ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

石野真子

「ハラスメントゲーム」~最終回 ☆☆

ひょうきんオヤジ秋津に、唐沢寿明がはまり役でした。
コンプライアンス室長なのにすぐ口が滑るw でも指摘されれば謝って直せる人。セクハラといっても触るんじゃなく、悪気なく褒めて抵触する方ですからね……途中のセクハラ偽証では、ちゃんと録音しててホッとしましたよ。←実は有能。

そもそもの秋津左遷、パワハラをでっちあげられた理由も……実は「あなたが嫌いだった」から、と元部下脇田常務(高嶋政宏)が吐露してて苦笑。本音がどこか分からない、あのふざけ倒した秋津のスタイル。それでいて憎めない。もうバラエティで出てきて扱いに困られる時の唐沢寿明そのものじゃないですかw 生真面目一本で来た人には、ほんと理解不能で、楽しげに仕事されてやっかみもするでしょうよ。
そんな脇田失脚のネタを、社長(滝藤賢一)命令で探していた秋津だったのに。気づけば秋津自らの暗躍で、脇田が社長になっちゃったじゃないですか!それもまた、恩に着せるでなく飄々と流していく秋津なのでした。

というわけで、セクハラパワハラモラハラ、ハラハラw マタハラを通り越して育児に参加する父親を叩くパタハラ(だっけ?)と、ハラスメント盛りだくさんだったハラスメントゲームw
シリーズ当初のハラスメントはむしろ聞きなれない分かりにくいケースばかりでしたが、何それと興味を引く手法、上手いなーと思って見てました。身近だからと、恋愛か強要かでセクハラを争いだすと、イケメン無罪だのって不毛な感想になりそうじゃないですか。それが、突然パートが揃って辞めると言い出した原因が社長のセクハラ、だなんてね。触りも誘いもしなくても、女性を若さだけで褒めることもセクハラですという訴えには、このドラマの心意気がつまっていたと思います。
ハラスメントを訴えたイクメン社員(斎藤工)が、実は時短勤務を利用して育児動画で稼ぐルール違反していたりw 身近じゃないけどだからこそ、責められている感がなくハラスメントを学べるというか。職場の文句いいながら見始めた旦那が、すっかりはまりましたからね。
終盤にはスーパーマルオーの売却問題からの社長退陣と話が経営に絡んで大きくなって、『ハラスメント関係ないじゃないか』と旦那ご立腹w もっと最後まで、ハラスメント問題を中心にみせて欲しかったんだそうですよ。おやおや、それだけじゃつまらなかろうと盛り上げてくれてるのにw コンプライアンス先輩(広瀬アリス)が聞いたら泣いて喜ぶのではw


最終回、地方に行く秋津を見送りに来た先輩、ここぞとばかりに「嫁に行けない」調セクハラ三昧の秋津にツッコミながらも、別れを惜しんで涙ぐむ。見てるこっちも泣けてきますよね(しかし、クズ呼ばわりはどうかと。作中に関連の会話あったのを見逃しました?)

秋津の奥さん(石野真子)も、いつも夫に風当たり強いながらも可愛くて、夫婦のやりとり場面はいつも楽しかったです。マルオー店舗でクレーマー退治して『名乗るほどの者じゃないわ☆』と去っていくの、嬉しそうでしたよね~。また秋津の左遷先に、なんだかんだいいながら来てくれるんでしょうか。そして秋津も、パートのおばちゃん褒めちぎりながら楽しく売上伸ばしていそうです(^^)
そしてマルオーの危機が再びあれば、中央に馳せ参じる続編、あったりしてw 

「相棒13」 最後の授業 ☆☆

家政婦が監禁犯を返り討ち!

で、一体何が起こったのかとw 演じる石野真子が宙を舞い華麗に猟銃を蹴り飛ばす場面をつい想像して前のめりになりましたがw

なーんだ隠し持った拳銃で撃ったのかあ~(どこの国の事件だw)


「何故、人を殺してはいけないのか」

退職した老教授が、教え子(含む右京、社美禰子w)を監禁しながらこれを問うんですから。厨二病は若い頃に済ませておいてよ、と先週から呆れてましたけど。蓋を開ければそれは、家政婦さんの殺意の肯定。ミニ拳銃も教授からのプレゼントで、さあきちんと殺されてあげようという親心でしたね。

って、まさか本当に父親だとはねw
 

その後の右京さんの理詰めの追撃。正当防衛か殺人か、は興味深かったです。

でもそれって誘導で、当時はっきりしなかった気持ちに右京さんのせいで気づいたんでしょと社美禰子が指摘するというフォローも入り、なかなか相棒らしい面倒臭さでしたw

(監禁場所が教授宅じゃなかったこと。前回では、えええ寝てる間に移動させたの?この大勢を?老人とおばさんで?と大疑問でしたが、最初から御堂黎子の別荘に呼んでいたのかな? でも捜1は手入れが悪いと…毒薬庫、右京さんが伝えた住所、うーんw)


そんな事件の裏でカイトの彼女妊娠発覚。

そうかついに父親になるのかと。だったらもっとシーズン当初で判明しておけば、あの事件この事件でもっと『自分が父親なら』目線をもてたのにと少々残念でしたね。しかも、今期で相棒引退を公表後では、ドラマ内での出産も育児も期待出来ないし…と、思ったらそもそも、母体の病気で産まれてこないのかもってorz

なんなの、カイト退職の理由を看病のためするつもりなの。
せめて、父親との仲直りぐらいはちゃんとして…って胸を打つ台詞でもありますが、デリケートなことだけに何かに命を利用するかのような表現は釈然としません。


その前の双子の姉妹の話も、一番悪い奴に説教もなく溜飲下がらず。

どうせなら、生き残った彼女が企んだ報復を、右京さんがすんでで止める話にしてもらいたかったです。出張に行っていて……と、言い訳セリフが入ってましたけど、あれだけ関わった不可思議死亡事件を、そんなことで放っておくとは右京さんらしくありませんですよ。


「花より男子」1 ☆☆

 「忘れずに海老を入れなくちゃ」
って、お母さん!あの伊勢エビ忘れたら弁当箱スカスカでしょ(^^;;;) 
 その前の弁当の海老がふりかけサイズだっただけに、笑いましたー。でもそんな心づくしの豪華弁当、視聴者の不吉な予感的中で、食べられなくなっちゃうんだよね(涙)

 ヒロインはエリート金満学園に通う庶民、つくしちゃん。
学園を牛耳る4人組『F4』に眼をつけられてさあ大変。しかも、最後にはリーダーをぶっとばして宣戦布告しちゃいましたよ!
 殴られたまま起きあがらないリーダー郷ヒロミ・・・もとい松潤。つくしに惚れたね。

 とりあえず画面は、笑えない「富豪刑事」ってところでしょうか。
 来春開校の同志社大学付属小学校、給食は豪華ホテルのフレンチだとか。そんなワイドショーをみた「けっ」って気持ちを思い出すドラマでしたよ。

『エリート』の描き方がとてもちゃちで、基準がカネ。まぁまさか皇室の方出すわけにもいかないだろうけど、皆さんカネもってるだけでお育ちが悪くて、帝王教育や富めるモノの義務についてはご存知なさそう。これに牛耳られちゃ日本の将来真っ暗よね。
 でも、それに憤ってヒロインが立ち上がるんだから、分かり易くて良いんじゃない??

 花のF4も私の目には、松潤以外はうらなり瓢箪。揃って女にもてる理由が分からない。フルマラソンでもゴールしてから出直しておいでってところです。
 つまりは、『自分で働いてもいないくせに』と啖呵切るヒロインにメッチャ共感ですよ。

 この先、F4のあいだでつくし争奪戦にでもなるんでしょうか。そのためにエリートらしく化けてくれるとか?ただ金持ちで笑わせたいなら、一条ゆかりの「有閑倶楽部」でもしてくれたらいいのに。

 惜しむらくは、つくしの家族の描き方。
ビール一本を一週間に分けてのみ(気が抜けるよ!)、ごはん1杯目は肉の匂いだけで食べる生活してまで彼女をその学園に通わせたい。その理由が・・・・ご近所に自慢できるからぁ???はぁ???
 偏差値高いとも思えないしなぁ。
 その謎は原作読んだら分かるんでしょうか。

「H2 君といた日々」1 ☆☆☆

 ボールのCGで「エースをねらえ!」思い出しちゃった(笑)

 配役から「ウォーターボーイズ」と「世界の中心で愛を叫ぶ」がちらつくのは覚悟してたけれど、「エース」までとは! でもまぁいいや。イイトコ取りで面白かったから。

 中学では全国レベルのバッテリーだったのに、ドクターストップで野球を諦め、サッカー部や新聞部で高校生活を送ろうと決めていた2人。
 それが、サッカー部相手の対抗試合ですらボロ負けの野球”愛好会”を見ていたら、つい血が騒いで・・・・・。

 後から「あんな試合、野球の神さまに失礼だろ」っていうの、原作通りなんでしょうか。カッコイイ。
 サッカー部員としてキャッチャーしていた主人公ヒロ(山田孝之)が、不真面目な試合にだんだん苛立ってくる!観戦してた恋女房(中尾明慶)は、いち早くそれに気づいてウォーミングアップ。
 ついに「サッカー部を退部します!」と啖呵を切って、野球”愛好会”ベンチに足を向けるヒロの横には相棒が。この絆がいいなぁ。

 でも、サッカー部のキネ君(石垣佑磨)もエライよね。
ああいう天狗キャラって、強い相手がきたら途端に腐って試合をなげたりするじゃないですか。なのに彼、ちゃんと最後まで勝ちにいってたもん(笑)

 また、素晴らしかったのが”愛好会”女子マネ(石原さとみ)ちゃん! あの自然なこけっぷりは、吉本新喜劇でも通用するぞ!!

 結局、ドクターストップがあるから愛好会にも入れない、と他の部活を探す2人でしたが、実はそれが無免許医だったとわかり・・・・
 ここで録画切れちゃってたんですけど、つまり入部するんだよね??
 そしてまさか、甲子園まで行っちゃうのね、あの冒頭の対決場面は??
(でも、全然野球上手そうに見えないところも「エースをねらえ」を思い出す由縁なのですが、まぁそりゃ仕方ないか ^^;;;)

 中学で一緒だったスラッガー(田中幸太郎)だの、幼馴染みがその彼女(市川由衣)だの、高校生らしい配置もあって胸キュンとする展開も期待できそう♪ ヒロの両親(柳沢慎吾、石野真子)のイチャイチャも見所か?
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ