ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

石井正則

「大富豪同心」3 ☆☆

 なにこれー「富豪刑事」を思い出さざるを得ませんw

 おっとり同心卯之吉(中村隼人)は、実は大店両替商、三國屋の孫息子なんだとか。
更には、街を歩けば『あの剣豪の…』とひそひそされる話題の人ですが本当は武道はさっぱりw 荒事が始まると虚空を見つめて固まってしまうほどですが、その間に手練の取り巻きがさっさとやっつけて卯之吉の手柄になっている様ですね。いわば名探偵コナンの小五郎状態かなw
 3話からの視聴でいろいろ謎ながら、ナレーション解説も入り充分楽しめました。

 今回の事件は天狗の神隠し!
 跡取り息子七之助(込江海翔)が神隠しにあった、と噂の廣國屋は、古くからの奉公人を最近まとめて解雇したらしい。そもそも内儀も昔に神隠しにあって、その間に産まれたと戻った時に抱いていた赤子が七之助……。怪しすぎでしょうw
 そして蔵に隠れている女=おっかさん。寺参りから戻らないご内儀の代わりに七之助実母を家に入れるため、顔を知ってる奉公人を追い出したのでしたが……せめて次の奉公先ぐらい決めてあげれば騒がれなかったのにw いっそお伊勢参りにでも行かせて、その先でひきとらせるとか、遠くにねw で、内儀はどうしたかって、七之助を殺そうとして返り討ちにあったのでしたorz 女中が生んだ子を天狗のせいにしてひきとったくせに、今更女中の子風情に家を継がせたくないとか無茶ですし。

 もう現代ではあれもこれも無理、時代劇の醍醐味ですねw 母と思ってた人を殺しちゃった上に、いきなり実母登場。七之助もよく受けいれたなと思いましたが、可愛がられたことがなく『本当のお母さんが他にいる』と、ずっと思いながら大きくなったから、と言われちゃあ目頭を熱くして納得するしか。しかし実母は、ご内儀殺しで七之助の罪を背負って逮捕され、またも母子は別れてしまいます……。
 いろいろやるせない上に、『自分も天狗にさらわれた』という卯之吉どのが期待した天狗の手がかりはナッシングなのでした。

 さて期待のお大尽っぷりといえば、賄賂への対応ですねw
神隠しの聞き込みにきた卯之吉に、探られたくない廣國屋は袖の下を差し出しますが、お断り。単にお金もらう必要がないからなのに、断られた方は疑心暗鬼にw 料亭に席を設けて接待し、お土産の黄金色の菓子を取り出しますが……もちろんそれもお断り(賄賂の仕組みを知らないかもですが、金でも菓子でも要らないしw) それどころか、全員分の支払いを卯之吉が済ませ、仲居にたっぷり心づけまであげてますよ~。
 更には、夜の私服がいかにも高価。深川芸者菊野(稲森いずみ)をあげて呑んでる時なんてキンキラキンですよ。
 で、外の騒ぎにキンキラのまま飛び出せば、借金のかたにボコられている男がひとり。突然解雇された廣國屋奉公人だったわけですが、借金なら俺が払うよと卯之吉。これで、と小判をぽんw ゴロツキの不応答に『まだ足りないのかい?』と呆れ顔で一枚足しましたが、いやあれは、多すぎて吃驚していたのではw
 怪我の手当てに、と運び込んだ蘭方医はもと同期。え、学問はいけるのかな卯之吉さん。でも、本気で打ち込んでたら同心になんかされてませんよね。公式HPによれば、将来を心配した祖父の縁故で同心稼業デビューしたらしいです。

 そしてエンディングは、まさかの歌謡ショーw 登場人物たちが歌に合わせて踊ってくれます!さすが放蕩の限りを尽くした卯之吉さん、踊りがこなれてます。もとい、歌舞伎役者さんなのねー。卯之吉の太鼓持ちで、紙吹雪まきまくりの石井正則もいい味出してるでゲスよ。

「崖っぷちのエリー」5メモ

旅行中、宿で久しぶりに見たら面白かった!

新人潰しに、真っ向から勝負を挑むエリー。最後の最後まで諦めない姿に、大先生は初心に返り、サトエリの旦那(石井正則)はまた夢を追う決心をする。
もーおセオリーど真ん中なんですけど、すかっとしました!

で、嫌がらせを止めたついでにエリーに挿絵を描かせる大河内先生(山下真司)。あの絵でいいの?とびびったら、挿絵はマシでホッとしました(笑)

続く「うぬぼれ刑事」もみたかったけどツレが寝ちゃったので消灯♪

「おいしいプロポーズ」4 ☆☆

 「失恋のスープ」・・・ランチに出されたら縁起わるーい(^^;;;)

 どうでもいいハズの女の危機を、助けに行っちゃう御曹司。
これって恋の定番ですけどね。その危機が『自分の父親=社長』ってのが斬新かもー(笑)いい年してどれだけ元気なの、社長。そりゃ切り抜けるには、息子の恋人のフリしかない・・・・のか?
 ちょっと強引。
ていうか、軽装で帰っちゃうけどヒロイン。出張料理に持ち込んだのは食材だけだったのかしら(^^;;;) ま、いっか。

 3回忌にことよせて、件の良くできた亡き兄さんが実子で、現御曹司が庶子だったことも語られて。
 おまけに想う彼女は「好きだけどNO」という最低に未練の残る返事で退場です。
ヒロインもらい泣きだもんね。
まずは同情からコトは転がっていくのでしょうか・・・・・。

 楽しくみています。
『強い者には卑屈』なオオコウチさん、可愛いわ♪
呼ばれれば即参上のオオカワチさんも毎回笑ってます。・・・2人が名を呼び合うところはうっとおしいけどね。

 ラストで再登場の銀行マン。どう話に入ってくるのでしょう?。

「おいしいプロポーズ」1 ☆☆☆

 えーっ天野ッチがハセキョーの元夫???
・・・かと思ったらなんだ、兄か(^^;;;) 離婚だ娘の養育を押しつけるだっていうから誤解しちゃったよー。

 と、言い争ってる横に実は居たのが、運命の男だった!

 ベタなんですよー。
運命の男との、サイアクの出会い。職場での再会!しかもそれを予言する星占い(笑)
陳腐になる要素が勢揃いといって過言でもないのですねー。でも、意外や踏みとどまってます。料理ドラマだけに味付けで勝負かな?

カッコつけて登場の御曹司(小出恵介)、父親である社長(橋爪功)にはまるっきり子供扱いされていて笑いました(^^;;;)
その御曹司オーナーと雇われシェフ(長谷川京子)、として再会した2人がすぐに
「あの時の」
だなんて気付かないのも良かったです。
そして売り言葉に買い言葉で、ディナーに満足しなかったら解雇・・・って条件もベタだし。
 一見粗末だったメイン料理が、実は想い出の料理だった!
・・・・ベタベタでしょ?分かって観てたのにー・・・なんともらい泣きしちゃいましたよー。それとも分かって観てたから、かな。一口食べて表情が変わるあたりでもう、ぐっときちゃったもん。

 ちなみにそれが想い出の料理だったのは、ディナーに同伴していた「大切な人」(亡き兄の恋人?小林麻央)でした。それが御曹司本人じゃないあたりが、物語としてもワンクッション増えて面白かったんじゃないかと思うのですがどうでしょう。
(小林真央の好き嫌いでも印象違うのかな。私は彼女の声しぐさの甘い感じ好きです)
 既に求愛している「大切な人」がいながら、御曹司とシェフがどう紆余曲折恋をしていくのか、ちょっと興味が湧いてきましたよ。

 ちなみに目当ての西村さんは、そのレストランのホールマネージャ、大河内(おおこうち)さんです。
例によって茶髪で増毛、微妙なヘアスタイルでも私には素敵に見えてますからね!タイトな制服にもきゃ〜♪
 ただ金切り声でシェフを呼ぶの、ちょっとウルサかったですよねー。粗末なメインが出てきた時には、特に! 理由があるんだからちょっと、黙ってなさいって。
 まぁ、事前にシェフに説明してもらえる程の仲じゃないってことです(笑)

 御曹司の秘書、大河内(おおかわち、石井正則)さんとのW大河内対決は、今泉と西園寺を思わせてちょっと嬉しく・・・ちょっとくどかったかなー。でも、毎回ちょくちょく絡んでくれると嬉しいな♪

 ほとんどあきらめてた日曜日に、思わぬ拾いものをした気分ですよ!
ハート枠の場面転換はちょっと恥ずかしいけど。さて来週は??

映画「交渉人 真下正義」 ☆☆☆

 いやー、面白かったです!
 柳の下を狙ってスピンオフ、しかも主役がユースケかいっ ・・・と思ったら。確かにユースケ「主演」で物語の中心にはいるけれど「主役」じゃない(^^;;;)
 「主役」なのは 地上を走り回るたたき上げ刑事 寺島さん(「富豪刑事」の役そのまんま!)だったり、地下鉄管理センター主任の 國村さん だったり、 現場の職人さん達なんですよー。
 オヤジ好きにはたまりません♪

 ああ、それと携帯電話も影の主役!
犯罪・捜査 双方で、投げようが外走ろうが地下もぐろうが、繋がりまくりな携帯電話。本当にそこまで技術が向上したのか、宣伝なのか(笑)

 事件は、のっとられたハイテク車両が地下鉄を大暴走。過密ダイヤの間隙を縫って各路線に神出鬼没・・・・・追突は免れるのか? 地下道からどこへ消えてしまうのか?
 真下にクイズを挑む犯人の、真の目的は何なのか??

 作中で語られる「東京都下の謎の空間」は、最近深夜番組で連続して特集されていたのをみたところなので、すんなり納得でした。ミステリー♪

 そんな中、地味な真下くんのお仕事は、各情報の集中管理でしょう。それと文句の受け流し(笑)
「交渉人」として煽ったり怒ったりというテクニックもたまに披露しますが、効果のほどは良く分かりません。

ていうか一番の仕事は、『犯人をその気にさせてしまった』こと?
2年も前、レインボーブリッジ事件の取材を受けたところで無自覚に大仕事終えてしまっていましたね。

 折から脱線事故の報道をたっぷり見ているところでの地下鉄暴走。被害が想像出来てしまって無闇に怖かったです。
 でも、管理センターの真下くんが映ると脱力。アリキリ石井さんでもっと脱力(^^;;;)

 個人的にとても嬉しかったのが西村さんの出演!
真下と雪乃がデートするはずだったコンサート”ラヴェルのボレロの夕べ”を指揮する、お髭のマエストロ様なんですよ〜きゃ〜!!
 背筋のピンと伸びた指揮姿に画面が引き締まります。うふふ。
 西村雅彦=今泉、というイメージは一般に根強い様ですが、こういう出演でシリアスな西村さんにも慣れて欲しいですね♪ また、作中で映るコンサートポスターに昔の指揮姿も載っていましてね、増毛して撮影したんじゃありませんよー。昔の番組でもマエストロしてるんです♪ 密かに年期はいってます。

 そんなわけで、進行上、演奏初めから終了までがっつりボレロ演奏を楽しめちゃいます。サスペンスアクション(?)見に行ってコンサートも楽しめちゃう、なんてお得なんでしょう。

 事件解決には文句ありますが、映画自体のラストシーンは気になったことが解決してハッピーでした!
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ