ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

田村正和

「おやじの背中」1 ☆

キモ(><)


田村正和と松たか子、どう見ても年の離れ過ぎた恋人同士です。

でもそれならご勝手にどうぞなのですが、あれで本当の父娘なんだとしたら果てしなく気持ちが悪いのは私が亡くなった妻/母の立場で見てしまうからでしょうか。それとも自分の父より夫の方がだんぜん好きで、父と毎日会ったり談笑したりしたくもないからでしょうかw すまん父。でもそれが自然でしょ?


娘の恋人、と勘違いしたバカリズムに会いにいき、娘の好物や趣味を得々と語る父。哀れです。

つきあい初めの恋人なら知らない事もたくさんあって、でもそれを一つずつ発見するのが嬉しかったり、初めての食べ物を勧められて好物になったり、そんな2人だけの歴史をこれから作るのがいいんですよー。s


脚本の流れやドラマとしてどうなのかなら、悪くはないでしょう、ベテラン揃いですし。

でも気持ち悪いんです。これを『そうだ、そうだ』とか『こんな風に娘と過ごしたいなあ』と思ってみるのはどんな人たちなんでしょう…。せめてもう10年若い女優さん俳優さんでしてくれたら、この奇妙な蜜月の期間がそれだけ短くて済んだということでまだキモさ半減なのですがねえ。


ラスト、娘が普通に恋をしてひと安心です(殴られ損のバカリズム可哀想w)

「そうか、もう君はいないのか」 ☆☆☆

年相応の田村正和。
妻が死ぬ話だとCMで分かっていて、わざわざ泣きたくないから見たくなかったのに(><)家族が観てるTVでチラチラ出て来る過去は楽しげで、そちらに引き込まれて結局最後まで観ちゃいました。(「筆で食べていく」笑 お馬鹿キャラだったのねお母さん)

若い頃の回想が、終戦やもう夫婦だった時代を先に見せておいて、子供に話す形でなれそめの出会いにまた戻るのも意外性があって良かったです。
そして別れと、運命の再会。
平行して妻の死と、それを受け入れるまでの葛藤が描かれ、タイトルにもなった
「そうか、もう君はいないのか」
のつぶやきのあと、ダンスホールでのプロポーズの思い出で締めて終わるのは、悲しくも華やかで素敵でした。まるで”いつまでも幸せに”暮らした「シンデレラ」の最後を見せてもらった感じ。
喪主が葬式に出たくないだとかは、いい年して恥ずかしい親ですけどねー。ねじはずれるほど愛されていたかと妻側から思えば悪くないかも。(セカチュー系駄目男の元祖だったのか城山三郎…)

そういえば、いわゆる心停止である「死亡」は描いていませんでしたね。
それよりも、定番の笑い話=思い出を分かち合う相手がいない。妻が弁当を買って電車に乗り遅れた、それがどこの駅だったのかがもう分からないことがとても悲しかったです。

若い頃が中村勘太郎というのも、恋愛ものでは手つかずの新鮮さがありました。真面目でお堅いのかと思ったら、結構大胆!(前田愛との熱愛報道も、良いタイミングだったかなー 笑)長澤まさみ→富司純子は…まあいいか。
だいたい「古畑任三郎」以外の田村正和は、すぐ若い女に惚れられていてどうかと思ってました。今回みたいに相応の年齢のお相手で愛妻家って良いじゃないですか。こういう田村正和ならもっともっと観たいです。
ああでも悲しいお話は観たくないのー(><)

「古畑中学生」 ☆☆?

向島さん!!
こ、こんな昔からつきあいがあって尚かつ、名前覚えてもらえてないって可哀想すぎるー(><)

録画は裏の相棒spの方を選んで、まあ見なくていいやーと思っていたのですが家族がTVつけたもので後半だけなんとなく視聴。で、ワトソン役?なイガグリくんが ”向島くん”と呼ばれていて吹き出しちゃったよ。
どうやらシリーズは続くと小耳にはさみましたけど。こんな風に回想形式で毎回行くんでしょうか。まあ、若き日の古畑くんが、特にしゃべり方を真似するわけでもなく、特に鼻につくこともなかったのが分かっただけでも収穫かな。

なんかフツーに子供2人殺す計画を、しかも本人目の前でしてる犯人達、心がないよね。怖かったです。
そして、Lや犬の映画ではまだ小さかった福田まゆこがいきなり成長しててびっくり(^^;;;)

「夫婦。」1 ☆☆

 「3ヶ月後」に挙式。
そりゃ父親は寝耳に水だろうけど、出会って3ヶ月でも妊娠3ヶ月でもないんだから、普通でしょ普通!!

「誰だ、俺の娘とつきあってる男は!」
このネタで、いつまでもひっぱらずにあっさり告白してくれてひとまずホッとしました。相手は、会社をゆずってもいいかという腹心の部下(大森南朋)、いいじゃん。

 田村正和の扱いが、ちゃんと年寄りだったのにもホッとしました。
急ぐ女性とぶつかって転倒。これ、ちょっと前だったら気障に抱きかかえたりしたんじゃないですか??
 娘の結婚話も、現実の方でなく、『ある日こんな会話が』と自分で想定していた方を語りながら泣き出すところに大ウケ。年寄りがよくするって。

 ぶつかって知り合った女性が、昔好きだった女性に似てるとか奥さんはヤキモチやきますけどね。もうおじいちゃんじゃない。

 そんな風にまったりと、空回りする黒木瞳にも笑いながら見ていたので・・・・急に離婚話になったラストにびっくり。何ですかあれは。ひっかけ??

 加藤あいと塚本高史の姉弟が、よくみると黒木瞳とも似た顔立ちででドラマらしからぬ「家族」な感じを醸し出してくれてます。

 最終回は娘の挙式&弟くんの就職決定かなんかで、子供が巣立つ直前の夫婦の『雨降って地固まる』なドラマになると思ってたんですけど。さて?
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ