ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

眞島秀和

「おじさんはカワイイものがお好き」~最終回 ☆☆☆

 大団円。
小路さん(眞島秀和)と河合さん(今井翼)は互いに謝って仲直り。また『友達』としてカワイイ店めぐりを共にして幸せに暮らすのでした。うん、それ以外の着地があるはずもない良き最終回でしたよね(^^)
 真っ昼間の公園で人目もはばからず見つめ合って
「大好きだ!」
ですからw BL色で観る人もいるでしょうけど、それはそれ。別にいい大人2人、この先恋人になろうが構いませんよ。でもこのドラマの肝はそこでなく、もうひとつ手前の一歩踏み出す勇気。想いは、言わなきゃ伝わらないんです。

 当初、ハッピーカミングアウトの話かと思ってました。
カワイイものが好きなナイスミドル。似合わない、恥ずかしいと内緒にしている。でも何かのきっかけでオープンにしたら皆受け入れてくれた、ほら恥ずかしくないよ幸せだよ、的な。でも最後までそこは秘密だった最終回を観た今、なるほど納得。周知する必要はありませんでした、分かち合える友が1人いればいいのね。

 デザイナーの河合さん。今の職場ではドールハウス造りは器用さとセンスを褒めてもらえる気がしますが……。昔馴染みは、何年経ってもキモいと嗤う。失礼な。でも声高に『こぐまの学校が好き!』と言い立てて学生時代の輪を失うよりは、ジョークだったと一夜の嘘をついたっていいじゃないですか。 そして、嘘に居合わせてしまった小路さんは『大丈夫、わかってるよ』と心の中で思うだけじゃなく、ちゃんと口に出して言ってあげるべきでしたよね(^^;;;;;)
 結婚相手にまで、パグ太郎好きを隠していた小路さん……orz それは秘密が大きすぎる! でもバレてたしw 離婚の原因は勿論そこじゃなく、性格の不一致。あれもそれもこれも思っても言わずにすれ違ってしまったせいでしたから。元奥さん(山本未來)にだって言わなきゃなにも通じなかったのなら、知り合ったばかりの友達には尚更もっともっとはっきり伝えていくべきデスね!

 あとね、人って推しの前では固まりがちw 遠慮しがちw
そこに多少趣味の違う、理解ある友人がいればガンガンと「ほら行こう」「推しと写真とろう」って背中を押してくれるんですよ! ね、友達大事!(ポスターなど街中でのグッズ獲得も、不思議と自分のより友達の推しの物の方が大胆に声を掛けられるものですw)

 さて甥っ子仁井くん(藤原大祐)は少女漫画家デビューのチャンスを掴み、「これがボクの『好き』なんです!」と小路さんを説得(親御さん代わりに出版社に捺印w 実親に連絡してよw) そんな仁井くんと知り合い、猫好きを解放し生まれ変わったニュー鳴戸(桐山漣)は、小路さんにとっても友人とまでいかずとも良き理解者に。ここでもやはり、伝えることの大切さと、好きなものに正直であることとを教えてくれていますね。 あ、でも鳴戸くんから甥っ子くんへの友愛告白は、猫愛で流れちゃっていました。自分が喋ってるのに、猫をみかける度に
「猫ちゃああああん」w 
正直すぎw(そのせいで、小路さんと仁井くんが親戚とはまだ知らずw Fuluの仁井くんデビュー祝いで知るんですね。驚く南部を観たいぞ) ところで藤原大祐の可愛さは衝撃でした。セーラー服と半ズボンをナチュラルに着こなす青年!

 小路さんの秘密のパグ太郎愛、そのうち職場にも知られる日が来るのかも。受け入れる人もいれば、嫌がる人も……いないとは限らない。でもきっと大丈夫、推しと理解ある友人がいれば。 そしていつかそんな楽しいドラマの思い出が、傷心の誰かを支える日も来るのかも。かもかも。

「おじさんはカワイイものがお好き。」1 ☆☆

 これで1時間はダルいです。30分ドラマで見たかったな。

 ダンディ小路課長(眞島秀和)は、キャラのパグ太郎が好き。大好き。家中にグッズを飾り一緒に寝てるレベルで愛しているのですが、その昔女子に笑われたことが心の傷で、周囲に隠して暮らしています。なのに甥っ子(藤原大祐)を居候させることになり、パグ太郎を隠して暮らす禁断症状が……w

 その戸棚に隠した山のようなパグ太郎たちの中、一つだけ色が汚い古ぼけたものは幼少期からの宝物。
私も大きな息子がいる身として、これが息子だったらと思うとずっと大事にされて嬉しいような、40才も過ぎて残る幼さに戸惑うような。でもね。別に分かったからって、嗤いも嫌いもしませんよ?? 景品ゲットに協力したり情報流したり、そうだ年賀状はパグ太郎柄で出しますよ! 誰かの「好き」には全力応援!
なので、メイクやアイドルといった部下の「好き」は肯定する小路さんが、自分のパグ太郎愛はひた隠しなのが良く分かりません。で、部下も小路さんがパグ太郎キーホルダーを持つことを
「似合わない」
と断じる謎(^^;;;;) まあその時点では落とし物、課長の持ち物と決まったわけじゃなかったけどね。おじさんが可愛い物持ってたっていいじゃんよ。

 と、世界の基本設定が相容れずイラッとするのですが、そこは段々と改善されていくでしょう。同じパグ太郎好きの今井翼と知り合ったり。甥もフェミニン系なので、普通にパグ太郎好きそうです。
一番の敵、なんでもムダムダな鳴戸課長(桐山漣)だって、こっそり猫が好きだったり小路さんの笑顔にときめいていたりで、そのうち寝返りそうですね。さて、それまで見続けていられるかな……。パグ太郎は可愛いんですけどねえ。

 世間体を気にして『別に好きじゃ無い』と小路さんが口にするとき、悲しい眼をしたパグ太郎がどこかから見ているんです……w

「スイッチ」☆☆☆☆

 うわーやられた。

 阿部サダヲ&松たか子のトンでも元カップルが、いがみあいながら事件を解決?ぐらいに気軽に見始めたら、いつの間にかトンでもない闇に付き合わされていました(^^;;;;;)  そもそもとっくに分かれたと言いながら連絡を取り合い、現カレカノを紹介しあう意味。なるほどなあ……。脚本坂元裕二なのでした。

 検事の駒月直(阿部サダヲ)と企業弁護士蔦谷円(松たか子)は同窓生で元恋人。会えば口げんかしつつも、互いの恋人(中村アン、眞島秀和)を紹介しあう仲。更には互いの恋人のSNSを毎日チェックしてまで貶め合うって。まだ好きじゃん!またその恋人たちが絵に描いた様にトゲのないいい人で凡庸で、……むしろそっち同士でお似合いなほど。二人ともお相手からプロポーズされたのに、即答できずに保留にするのね……。
 そんな頃、世間を騒がす「背中ドン男」の殺人事件に関わる阿部と松。警察と検察のミスをつき、容疑者の某企業御曹司(篠原悠伸)を解放させた円は
「僕がやった中に死んだ人いないもん」
と、死亡した以外の突き落としは自分だという御曹司の言葉を聞いてしまうのですが。さてじゃあ、その死亡事故は。目星のついた新容疑者を、調べてはならんと圧力をかけられる直。「来ちゃった☆」と手料理を準備する恋人を置いて病院に駆けつけて、容疑者を殺害する寸前で取り押さえた黒い影は……円!?
「なんで分かったの?」
「『またか』だから!」
そう、数々の事件で法で裁かれそうにない犯人を、義憤にかられて自ら殺そうとする円を止めるの、もう7回目~って、えええええ!(だから企業弁護専門にしとかなきゃダメなのねw)しかもそうなった理由の切ないこと。トンネル崩落事故の生き残りとして、実は高校時代に知り合っていた直と円。不正工事に両親を殺された痛みを、たまの密かな楽しみを、分かち合って離れがたく生きてきたのね……。そして、当時既に巨悪を殺そうとした円を止めw 
長じては、検事と弁護士の立場で協力し合い別件逮捕の搦め手で刑務所にぶち込んでみるものの。不正工事関係の政治家(嶋田久作)だけは
「出たらまた殺す」
と、まだまだ『スイッチ』入ったままの円w これは……互いにしか理解しあえないものの、一緒にいたら傷が癒えないのも分かる、分かりすぎる(^^;;;;;;) 一時の激情で元さやに戻りそうになるものの、なんとなくまた落ち着いちゃったりして。 もう結びつきがセックスじゃないんだろうなあw

 それでも、俺に任せろと言ったとおりに証拠を集める直。今までも事あるごとにああやってポケットマネーをばらまいて、だから高給取りなのに質素な暮らしなのね。そして上に疎まれて。でも見事真犯人は逮捕されたのでした~。お母さん(原日出子)が殺される経緯を、通話中の電話から聞かされてしまった娘さん(石橋静河)警察が何もしてくれないので思いあまって真犯人(岡部たかし)を殺人未遂してしまいましたけど、そちらが自供して裁かれるなら娘さんの罪は情状酌量で軽くなるだろうし、未遂で良かったとやっと思えましたね。


 円の上司高畑淳子も、後輩弁護士岸井ゆきのもいい感じ。直を慕う検察事務官井ノ脇海もいて。連ドラで楽しみたかったような、でもそれじゃ円の殺すスイッチがしょっちゅう入りすぎで困るような。スペシャルで戻ってきてくれてもいいなあ。その度に直の赴任地が違うのw

そして鳩を憎む円。 私もヒヨドリと日々戦っているので、あれ分かるw そういう細かいところもいいんだよね……。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ