に行きたいってことじゃなくって??

気がつけば毎週とても楽しみになっています「龍馬伝」。ヒゲの桂小五郎(もう2階で女遊び済みだったのよね、アレ笑)も出てきて、最近の谷原章介はまたこんな役かー!

学生時代、一年だけ履修した剣道は防具が臭いわ、面を全力で振り切られて(上手い人は当てるだけで引くらしい)気絶するわ、ろくな思い出がないのですが。手ぬぐいを頭に巻くのだけは覚えました。ツレも習ったことがあったと思い出話に花が咲きつつ。秋葉原にあった道場だなんて! 

人気ブログランキングへ

「龍馬伝」3☆☆☆

どこまでお人好しなんですか龍馬!!

手形を偽造してきただけでなく、旅費も持たずに出奔してきた弥太郎。それで江戸まで連れていけってついてきて、宿も食事もたかるつもり、相手にしてたらきりがないのに。それどころか関所で偽手形がばれたら一緒に死罪かも(><)なのに、追い払うでなく咎めるでなく、一緒に江戸まで行こうだなんて笑顔で。いわれた弥太郎の方も驚いてたじゃないですか(^^;;;;;)
実際、行くとなったら豪華に案内人付き(彼の旅費は坂本家持ち?)。路銀に不自由な様子もない龍馬君は、恵まれているので分け与えるのは惜しくなく、施される一方の弥太郎だけがますます卑屈になるのでしょう。橋の上でかばわれ、借金取りから助けられ、と龍馬が分け与えるのは金だけではないのですが、その余裕がまた憎らしいのかも。飢えたこともないくせに、自分と同じだと言ってみせる男。(でも、あの龍馬が困ってたらみんなで寄ってたかって助けてくれると思うので、人に好かれないのは弥太郎自身のせいも多分にあると思うんですけどねー)

関所でも、最後までかばおう関わろうとする龍馬を
「昨日会ったばかり」
と突き放すのは、弥太郎なりの思いやりではあるのでしょうが……。
船に乗って去っていく龍馬たちと、関所の役人からは逃れたボロボロの弥太郎。片や「元気でなー」、片や「馬鹿野郎~」「大嫌いじゃー」と噛み合わないエール?を送りあうのには大笑いでした。

今ひとつ盛り上がらないと家人は言いますが、一年続くと思えば毎回クライマックスにされても疲れるし。地元の人間関係を丁寧に描いてこその終盤の盛り上がりですからね、ここまで十分に面白いと思います。主に弥太郎が(笑)
この後、弥太郎はどうするのかと思ったら予告ではまた鳥かご売ってましたよね、戻ったんだ!どの面下げて!!
これで架空の人物だったら(「新撰組!」での捨吉みたいに)どうにでもなるのでしょうが、大三菱財閥を築く弥太郎さんですから、どこでどうきっかけを掴むのか興味津々です。物語全体の語り手でもあるはずで、龍馬と別れている間の物語はいったいどうなるのやら。
ところで最後のミニ番組で出てきた弥太郎の生家は小ぎれいでしたよ?三菱が建て直しました??

人気ブログランキングへ

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ