ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

石丸謙二郎

「刑事110キロ(2)」最終回 ☆☆

盲目画家の事件が1時間で終わって、あれあれ、でも続くよ?

な2時間spの最終回。
 

その画家の絵が飾ってあるからと始まった夫婦喧嘩で殺人が起き……。

まるで通常の2回分をただつなげただけの様な構成がむしろ斬新~と思って観ていたのですがね。後半事件の容疑者が実は、前半事件での停電を引き起こして死亡していた男だったとはーw

そうつなげてきましたか!


この別事件が2つ起きる構成、第1現場と第2現場での某さんの様子があまりに違うとはっきり分かるところも良かったですよー。

京都らしさも、前半で無理せずに後半の事件で

「その時間は◯◯寺のライトアップに行っていました」

と入れて来るとか上手いです。

1人で行ったって言ってた奥さんが、実は某さんを呼び出していたんですよねー


というわけで、レギュラー出演だった某さんが共犯でシーズン2は幕を閉じました。なんかショック。


前半の事件にも触れると、毒針の仕掛けだの暗闇でそれを片付けるのは難しいだのの推理が無理矢理というかへ理屈に聞こえました。だってそれは衆人環視の、例えばパーティー中にでも起きるからこそ

「どう毒を盛ったか」

「どう凶器を片付けたか」

が問題になるわけで、夫婦2人暮らしの家でなら別にさ、寝てるところでちくっとさせば良くない? 飲み物にいれたってよくない? 逆にどう仕掛けをほどこしたところで、毒を盛る機会はありまくりですものねえ。

……遺体発見者になるアシスタントを、呼んだ状態で奥さんを2階にいかせてから停電に持ち込むべきじゃないかと思うのですが。

そんな脇が甘くて無理矢理なところもこのシリーズらしいかなっと。


wowow「お先にどうぞ」1 ☆☆☆

めんどくさいー(><)


結婚の挨拶に行って、恋人の父親とカツカレーを食べることになった主人公(濱田岳)

なんでも今までの夫候補も皆このカツカレーの洗礼を受け、父(石丸謙二郎)のメガネにかなわずに散っていったとか…って、何人いたのw


大緊張の末、まず彼がとった秘策は

「お先にどうぞ(^^)」

と父親の食べ方を見習うことだったのですが。


あああああああ、カツカレーが食べたーい!

でもそれってドラマの画面が美味しそうとかそういう問題じゃなくて!好き放題にルーをかけてこっちの流儀でガツガツと「普通に」食べたーい!!

なーにが

「under rice upper side curry~」だー
「最高の食べ方があぁる」って、トリコかー 

大体、店が切ってきた一切れを一口でほおばれって女子には無理のある容量だし。スプーンにライス盛って、その上にカツ乗せて更にカレーかけてってちまちまと、落とすよこぼすよw

我が子がしてたら『食べ物で遊ばない』っと叱るレベルです。

どっちが上でも挟んでもいいから、そういう作業は皿のうえでして後からすくう形に出来ませんかね。それとカツはもう一回小さめに切らせて下さい。


小山薫童さんは本当にこんなあんな食べ方を本気で推奨してるんでしょうか。それとも私のイライラは思う壷なのかしら。


と、悶えながらもずーっと見てたのは最後にオチがあるのかと思ったからです。

実はイタズラ好きな父親で、カツカレーの食べ方なんて大嘘なのに娘のカレシが大真面目に正解を考えてるのが楽しくてやってるとか種明かしして怒るかどうか見るとか、それとも言いなりに知ったかぶりしたからダメだよーとか。

それが、本当にカツカレーで審判されて、次回予告では他の女とつきあってるってなんなのーorz

別に父親が反対したってどうでもいいじゃん、君の彼女への想いは、てか彼女のカレシへの想いも、そんなものだったのかー!


更にはエンディングで大オチ。

紹介されてる元祖カツカレーの店は、最初っからどっぷりルーをカツにかけて出す!お父さんに怒られますよw 流れてる歌は可愛かったな。


次回は8月放映で冷やし中華の食べ方です。

日曜11:00~のこの枠は週代わりで実験番組をするそうで、この「お先にどうぞ」は毎月第1週。ちなみに第2週は毎月「KAZEOKE」。「KAZEがふけばOKE屋が儲かる」式の発想で、最初と最後が決まっている映像の間の物語を競作です。

8月にインパルスの板倉さんが出るし、もう毎週録画に登録しましたよーん。

「JIN 仁」8 ☆☆☆

今回もずるいぐらいに泣かせる話。

 

惚れた女はうわごとに他の男を呼び、大きな仕事は龍馬にとられる橘家のお兄ちゃん。腐りもしましょう。でも、出来ないことは出来ないと認める事も、その上で出来ることなら身を投げ出してでもしてしまうこともある意味でお兄ちゃんの才能なわけで。

駄目な自分を嘆く兄ちゃんに仁先生が、でも自分は命を助けられ居場所をもらったと遅すぎる感謝の言葉をかけるところではもう泣いてしまいましたわ。

 

そんなお兄ちゃんや龍馬や洪庵先生達が、つい助けたくなってしまう仁先生。先生ががもつ器は小さいかもしれないけれど「美しい」器なのかも、とヤマサのご当主さま。良いこといいます。

 

実際、お兄ちゃんが駆けだした時にはこのご当主に直談判に行くのかと思ったら、役者のところなんだものびっくりしましたよ。でも役者も結局、ペニシリンのためになら(馴染みの女郎の治療費には出さなかったくせに)ポンと払ってくれました。身体で払うって(^^;;;;)人前で侍に頭を下げさせる事だったのねー!!

「返さなくていい」

と大見得を切るところもさすが人気稼業の千両役者!イヨ、日本一!!(吉沢悠、きれいでした♪)

ところで中条流というと、水銀のませたりほおずきの茎をつっこんだり(痛)して堕胎するんですよね?くわばらくわばら
性病といい堕胎といい、ペニシリンが日常的に必要ならしい吉原ですが、そっちはもっと予防の啓蒙に力を入れて。大事な新薬を江戸全体の健康に役立てている話がみたいです。
 

実は今日お医者さんの奥さまとお茶しまして~、今ニューヨークで働く脳外科医の旦那様は毎週「JIN」を楽しく観ているんだそうですよ。あれこれ無茶してる江戸の手術も「ギリギリいける」んだとか(笑)自分なら……と思ってこのドラマを見ることが出来るって全然違う視点でわくわくしました。

私だったら……サキみたいに、吉原で働くから金を貸してくださいと頼んでも床掃除ぐらいが関の山かなー。幕末でなら私の英語でも通詞になれるかなー(むしろ筆で達筆の日本語が読めなさそう)

 

これでペニシリンの濃度も上がり(妊娠検査薬でお馴染みの原理ですね)、未来の医学は万歳かと思ったら暗い予告になってましたよ?何事??

おまけに例の胎児腫瘍や、忘れ駆けていた初回の謎の男をもう一度だったし。最終回は近くなって来ましたねー。

人気ブログランキングへ

「JIN 仁」7 ☆☆☆

結核にペニシリンは効かないのでした。
というか、労咳を見逃してしまった仁先生。外科医であって内科の見立ては苦手という事なのでしょうか(龍馬が斬られて死ぬのを心配する様に、緒方洪庵についてもう少し詳しかったら会うなり検診しちゃうよね)
種痘はあってもBCGはまだの時代。……そういえばアメリカ滞在中、結核菌保有者と見なされて抗結核剤の9ヶ月間毎日服用を命じられて参りました。確かに現代結核は不治の病ではありませんが洪庵先生。徹底抗戦のアメリカ式と、全員で弱く感染しておいてオッケーな日本式、その考え方の差はどこから来ているのでしょうね??

仁が未来から来た、とお見通しだった緒方先生(武田鉄矢)
それがどんなに孤独な事かと涙まで流してくれたのには驚きでした。応える仁も流れる涙をぬぐいもせず、あれこれ溢れる男2人のやりとりにこちらももらい泣きでした(><)
何かと仁先生に便宜を図ってくれていた緒方先生。でも、その想いがここまでとは!老舗ヤマサの当主(石丸謙二郎)を口説き、ペニシリン量産のための施設と人手と資金を確保までしていてくれたなんて。
確かに、工程自体は医者見習いを拘束して従事させる事でもないわけですし。発酵を扱っていた職人達は作業にうってつけでしょう。これで手術もし放題ですよー。……と言うほど、定期的継続的に使ってましたっけ?吉原だけで??
ペニシリンは保存が利かないし。医療所の開設は逆に、どんどん作り出されていくペニシリンを無駄にしないように最善の策、だったりして。

今回も、仁が迷う度きりっと引き戻してくれていたのはサキでした。
汗をぬぐい一言かけるだけで。
「天は乗り越えられない試練は与えない」
という言葉を思い出させるだけで。不思議な娘です。
そのサキの想いを知ってか知らずか、仁先生は元の世界の恋人のことや、もしかして帰れるかもしれない事を考えずにいられないのだからつれない人です。そんな限られた時間だからこそか、もう他人の目ははばからず、並んで歩く事にした様です。幸せになって欲しいんだけどなー。

そうそう、謎の未来の10円玉は、丘にポロッと落ちていたそうです(笑)先生が元からもっていたんだと思ってましたよ。あの広い丘でどんだけの偶然ですか!でもそうなると、他にも江戸に来た人が居るということ……とか言っていたのに、最終的にはそれはどうでもいい!ということになってしまった様子。
謎はもっと後から明かされるのでしょう。そういえば忘れがちですが、例の胎児状腫瘍とか言うヤツもオープニング映像では存在感を増しつつあります。後4回や5回でそれもこれもカタがつくんでしょうか??
どうせ若い層に迎合しようというのなら、大河ドラマもヘンなテロップどころじゃなく、このぐらいの冒険をしてくれたらいいのにと思いつつ、来週がまた楽しみです。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ