ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

相棒12

「相棒12」盗聴 ☆☆☆

ヤマシゲー!!


怪しい機械を持って住宅街をうろうろ。花の里に入り込んでの盗聴器発見詐欺か? と、思わせていい人だったよーんという役にまさにぴったりの山崎樹範です。ラスト、もしお宝を発見してたとしてどう取り出すんですか?の問いに本気で

「考えてなかった…」

が許される配役もなかなかありませんってw 逃げた妻子も戻って来てくれそうで良かった良かった。

(妻子に逃げられる発明パパ、織田裕二のこの前のドラマと同じじゃないですかー! あれもヤマシゲだったらもっと愛されキャラになりましたよね。視聴率がどうなったかは知りませんがw)


そんなわけで、事件は「夫が死んでる」というのに、警察も救急車も呼ばない会話を盗聴してしまったヤマシゲさんの大慌て。まず通報でおまわりさんが訪ねて行きますが、玄関で否定されて終わり。そりゃそうでしょーw これ、遺体を隠してる妻の立場で考えるととんでもない修羅場ですよね。タイミング良すぎるわ、家の中のことなのに何故バレたのやらw


消えた旦那が、別の事件で週刊誌ネタな人だったせいでミスリードがありますが、死因はなんと覚せい剤の過剰摂取。スティックシュガーと間違えてコーヒーに入れたら致死量なんだ、ほうほう。覚えておきましょう。 うちのご近所ではそんなもの流行っておりませんけどねw


これからも時々出て来るキャラにならないかなー(でもそれって、相棒16相棒20まで続くってことで怖いかも)


ちなみにこれの前の評論家の毒舌を恨んで殺害ってやつは、本番に出られないところもいかにも相棒っぽかったのですが、ぽいだけで面白くなかったです。鏡文字を読み間違えるトリックも、無理あり過ぎでコナンか!と思わず声に出ましたよ。動体視力良すぎでしょw


「相棒12」整形

生体認証って、虹彩の血管模様などは見てないタイプ?


人間、見知った人は「顔」だけじゃなく背格好や歩き方動き方で見ているもので、背中だけで分かったりするものじゃないですか。あと耳だの手だの。会話すればもちろん声も。

整形後に「◯◯だろ?」と声をかけられても「違います」と普通に返されればあれれってなりそうなものですよ。てか名乗れば良かったんだよ整形後の彼は。


逆に遺体になった我が子が分からなかったのは納得。

動転してるわ死んで面変わりしてるわ、息子の部屋で死んでる”息子に似た人”が別人だなんて、内心思っても口にしたら『可哀想に』となだめられるだけですよねー。


そんなわけで今回の「相棒」は、整形で生体認証の壁に迫ってみましたの巻。


ただ整形でそっくりになりましたって種明かしなら呆れたでしょうが、自分の技術を試してみたかった!という医者の野心と、憎い父に似なければどんな顔でもいいという患者とのマリアージュの結果としての整形はちょっと面白かったです。

しかし、まず殺人ありきで、遺体の処理にその整形が必要だった…となると2人の出会いだけでなくタイミングまでジャストミートすぎて、元から偶然すぎる仕掛けが無理矢理になってますよね。

日帰りでできる整形もある…と右京さんに言わせてましたが、そんなプチ整形レベルじゃなければもっと大きな手術になって、腫れが引く日数もかかったりしませんか。

遺体を閉じ込めた部屋が再度開くまでに、何日かかったんでしょう。腐ってただろうなあ…うううう。


せめて、前々から抱いていた計画に、ぴったりの患者がきたので実行に移しましたって形にしてほしかったです。


「相棒12 元日sp」☆☆☆

カイトが少年を誘拐??


カイトの指名手配写真がイケメンすぎて笑えましたw

……って、犯罪に巻き込まれた少年を助けた形でそうなるわけですが。

シリーズも12年になるとさらにもうひとひねり。偶然でそうなったわけでなく、盗聴でカイトの予定を把握。つまり、わざとカイトと少年を出会わせた奴が裏にいるわけで……。なかなか凝っています。


ここで、実親は例によって息子をかばわず。警察幹部を集めて、ちゃんと逮捕するようにと指導です。ちょっとは「そんなことをする筈がない」って思ってあげようよ(><)

でもカイトには右京さんが居ますから!

わずかな手がかりから、ちゃんとカイトが脅されている可能性も居場所もみつけて追って来てくれるのです、うんうん。


警察の腐敗だの、天下りだのの下りはいつものことなのでまあいいか。複雑になりすぎずに楽しめました。


楽しい海外旅行の筈が、とんだ逃避行になっちゃったカイトの年末休暇。

でもオシャレにニューイヤーを迎えるよりも、ぐっと『大切な人』を意識して結婚したくなった様ですよ。いつか産まれる2人の子どもの為ならなんだってできる、つまり犯人の君は人の親なんだろうとか推理してみたりして……これは年上彼女と今シーズン中に入籍か?

いやその前に、親子の不仲をどうにかしなくちゃねえ。あの親爺さんだって、同じ様な気持ちを我が子に抱いたことがあるでしょうに。


ともあれ、若者な視点しか持たずに来たカイトの、物語での幅が広がりそうです。

「相棒12」向島芸者殺人事件 ☆☆

のっけから芸者さんの縊死体ですよ、料亭の庭で帯締めで……。美し過ぎて、資料写真を撮る鑑識さんが何かいけないことをしている様な画面でありましたw


で、それがカイトくんの幼なじみだとか。

思い出の小学校が昭和でアレアレ。私立のハイソな感じじゃないんですか。制服の半ズボンが見たかったのにw てか、父親と海外赴任は何才から?


右京さんからは、半玉だ「かもめ」だと芸者の蘊蓄がたっぷり。右京さんはお座敷遊びはしないようで、これが亡き官房長官ご存命ならそちらの繋がりで話がきたのかなと思いましたです。

500万円をポンと貸せて、お遊びで1000万円の保険金をかけられるお大尽はいい味出してました。


真犯人は、芸者殺しだけでなく何年も前の別件も掘り返されてしまいます。それを

「可哀想だから、そっちは不問でいいんじゃ……」とか言ってるカイトくんw 

「したことはしたことだから」な右京さんw

真逆な事を言っていても、どうも対立している感じになりませんねえ。


ラスト、カイトと彼女、花の里の女将と右京さん、両カップルでお互いに

「お似合いですね」

と言い合っていてほのぼのしました。

もうお店までまかせてて、世間から見たら立派に内縁のなんとかですか。世界を回ってる元嫁とは2人とも面識ないものねw


「相棒12」6 ☆☆☆

右京さんと時計師、似合う……(><)
スーツを仕立て屋に頼むように、時計もお気に入りの修理師を決めている右京さん、紳士ですね。 


正確第一のクォーツよりも、複雑な時をぜんまいだけで刻む機械式時計が好きだとロマンを語る右京さんと、それをハイハイと聞き流す若造カイトの対比も面白く始まりました。てか特命係だからってギリギリセーフすぎw

そして修理に訪れた先の関連で不審死が起こるのはお約束で、特命と関わりさえしなければ自殺で済んで万々歳でしたのにね。


奥さんの死の哀しい真相。

当時の警察はナニしてたんだ!当時指紋を採ったなら、今回の遺体検視でひっかからないものですかね←それだと20分でドラマ終了しちゃいますw



腑に落ちないのは、罠にはめる方法。

現場に落とし物をした本人が戻れ、それって当然の意見でしょう。なのに『警察(右京たち)が来る』からと断って、結局被害者が行きましたが、右京さんの電話は突発事項。計画時には、どう断るつもりで?一緒に行って時間前にこっそり出て行くとか?

更には、被害者の時計の時間の遅れにあのタイミングまで気付かないなんて。

カイトの台詞で気付いたことになってましたが、他ならぬ右京さんの時計が遅れたことで呼び込んだ事件ですのに。時計会社社長の時計だって狂うことがある、と普段より思い当たり易い状況でしたよー。


もしや右京さん、自分の時計の修理が終わるまで逮捕したくなくて遠回りを……!!(違w)


もう修理はしてもらえないかもしれませんが、収監されて時間ができれば時計のことばかり考える毎日でしょう。それこそ刑期を終えてからは独立時計師になれるのでは。犯歴のある人物が作る時計。贈答品には向きませんが、男の持ち物としてはいっそ箔がつく気もします。

「相棒12」#3〜#5


#3 食中毒。

変な模様のケガは調理器の一部。一見まったく関係なさそうなところに責任があり、でもその後も何カ所も、殺人も食中毒発生も止められるチャンスがあったのに事件は起きてしまうという後味の悪さがたまらなく相棒でした。

惜しむらくはカイトの出番。亀ちゃんなら味で、神戸くんなら女性をたらしこんで情報をもらうでしょう。カイトの絡みは冒頭で倒れた女性を見過ごさなかったところで、それは右京さんだって居合わせたらするでしょう。


#4 社交ダンス。

カイト踊ってよ!
お坊ちゃん育ちのカイトなら社交ダンスぐらい踊れて欲しかったですねえ。大使館だの外地ぐらしだのと機会があったでしょうに。でもコンクールには出なくてもいいか、自己流だからコンクール向きじゃない…なんてカノジョの台詞があれば良かったのにな。

事件は、かばいかばわれ遺体を移動?大人数が集まるコンクール中なのにすんごい度胸で変な事件でした。


#5 就職活動。

これこれ!これなら、カイトには最近の出来事で右京さんには初耳のことばかり。やっとカイトがお役に立ちます。
「僕だって着ましたよ、就活スーツ」
うわあ、似合わないw 亀ちゃん神戸にカイトと、無個性スーツが似合わないのが相棒ですねえ

こちらも就職活動なんて20ん年前、あれこれ目新しく楽しめました。へええ、塾みたいに傾向と対策を教えるセミナーなんてあるんだw そして面接の話題が殺人に結びつくなんて悲劇がねえ……。

カイトの就職活動と刑事への想い、それを聞いて笑う父。カイトと親子関係を絡めれば盤石ですが、そろそろそれ以外の使い道もみつけてほしいものです。


「相棒12」2 ☆☆

オープニング、カイトの髪型からくしゃくしゃ感とピンハネがなくなって、普通に。ちょっとさびしいかも。


今回の殺人被害者は数学愛好家です。

ファーガスの定理を彼が解いたのに、同窓の数学教授(岡田義徳)が成果を横取りして殺したんじゃないのかなーと詰め寄る特命の2人。

うーん。

結局ファーガスの定理ぐらいは副産物で、もっと凄いものを証明しちゃった故の殺人だったんですねえ。

うーん。


ダイイングメッセージや月に行く方法、それぞれの「謎」はなるほどですけどね。「動機」も分からなくはないんですけどね。

「仕方なかった」

という犯人肥後教授の主張は腑に落ちません。


思い詰めたわけでもない、衝動的犯行。被害者ははしゃぎ回っているだけで、襲ってくるわけでもどこかに電話を始めたわけでもない。いきなり凶器をもって殴る方が不自然でしたよw

そして自首だって救急車を呼ぶ事だって出来たでしょ?(人生最大の研究は発表する気がないし、自分が掴まると◯◯の世話をする人がいない等の悲壮感もなし)

まあ怖くなって逃げてもいいですが、財布や貴重品を持ち逃げして偽装ならともかく、数学定理のファイルを持って逃げた意味がわかりません。


更には、その犯行を自供するタイミングにも違和感。

「a drink」=「ひご」と、英日の円周率暗記法に照らして暗号を解いた。それだけで笑いながら認めちゃうなんて。肥後と右京さんを「同じタイプ」と、カイトが称していましたが、右京さんは捜査をクイズだとは思っていないのでは。



この物語は、もっと肥後メインで描いて欲しかったです。

人生最大の研究成果を、世界平和のために焼き捨てる男の苦悩もちゃんと描いて、はしゃぎ回る親友を黙らせるための計画的数学的犯行を遂げたうえでの
「仕方がなかった」
を聞きたかったですね。 

「相棒12」1  ☆☆☆☆

恒例の初回2時間sp。
でも良い意味でスペシャルらしくなく、通常運転「相棒」の様。2時間10分があっという間でした。

若いカイトと組んだことで父と子の問題がテーマに入ってきたのは良い変化だったなと思います。個人配信の生放送やフェイスグッド(笑)など、例によって今時のネット環境にもチャレンジしてますよね(サイバー対策課を出してー)


そんなわけで、甲斐次長が誘拐されるの回。

始まりは宇宙との交信でマジどうなってんのかと思いましたけどw それも、父への中傷を見過ごせなかったカイトの内偵。

某外国での誘拐事件に領事館がどう応じたか……。

当方南米暮らしをして実際に邦人誘拐をちょっとは警戒していた身としては、もし見捨てられたら恨みたくなる身内の気持ちも分かるし、でも国としての対応も仕方ないと思うしねー。


ラスト、金を積んでなど助かりたくない、警察が助けに来ると信じているんだと毅然と言い放つ長官はなかなか漢で、そんな父をクズと呼びつつも(他人に言われれば怒るしw)父のプライドを理解している息子ではあるし。

いつかこの親子が理解して歩み寄る日が来たらカイト卒業なのかなあ。


容疑者宅に突撃して、いきなりハグな右京さんw洋行帰りの変な人になってるのを楽しいでいたら、まさかの「Mr.カメヤマは?」って、亀ちゃんの名前が!!嬉しかったよ!!
……でも三浦さんが退場。せっかく昇進、管理職になったのに。


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ