ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

福士蒼汰

「愛してたって秘密はある」2、3 ☆

セコムしましょうよ。

何度も侵入を繰り返される、奥森邸。
そのうち何度かは妄想ですけどね。父失踪後の母子二人暮しは物騒ですし、母の夜勤もありそう。てか、豪華一戸建て、そもそも3人暮しの頃から警備保障ぐらい導入していませんかー。
そんなことを考え出したら、もうね。
庭から死体がなくなったーとガクブルされても、はいそうですか、としか思えません。警察が見つけるならともかく、死体を盗んだ奴は殺人の容疑がかかる危険を冒してまで、なんの得がw

だいたい凶器のトロフィーを死体と一緒に埋めるところから、笑止。ゴミに出しましょうよ。

と思うと遺体だって、なにも庭に埋めなくともバラして生ゴミ収集に出すのが一番安全。なにしろ母は医者で……あら、看護師なんだ。あの豪邸生活を支えるのなら女医だとばかり。外科なら解体もできるよねと調べてみたら、看護師でしたよ。そうか、それじゃあ……。

解体も無理だけど、夫の収入を見込んだ豪邸ローンはもっと無理そう。本来なら安い賃貸に引越ししたいのに、庭にヤバいもの埋まっているから引越しもままならずw 母親がメインのサスペンスなら、シフトを増やし、生活を切り詰めても豪邸に住み続ける苦悩を描写してくれるでしょうけどねえ。子供が主人公なのでその辺はかっ飛ばし、犯罪者心理と更正には心砕いても学費には気を使わずにお勉強です。もっとガツガツと就職に意欲を見せて、早く母さんを楽にしてやろうとか思わんのかと。


でも、その母さんがそもそも元凶でクズなんですよね……。

救急車も呼ばすw 隠せば大丈夫、バレなきゃ事件はなかったことになると言い張る。償う機会を無くした息子が苦悩し続けていることはほったらかしじゃないですか。どうせなら、トロフィーひったくって2、3回余分に殴ってやって
『殺したのは私だから!』
と罪をかぶる方向だってあったじゃないかと。


今更父の車が海からみつかったり、母親と爽の父が知り合いだったりとばらまかれたヒントが気になりますけど。見るたび腹が立つばかりで、せっかくの福士蒼汰くんも川口春奈ちゃんも楽しめていないので今回はリタイアで。

実はお父さんは生きていて自力で穴から出て隠れたとか、病んだ母の別人格が……とかは、やめてくださいよねw

「愛してたって、秘密はある。」1 ☆☆

穴が浅い!もっと掘らないと腐敗臭が漏れるわ虫がわくわ、カラスや犬も来ますよね。その後も土壌の富栄養を反映して生える植物が変わりますから、えらいことになるんじゃないかと……。

そんなわけで、DVの父を殴り殺してしまった中学生の黎(福士蒼汰)
通報を止めた母(鈴木保奈美)の企てで死体は自宅の庭に埋められ、失踪を工作して11年。司法修習生になるも、妙に加害者に肩入れをしてしまう黎は、恋人爽(川口春奈)と結婚の運びになっても、秘密を抱いたまま幸せになることに不安が募ります。
しかし爽の方にも何やら秘密があるようで……
「あの親父の息子なんて絶対無理」
と言う爽の兄。は? 爽は元々男なの?何? ……違ったw 父親が鬼検事(遠藤憲一)だったのね。

挨拶に来た黎を、取り調べさながらにあれこれ問い詰めるお父さん。父親のことは、4年前に<病気で>死んだと答える黎。え、4年?失踪7年で死亡宣告が出たのが4年前ってことですかね。そして、検事裁判官でなく、弁護士志望。犯罪者の味方になりたいと言うと、きれいごとだと責められます。 まさかそこに自分を重ねているなんて思わないでしょうからねえ……。黎も、わざわざ自分から犯罪に近づかずに、それこそ県庁にでも務めてたらいいのに……。

研修でも、犯罪者を見下し理解ゼロな同期と違い、我が事のように考え、聞き込みや調査の手間を惜しまない黎。そして傷害事件はでっちあげだった、と救ったはずの青年が同じ日に目撃者の少女を殺していたと判明し愕然とします。更にその殺人者は言うのです。
「死体も罪も、沈めたのに」
沈めて、みつからなければ罪は無かったこと。それは、父を埋め車を海に沈めた母が、黎に言いきかせた言葉そのもの。

確かにお母さん、おかしいんですよね……。悩む息子を尻目に、まるで何もなかったかのように暮らしていて。爽に逆プロポーズをそそのかしたりと後ろめたさの欠片もない様子。え、それでいいの?庭に旦那が埋まってるのに??

そしてついに来た、庭に埋まる父をほのめかすメール。
その埋めた場所に置かれる黄色い薔薇。あの晩、色が違う、と薔薇が黄色だったことで狂ったように母を殴打していたことを知る人なんて……母しかいなくない?
更に翌朝、掘り返されている庭! 
重機もなく音もなく忍び込んでこんなこと出来なくないですか(^^;;;) 夢遊病状態で黎がしたとか?
(実際、父を埋めた時にだって夜に穴掘ってたらご近所に目立ちそう。海に車捨てに行っても、そんな辺鄙なところから徒歩で帰る親子が目立つでしょ。11年前が杜撰すぎて謎です)

罪は暴かれるのか?

「きょうは会社休みます」1 ☆☆☆

壁ドンw

朝チュンw

「ボクじゃだめかな」と覗き込んでくるイケメンww


次々と襲いくるドリームにニヤニヤが止まりませんでした。

イケメンバイト20才(福士蒼汰)と寝ちゃった喪女正社員30才(綾瀬はるか)の内心大騒動です。


バス停に馬に乗った王子様が迎えに来るような派手な画面よりも、ゲームセンターやバッティングセンター、船でのデートの方がドリーム満開でしたよねえ…。

だって、朝まで一緒に居たいという言葉にもう手を握ってOKしてるんですよ?そのままホテルでいいじゃないですか。なんでそこからデート。身体だけじゃないよなアリバイ演出ですかw
時間も気になります。吞み会→2次会→バーの花火ケーキで既に深夜でしょうに、ゲーセン終わり1時バッティング終わりで2時?

かえって酔った勢いにも出来なくなってからの情事、初挑戦の主人公がどう逡巡するかも見たかったのに、そこは跳ばして翌朝で朝チュンってw 定番、シーツを掴む手のアップがなかったのが不思議なぐらいの少女漫画な展開でしたー(今時だったら中学生向けの方がもっと過激かも)

30才で第2子を出産という主人公の友人(平岩紙)と立場は同じな私、他人事ですのですみません。というか、20才の長男がこの状況で朝帰りだったらイヤだわーと親の気分でもあり(><;;;)


そこに愉快な同僚たちと、上階のCEO(玉木宏)まで絡んで賑やかになるんでしょうねえ。

綾瀬はるかが朝帰り、昨日と同じ服と気付くCEOもイヤですがw その後さりげなく昨日と同じ服の男=お相手をさがすとかヒマなのかCEOw

イケイケで上目遣いの仲里依紗が魅力的。そして待つだけの女は『傲慢』だぶっとばしてやる!と元気で可愛いですw

個人的には、愛するひとに出会うまで童貞が信条という若手社員君(千葉雄大)に賛同。それが何才だろうと他人が知ったこっちゃないでしょう。捨てるものでもないよね


「弱くても勝てます」1 ☆☆

うわーヘタクソw

せっかくのイケメン福士くんも、ヘタクソな女投げじゃ台無しですw でも下手な役なんだからまあいいかー。そして学生たちも田茂青志先生(二ノ宮和也)も誰も東大行くほど賢そうに見えないのはいいんでしょうかーw

まず9人揃えなきゃと、女子マネ(有村架純)のストーカーや指揮者まで連れて来てて「ドカベン」思い出して笑いました(古!)


そんなわけで、トップ進学校(モデルは開成高校)の野球部が、下手で弱いけどでも勝てる様になる話ならしいです。ニノが監督で、生徒を勝たせることで自らの過去の負け犬トラウマとの決別を図ります。

どんな策をたてるのか、そこはちょっと楽しみかも。


しかし、事前に強豪校に喧嘩を売りに行くのも迷惑なら、当日いつまでも1回表が続いて

「どうやったら1回裏になるんだよ!教えろよ!」

とグラウンドで逆ギレ始めるのも、大迷惑w だいたい強豪校の選手にはなんの得るところもない試合なんだから、もっと謙虚にいかないと失礼ですよねえ。校内でこっそり練習して、もうちょっとましになってから対戦デビューってわけにいかなかったんでしょうかw


学外では、薬師丸ひろ子が喫茶店のオーナー兼、田茂先生アパートの大家さんでした。


「船の上の診療所」1 ☆

「ほら、ドクターコトーみたいな」

って、自分から言っちゃうのかw


船医さんといえば遠洋漁業や豪華客船と、大きな船に医者が1人居るイメージでしたけど。

このドラマでは小さな医療船に医者も看護師も男女ペアのチーム医療で、孤島から孤島へと移動して治療していく様です。

更に言うと、その行く先々で主人公が恋してふられるんでしょうかw


過疎地での就職や結婚問題を織り交ぜて、普通の主人公でも充分ドラマになったでしょうに。何故か主人公の医師(松田翔太)がド変人です。

結構イケメン、医者の腕も悪くない。なのに色ボケ(><)

ここって笑うところなんでしょうか。新任二日目にもう、島で婿になるから医療船降ります宣言とかって、本当に運命の出会いがあったとしてもドン引きなのに、単に勘違いw

更に看護士(武井咲)も初対面で飛び蹴りとかありえない←主人公の方が全裸だったなら許すけどw


関西弁の藤原紀香メガネの福士蒼汰、荒川良々と脇も楽しそうで風景もきれい。素材は悪くないのに、焦点がボケて残念な出来に。なんだろうなあ

「スターマン・この星の恋」1 ☆☆

最終回までいっき見せの予告、斬新w

こういう話でーす、と分かると確かに安心してみられますけど、じゃあもう見なくていいってならないのかな。


3児をかかえるシングルマザー(広末涼子)が行き倒れのイケメン(福士蒼汰)を拾い、彼の記憶喪失をいい事に「パパ」役をさせようと……。


「いま、会いにゆきます」男女逆な状況ですが、基本コメディかつ同居のおばあちゃんがいることと、さすがに遺伝上の父は別と伝えたことで生々しさは薄くなっております。

子持ちと知りつつベタ惚れだった……と聞かされて、微妙な面もちの彼。そりゃ広末涼子だから可愛いけど、かなり年齢は離れているし、ね。でっちあげた「星男」って名前も微妙だw

見知らぬ男を拾って、「悪い奴だったらどうしよう」とリアルな心配をしているのは子どもたちだけw しかも星男の身体能力が高過ぎて……宇宙人なんじゃない?って、ファンタジーw

いろいろ制作意図に謎を残しつつ、家族で楽しく見られるドラマではあります。


ちなみに星男くんが映る度に「きゃー」「かっこいいー」と中3娘がうるさいw

なにかとフレームインする富士山が奇麗なのも涼しげでいいですね(世界遺産登録祝いですか。スカイツリー完成頃のドラマが、なにかと背景にスカイツリー映してたのと同じねw)

「あまちゃん」~6週目途中 ☆☆☆☆

「るいがとひなきす」

逆から読んでみて!…って、なんで普通に言えないかねw


前に感想書いたのが本気採りの前で、海女シーズンが終わったらどうするかと思ったら高校に潜水土木科があって編入したり、イケメンの先輩がいたり、おじいちゃんが生きてwいたりと怒濤の展開です。


しかしヒロシくんたら何才なんだっけ?

妹と同級の高校生アキちゃんに告るも

「好きなんだ!」「…ママを?」と、完全圏外だったしw

アキが好きなんだと伝わっても

「脳みそ使っちゃいけないんです~!!」

と全力で拒否されてて完全に海女>ヒロシw

それでも翌日平気でアキちゃんの撮影していたあたり、あんなヒロシでもさすが年の功、めげてないなーと思ったら。逆読み「好きな人がいる」を悟っていきなり目が死にましたw

間が悪いとか、別のことに専念したい、というアキの断り文句を真っ正直に受けて待っていただけだったのね…。そして速攻ストーブと友達に逆戻り。あああ。それでもマネージャーを続けるとか、少なくとも漁協の仕事は休まない様じゃなきゃ、社会人としてダメダメです。

小池徹平くんはカッコいいけど、ヒロシはないわー。


その点、イケメン種市先輩は潜水土木のエリート。資格もとって羽田空港での就職も決まってて頼りになりますよねー。

アキの妄想場面が、ウニをパカッと開けたら指輪が入ってたりw キスしようとしてヘルメットぶつかったりw ありえないおバカで楽しくて仕方ありません。


TVでのアキちゃんユイちゃんデビューの話が来て、本気モードのユイちゃんと同じ質問をする春子さん。

「スタイリストは?メイクは?VTRチェック出来るの?」

どうやらこちらもアイドル目指していたことがありそうですよ(キョンキョンだもの!!!)


「制服の、胸のボタンを~」に続く歌詞や、

交換日記の内容が歌詞だったりと、懐メロの小ネタも40代にはメチャ楽しくていやあ毎日幸せです。

余談。
祖父が海軍上がりで戦後もタンカー勤め。七つの海を巡ってホント時々しか帰って来なかったので、まさに夏さんと忠兵衛さんそのものに普段は自由気侭な祖母が帰国の頃にはそわそわ&熱烈歓迎、4日もすると大喧嘩、そのうちまた仲直りしてお見送り〜をやってましたw懐かしいですw 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ