ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

相葉雅紀

「僕とシッポと神楽坂」1 ☆☆

なんで下ネタ加えちゃったかなあ?

小粋な街神楽坂で、古い獣医院を継ぐことになっちゃった青年医師達也(相葉雅紀)の奮闘記。ボロボロの設備に、人手もなくて客の手も借りる始末。でも技術と情熱はしっかりしてるそうですよ。轢かれた犬繋がりで、子持ちの獣医看護師(広末涼子)が働くことになって1話の終わり。
地元育ちで地域のお年寄りにも優しく、芸妓さんにも可愛がられている主人公。可愛い動物、子供と萌えポイントたくさん(^^) 普段はぽやーんとしてるくせに、治療となったらキリッとするギャップもいいじゃないですか。
元院長の徳丸さん(イッセー尾形)が、達也からの文句や問い合わせの電話をすぐ
「あ~、いい波がきた!」
とガチャ切りしてしまうお約束も楽しいです。海の近くに楽隠居なのは本当でも、サーフィンなんかしてないくせに波ってw あと謎の神主。 幼馴染に大倉孝二。神楽坂の路地裏も風情があって素敵です。
唯一気になるのは、達也が「猫は」「動物は」でなく「シッポは」と語るところw 素でこれされたら、絶対聞き返しちゃうよ「はあ?」ってw

さておき、近所の動物クリニックは、設備は最先端で術後着もラブリーですが患畜への配慮や飼い主への説明が若干足りない感じ。新院長達也を頼りないと離れていった飼い主たちもきっと戻って千客万来になるのでしょう。


家族で楽しく見られると思います……ので、ますます原作にはなかった下ネタが残念なり。

「ようこそ、わが家へ」1 ☆☆

ほんとにあの男なのかなあ……?


呑気なタイトルと裏腹に、見えない相手にじわじわと追い詰められていくサスペンスというか。原因の理不尽さがもうホラーの域というか。

事なかれ主義者のはずだった主人公健太(相葉雅紀)が、たった一度声をあげて割り込みを注意したことから追いかけ回され、庭を荒らされ、ゴミを漁られ、仕事の邪魔をされ……


それだけでも十分犯罪ですけど。

ポストに子猫の屍体を詰め込まれるに至っては、もう放火や直接襲われる事態目前でしょう。とっととセコム入りましょうよ。監視カメラ設置も必要よね

この後に及んで、若い妹(有村架純)を送り迎えする様子もないとか家族が呑気でもうイライラするー(><)


旦那はなぜか、父親(寺尾聡)の部下(山口紗弥加)が怪しいと譲りません。いやいや、優柔不断に腹がたつなら会社のロッカーでも書類でも荒らせるでしょう、なぜ家に。それも罪ない花や可愛い猫ちゃんをw


そんなわけでハラハラはしましたが、本当に電車でもめただけの相手がここまで執着してきたんだとして。もしくは妹のストーカーだの、ご近所問題や仕事先でどうこうだったとして。3ヶ月かけてどう盛り上げて、最後はどうなれば溜飲が下がるんでしょう。

泣いて土下座されたとして気分悪いだけでしょう… この先の展開に期待がもてませんです。 


それと、親子で海釣りの最中に若者グループに絡まれて、その場を引いた父の弱気に落胆したという主人公なのですが…いやいや。子連れで喧嘩を買っちゃダメでしょう。お父さんの判断は間違ってないのよ。

(ただ出張旅費2重取り問題は……録音ぐらいしておくべきでした。保身のために役立つのは、強い相手のいいなりになることじゃなくて対応策の確保だよね)


さて2話を様子見。
あ、そういえばエリカ様いたっけ。月9なのにラブは絡まなそうな配役ですね 

「三毛猫ホームズの推理」7☆☆

生活保護絡みの犯罪でタイムリー??

老人に立ち退いて欲しい大家と、老人を自分の物件に住まわせて生活保護を巻き上げたい「囲い屋」が共謀しての連続放火事件。ふむふむ。

美人記者が毎回現場にいる、しかも通報者だっていうなら主人公より先に誰か気付いててくださいよ~(><)
 

さておき、警察は頼れないから自分達で殺しちゃえ、それを中継して世論を動かしちゃえ、と恐ろしい犯罪を計画する美人記者なのでした。いや、ご老人たちが自分でっていうけど、ライブ配信を老人が思いつかないでしょ~w で、実行後老人達がどう暮らすのか。いっそ一緒に死のうとするという予測がつけられないのが若さなのでしょうか←甘すぎるよねw

そこを、警察だってやるぞっと必死の捜査で救ったのが義太郎。刑事らしくなりました。


前回前々回での連続殺人が、聞き込みに行くとべらべら追いつめるとべらべらと全て会話で説明されていて辟易。それに比べると随分見やすかったです。


ラスト、祖父の時代にもホームズが居た?? 猫又だったのかw

「三毛猫ホームズの推理」1~3 ☆☆☆

草食系にも程があるw


オシャレで弱虫、女性恐怖症。血を見ると気絶するダメダメ刑事ヨシ太郎に嵐の相葉くん。

それが野良のデブ猫 ホームズ を拾ってからは、不思議な導きで事件を連続解決。辞めて花屋になるよりも、刑事でいるのもいいかもな……だなんてw 情けなさすぎて、つい応援してしまいます。


赤川次郎原作だけあって、毎回の犯罪とトリックにはまあ異論ないし主人公をワイワイと囲む兄妹&同僚刑事のキャラ立ちも魅力的、そして何よりホームズが変身した姿がマツコ・デラックスというインパクトが強大です(><)


とりあえず、義太郎が捜査中に好意を持つ相手は毎度容疑者や重要参考人w

「そんなことをする人じゃない!」

と言い張る通りに、確かに殴ったわけじゃなかったり、殺してなかったりしてるんですから、刑事のカンは亡父ゆずりかも。

まだまだホームズ頼りの義太郎ですが、3話にして「絶対協力しない!」とホームズにへそを曲げられて独力で頑張ることに。女性とも普通に話していたしね、だんだん頼もしくなって……いくのかなw


2、3話跳ばしても人間関係動かないだろうし、気軽に楽しめそうです。

あとiron maiden 鉄の処女は、鉄のオトメと読んで欲しいです。ショジョショジョ連呼されてなんか恥ずかしい(><) 


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ