ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

田中聖

「大奥~誕生~」6 ☆☆☆

手をつなぐだけとか(><)

この生殺しの時期があるからこそ、晴れて共にいられた3ヶ月が輝くし、また失われた時には有功が正気を無くしてしまうのねー


家光に姫を産ませて『お腹さま』&『お楽』となった捨蔵。相変わらず見事に育ちが悪くて窪田くん素晴らしいですw なのに浮かれた挙げ句に、あんな庭先で頭を打って簡単に半身不随とは……。ううう。

元気で可愛い捨蔵はもう見納めなのね。


で、そーなると即、有功でもいいからすることしろ、という春日も恐ろしいですがw


またまた新しい、今度は育ちもいい種馬が送りこまれて引き裂かれる家光と有功。

そろそろ割り切れてきた家光と違い、やはり拘る有功は……なんと、玉栄を自分の代わりにとか言い出すのでした(寝所を共にできた3ヶ月の間に時々入れ替わって、有功が父親ってするのかと思ったら。予告をみるだに本格的に玉栄もお中臈になるのね?なんてプレイだそりゃ)


相変わらず続く赤面疱瘡。

そろそろ娘に男のなりをさせて跡継ぎを装う武家も出てきた様で……。女が家を継ぐ時代は目の前なのに。


息子が美濃守として元服した偽家光。

思わず近くに寄らせて長々とお話ですが。声って…声って、顔を隠しているからこそ、一声で誰だか分かってしまうと思うのよ。父上その人だって(><)

なのに「まるで父上の様でありました!」とはしゃぐ息子orz  余計に可哀想でした。

このキワものな設定なのに 感動ポイントがあるって、話作りって凄いなあ……

「大奥〜誕生〜」5 ☆☆☆

た、たった2ヶ月でご懐妊とは……。有功が増々可哀想(><)


今回は捨蔵フューチャーでたっぷり笑わせてもらいました。

大河では優雅でお育ちのいい重盛を演じる窪田くんが、捨蔵ではまあギコチナイお辞儀w 失礼なものいいw

「そっちの高貴な御方が種がねえってんで俺が代わりに」

言うなそんなこと(^^;;;)

また、家光姫とご対面してのホッとした様子w 抱くのに我慢が要る様な醜女や年増を想像してたのかなー。途端にリラックスして、

「おいらにまかせて♪」

などとリードしようとして家光の逆鱗に触れ、ぶっとばされた時の呆然とした様子もまた可愛かったよね。大事に育てられた貴重な男子、蹴られるなんて初めてだったかもw


そんなわけで、捨蔵本人はまったく悪気なく、大奥に連れてこられた理由もどうでもいい能天気さん。家に仕送り出来てラッキー♪ってorz 有功にも裃姿がカッコいいと憧れる始末ですよ。指導係にされて、忍耐強く捨蔵を指導する有功でしたが……。

実は部屋で刀をぶん回す程心荒んでいて、それでも廊下側の襖は切れなかったという見栄が哀しかったです。


床入りでそれなんですから、ご懐妊の知らせにはどれだけ心折れたかと思いますが、そこはいきなり出産まで跳んでびっくりw(赤ちゃん可愛かったー) でも姫か。

世継ぎの男子を産むまで、これが続くんでしょうか。

やっぱり同時に何十人でも孕める、通常の大奥でなくと効率悪過ぎですね。


「大奥〜誕生〜」2、3 ☆☆☆

明かされる姫将軍の壮絶半生に涙(><)


てっきり物心ついたころには大奥内だったのかと思っていました。普通に女の子として可愛がられていたところから、さらう様に連れてこられて(母と下女、殺されたの?)、髪も切られて男装させられて(><) 

その男装でちょっと散歩してたら強姦されて、相手を殺し、でもその時に妊娠、産まれた子はすぐ死亡??


これだけ山坂あったなら、もう男なんてこりごりでしょうに。春日局チョイスの男が、チビと不細工とイライラ男って!名家の次男三男坊って奴なのかーどれも嫌ー。 

なるほど、穏やかな美坊主有功(堺雅人)は、違うタイプを選んだってことだったのね。


そもそも春日局は昔から、食が細かった家光に白米だ赤飯だ粥だと毎食7種の飯を用意したことといい、女を取り揃えた大奥といい、一貫して

『数を揃えりゃどれか気に入るだろう方式』w

そんな話をしながら有功と笑いあう様になる家光。

他の婿候補たちが面白い筈もなく、なんと有功の小姓玉栄を輪姦っちゅー直接的にお下劣ことになりましたよ(><)怖いな男大奥(><)

負けじと「ヘタクソ!」とかやりかえす玉栄ですが、寺でも坊さんにされてたんだろうって煽りには「坊さんは恩があるからええ」だの「慣れてる」だのって、否定してくれないのねゲフゲフ


仕返しに子猫を殺して、イライラ男のせいにする玉栄もどうかと思うけど。

結局バレもせず、理不尽に切腹になるイライラ男を誰も救おうともしない大奥の世界。家光に異を唱える者は有功ぐらいしかなく、右を向けと言われれば右を向き、女装して踊れと言われたら本当に女装して踊る奴らばかりなのですが……。

有功だけが、自分で着ずに男装の家光に女の着物をかけてやるのでした。くうう女殺し!


髪を伸ばせない腹いせに町の女を襲って髪を切るよと言われては
「自分だけが辛い想いをしていると思うな」

と彼女を叱った有功でしたが、まさにその言葉がブーメラン。有功だけが辛いんじゃない、名も無い暮らしを強いられている彼女を、有功なら孤独から救ってあげられるんですよ!!


いやあ盛り上がりました。

一緒に見てる旦那には謎だらけな様で「ヘタクソ!」のところで「何が?」って言ってて困ります。姫が手込めにされたところでも、女と分かる前から襲う気だったところで「小姓って男なのに?」ってさー。
そう考えると、ものすごい不道徳をまき散らしている気も。 

「特急田中3号」最終回 ☆☆☆

 きれいにまとまった最終回でした。
そうだね、田中君て社長に向いてるよっ自信満々で嘘…じゃなかった夢を語れて。
実務は桃山と花形がしてくれるから!
(「決めたら厳しいぞ」花形と、「決めてもぐーたらだぞ」桃山の決意表明も可笑しかった)
ついでに恋もまとまってさ。

 とびとびで見てて、尻上がりに楽しくはなりました。
逆に言ったら、初回2回と別の作り方でもっと主人公を好きにさせてくれるか、主人公を嫌いなままで気にならないつくりにしてくれていたら、良かったのに。

前半さんざん他人の人生に口をだして、だから終盤みんなも田中にお節介を焼き返す。
心温まりましたけど、伏線として長すぎるモン。こんな奴嫌いだーと思っちゃった人は、実は結構いいやつだよ描写が始まったころにはもう見てなかったよね。

(他のドラマで悪いけど、「わたしたちの教科書」が、加地先生&珠子弁護士のダブル主役:加地先生寄りで始まったのはまさしくコレ、珠子だけを主役にすると冒頭でドラマごと嫌われる恐れ対策だと思ってます。加地で口当たりよく惹きつけておいて、事情を説明してからアクの強い珠子にスイッチ。)

 しかし田中、大学を辞めることはないじゃない。
3ヶ月通う間、結局同学年の友達は1人も出来てない。そういう新入生退学者対策に頭を悩める教員なツレとしては、困った描写だった模様です(^^;;;)

 世田谷線可愛かったー!!
あの線路の見える喫茶店、ちょっと行ってみたくなりました(笑)

「特急田中3号」就職とロマンスカー ☆☆

 童貞でいいじゃない。

 ホントに余計なお世話。
だいたい、桃山さんも田中も金払わずに経験してるんですか?
「俺もそうだよ!」
と田中が言い出した時には、
「俺も傷ついて腹立ってる」とかじゃなくって、童貞だーっと大見得切るのかと思いました(笑)
 そこまでぶっちゃけた上での、
「(応援されたら)俺なら嬉しくて涙出る」
だったら心温まったかもしれませんけど。なーんか上から目線なのが解せない。

 とにかく、今回も絶好調に迷惑(^^;;)
女子にストーカーだけじゃなく、数少ない友人の就職の邪魔までしますか普通。挙げ句、友達じゃないとか言われちゃってますよ。そりゃそうだ。
 しかもタチ悪いのは、君のために!と思ってしてるってこと。

 そんな田中にヒロインも慣れて来ちゃってるんじゃない?
ホテルで(口説いて来ないのは、花形君が心配なんでしょ)も、駅でお礼言い合うところも、なかなか良かったです(^^)
 腐れ縁の友達ぐらいには、なれるかもだよ田中!

 とかいいつつ、根拠無い自信の理由を応えられちゃってドキッ
「これしかないから」
誇るものも依って立つものも無いからせめて自信満々に。なんだかわかんない理由ながらも、ダメダメな自覚あっての虚勢と言われるとちょっと弱いです(ダメ男好き)
 そこをもうちょっとラブリーに描いてくれたらもっといいのにな。
他人事にはやいやい言うくせに、学校では別グループと全然話せてないですよ。大丈夫なのかね。

 で、何がどうなって最終回なんでしょう。
ヒロインとくっつくことよりも、彼の人生の目標が出来ることの方が大事かも(2人で目指せたらそりゃ尚いいけどね)

「特急田中3号」4 ☆☆

 あ痛たたたたた……。
田中くん、痛いよっ。いっそオタクの方がましよっ主人公なのにー(><)

 前回ラスト、三島君の浮気をマドンナに見せまいとぐっと抱きしめたところでは田中のくせにカッコ良くみえたのですが。案の定、すぐ足蹴にされてましたね(^^;;;) それどころか、三島君が東京に来るだとか、嘘に嘘を重ねてますますマドンナに嫌われる始末。このうそつき体質はホントどうかと思います。

 一方鉄オタ君とOLカップル×2は急接近なわけですが……。
◆玉の輿をちらつかせて、良い感じだった桃山くん。
「後継者は弟に」の電話で勝手に諦めて遠ざかる。
◆結婚前提主義」を暴露されちゃった童貞花形くん。
紙ちゃんが経験者と知っていきなり気まずく離れる。

 2人とも、嫁かダメかの2択なんだよねっ女友達作ろうよっまず普通に親しくなろうっていう努力もしようよっ

 ……ここで、彼女たちを迎えに!と説得して、バスを止める田中君。こういう時の行動力は素敵なんだけどなー。結局、三島君がきちんと別れ話をしてくれたのも田中のおかげってことになるんだろうけどねー。

 捨てられた時計を、なんで拾うかなっ
そりゃ物に罪はない。もったいない。おまけにレアグッズだっ……っていうわかりやすい理由と違うんだもん。
『彼氏継承者の証』って何(^^;;)

 この先、謎の人:田中君を本当に応援できるのか不安になりつつ。桃山くんと花形くんの恋が成就するかも気軽に気になってきたのでやっぱり来週も観まーす。

「特急田中3号」3 ☆☆☆

 やーい、嫌われてやンのー!

 と、無神経田中小僧の嫌われっぷりに溜飲下げながら見ていたら、だんだん風向きが変わって来るじゃないですか。どうしましょ。

 え?1話ぼろくそにけなしたまま2話見てなかったんじゃないかって?そうなんですけど。
 茨城に住んでいたことがあるもので、土浦駅だのセンタービルだの常磐線だの並木道だの家族ぐるみであれこれ懐かしいよーとお茶の間から呼ばれちゃいまして、風景目当てに見てたらなにげに面白いんですよ。

 先週したらしい場違いな説教も、無神経な前向き思考も、相手を怒らせながらも結局良い方向に向かせてる??
 マドンナのお母さんに会いに行くって、いくらなんでもーと呆れつつも、そうか客商売の家の息子ってこう愛想がいいのかと、実家クリーニング屋設定が生きてきたり?
 圧巻はやっぱり、マドンナの彼氏「三島君」(高橋一生)がいいやつだと分かったら、すっぱり身を引いたところ。
「俺とつきあうのが本当は彼女のため」
とかほざきつつも、
「もう淋しい想いさせるなよ」
と、ちゃんとマドンナの為になることも出来るんじゃなーい。

 なのにどっかーんの、浮気ですよ!!
しかもその彼氏の不実を、マドンナに見せないための抱きしめですよ!!
 きゃ〜っ

 ただ、このままじゃ確実にぶっとばされて終わりですからねー。
彼女だって、三島君の裏切りを知らないままでいいものか?とちょっと心配したらなんと。来週の鉄オタ&OL旅行の行き先と、三島君&新カノ旅行の行き先が同じ??そりゃー見るっきゃないでしょ!!

 もちろん、桃山御曹司ネタや鉄オタネタとか、水戸黄門の歌は助さんと格さんが唄ってるというごもっともな指摘をしつつ
「きっちりしてないの嫌なんだーっ」
と叫ぶ塚本君など、本来みたかったあたりの掛け合いも面白くて大満足。

 どうしてこれを、1話で出来ないのかなぁ。
2話だって、『もう田中に我慢ならん』っちゅーリタイア宣言をあちこちで聞きましたよ。せめて2話の後半からこうならなかったかなー。

 まぁ、連ドラは全部見ないと分からないと言われちゃうとごもっとも。
しまった、見たいドラマが減らないわ……

「特急田中3号」1 ×

 た〜る〜ぅい。笑うとこない。

 鉄道オタクにふりまわされる主人公。
そのだけで充分興味惹かれて期待して見たのに、延々と生い立ち。やっとマドンナ出たら、即退場(こけたバイク路上に放置ってありえないぞ)そして鉄道オタと出会ってからも場面の1つ1つが長〜い長い。
 いや、ハンサムなのに変人な塚本くんや「職員の人?」な秋山のオタクっぷりは面白いけども。深夜のコント番組じゃないんだから、だらっとそれだけ見せられても。

 ホームドラマと学園ものとオタク生態記がまったく噛み合ってないよね。
ここにそのうち、ラブコメも加わるの??
だったらさっさとマドンナと再会させてくれぃ。

 もしかして、深夜の低予算で、3バカ騒動記+エロぐらいのつもりで作った方がサクサク面白かったんじゃないでしょか。それだと主人公は田中君じゃなくなっちゃうけど、それでいいかも。ダサイ主人公でいいのかも。
 そうかー。冒頭の生い立ちや嘘つき・友人無し設定は、
『カッコイイけどモテないのには、理由があります!』
って言い訳を必死で付け加えたから余計なのかも。

 とにかく、延々コントが続くだけなら、「時効警察」や「夫婦道」にはかないませんから。話動かしてよ。話を!!
あー、次回どうしよう。

「たったひとつの恋」1 ××

 ナンじゃこりゃ。

 いわゆる黄金のパターン
『出会いは最悪』
なのはそりゃ、分かりますけど。見てる私との出会いも印象最悪(^^;;;)

 ダメージの大きい相手を目の前にして、大丈夫もゴメンも言えない亀梨君がステキに見えないのもアレですが。

 坂の下りならともかく、上りで避けられないって両方どうかしてる、とか。
素人が持ち込んだ魚喰わせる料亭って一体、とか。
 そういう細かいツッコミ以前に、この話のどこにうっとりすればいいのか誰か教えて下さい。

 主人公が工員なら「ベタドラマ」で、『車が故障して』『一番近い修理工場』だったから出会い、『作業服の自分とドレスの彼女』の差に戸惑い、手をとろうとする彼女に『君の手が汚れる』と・・・・・
 もう、いっそそんなので構わない、そっちの方がきっと萌えるってば。

 関係ないけど昔、電車の中で魚まみれになったことがあります。
網棚に置かれた百貨店の袋から7匹ほど、氷水と一緒に降ってきましてね。頭からずぶ濡れ。持ち主のおばちゃんは懸命に謝ってくれましたよ・・・。午後の私はずっと魚臭かった。
3時間目まで自分で気付かないなんて、ヒロイン鼻詰まってる。

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」最終回☆☆☆

 私立宙舟高等学校  えーやだーっ

 真喜男の心に輝く高校生活は、ずっとアグネス3ーAであって欲しいじゃない?
だから、別の学校で楽しく一年過ごして卒業しても嫌だし(ていうか、出来るのか?)、逆にアグネスを懐かしむ程クラスにとけ込めず一年過ごされるのもイヤだっっ どっか外国か、でなかったら大学通ってるのかと思ったのに(あの学力じゃ、無理かなぁ)
 でもって、カズはどこの高校に通ってるんですか(笑)

 そんな割り切れない気持ちをちょい残しつつも、概ねは完璧な最終回でありましたっ
 ひとりきりの卒業式…否、「卒業出来なかったけど、3ーAだよ!」式!!
真喜男からの交換日記を朗読、という形での自然な回想と、「無かったことにしないで」という人生へのメッセージに、笑いながら胸が熱くなりましたよ!!
 辛い獄中にも、「前向き」で笑い入れてくれたし(^^;;;)ぐしゃぐしゃに泣いてても真喜男はキレイだし!
 そう、若頭だと人前で涙なんて流せないけど、先生の前の高校生なら泣けるんですよ・・・・。でもそれも終わってしまった、という切ない境遇(><)

 学園内での立ち回り、突然豪雨になってびっくり。そして真喜男の彫り物!!
そっかー、だから『マッキーは着替えの時隠れます』だったのかー!(←今頃気付いた)
 今まではっきり見せてました??この時の衝撃のために、匂わせるだけで伏せていたなら狙いは成功だったかも。夏のプール体育はどうしたのか知りませんが、もんもんがあると無いとでは一般の目は大きく違うと思います。
 みんなを守ってる筈の真喜男を見る。クラスメイトの怯えた目。

 なんだか勢いで、ラストから遡って書いてしまいました(^^)
でもこれは最後に。

梅村さんの気持ちを大人に流しながらも
「桜小路の気持ちも気付いてやって」
ちゃんと名前知ってたんじゃないか!!でも、もうその後は「桜ナントカ」に戻っちゃうの、憎いよ!!

3ヶ月楽しかった。
終わるのはさみしい、でもちゃんと終わってくれて嬉しい。
この相反する気持ちはなんでしょう。

…「それはね」(笑)

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」9☆☆☆☆

 絵馬にきちんと『榊 真喜男』って!
自分の名前、漢字で書けるようになったんだねぇ(感涙)

 今回、始まりが
『追跡!24時間』
風男声ナレーションで笑っていたら、美喜男の選挙ビデオはまるで
『皇室アルバム』(^^;;;) 
時節柄もぴったりでもう、芸が細かいったら。

 ・・・それなのに、マフラーまいてる人達の後ろは青々と繁る街路樹、猫じゃらし。そしてやっぱりセミの声!!(DVDでは消せるのかなぁ)
 せっかく良いドラマだから、こんなこと気にせずにみたいのに・・・。
一年を通して描くと分かってるなら秋にやって下さいよ、秋に。

 さておき、跡目争いも卒業試験も、ついでにチョコ競争も同じ日に決まることになった真喜男くん。
 あのビデオとあの演説でいいのか?とか。半数しか支持がなくて大丈夫か?とか微妙に不安定ながら、見事跡目に決定いたしました〜!
「組ぐらいボクに」
くれよ、という弟ですが、この機会に堅気になれば友達と別れなくていい、という選択枝を兄に示してくれる。イイ奴じゃないですか。
 同時に、美喜男には離れたくない友がいないんだなと、寂しくなったりして。

 卒業試験も、無事クリア!
 次々出てくる問題が、一話の放物線、二話の動物の視界、あはれに目安箱にと、物語の中で使われた思い出深いものばかりで嬉しくなっちゃいましたよ!サービス満点!!

 そして恋もね。
「ボクも告白する!」
「マッキーに?」  なんでだよっ(笑)
じゃなくて。
家族以外からもらってるのは実はマッキーだけじゃん(笑)真の勝者じゃん!!

 ここまでトントンと来たら、好事魔多し。
ヤクザの襲撃を受けてしまうアグネス学園。真喜男は無事、卒業出来るのか??
 哀しくならない結末で締めくくってくださいよ!!

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」7、8☆☆☆☆

 からくり屋敷か『えいげ会』!!

 もっとも、敵の多い商売だから用心棒やスナイパーを隠す場所があったって可笑しくないよねー。相変わらずこういうところに神経細かくて楽しくて仕方ないです。
 かと思うと、淫行条例のせいで・・・はなくて。
『暴力は嫌い』
というヒロインに、恋を諦めて身をひく真喜男くん。
だって俺は組を継ぐ男なんだから。…切ないよね。

 報道番組で語られる”暴力団”は、あくまで非道で許されざる存在であるのに、同じ日本の物語の中では「ごくせん」といい「マイボス」といい、かくも愛されるべき存在として描かれちゃうのは、どうしてなんだろう。極道。
 厳しい上下関係が、なにやら体育会を思わせて好印象になのかしらん。

 そんな考察はさておき、青春です。
 冬服の季節になったのに、セミが鳴いていて(消せないのかなぁあの声・笑)役者さんの苦労が忍ばれます。


「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」5,6☆☆☆☆

「ありがとう、変な人〜!!」(^^;;;)
これも手縫いってスゴイよ舎弟くん!! さすがニードルワークのマナベ(笑)

 4話の肝試しでの『恋の目覚め』♪から、一気に恋話に行くかとおもいきや青春はそんな素直じゃないのね!
 好きな人に、好きだから優しくできない、のは女の子も同じなのかーそうかー(もうそんな頃のこと、忘れちゃったよ!!)
 ここで、彼女の気持ちをご注進にくるガールズの描写(一斉に可愛いドリンクのんだり、話がすぐ逸れたり・笑)も可愛いし、3者面談を妄想する真喜男も可愛いし。
 頭に斧ささりっぱなしの先生も可愛ければ、
「三度殺すっ!」
のマナベ君も、先生に一目惚れの黒井さんも・・・いちいち、どの場面も楽しいんだって!

 そういえば、真喜男パパも先生のこと気にしてたよね。あれは彼女のお母さん、つまり校長の奥さんを昔知ってたってことですかね?その人を取り合った仲だった、なんて楽しい青春のエピソードは今後出てくるのでしょうか♪

 そして、「俺も・・・!!」と制服で直訴してた舎弟君が・・・
用務員さんか!!
同じ生徒で入学するのはお金がかかるんだそうな。確かに子分にそんな金はかけられないよね。こういうところも細かく気がきくったら。
(桜なんとかはまだ気付かないのかね)

「クスリの時間だ」といいながら、ゲーム感覚で組の仕事をこなす弟:ミッキー。
「1192作ろう」と叫びながら、3年A組をまとめだした真喜男。
最後は2人の対決なのかな、弟がちゃんと兄さんが好きで、参謀としてひいてくれると嬉しいな。

 アグネスプリン対決ふたたび、も楽しかったなー。
登校時のダッシュといい、この学校の生徒走るの好きだよね(^^;;;) それも青春って??

 来週はついに、桜なんとかに真喜男の実家がばれちゃうのか??

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」4☆☆☆☆

「傘、さしたことなくて」
あら男らしいわね、と思ったんですが。
もしや、いつも取り巻きの黒井さんや舎弟に差し掛けてもらってたってことですか??
 なんかもう、素敵(^^;;;)

「L・M・S!」
「ポテトじゃないんだから」大ウケ

そして
「これって恋!」と、気付くまでにたっぷり一時間(笑)贅沢!
胸に小人(^^;;;)
さらにその小人に怒る舎弟(^^;;;)
 なんて見事にバカなんでしょう。可愛いなぁ。

 悪く言えば小ネタの連続コントなわけですが、ことごとくツボを突かれて大笑いです。それぞれのキャラクターのことをよく考えてますよね!!
(唯一文句があるなら女の子かな。真喜男があれだけ挙動不審なのに、自然に接しすぎ!笑)

 先週戻ってきた弟はといえば、病弱なくせに気は強い様子。
ちくちくイジメられてる真喜男が、組長の座を獲得する為にこれからどうするのか?恋なんかしてる場合なのか??
 そしてもう1人、真喜男に恋しちゃった様子の鉄仮面先生はどうなるのか?(こっちは、極道の妻メッチャ似合いそうですよね)

「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」3☆☆☆☆

「細かいことはいいじゃん?」
学校脱走から15年・・・に
「3才から?」と突っ込まれて困る真喜男くん(笑) 年齢詐称より、引き算が出来ないんだと思われてるよきっと(^^;;;)

 今回もきっちり楽しかった!!

 期末試験、これだけバカな真喜男でも、冒頭ルーレットの一点賭け成功を見せられたら、案外エンピツ転がしでもいい点取るかもってワクワクするじゃないですかー。
 そしてラッキーカラー、夏服、いとあはれ・・・・いろんなネタをきちんと動かしてすかさず笑わせて、なんちゅーかいい意味で造りこまれたコント風味(哀しいことに、ドラマって概ねそういうところおざなりだよね)

 長瀬くんが上手いのはもうもちろんのこと、偽ミッキー舎弟くんのボス好きっぷりも毎回嬉しくて仕方ないです。これが嘘臭いと困るから。田中聖くんいいなあ。
「2度殺す!」(笑)
最終回までに桜なんとか君が何度殺されることになるのか楽しみよ〜ん。
(その舎弟を締めた後、ちゃんと真喜男がプリンの礼は忘れない、そんなところにも真喜男の人柄とともにドラマ全体の気配り感が出てますよね♪)

 学校は楽しむところ。
失敗したっていいじゃない、むしろそれ必要。
・・・そして学校であったことを親子で話しましょう(笑)

 そーんな直球なメッセージ受け止めつつ。帰国した「素敵な頭脳派」元祖ミッキーくんに絡んでまた話がどう転がるのか楽しみでっす。

 恋・・・は担任教師とかなー。同級生とかなー。
(桜なんとか君は、幼馴染みが好き・・・な筈なんだろうけど、毎回マッキーに猛烈アタック&女はジャマだにしか見えなくて困ります ^^;;;)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ