ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

田辺誠一

「3年A組 今から皆さんは、人質です」~最終回 ☆☆

 さくら(永野芽郁)の腕力に頼りすぎでしょう~!!!

 前回で「私が澪奈を殺した」とさくらが言い出した時には、家事をしていたので画面を二度見しましたがw そこはほら、大方の予想通りに『目の前で飛び降りられて、助けられなかった』という程度のもので。さくらの落ち度といえば、いくら思い出の場所とはいえ澪奈(上白石萌歌)を高所に連れてきてしまった、ということぐらいでしょうか。あとは運悪く来た連絡へのスマホ操作……。SNSの罵詈雑言でメンタルすり蹴っていた澪奈にはそれがダメージでも、まさかそんな日常動作で何か起きるなんて思わないものね。そこ以降は、頑張ったよ!
飛び降りる人に駆け寄って、腕を掴む。
なかなかどうして、出来ませんよお。棒立ちで見送ってもおかしくないところを、ちゃんと片腕で支え続けたじゃないですか!握力もすごいよ、さすがプロレスファン?

 そして柊先生(菅田将暉)をつかまえた二度目。
いや先生、いくら細身でも澪奈よりかなり重いはずw 今度こそ、さくらにちゃんと助けさせての立ち直りを目論んでいたのなら、実はワイヤーで結んでたとかさ、失敗しない保険をきちんとかけておかなかったらダメじゃないですか!同時に、引きこもりの彼女も呼んでショック療法を試みたようですが、助けられなかったらどちらもトラウマ倍増ですよ!!(しかも、一番最初にさくらが絶対に来る保証も特になしw)

 その前に、景山澪奈転落死の時点で手すりの指紋、衣服の繊維、屋上の足跡、微物は採取してないのかと。解剖時には手首が掴まれていた痕だって出るでしょう。鑑識がきちんと仕事してたら、屋上にいたもう一人が助けようとしたことぐらいわかるはずなのに。まあティーンの自殺と軽く片付けられたのかもしれませんが。 そこでもやっぱり、景山の両親がスルーされているのが気になります。遺体安置所で悔しがる柊先生。何故入れるのw そこに遺族はいないの?


 と、ツッコミばかり書きましたが、ドラマは最後までテンション高く引っ張られて観通しました。
政治家にまで追求が及んでも尚、目指すところはまだ上だと身体を張り続けた柊先生。え、これより大きな相手って?と思わせておいて物申したのは、SNSに集う大衆相手でしたよ。成る程ね。

 だからって、監禁しなくても、とか。こーなってあーなってと想定した通りにそう上手くことが運ぶとも限らないのに、よく何人も協力者がいたな、とか。これまたツッコミたくはなりますが、目指したところは納得しました。ぶっきーが一人で何かやらかして、耳目を集めて演説したところで、それに反応する匿名の存在は自分のことだとは思わないですもんね。あれこれ好き放題に言い散らし、非難の矛先を連日変える、そんな傍観者に説教を届けたかったんですよね。

 でも無責任なのはワイドショーも。そっち見てる中高年は想定外なんですねw また、大和よりSNSが悪い的な論調も問題かと。そもそもの元凶は大和だよ? 柊先生の彼女には謝れても、景山澪奈にはもう謝れないのよ? それこそ、澪奈の両親は大和を殴っても刺してもおかしくないと思うの。

 その後1年闘病したというぶっきー。起訴はどうなったのかしらw そして3周忌を機に開かれた同窓会。遺影に語りかけるさくら。えーっと澪奈の遺影も置いて欲しかったです(^^;;;)

「3年A組 今から皆さんは、人質です」7、8 ☆☆

え、ガルムフェニックス!きたーw
そういえば「れっつ、しんく」だったぶっきーの発音がちょっと”think”になってきましたよね

自分の頭で考え出した生徒達を盗み見て、その成長に涙するぶっきー。伝わってたんだねえ。良かったねえ。
と、いい場面ではありましたが一方で、いやそんな当たり前のこと。自分の行動の結果を想像してみること、相手の立場で考えてみることを、級友が死んでなお監禁されて説教されなきゃわからないって(^^;;;;) どんだけバカなのかと。でもバカッターなどみると確かにそんなバカ存在するしなあ。おばかさんや、年若い予備軍にこのドラマが届いてくれたらいいねえ、などと思いつつラブリー菅田将暉を鑑賞です。

逮捕された武智大和。
熱血教師を装いながら、某元大臣、某大学と癒着し推薦入学の裏金を受け取っていた……と悪役っぷりが暴露され、フェイク動画作成の依頼も認めましたね。そっかー、澪奈が推薦入学に同意しない報復にドーピング動画をばらまき、担任教師だったぶっきーの彼女も癒着を告発しようとして『教え子とホテルに』動画をばらまかれて退職、と。そこは認めても、『澪奈を殺してはいない』そうで、実際例の監視カメラ映像もまたフェイクでしたけどw

そもそもスポーツで進学するのが大嫌いな我が家の体育教師=旦那が、どんなに騒ぐかと思ったら案外静かでした。推薦を礼賛せず、むしろダメだ方向だったからでしょうかw そう、競技成績悪かったら続けられないの。でもそれ、武智先生がだましたみたいに言ってるけど、学業優秀で授業料免除の生徒が成績悪くなっても同じなんだからね?なんのために大学に行くのか、ちょっとは考えようね?

ひっかかるのは、札束をボンと生徒に見せる武智w いや、まず親でしょ説得する相手は!野球部のエースがプロ希望のケースでも、担任教師に札束見せてどうしますよ。親でしょ!
そして相変わらず全くでてこない影山澪奈の親。晴れがましく活躍していた我が子が自殺して、挙句こんな事件のきっかけは娘の事件、名物教師まで逮捕されて他殺だったかもしれなくて。取材陣殺到でしょうに。もう外国に転勤でもしましたか。その辺もしみじみ、親世代は視聴ターゲットじゃないのねえ。
そして警察の画像解析技術も、なめられてますよねえw
当日、澪奈のカバンが学校指定か水泳バッグだったかは知る由がなくても、加工してあるのかぐらいは、オタク高校生より先に気づいているでしょうに。

協力していた刑事さん実は、ぶっきーの彼女=元担任の実父だったりしましたが。彼曰く、狙いは武智や某大臣ですらなく、もっと大きなものなんだそうですよ……。教育委員会や大臣より大きなものとは? と考えてたら、まさかのガルムフェニックス登場でふっとびましたw 通りかかった息子が「トクサツガガガ」?とw いえ、妄想シーンじゃなくて本当に来てるらしいのよw
さて、最終回が楽しみです。

予告CMで喪服みちゃった……。柊先生、余命わずかとわかってはいても淋しいわ。

「3年A組 今から皆さんは人質です」6 ☆☆

えええ、ないない、命に関わる病気を本人知らせず、言いがかりで退部にするだけとか、ナシだわ~

その『致死性運動性不整脈』の運動禁忌がどの程度なのか。学校の体育程度は問題なくて、部活の追い込みがダメ? とはいってもさ。帰宅部にさせても、東京タワー駆け上るイベントに参加しちゃうかも。バスに乗り遅れてひと区間走って追いかけちゃうかも。まずは本人に説明でしょ。親もなに部活顧問に丸投げしてんのよ、挙句逆恨みさせちゃってるじゃないですか!
そして選んだ手段が『殺したのはきっとあいつ』と、告発動画をネットにアップ。

もうさー。世間に悪意を晒すことの恐ろしさをその景山さんの自殺で知ったんじゃなかったのかと。自分が加害者側に立ってると気づかないのかと呆れましたけど……。子供なのねえ。そして、猛烈な勢いでそれを叱りとばす柊先生も……ちゃんとした大人には見えないわあ。
女生徒が、手伝う素振りでスマホを持っていったのを知っていて放置。告発動画撮影も把握しつつ放置。送信ぎりぎりで、放送で声かけて止めてましたけど、何秒か遅かったら手遅れでしょう? また発作が起きてたら大変だったよ?
部活顧問の人生をなんだと思ってる!と胸ぐら掴んでた割に、これじゃ君も途中まで加担してたも同然じゃーん。

……からの、ピンボケ大和先生を告発w
速攻のダブスタw どれだけの証拠があって言ってるんですかー。 でも他に該当者もいないので、やっぱりね、となるお茶の間でありますが、当の大和先生はあくまでビックリの姿勢。これが演技なら相当なタマですよ。

あとはえーっと、柊先生の前職は実は特撮スーツアクター! お得意の『レッツ、シンク』はその時の決め台詞 Let’s think からだったんですね~ そして、その撮影スタジオの社長が、恋人である元担任の父親で火薬買ってくれてたよとあちこち繋がってまいりました。しかし特撮アクション主役の抜てきを、癌だからと諦めるのは分かります。体を使うことだし、1年通じての契約をし難いのは。でもその代わりにやむなく選ぶ仕事が教師って、ちょっと何言ってるかわからない(^^;;;;;)

景山さんが自殺したとされる直前に一緒にビルに入り、後にひとりで走って逃げていく男の姿。そこまで公開されましたが……柊はどこまで何を知っているのか? いつこの計画が動きだしたのか? そんな経緯が知りたくて見ていますが、果たして見せられたものにツッコミを入れずに納得できるのか、私? 今回の病気の扱いで、脚本への信用度が下がりました(^^lllll)

ゲーム開始、と称して眼鏡の掛け外しで嘘か本当かを生徒たちに伝えていた柊。
きちんと気付いていたさくらと、殺されると思い込んで泣き叫んだその他大勢と。そんな風に最初から見抜けるように仕組まれていた何かがあるかもしれませんが、さて。


「3年A組 今から皆さんは人質です」5 ☆☆☆

出た、柊先生の余命わずか宣言!

確かにそれ、こんなまともじゃない犯罪を計画する大きな動機になるの、分かりますけどね。同時に先生だけ安全地帯にいるわけで。選択を迫られた生徒たちが、共犯者になってしまったら将来どうなる……と怯えている時に
「そうはさせない、俺が保証する!」
と柊に吠えられても。いやお前死ぬし、ってなるじゃないですか~。

前回の終わりに、柊先生昏倒。
崩れ落ちるというより、跳ねまわって気絶する様子が元気すぎて笑ってしまいます。まあ直前まで格闘してた程ですから、元気かつ余命わずかという難病なのでしょう。その好機を逃さず、準備室をこじ開け携帯を取り戻し、まずはネットに接続する現代っ子な生徒たちw 家族に連絡が入り沸き立つ体育館。警察の突入計画は予定通りに進行し、そのままなら無事に保護されて今夜にも帰宅してお風呂入り放題、の筈なのですが。
このまま残り、事件が解決するまで警察を利用しようと望む生徒も。
柊先生の青い絶叫を、ちゃんと受け止めた生徒もいたんですねえ。報われるねえブッキー。

あーだこーだ熱い議論が交わされて、決め手はモデル嬢が持っていたチップの情報。ハングレからフェイク画像を買ったのはなんと! この学校の教師だったのだー!

この頃にはちょうど良く意識を取り戻した柊先生。チップを読みこんだ画像をモデル嬢に見せるため、抱き寄せる仕草も漢前ですねえ。
しかし教師が……。
ここで悪事が暴かれて、驚けるほど描写されてるの、間抜けな大和先生か、元担任の彼女しかいなくないですか(^^;;;;)

もはや事件の謎そのものよりも、すべて知ってて仕掛けたらしい柊が、まずどうやって情報を得たのかが興味の焦点かも。 そして景山選手のご両親は学校のこの騒動の報道を、どんな気持ちで見ているのやら。

「3年A組 今から皆さんは、人質です」3、4☆☆☆

良かったー、生きてた。

初日に刺された彼氏も、「警察の誤答のせい」で殺した5人も、3話の最後でちらっと写り、4話ではこんな風に偽装しましたよ、まで見せて。階下から声が聞こえると気づいたさくらの行動もあって、クラス全員にそのことがちゃんと伝わりました。良かった良かった。そりゃ、生徒のためにと説教する先生が、殺すわけないと思いつつも心配でしたもん。
そうかー、準備室の床穴から階下に降りられるんですね。警察と接触、おにぎりもらってきた時もここから降りたんでしょうか。てか、穴もお手製ですか? 設計時からあるなら、機動隊突入の時に使いますよね(^^;;;;;)

警察の五十嵐(大友康平)が柊側だったのも、3話の驚きでした。捜査一課理事官、かなりのお偉いさんがグルだったなんて(^^;;;;;) どんな仲でそうなったのか。それでももう、庇える域はとっくに超えているわけで、一体何を共有してこんな爆破立てこもり事件を刑事が支持しているのやら。
柊先生が捨て身なわけは……持病?(痛がり方が派手で、病気というより刺されたかの様ですが……)わずかな余命を賭けて、生徒に最後の授業をしようとしたのでしょうか。そんな治外法権から指図する様なの、いやんですよ~。生徒たちに、自分の行動の結果を受け止めろと言ってる人が、しでかしたことの負を償わずに死んでいくなんて。ううう。

さておき、澪奈自殺の引き金となったドービング疑惑。
そもそも「何か飲んでいる」フェイク画像が出回っただけで、検体から薬物が検出されもせず、なにが疑惑だ。吉田沙保里選手が引退して言ってましたよ。「風邪薬飲んでみたら、よく効いてびっくりした」って。どこか痛くても熱でても、トップアスリートはうっかり薬も飲めない生活をずっとしてるんですよ。ドーピング検査を舐めるなよ! 
と、ツッコミはさておき。
画像は、澪奈に失恋した里見(鈴木仁)の撮影でした。 でも彼は撮っただけ、ドリンクに薬名を加工しても、DVDを宇佐美のカバンに入れてもいない。じゃあそれは……甲斐(片寄涼太)の仕業。
ハングレ団所属の先輩に頼まれ、金も欲しかったんですって。

それでも、澪奈を車に乗せて連れ去ろうとする暴挙には、さすがに体を張って止めたわけですが。ただ映像をとるだけなら、悪用するにしてもたいしたことないと思った。うーん、確かに連れ去るよりは気軽に出来ちゃうけど。招いた事態は同様に重大、だったんですね……。 そして、奴らがやったと声をあげられないワケは、裏切ったら家族を殺すと脅されていたから。いやもう、ハングレってレベルですかそれ。素人さんを巻き込むとは、ヤクザよりたちが悪いよ。

さてその頃の郡司刑事(椎名桔平)
『生徒5人が殺された』責任をかぶって、柊の事件から外された回された先のガールズバーの検挙が、そのハングレのボス逮捕につながるだなんて上手くいきすぎでしょ。柊情報で、五十嵐が手を回しましたか。
とにかくボスは確保され、もう家族は大丈夫と甲斐にうけおう柊。そして彼の友人も、そんな苦境や苦しい家庭の事情をなぜ、うちあけて手伝わせてくれなかったんだと泣いて責めますよ。うーんと、そこよりも。
自分が脊椎損傷で半身不随、小学生の兄弟がいるのに高校生の長男に家事も家計も(!)まかせて「あの子は大好きなダンスもやめて」と不憫がっているだけの親が一番ダメだと思います。そして民生委員は、ケアマネージャは何してるのかと。甲斐くんは確かに「無理だー」と言って良かったんですけども。いい子だから頑張ったし、頑張らなくていいことに子供は気づけなかったんですよ……。

で、この先まだ何があるのでしょう。ボス逮捕にショックを受けてる美人さん、恋人なのかな。そこかな。
しかし、高校生アスリートが有名になって注目をあびるところまでは分かるのですが。彼氏と間違われた部員が足を折られたりorz  会いたい、と級友に頼んだ目的がバンに押し込んで誘拐とかorz この地域、犯罪レベルが高すぎてわけが分かりませんよ……。どんな修羅の国だ。
大和先生(田辺誠一)は、筋肉番付にも出演してましたよw プロテインw 和み要因だけですか?ラスボスだったら嫌だわー。 

「3年A組 ー今から皆さんは人質ですー」1、2 ☆☆☆☆

実写版「暗殺教室」w
ひさしぶりにJKに戻った永野芽郁ちゃんにホッとしてたら、まくしたて系のオタクだったーorz

卒業式10日前の魁皇高校。
『大事な話がある』と集めた3年A組生徒全員を、爆発で閉じ込めた担任教師柊(菅田将暉)が
「今から皆さんは人質です」
と宣言します。彼の目的は、自殺したクラスメート景山澪奈(上白石萌歌)について皆が語りあうこと。まず初日はその死の原因を。翌日は、彼女を苦しめた噂の元を。21時までに回答をまとめ、不正解だったら……。
一人死ぬ。

そもそも、丸メガネにふわくるヘアの菅田将暉が可愛すぎて、こんなキュートな担任に嫌がらせする女生徒がいるとは、事件前から既に衝撃。君たちがわざと崩した段ボールの山、柊先生がよたよた運んでいたアレって、爆破や監視に使用するものだったのよ皮肉でしょ。そして暴力と恐怖での支配が始まり生徒は被害者なのに、基本クソ生意気で気持ちが寄り添えませんw 授業だ、と主張する「先生」を信じたい気持ちもありますよね。1話で男子生徒が刺されても、血糊で刺したふりでは……とお茶の間から必死でフォロー。2話で生徒にもそれを指摘され、死臭もしない、と言い募るのを
『僕は優しいと思われてるんだ』
と茶化す柊。そして解体した手首をポンと放り渡し……いや、美術教師だから作り物!のツッコミには、2分で答え合わせが来ましたけども。見せた手が作り物だっただけで、死んでない保証はありませんよねえ。そして生きているならどう黙らせているのか。元からぐる? 警察に頼んだおにぎりは30個、死んでたら余るけど、別に誰か2個食べてもいいし(^^;;;;;)
と、小出しの情報に楽しく翻弄されています。だからこそ、生徒は死んでいて欲しくないですね。

現状、爆破の瓦礫で廊下が塞がれた校舎3階。3-Aと隣の美術室&準備室、トイレだけが孤立しています。当然スマホは没収され、監視カメラも爆薬もあちこち仕掛けられた教室で生徒たちは、知らねーよ俺カンケーねーよとぐだぐだ言い合うのです。
亡くなった澪奈は、水泳選手で全国優勝もしたそうな。
え、スクールじゃなく高校水泳部所属で? 普通科の普通クラスで? 推薦や特待生じゃないんだ~。

一番仲が良かったのは私、とカースト上位女子宇佐美(川栄李奈) でも実際は、有名アスリート澪奈とのツーショットでSNS映えを狙う宇佐美から離れ、カースト下位のさくら(永野芽郁)と親交を深めつつあった澪奈。まだ明るい道を腕組んで帰り、ショッピングも。え、部活は? あ、うん部活中も盗撮に勤しむさくらは、終るまで何時間でも待っててくれたのかな、選んでいたのも競泳用水着w 消耗品&嫌がらせで切り刻まれてたなら新しいの必要だったし……

その頃、ネットに澪奈の悪口を書き散らしていたアカウント。
更衣室に忍んで水着刻んでる段階で、女よねw 更にドーピング疑惑を広め、クラスメートまで真に受けて「ずるい」と攻撃したって、バカなのか。検査陽性ならまだしも(それだって、風邪薬やコンタクト保存液の影響な可能性)ただ『何か薬』を飲む映像だけでw しかもそれフェイク画像で、誰かがカバンに入れたDVDだったとか。さあ3話では、その映像製作者を追求ですね!
その時点で卒業式まであと7日。この先まだ7つも審議するネタがあるんですねえ。
3-A前担任が、実は柊先生の恋人。退職と以後の引きこもりにも、澪奈の死と3-Aの罪が繋がっていくのかも。最後の授業を終えた柊、1話冒頭で屋上から飛んでいましたけど、死んで終わりにしてはダメでしょう。そこも、待ってるよー。
体育館に詰めかける親、「穏便に」しか望まない校長、カリスマポンコツ教師の田辺誠一、椎名桔平の刑事、いろいろ脇も花盛りです。

それにしても、掘れば掘るほど澪奈さまが不憫。

完璧、強い、くびれが神、と容姿と妄想を称えるばかりの さくらと、嫉妬のあまり澪奈の水着を切り家に投石した宇佐美。どっちに転んでも交友関係が貧しすぎでしょう……(さくらに、「大事な友達」が宇佐美と言わない澪奈も謎。3人で遊ぼうとしてこじれるなら、よくある話なのですが)瀬戸大也と萩野公介が幼少期から表彰台を争っていた様な、10年来の水泳仲間とかいないのかと。

(トップアスリートって海外派遣や連盟主催の合宿やら、もっと学校とは違う人脈や大人に囲まれて忙しいのでは。せっかくの上白石萌歌、水泳じゃなく歌の大会で優勝、破かれるのは楽譜で良かったのにとも思ってしまいます)

「私のおじさん WATAOJI 」1 ☆☆

ブラってあんな風には落ちないよ……。肩紐で止血する緊迫の救命場面でも削られてたんでしょうか(違)

不本意な就職先には、おじさんの「妖精」がいた!
スーツにビジネスコートきた遠藤憲一が、女子トイレにいたらそりゃ痴漢w でも妖精なんですよ。それが証拠に、他の人には見えないし、消えるし、家にまで現れるしw

そんな面白さは期待通りだったのですが、仕事がなぜかTV番組の制作会社。え、普通のOLでよくない?
ポンコツ新米ADひかり(岡田結実)が、言い付けられては無駄になる仕事の数々。激辛バラエティ番組のための仕込みが、気分であれこれ変わります。でもひかりも確かに仕事が遅いw 唐辛子を1000個集めろって要は『たくさん』でしょ?何故、唐辛子パックをいちいち全部開封して数えて紙袋に開けて、しかも全開で抱えて持ち歩くの!転ぶ前から、ぶちまけるのが分かってる絵面は嫌~! 
そして箒とちりとりで集められる鷹の爪。あ~あ、もうゴミorz
レイにして首に掛ける予定なら、目を痛くしながら必死で糸に通したのに~ってところまでしませんか。落としてもせめて部屋の飾りか魔除けにはできるでしょw 頑張ったのに感も増しますよ。それがヘッタクソだったら、小道具縫うディレクター千葉(城田優)の器用さも際立つのにね。妖精もそこで「女子力」ってジェンダー意識ない。おじさんだからってさ。

イケメン千葉Dは気になるキャラで、ロケにクレームするおばさん(宮地雅子)をおだてて出演させちゃう手腕もなかなか。取材拒否店の意思も尊重し、入り口で出る出ない(ヒロインは出たいけど妖精が出さないw)のやりとりも楽しかったんですよ。そして奥さんとの介護別居を聞き出したひかりが「TVで見てもらいましょうよ!」と店長(六平直政)情で落とすのも、激辛カレーを必死で試食も(試食の必要も、完食が偉い意味も不明ななりにw)盛り上がったんですけどねえ。
何故ブラが落ちる。

その前の、ひかりの所持品を勝手に差し出す場面もダメですよね。
持ち主が嫌がってるのに「大人になれ」は酷い。実はくれた元カレはもっとクズで、浮気で婚約破棄、手放して正解な感じではあるものの。事情を知ってる訳でもなし……形見でも同じこと言うのかと。目の前で言い争ってるのに平気でもらっちゃう孫と店長まで好感度下がるでしょ。
と、せっかくの楽しいドラマに無神経が多すぎですよ。女性スタッフいなさそう。初主演の岡田結実たんは、まだ『ブラ落ちに意味がない』『ただトイレに行くんでいいじゃん』も言えない立場でしょうしねえ。パパに言いつけちゃっていいと思うよ。

大筋では岡田結実は可愛いし、ずっと他人基準で気に入られようとしてきた娘が初めて自分の足で立つ物語。勇気を出して、自分の意見を言ってみる大切さを押し出すところは奇しくも「ちょうどいいブスのすすめ」もとい「人生が楽しくなる幸せの法則」と一緒なんですよね~。ブスの連呼がないのとキャッチーなおじさん妖精で、予告は絶対こっちの方が面白そうなのに、リテラシーとデリカシーがない分で損してます。
2話は見ないかなあ。
遠藤憲一は「さすらい温泉」で見ます←大阪は放送ありませんでしたorz

あ、「警視庁ゼロ係」のIT担当、戸塚純貴がちゃらい先輩ADで出演。「刑事ゼロ」じゃないのか~w


映画「斉木楠雄のΨ難」 ☆☆☆

ちょーくだらなくて大満足w バカップル両親(田辺誠一&内田有紀)可愛かったし、ヒロイン橋本環奈の変顔にもお腹いっぱいです(^^)

生まれながらに超能力全開の主人公、斉木楠雄(山崎賢人)は、勤めて普通に暮らそうとしているのに、バカすぎて予知ができない級友や自信過剰ヒロインのおかげでトラブルの連続。平和な文化祭(の、間にフケて行く恒例の温泉一人旅)は守られるのか?
いやどーでもいいしw

終始真顔で淡々としか喋らせてもらえない山崎賢人。漫画の実写化というと駆り出され、もう代表キャラなんてあって無きが如しになってますがw 私の中ではこのピンクの髪と変な制御装置が一番似合ってました。 あと新井浩文のケツアゴ特殊メイクねw
エンディング、撮影現場写真では笑顔がみられてなんだかホッとしました。 

「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」2 ☆☆

学校勤務はブラックでやりがい搾取。非常勤講師は更に低賃金。
そんなお上が絡む問題に切り込みましたよNHK!もとい田口弁護士!
2週見てもまだ、田口が「弁が立つ」と思えず看板に偽りあり。ドラマがダメなわけじゃないのですが(^^;;;;)

ご近所との騒音トラブルにはガンガンと判例や法律用語を並べ、それでも不満なら診断書持ってきやがれ的木で鼻をくくった対応の田口弁護士。お、おう。相変わらず貫禄のない。
「誰だお前は」
とご近所さん(渡辺哲)が聞いてくれたので名乗れましたけど。下手したら生意気な生徒会長でも来た風ですよ(舞台が中学校でセーフw)そしてまた、穏便に対話や見学を進めようとしていた学校側の邪魔になる~。

その青臭さのまんま、教師の労働環境を知った途端に策もなく「やめろ」「変えろ」「休ませろ」とキャンキャン噛み付くわけですが……。教師って代わりを立てるのが難しいんですよねえ。「先に生まれただけの僕」櫻井翔校長みたいに、田口が教壇に立てるわけでも、部活の指導や引率してくれるわけでなく。いやいや例え出来てもそれは筋が違いますけどね。

実母の老人ホームへの引っ越しを、有給を諦めて徹夜で済ませたという宇野先生(佐藤隆太)
すったもんだで一旦は認められた有給ですけど、代わりの授業を引き受けてくれたのが、既にギリギリまで働いてる教務主任三浦(田辺誠一)では任せ難いですよね……(引っ越しの方を業者なり便利屋なりに頼めなかったのかなあ) 
上の我慢は下にも我慢を強いる、あなたは人の上に立つのをやめるべきと三浦を面罵する田口。でも華麗にスルーですってば。人さえ増やせればなんとかなるとしても、それを決めるのは現場じゃないのですから……。


昔話「桃太郎」の犬猿キジ労働がブラック、という視点よりも『国選弁護士はくじ引き』に驚きました~。名簿順に電話かかってくるとかじゃなくて、並んでくじ引くの? あと、非常勤講師より田口の年収が低いこと。そ、そうなんだ(^^;;;)

「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」1 ☆☆☆

スクールロイヤー制度。なるほど。

新米弁護士田口(神木隆之介)が中学校で、学校ならではの諸問題を法律で切りまくる!……はずが、そうそう上手くはいかない様です。
学校に弁護士。水と油。
信頼関係を元に穏便に済ませようとする教師たちと違い、刑法罰金でいわば脅す弁護士は、一旦は相手を帰らせることができても、後々のことを拗らせる……。米倉涼子「モンスターペアレント」でもあった切り口ですね。でも信頼だけで解決できない問題はどうするのか。

まだ法廷に立った事もない新米田口が、どう困惑し解決し、どう成長していくのかも描くのでしょう。いいですね。

甲子園での松井の敬遠。
最近でも四球で出塁狙いのバッターが激しく非難されましたよね、ルールの枠内で最大限努力してるだけなのに。そんなルール(法律)と教育のせめぎ合いに正解はない気がしつつ。

初回は過保護でモンペな母(堀内敬子)と、そんな親を見て増長している娘が問題。
絶対に手を出せないと分かっていて、担任望月(岸井ゆきの)に泥水かける、挑発する、友達の弁当を頭から浴びせる……。うわあ。せめて自分の弁当にしろや。ここまでのバカを、ぶっとばしたら悪者って、いくらなんでも先生が可哀想ですよねえ……。ギリギリの線で、弁当をダメにされた友達と、その親に謝れともみ合いになると、結局またモンペ母が学校にやってくるw
自分の娘がそもそもクズなことを、この保護者知っているのかいないのか。そこも知りたいです。クズだけど殴るな、なのか。うちの姫がまさかそんな、なのか(^^;;;)

30分1話があっという間に終わりました。田口が立て板に水で法律を語る度、ベテラン教師(田辺誠一)が
「滑舌がいいですねえ」

ってw 長々語った内容じゃなくて、そこかw


他ベテラン教師に濱田マリ他、校長に小堺一機。続きも見るでしょう。
髪型もスーツも垢抜けない神木くんや、可哀想な望月先生のいかにも大人しめなブラウスやカーディガンといった衣装が何気に気に入ってます。

「11人もいる!」でパパと息子だった田辺誠一と神木隆之介が、教師と弁護士ですってー。最近タグ修正で過去記事を読み返したばかりなもので、何かと感慨深いです。大学受験する高校生だったのにねえ神木くん。今でもCMでは高校生してますけどw


「父、ノブナガ」☆☆

郷土愛に溢れる、CBC製作岐阜ドラマ。NHKの地域発ドラマと間違えそうですw

気弱なダメ社員小田(田辺誠一)が、接待の屋台船から転がり落ちて長良川へどぽーんw 川底の御朱印「天下布武」を拾ったせいで、なんと現代に生き返った織田信長(竹中直人)に乗り移られてしまうのでした。
家では妻子をおなご呼ばわり、会社でも気弱なプランを一蹴。諦めてはならん!下請けなど以ての外!と、地元ショッピングモールの建設受注をぐいぐい推し進めますが……その実『しょつぴんぐもおる』が何かは知らない信長さん。 街に出ては歴史映画を鑑賞、猿が天下を取ったと知って凹んだりしていますw
コンロやライターの火を見るとクラっときて(本能寺の焼打ち関連?)元の小田に戻るので、一致しない言動に周囲も本人も大弱りですが、そのうち鏡を通じて事情を把握。協力しあって、少しでも郷土のためになる施設を作ろうと頑張ることになるのでした。

小田が鏡を見ると信長が、信長が鏡をみると小田が映るのです。街でエスカレータに乗った時も、本体は小田だけど上のパネルや横のアクリルに映る姿は戦国武将という芸コマでしたよ。
もちろん傍目からはずっと小田は小田なのですが。認知症の母親だけが、意識が織田信長の時と息子の時をはっきり見分けるというミラクル!そのおばあちゃんの話し相手ロボット カイゴくんも有能で、現在の元号や小売店とモールの違いをわかりやすく教えてくれますよ。 未来にきたとすぐ把握する信長、戦国時代の人なのに適応力抜群。さすが新しいもの大好きな信長です。

そして信長は、岐阜が天下の中心と信じてますからw さびれた商店街を見ても、職人を集め地域の力で乗り込んでくる敵を討つべしと、勝つ気しかない。そのおかげで社内の士気は上がりますが、他社との会議ではやはりお前が仕切るなと揉めたり怒らせてしまったり。その辺の謝罪や交渉は温厚な小田が取りもち、歴女な娘からも楽市楽座について学んだりして、臨んだ最後のプレゼンは……。
ほぼ決定だった、大企業の画一的なプランをひっくり返します!

山を崩さずに作るので、景観を生かすだけでなく経費が半額に。するとテナント料も下がって、地域の商店がモールに参加できるのです。建築資材も冷暖房など諸設備も、地元の気候にマッチし長く使えるものをチョイス。お年寄りの話し相手にロボットも置いて、子供も大人も毎日通う、アットホームな地元のモールになりますように。
そんな小田のプランを見て、地元企業、地元商店のみんなが協力を申し出に駆けつけてくれたのです(だったら会議の最初からいればいいのに。ドラマらしくちょうど良く遅れて到着でしたw)

実はその間に介護問題もあってね。小田妻(森口瑤子)はキャリアを諦めて退職し、ワンオペ介護。旦那はのらくら逃げるし、中が信長の時は更に偉そうだしでついに失踪してしまうんですよ。会議はせまる、実母の世話はしなきゃならない……。ここには解決策ナッシングで、妻はただ羽を伸ばして帰ってきましたよ。えー。旦那ったら、ホンのちょっと世話しただけで会議案に老人問題盛り込んだりして、わかってますな態度なのよ。もっと困らせてもいいのに。娘だっていくら受験生だからって食事ぐらいつくればいいのに。
ただ、今まで県内限定だった娘の進路は、どこに行ってもいいぞと広がりました。岐阜の素晴らしい未来は次世代に託す模様です。

「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」1 ☆

もやもやしたまま終了~。

わにのくに市(なんて改名w)市役所市民相談室に勤める倉永晴之(田辺誠一)は元来から穏やかなタチ。各課たらいまわしにされようとも、市民の苦情に振り回されようとも、それで昼飯を食いっぱぐれそうでも淡々とお仕事をこなします。シングルママの悩み『子供の偏食』には料理教室を紹介、クレーマー対応し、公園の金網を修理し、さびしいおばあちゃんのお弁当をお相伴し……いい人です。
でもそれだけで1時間応援は辛いですよね。
バラエティの啖呵きってスカッとしますよ系番組。あれスカッと啖呵切るまでに必然ひどい目にあってイライラする描写が入るので苦手なんです。しかもミニドラマでなく連ドラじゃ、ラストのスカッとまで50分ずーっとイライラ……。そしてたまりまくった鬱憤をバネに、どれだけキレるかと思ったら。断っただけw
それも断って当然の理不尽な要求を断っただけ。相手の反応もほぼなしで、言ってやっただけ。えええー

ブチ切れて暴れて全部ひっくり返した挙句マスコミも来て大騒ぎになって、でも主人公にはお咎めないぐらいなファンタジーな展開にならないもんでしょうか。『Dr伊良部一郎』的にすっきりしたいものです。

ところで偏食坊主、母親のサンドイッチを
「食べて!」
「いらないいらない!」
の真っ最中に横からおにぎりをすすめられ、見知らぬおばあちゃんのエア孫弁当を食べだしてめでたしになっていましたが……。
ええええええ
あれで喜べるとは菩薩ですか母。自作の料理おいて他のもの食べられるなんて屈辱、 通りすがりの婆ちゃんなので耐えて愛想してるんじゃないんですか。

イヤイヤ言ってる子に他のものすすめるなら
「お母さんのサンドイッチ美味しそう〜、これと取り替えて」
とか(息子が拒否して、母サンドを食べたら尚良し!)、まず母親にすすめて励ましつつ一緒に食べてたら息子もつられて食べ出すとか。問題は料理じゃないってアプローチするべきですよねえ。

「地の塩」最終回 ☆☆☆

なんで、なんで今言うのかな……(><)


今度こそ「本当の」遺物を掘り出した神村先生。

そりゃあ嬉しいのに、薄々事情を知る助手は、またやったのかと苦悩を深めるばかりw ほらオオカミ少年になっちゃったじゃないですか。


この助手の暴発でばれて大騒ぎかと身構えていたのですが、なんと別方向。殺人犯が助手を誘拐監禁拷問、神村を脅迫とかいうわけのわからない展開になってしまいました。そこでサクッと殺しもせずに変な罪を重ねてどうするんですか犯人。どうせそれをするならヒロインでしたいんじゃないんですか犯人。


そして斬りつけられた傷を負ったまま、石器発見の記者会見で「捏造」を告白する神村先生……。まだ早いって!

新発見石器の評価が定まって、予算が増えて、更にあれこれみつかってからこそっと言い出すならまだしもさ。新発見と同時に捏造告白なんかしたらさ「これは違います」なんて声、かき消されてしまうに決まってるじゃないですか。嘘つきがいうことなんて誰も信じないんだから

(佐村河内、小保方と偽装捏造が騒がれるなか実にタイムリーな企画だったのかもw)


そして姿を消した神村は、今もどこかで人知れず遺跡を掘っているらしい的ラストシーンで消化不良気味に終わりなり。片棒を担いでいた陣内孝則は逆に出世したのにー。

「地の塩」2、3 ☆☆☆☆

「真実は作るものです」

捏造告白、キター!


当時、あのタイミングで「発見」がなかったら、研究費が打ち切られていた。そんな勝手を熱く語る神村。なるほどですが、嘘は嘘でしょう~。

しかも「君にだけは言っておこう」って、迷惑もいいところです。警察相手同様に、嘘をつき続け信じさせて欲しいものです。だいたい、何故彼女(マスコミ)に。美人だからかw

既に町おこしでハッピーな人たちの笑顔を壊すんですか、とか言われても、ねえ。それはまた別の話だし、いつか本当に本物の遺跡が出て来た時に信じてもらえないのでは…←助手(田中圭)が疑い始めてるので、次回そんなことになりそうな。


そして殺人犯も現場を掘りまくり。

遺体を埋めた時になくした腕時計は、既に神村先生が発掘済みなのに(本当に引きの強い…w)そうとも知らずの夜なべ仕事で、神村の捏造現場を発見かと寄ってきた学者さんを殺しちゃいましたよー。

神村が口を塞ぎたかった男の死。

その手には神村の手袋……って、出来過ぎですからw 発掘現場に置き去りなのも、神村の犯行なら絶対しませんよねw


さて、盛り上がって来ました。


「地の塩」1 ☆☆☆☆

うさん臭~い!さすがwowow。


大泉洋演じる考古学者カミムラが、遺跡に眠る古代人の声は聞いちゃうわ殺人事件の遺骨はみつけちゃうわで大活躍の上に語ることは聖人君子。

でも

「彼の発掘は捏造だ」

とデータを見せられて、神村の成果を教科書に載せた編集者の松雪泰子は沈みに沈み込むわけです。やっと完成した教科書に嘘が載っているなんて。でも、証拠があるなら学会や学者さん相手に訴えればいいのに、何故素人に?


一方の殺人事件遺骨は、神村の神推測から身元が判明。愕然とする元担当刑事田辺誠一。

その犯人は、パチンコ屋の店員板尾創路だと視聴者だけが知っているのです。

いや、13年前に埋めるところを神村は見ていたのかも??


ひたすらに手を洗い続ける殺人者。

それと同様に、神村の手もまた洗っても洗っても汚れて泥にまみれたままなのでした。ううう。

これって遺跡を捏造したと言われているあの「神の手」事件のことなのでしょうが、フィクションの1話のこのつくりでみると、神村もまた遺跡捏造だけでなく人を殺している様にも見えるわけで怖いんですよ。
元の事件では流石に人は死んでませんでしたよね?

とにもかくにも、大泉洋の怖さを引き出していい感じの1話でした。 


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ