ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

石丸謙二郎

「刑事110キロ(2)」最終回 ☆☆

盲目画家の事件が1時間で終わって、あれあれ、でも続くよ?

な2時間spの最終回。
 

その画家の絵が飾ってあるからと始まった夫婦喧嘩で殺人が起き……。

まるで通常の2回分をただつなげただけの様な構成がむしろ斬新~と思って観ていたのですがね。後半事件の容疑者が実は、前半事件での停電を引き起こして死亡していた男だったとはーw

そうつなげてきましたか!


この別事件が2つ起きる構成、第1現場と第2現場での某さんの様子があまりに違うとはっきり分かるところも良かったですよー。

京都らしさも、前半で無理せずに後半の事件で

「その時間は◯◯寺のライトアップに行っていました」

と入れて来るとか上手いです。

1人で行ったって言ってた奥さんが、実は某さんを呼び出していたんですよねー


というわけで、レギュラー出演だった某さんが共犯でシーズン2は幕を閉じました。なんかショック。


前半の事件にも触れると、毒針の仕掛けだの暗闇でそれを片付けるのは難しいだのの推理が無理矢理というかへ理屈に聞こえました。だってそれは衆人環視の、例えばパーティー中にでも起きるからこそ

「どう毒を盛ったか」

「どう凶器を片付けたか」

が問題になるわけで、夫婦2人暮らしの家でなら別にさ、寝てるところでちくっとさせば良くない? 飲み物にいれたってよくない? 逆にどう仕掛けをほどこしたところで、毒を盛る機会はありまくりですものねえ。

……遺体発見者になるアシスタントを、呼んだ状態で奥さんを2階にいかせてから停電に持ち込むべきじゃないかと思うのですが。

そんな脇が甘くて無理矢理なところもこのシリーズらしいかなっと。


wowow「お先にどうぞ」1 ☆☆☆

めんどくさいー(><)


結婚の挨拶に行って、恋人の父親とカツカレーを食べることになった主人公(濱田岳)

なんでも今までの夫候補も皆このカツカレーの洗礼を受け、父(石丸謙二郎)のメガネにかなわずに散っていったとか…って、何人いたのw


大緊張の末、まず彼がとった秘策は

「お先にどうぞ(^^)」

と父親の食べ方を見習うことだったのですが。


あああああああ、カツカレーが食べたーい!

でもそれってドラマの画面が美味しそうとかそういう問題じゃなくて!好き放題にルーをかけてこっちの流儀でガツガツと「普通に」食べたーい!!

なーにが

「under rice upper side curry~」だー
「最高の食べ方があぁる」って、トリコかー 

大体、店が切ってきた一切れを一口でほおばれって女子には無理のある容量だし。スプーンにライス盛って、その上にカツ乗せて更にカレーかけてってちまちまと、落とすよこぼすよw

我が子がしてたら『食べ物で遊ばない』っと叱るレベルです。

どっちが上でも挟んでもいいから、そういう作業は皿のうえでして後からすくう形に出来ませんかね。それとカツはもう一回小さめに切らせて下さい。


小山薫童さんは本当にこんなあんな食べ方を本気で推奨してるんでしょうか。それとも私のイライラは思う壷なのかしら。


と、悶えながらもずーっと見てたのは最後にオチがあるのかと思ったからです。

実はイタズラ好きな父親で、カツカレーの食べ方なんて大嘘なのに娘のカレシが大真面目に正解を考えてるのが楽しくてやってるとか種明かしして怒るかどうか見るとか、それとも言いなりに知ったかぶりしたからダメだよーとか。

それが、本当にカツカレーで審判されて、次回予告では他の女とつきあってるってなんなのーorz

別に父親が反対したってどうでもいいじゃん、君の彼女への想いは、てか彼女のカレシへの想いも、そんなものだったのかー!


更にはエンディングで大オチ。

紹介されてる元祖カツカレーの店は、最初っからどっぷりルーをカツにかけて出す!お父さんに怒られますよw 流れてる歌は可愛かったな。


次回は8月放映で冷やし中華の食べ方です。

日曜11:00~のこの枠は週代わりで実験番組をするそうで、この「お先にどうぞ」は毎月第1週。ちなみに第2週は毎月「KAZEOKE」。「KAZEがふけばOKE屋が儲かる」式の発想で、最初と最後が決まっている映像の間の物語を競作です。

8月にインパルスの板倉さんが出るし、もう毎週録画に登録しましたよーん。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ