ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

白夜行

2006冬ドラマ総括

 優秀だけど規律を重んじない。「相棒」の右京さんみたいな人があちこちにいるシーズンでした。
「N'sあおい」然り、「アンフェア」然り。
 あれで、雪平が撃った弾が肩に逸れていれば『命を救った正義の人』でいられたし、あおいの挿管で患者が死んでたら『人殺し』だったんだよね。その点は対極(^^;;;)
 仕事熱心なのも、属する組織『病院』『警察』が病みまくっているのも同じ・・・・。

 『時効警察』も、事件を解決できないから時効になるのだし、『神はサイコロを振らない』でも駆け回るのはヒロインばかりで企業は静観するばかり。

 大きな組織に対する世間の不信感がどーっと出てる・・・ってことなんでしょうか?


 ここで『喰いタン』をこじつけようと頑張ってみましたが、あの脳天気はさすがにちょっと場違い(笑)
『白夜行』で病んでいたのは『親』になるのかな(^^;;;)

 視聴率的には「西遊記」が20%超え続けて映画化(!)の次点が「喰いタン」だそうで、せっかく「白夜行」力作だったのに話題にならなかったですねー。

 じゃすみん的ランキングは
1位:「白夜行」「時効警察」

4位:「N'sあおい」「アンフェア」「喰いタン」
5位:「神はサイコロを振らない」

 1位は時効つながり・・・・じゃなくて(笑)
出来上がったもの自体は真逆でも、世界を作ろうという意気込み、配役の熱意といったトータルの仕上がり感が似ていたと思うのですよ。
「白夜行」あんなに暗いCDプレゼント告知は初めて聞きました。「時効警察」あんなにふざけたオープニングタイトル&フィクション告知も初めてでした(笑)

 で、ちょっと下がって以下に続くと。
「サイコロ」は小林聡美始めキャストは素晴らしくて、時に泣かされたくせに、逆にそれが惜しくなるアンバランスで申し訳ないけど下の方。「喰いタン」みたいにもういっそあきらめて観られる方がラクです。

 そうそう、「相棒」を忘れてました!
大好きなシリーズなのに、途中から録画がたまる一方で最終回もまだ見ていません〜。他のドラマもつまると、1話完結の気安さでつい後回しになるし・・・・。 さすがに第4シリーズを2クールとなるとだれました(私が^^;;;) ぼちぼち観ます。

 「けものみち」、「白夜行」の裏じゃなかったら観てたと思うけど結局消化しきれずリタイア。
4月からも木曜は10時代でかぶるんですよね。ドラマ枠はずらして欲しいなぁ。
 

「白夜行」最終回 ☆☆☆☆

 なんて見事に救いの亡いことに。

・・・いや違うかな。だってすべてを知っている笹垣(金八)が生き残ったものね。

 赤ん坊が生まれたのを知って、なお死を選んだ亮司。それって、母親と当の赤ん坊にとっては非道いことだけど、もしかしたら彼も
「ちゃんと伝えてやる」
と言ってもらっちゃったから安心して死んでいったのかも知れないです。その前に笹垣を刺してもとどめを刺さなかったのも、彼がいれば雪穂は大丈夫だと思ったのかも

 初めはただ可哀想だった子供2人が、だんだんと人非人2人になり、結局バカ2人になってしまって。それでも
『雪穂のために』
先に死んでいった亮司は、後にのこった雪穂がどうすると思っていたんだろう。
 あらゆることをゆがめて、
『亮司のために』
雪穂があんなウソをつくとは思っていたのかしら・・・・・。

 死人に口なしをいいことに、自分をイイコにして解説していくと事件は全く別の顔に。
2人で手をつないで自首していたら雪穂の罪ってほとんど教唆や幇助で大した刑にならなかったかもしれないのにね・・・。
 店も財産も無くして廃人同様って。結局亮司の償わなかった罪までかぶった様になっちゃったじゃありませんかー!

 彼女にはお金だけだったんだから。亮司の他にただ一つ信じられた、金さえ無くすなんて可哀想すぎました。

 それでも最後、日の光の下亮司Jrの手を握ることが出来た雪穂は幸せなのかしら・・・・・。
薬剤師の彼女と雪穂はどんな話をしたのかしら、しなかったのかしら。その後関係は続いたのかしら行きずりだったのかしら。いろいろ想像がふくらみました。
 いつもの暗い歌声にのっていつものエンディング、本棚で遮られて子供と大人時代をくるくると変わっていく(もしくは変わらなかった)彼らが可哀想でちょっと泣きました。

 で実は、あの指輪が欲しいなーと(ミーハー^^;;;)ちょっと公式に寄ってみたら、DVDには違うエンディングが収録されるとかなんとか。映画でも、カット部分が足されて良くなることは滅多にないので、蛇足なつけたしは止めて欲しいなと思いました。買う訳じゃないけど。

「白夜行」9 ☆☆☆

「行かない」ってドコへ? って思いました。・・・・カマトトじゃなくて(^^;;;)

 勃起はするけど射精しないそうですよ。
ていうか、強姦だ死姦(わ、変換しないよATOK)だ売春だと不道徳てんこ盛りでも、サラッと流してたじゃないですかー9時台のドラマらしく。それがいきなり露骨になられてもー。ベルトに手をかけられてもー。

 あと「え?」って思ったのが雪穂と亮の故郷。
東京近郊だと勝手に思ってましたけど、上京に新幹線が要るようなところなの? でも死体を持ってって埋めるような距離でしょう?? まぁいいけど。

 雪穂の本音を喜び、苦悩を想って涙してくれた養母。自首をすすめ、罪を償って出所してくるまで待っていてくれるって。
 そんな理解者を、殺しちゃあいけなかったんじゃないの?亮くん。

「白夜行」8 ☆☆☆

 共利共生。なるほど。

 金に執着する雪穂が哀れだ、とすんなり離婚してくれた旦那でしたが、見ているこっちはもうその旦那が哀れで。
 離婚する気満々の雪穂が、放置しようが逆ギレしようが煽ろうがグッとコブシを握ってこらえてきたのに、クスリ盛ってまで暴力をでっちあげって、そこまでしなくても(^^;;;)

 亮が表の社会に出て、雪穂との連絡も頻繁になって、悲壮さが薄れてきた2人なのですがまだまだ、『普通に幸せ』への道は遠いみたいです。

 それより何より、毎回恒例の『重たい独白』に『いつもの曲』がかかって、そこに同じ調子で
『「白夜行」のサントラCDが発売されました』
って流されると微妙な気分じゃありませんか。だからって、素の山田君と綾ちゃん並んで明るく告知されてもぶち壊しですけどねぇ。

 離婚で、「MAKOTO’s CLOSET」から「R&Y」に名前の変わった雪穂のブティック。あの雪の散りばめられて、視聴者にはそりゃ亮&雪穂な命名ですが、先輩の疑惑の目にまでそう見えているとは!
 そこで、「Rって何?」と聞かれて、共同経営者の名前を即答の雪穂。うわ、そこまで考えてパートナー選んだんだのね。

「白夜行」7 ☆☆☆☆

 ビルの屋上、虚空に向かってぶらぶらと足を揺らす桐原は・・・ちょっと天使みたいでした。いやアクマだったのかな。

 写し鏡の雪穂が、何をどうしても『普通に幸せ』になってくれないジレンマ。

 戸籍まで無くした男が、盗み聞きしてる内容が二股どころか
「あの娘にこの気持ちを打ち明けたい」なんだから情けない。
結婚を目前に、ピュアに心迷う婚約者。彼もどこかで感じていたんでしょうか。愛されてるわけじゃないって。
結局雪穂には男は手段で、結婚とは生活の安定と金が引き替えの売春だとかいってますよ。もう。
 愛されて育ってないから愛を知らない、そんな連鎖を描かれると空しくて苦しいです。

 ・・・でもやっと。
訳の分かんない手段使ってでもとにかくやっと。
 桐原君は表の世界に帰ってこられた様子です。・・・・それで幸せに終わればいいのになぁ。

 亮が出した警察手帳って? あの殺された若手刑事のなんでしょうか?
逃亡犯になってるおっちゃんの死体は、雪穂が育ててるあのサボテンの下に埋まってるんでしょうか??
 式場のホテルでの刑事とのニアミス、ハラハラしたけれど、よく考えればそこで掴まってる方が2人のためにはいいのになぁ。

「白夜行」3・4・5 ☆☆☆☆

「オレ、何やってるんだろう・・・・」
気付くの遅すぎる。

 穏便にやりすごして時効を待とう、そんな弱気だった亮が
『雪穂を泣かせない』
それだけのために悪に奮起したのが3話終わり。

 自分の死亡を偽装して戸籍を失い、
カードのデータ偽造して悪銭を稼ぎ・・・・・

5話ではすっかり全国ニュースレベルの犯罪者なくせに、仲間内和気あいあい。どこまで根が善良なんだか(><)
そして雪穂ちゃん、女子大生ながらどんどんダークに。

 友達の幸せが憎い、とレイプ&脅迫を頼んだりする雪穂を結局ははねつけられない亮。
全部いいなりにやっちゃった挙げ句に
あの涙もあの電話も(もしかしてもっとずっと前からのすべて)が計算尽くだったのではと不信感を募らせる。それぐらいならするなよ。 もしくは、ただただ盲信しようよ!!計算尽くだっていいじゃん。
 また、そんな揺れる亮のためにことさら悪女になってみせる雪穂が可哀想。
分かり合えるはずの亮が同じ方向を向いていないことが、彼女を傷つけるのね。

 これが舞台がアメリカでジェーンだのジョンだのが堕ちていっても、ふーんと感慨無く筋を追うんだと思います。でも日本なんだもの。
 狙われちゃったお友達の如く、ただ幸せで恵まれて、それを有難いとも思わずに生きてきた私なのでより一層、その同じ日本の裏でツメを噛み続ける雪穂に惹かれるのかと。

 もしかして雪穂、あの殺人現場で、鋏を持ち帰って亮を逃がすより刺し殺しておいた方が良かったのかもね。寂しいけどね。

 銀行員の彼女も、亮達に巻き込まれて仕方なく・・・グループにいるのかと思ったら裏でヤクザに貢いでいたりして。
そんな彼女に「不安だから信じたいのよ」と語らせておく構成といい、手に汗毎回手に汗にぎってみています。
 ただひとつ、強姦=女泣き寝入りって毎回の図式はどうかと思うんですけど。

 

「白夜行」2 ☆☆☆

「殺したねぇ」
「うん、あれは仕方がなかったね」

 そんな鬼畜な思い出話を、雪穂はいつかしたいんだそうです。そりゃ、出来る相手は1人しかいないよぉ・・・・。

 7年たって子供達は別人のように(笑)成長しましたが、ツメを噛むくせだの刑事を下から睨みつける目つきだのは変わっていません。そしてまた、トイレで再会した雪穂にまるで呪文のように語りかける2人だけの秘密。
「タイムマシーンがあったら過去に行く?未来に行く?」
「どぶに咲く花があるって」
そんなささいな思い出も、先週聞いたばっかりの視聴者ならともかくも、7年あれやこれや生きてきた子供達が大事に忘れずに暖めていたのかと思うと泣けて泣けて。

 なのに事件は全然風化せず、変な証拠写真は出てくるし(どっからだよ)雪穂は養女にいってまで身元を暴露されて苛められているし。

 一度人を殺している主人公としては、安易に
「殺すしかないのかなぁ」と呟いてしまう孤独がまた哀れです。

 でも、2人また出会えたからね。
こっちでネガの持ち主をはめて、あっちでイジメの犯人をはめるという複雑な罠の発動です。とりあえずは上手く行ったけど、それで終わるわけがないでしょう。
 ひとりで「タイタニック」見た菊池君が黙っていません。

 1話で、金八刑事がいみじくも言った、
「ウソは一度つくとまたどんどん大きなウソをつく羽目になる」
という警句が身に染みます。
 でもじゃあ、最初の殺人を公にして良かったのかというとそれも違うし。

 1話で見た未来がなにか間違っていることを願いつつ、転落していく若者2人を見守っていくしかないのでしょうか。

「白夜行」1 ☆☆☆☆

 子供が辛い想いをするの、耐えられない。

 いやその前に、物語の子供達を描くために実在の子供達がこんな、知らなくていいオトナの世界に触れて演技などしているのかと思うと我慢ならないデス。性に興味を持つのは止めないけどさ。変態の世界はまだ知らなくていいのに。金絡みでオヤジと、しかも実の親に売られてだなんて(号泣)

 とはいえ、見応えありました。
似たもの同士の2人が出会い、事件が起こり、同じ暗い目で刑事を、大人を伺っている。この緊迫感。
将来の悲劇を冒頭で見せてしまっていますから・・・・・いつか雪の日に、あの鋏ですべてを終わらせるまで、金八には追われ続け、太陽の見えない生活を送るだろう暗い予感がひしひし。でもそこに偽りでも、光が射していたらしいナレーションに救われます。
 出会ったから事件が起きてしまったけど、出会えて良かったと最期にも思っていて欲しいです。せめて。

 それにしても、11才。同じ年なら圧倒的に女の子の方が成熟してますね。

 ここから7年。ユキちゃんの方ならともかく、一番変わる時期の男の子に金八はちゃんと気付くんでしょうか。
年賀状、高1の甥っ子から「豪州から来てるマリオくんと」という写真をもらい衝撃を受けましたよ。変わらないねーと眺めていた可愛い顔の方に”←マリオ” うっそぉん(^^;;;)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ