ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

田中直樹

「プリズン・ホテル」1 ☆☆

浅田次郎原作。胡乱なタイトルに、そのうち納得。刺青背負ったヤクザさんたちが気兼ねなく、温泉に入れるホテルなんですねー。

今日から支配人!
と、期待に胸を膨らませ「奥岬あじさいホテル」にやってきた主人公花沢(田中直樹)ですが、従業員も客も明らかにスジものw やっと知り合いの料理人がいたと思うと、食中毒の責任を押し付けられての左遷だと肩を落としています。そういえば自分も……と、心当たりがないわけじゃない(^^;;;;)
それでも支配人の肩書きは嬉しい花沢。このホテルで精一杯頑張ろう!と思うのですが。

初回ゲストは、作家の木戸(吹越満)と内縁の妻清子(佐藤江梨子)、その元夫マサ(豊原功補)
任侠小説で人気の木戸の、元ネタは清子が語るやくざだった元夫マサの話。話を聞かなきゃ書けないが、聞いたら聞いたで嫉妬で殴る、しょーもない男な木戸。なんの偶然か、出所したてのマサと大浴場で出会ってしまい更に妬くのですが、ホテルオーナー(柄本明)を守ってまた人を殺したマサの
「女子供が幸せになる話を読みたい」
というリクエストに応える約束を……、清子とその娘を幸せにする約束をして、警察に連れて行かれる彼を見送るのでした。
(また殴ると思うけどな、木戸みたいな男は)

毎回こんな、やくざがらみのちょっといい話になりつつ簡単に人が死ぬんでしょうか。救急車を!と騒ぐ花沢に『要るのは霊柩車』とツッコむ副支配人。みんな銃と死体に慣れすぎですよ(^^;;;) 

ちなみにマサが語る『やくざの三か条』とは
『愚痴を言っちゃいけない、嘘を言っちゃいけない、見栄を張っちゃいけない』
だとか。そういうもんですか、極道って?
作家の木戸とオーナー木戸は親戚で、『任侠作家の身内に本物がいるとバレたら』と文句言ってましたけど、いっそハクがつくんじゃないですかねえ。

「増山超能力師事務所」1 ☆☆

ビシッと三つ揃いに決めポーズ、ココリコ田中がイケメンに見えてきますよ……!

なんと超能力者が普通にいて『超能力師認定試験』があったりする日本が舞台です。
火事の原因が発火能力かと疑われたり、学校で能力をからかわれたりする反面、能力者の大道芸は手品扱い。検定にも年長者は眉唾な反応……ってことは、比較的最近に若い世代が能力発揮しだしたのかしらん。
そんな中、一級超能力師と認定される増山(田中直樹)は、未認定の若い能力者との接触や調査がお仕事。能力を使いこなせていない彼らを喧嘩から助けたり、心にふたをする方法を教えてあげたり。挙句ていねいにお手紙を書いていて、こりゃ優しいと思ったら目的はスカウトでしたよ。能力者にしか見えない地図で彼らを新事務所に呼んだ増山は、探偵社を立ち上げるというのでした。

発火の悦子(中村ゆり)読心の中井(柄本時生)接触感応の高原(浅香航大)、彼らを使おうという増山はテレパシー透視と複数の能力を使いこなす模様です。ふーん。

びしっとスーツで社会の役にたつとか言われたら前シーズン「レンタル救世主」を彷彿としますねえ。でも初回に関しては比較にならないインパクト不足。CGのちょこっと炎より「レンタル救世主」の生ラップの方がすごかったですものw メンバーを集めただけの地味回を見せられて、もっと他のドラマも始まってる時期なら途中で視聴をやめていたかも。超能力を活用した探偵術をまず見せてから、それぞれと初対面のエピソードは回想などで見せていく構成にでもできませんでしたかね。

ちなみに中井が聞く心の声は、自分向けを選定できるのかな。叫ぶなど注目を集めてもいないのに、あんなにキモいキモい聞こえてくるとは超能力スゴイというより被害妄想じゃないかとw 食事や予定といった他のこと考える人もいれば良かったのにと気になりましたよ。
原作は「ジウ」「ストロベリーナイト」などの人。胸糞悪い系のグロ刑事物が得意なイメージですがコメディも書くのか、これから起きる事件がグロい可能性も……(^^;;;)

そしてイケメン然としたココリコ田中はどこを目指しているのでしょう。


「砂の塔 ~知りすぎた隣人~」 ~最終回 ☆

確かに真犯人は意外でしたけれど……誰?ってなったわw いいのそれ。

タワーマンションを舞台にハイソないじめを描いてワイドショーで話題になった今作。監視、盗撮、誘拐、と誰でも被害者になりえる都会の死角を描くのかと思わせておいて、佐々木弓子の狙いは初めからヒロイン家族、だってヒロイン旦那と因縁があったからと分かった時点でがっかり。興味半減でした。なのに、体操教室コーチがヒロインと同郷だった方は偶然だなんてw
火元にいる息子を救う前に足を止めて長々と決意表明するヒロイン。歩きながらでも言えるよねそれ。逮捕後に道端で人生を語り始める犯人、ヒロインとの質疑応答を止めない警察。うーんあれこれ雑です。

主人は楽しんでいるので横で黙って見ていましたが、終始子育ての責任が母親にしかないように語られることも不快でした。
母からの虐待のせいでハーメルン事件を!って、その母に自分を任せて妻子を捨てた父は悪くないんかい。ヒロインの家庭でも、父ココリコ田中が前妻は死んだと嘘をついて再婚してたのに、家出だ浮気だ過去の真相だで嘘はうやむやになってしまっていて腹がたつったら。
「俺たちがしてしまったこと」
とか大層に告白した過去も、大変だったのは過剰防衛で殺してしまった弓子だけで、夫は言われるままに離婚してやっただけでしたよ。本当は弓子が全部罪をかぶり、殺したのは夫だった線もあるかもしれない。うん(会社の金でも嘘ついてることを思うと確率倍増w)

『貴方が育つはずだったこの街で、人生をやり直すのよ』
と、和樹くんを当時の住宅に連れていく弓子(借り直したのか、若夫婦の持ち家を離婚時にもらったのか?)
いやいやいや、殺人が、それもストーカーが美人妻に返り討ちにあうようなスキャンダラスな事件があった家に、生き残った息子が帰ってきたらご近所大騒ぎでしょ! 15,6年前のことなんてご近所のおばちゃんたちにはついこの間ですからね! 
『殺人犯の息子にするわけにいかない』
と自ら離婚を望んだ佐々木弓子なのに、そこで和樹くんと同居するつもりだったんでしょうか。それともなさぬ仲のヒロインと和樹くんの絆を強くするための、これも計略だったんでしょうか。

別れの時、薄々分かっているだろうに実母への伝言を弓子に託す和樹くん……。感動的でしたけどねえ。その前のキャンプの時が逆に、弓子と生家に旅行までいったのにまだ実母を知らない設定で話し続ける大人たちが不自然でしたよね。最後にこう盛り上げたかったなら、旅行から間髪あけずに別れに持ち込むか、もっと和樹くんからガンガンと<まだ知りません>発言をしていってもらわないと……。

それでも音楽は良かったですよねえ。
エンディングがかっこよくて毎回終わり頃は気持ちが盛り上がるし、中盤も仄暗い合唱BGM『るるるる~』がいいムードで。なのに、なんとそれも音楽療法の曲として物語に組み込まれていてびっくり斬新でした。弓子登場のテーマ曲だったのに、弓子もじゃあ療法を受けていて歌えてくれないと。

そうだ、最上階の高慢ちきママが旦那逮捕で権威失墜したのはいい気味でした。息子さらわれちまえーと前半何度も思った、その呪いも成就したしw 自分がバカだったとやっと気づいた、それでヒロインにもちゃんと謝ってくれてたらいいんですけどどうでしょうね。火事を起こしちゃったのはさすがに可哀想、全戸水浸しの賠償は保険きいたのでしょうか。

松嶋菜々子は美しかったです。

「砂の塔 ~知りすぎた隣人~」1 ☆☆☆

だからサプライズはダメなんだって!
オシャレが気になるママ(菅野美穂)に子供達から1000円のネックレスをプレゼント。なんて可愛い思いつきでしょう。しかも中学生(?)の長男発案、気がきくイケメンで成長が楽しみねえと思いきや、そのプレゼントの小箱を普段使いの開けっ放しトートに黙って突っ込み、落として無くしたと知るや仏頂面って……。サプライズ場所を食卓の上かキッチン引き出しにしなかった自分も悪いんじゃん。
落とした川を浚って浚って、ついにプレゼントを見つけたお母さんは頑張りましたよ。よかったよ。でもだからって『普通に渡せ』と教えないまま大人にしては困ります。将来プロポーズの指輪も何かに仕込み、知らずに噛んで歯を折ったり間違って捨てたりした彼女が怒られるという理不尽野郎に育ってしまいますよ!
でもなあ、せっかく見つけた箱を川の上ですぐ開ける(中身落としたらとか考えない)母だもんなあ……

さておき、本筋?は連続幼児誘拐「ハーメルン」事件。
次々と行方不明になる幼児は、普段から虐待されていたり、親が浮気中の出来事だったりと、<愚かな母への断罪>かと刑事(え、母親だけ悪者?)
そんな中子育てに最適!と豪華タワーマンションに越してきた小市民家族(夫ココリコ田中:、妻:菅野美穂)は、その清潔な棟内に階層差別が渦巻き、行き届いた監視網は盗撮&盗聴の温床、背後に悪意が迫っていることをまだ知らずにいる ……。

幼稚園バスに子供を送るだけでも、化粧して巻き髪でブランドバッグを持って登場するセレブママw
普段着にエプロンで降りてきて、彼我の差にあわてて身繕いを直す菅野美穂が切ないです。高層階には住むものの、オーナーの急な都合で2000万円引き(!)というお買い得(実はほぼ事故物件)ですからね、周囲と年収に差があるのはありありでしょう。 娘が通う幼稚園なら制服も汚して良さそうなスモックで気軽そうなのにね、なぜか初めに間違えて声をかけた別の幼稚園のセレブママとの付き合いに巻き込まれる菅野美穂ママなのでした。

ケータリングランチで5400円!!昼から海が見えるテラスでのランチ合コンも高そうな上に、火遊び推奨ですよ。なにそれ。更に宅急便屋の二の腕くんや体操教室の先生(岩田剛典)に色目を使うって、金と性欲が余りすぎでしょ。

その中で凛と異彩を放つ松嶋菜々子は、フラワーアレンジメント講師。
穏やかで優しく、ターゲットにされた菅野ママを助けてゴージャスおもてなし料理をパパパっと準備してくれちゃったりする頼れる人なのですが……。なんとそのナイスタイミングな登場も、監視と盗聴の賜物! 皆さんにプレゼントしたプリザーブドフラワー鉢にはばっちり盗聴器、ぱっと見にはデイトレーダーかというモニター並ぶ盗聴システムの横には、そう、不明幼児の持ち物にささっていたのと同じ黄色のカーネーションが!

ここまで明らかにされては逆に、松嶋菜々子は笛吹きではないのかと。

正直、不倫や虐待している親をまず探してからその子供をさらわなくても、ひとりでうろうろしてる幼児をさらえばたいがい家庭に問題ありますよね。迷子じゃない限り。

すると彼女は単に、あちこち盗聴したり、不倫を盗撮して暴いたり、子供を尾行したりしているだけ……というのも十分怖いですけども(^^:::)  そのうち、松島菜々子を疑って避けたばかりに真犯人の罠にかかる菅野ママを、すんでのところで松嶋菜々子が助けられたのは盗聴のおかげ、だという展開が見えましたよー。

それに菅野ママのささいな内緒ごとを『嘘をついた』と決めつける松嶋菜々子でしたが、それをいうなら自分のしたおもてなしの手助けだって、大嘘。引っ越し段ボールをさらけ出して開き直ることだってできたのに、ピッカピカの室内を見せちゃったら今後、また来たいって言われる度に松嶋菜々子を頼らなきゃで……あ、それも狙いのうちかな。
ご主人は海外赴任で子供なし、との触れ込みですがそれもどこまで本当だか。冒頭で解体されてたのはご主人かも。

なんちゅーか、飽きずに見られてツッコめて、楽しかったのですが好きではないです。サスペンスとご近所づきあいの兼ね合いがこの先どうなるのか、もう少し様子を見ます。 

「朝が来る」~最終回 ☆☆☆☆

「誰のもとにも、朝は来る」
家族は愛に満ち、取り立て屋は捕まり、若い二人も未来へと歩き出す。今は辛くても大丈夫、と背中を押してくれる素敵なドラマでしたね。
可愛い朝斗くんが『広島のお母ちゃん』と無事出会え、あの笑顔が曇ることがなくて、良かったです。いつでもどこでも朝斗くんが可愛くてねえ(><)
「反則でしょ!」
ホントにw

3話終了時点では、不倫か……とげんなりしてました。朝斗くんとママが広島を訪ねる間、一人残ったパパはよりによって「あの奥さんじゃ息が詰まるでしょ」とキスしてくる部下と呑みに行くんですよ。もうダメじゃん、その気じゃん、と。しかしパパは、泥酔した部下を部屋まで送るもなにもしない聖人でw 完璧な妻も変にやきもちをやくこともなく、何も起きないんですよ。
ひたすらに養子朝斗くんを愛する奥さんを見るたびに、朝斗は可愛くとも実子を与えられなかった不妊の自分に引け目を感じると吐露するパパさん。気づかなかった……と悔やむ奥さん。そしてますます二人の絆は固まり、特別養子を望む夫婦の勉強会で体験談を語ったりして。

『普通の子供は普通の家にいるんです』
その勉強会で講師から語られる衝撃の言葉です。お、おう確かに。
お母さんが二人いる、と教えられて育つ子供。それも普通じゃありませんし、見守る満点夫婦も確かに、普通じゃないかw あまりにお手本、あまりに理想に過ぎるのかもしれません。誰かを救えるなんて思い上がりだ、と夫婦を責める登場人物もいましたね。それでも善意に満ちたこの夫婦に惹かれました(これの安田成美みたいに!と美容院で切ってもらったぐらいにw)

パパの部下香澄ちゃんも、最初は壊してやれと思っていたこの夫婦に関わって変わっていきます。
ネグレクトされ飢えて育ったせいで『家庭』に懐疑的だった彼女。不倫相手の子を身篭っても、堕胎を望みます。その彼女が夫婦の取材から特別養子制度を知り、体験談も聞き、じゃあせめて産んで養子に出す気になる展開か!と思いきや……たくましく一人で育てる道を選びましたよ。確かに、特別養子制度は、子のいない夫婦を親にしてあげるためでなく、子供に親をみつけるためにあるとのこと。稼げるなら、愛せるのなら、それが一番いいのでしょう。男性から養育費もふんだくってやるそうです(奥さんに慰謝料請求されないのかな…… ^^;;;)

そして『広島のお母ちゃん』!
朝斗くんを産んだJCひかりちゃんが、高校生になってもまだ姉妹で比べられ不当に蔑まれ続ける様子はもう悲しくて、親に腹が立って(><)出産を、忘れろ無かったことにしろ、と言いながら親戚には言いふらすのも意味わかりませんよね。
諍いの後、片倉家を飛び出して広島に居ついてホッとしたぐらいですが、悲しいかな、穏やかな生活は続きません。養父を亡くし、借金の取り立てに心折れる八百屋のケン兄ちゃん。家と土地を売るとか相続放棄とか、手はあるでしょうに。そもそも暴利な金貸しに対抗する知識が二人ともなく、大人に相談する知恵もなく、無計画に逃げては捕まり、あげく犯罪に手を染めてしまうとかもうお馬鹿さんorz
ついに実家への電話で助けを求めるも人格否定され、縁切り宣言。またこの親は……。
押しかけたママさんの説得も響かず、姉が『金を取ったのは自分』とやっと打ち明けて初めて、自分がしてきた過ちに気付くものの、実際の次女への謝罪はありませんでしたよねえ。ここだけはどうにか直接謝らせたかったです(><)

絶望で死のうとするも、笑顔の朝斗くんに救われたひかりちゃん。間に合って良かったです。人を殺したわけじゃなし。借金も消えたらお弁当売って、また1からやり直していけますよね。そして生きてさえいれば、あの母親や姉にきちんと謝られ許し愛される日か、そんなことしてもらわなくても満足だと思える日か、どちらかが来るのかもしれません。

てか、天使朝斗くんに「おばあちゃん」って呼ばれたら、案外あの母メロメロじゃないのかな。でも養父母と実母だけでもややこしいのに、祖父母も絡めたら朝斗くん大混乱か……。そういえば養父母側の祖父母も描かれてませんね。実際に特別養子縁組をしたご家族は、その辺の切り分けどうするのでしょう。あ、ドラマではひかりが勝手に支援団体ベビーバトンの資料を見て栗原家の住所を知ったり警察沙汰であれこれなだけでしたっけ。本来は実母や実母側の祖父母と会ったりはしないんでしょうねえ。

ところで、番組放映最後に流れた、誕生直後の朝斗くん。育った朝斗くんにほっぺがそっくりでしたよねw 兄弟だったりして(^^)
 

「朝が来る」2、3 ☆☆

見ていてムカムカします。

姉妹に差をつけ妹ばかりを貶す両親。中学生での妊娠出産がその理由でなく、むしろ愛のない家庭からの逃避が妊娠につながった感じ。また『さっさと忘れてなかったことに』というくせに、親戚の集まりでは妊娠出産を報告する謎。そりゃニヤニヤもされますよ、エロかろうが、暖かく見守ろうとした笑顔だろうが、秘密を知られた相手に微笑まれたらニヤニヤに見えちゃうし。せめてそこを抗議すれば
『知ってるのよ』
と財布から金が消える件を糾弾される。いやそれ、可愛くて優秀で従順な姉が抜き取ってますから!(ひかりも、あれは姉さんだと言えばいいのにー。言っても信用されないと諦めちゃってるかと思うとそれも悲しいです)
あー胸クソ悪い(><)

まあそんなわけで、出産時には地味で華奢でお子ちゃまだったひかりちゃんが金髪の別人へと進化。
ドラマ上では髪を染めたところで川島海荷に演者交代、息子ちびたんこと朝斗くんを返せと養父母の元に現れた彼女が、実母ひかりさんじゃありませんよねと言われちゃうのは納得すぎですw もとい、本人もそうでした別人ですと出て行ってしまうので観ていて少々混乱しますよね。
間をおかず捜査にきた警察から、あれが本当にひかりだったこと、現在は犯罪者として追われる身なことが分かってしまい養父母絶句なわけですが……。

こっちはこっちで、朝斗パパにまとわりつく部下がウザいです。
浮気された妻が職場に乗り込んでくるような不倫女orz そっちで負けたとなると即、ターゲットを朝斗パパに変え『取材』と称して家庭に入り込み、夫婦の過去をほじくり返してはネチネチつつき……優しいママが動じなければそれはそれで、完璧すぎて息が詰まるだろうと持ちかける。
そんな軽い誘惑に乗るのかよ、パパ!
あああああーこっちも胸クソ悪くなりそうです。
普通の家庭からドロドロした浮気の投書が来ると言いますけど、創作も混じってると思うよー。『みんなしてる』だなんて、自分がそうだから思うだけの自己紹介ではないのかと。

そうそう、ひかりを追うのは警察だけでなく高利貸しも。
出産した広島で優しくしてくれた一家のお兄ちゃんが借金を背負い……。この辺も、最初の借入額から膨れ上がる経緯がおかしいから。どうせ逃げるなら家を売るなり、相続時に放棄するなり道はあったはずなのに親なし子2人相談する先もなく堕ちて行ってしまうのって……ううう。

それでも朝が来る、そうですが。夜を耐える苦行のうちに脱落してしまうかも……。


「朝が来る」1 ☆☆☆

こんな中途半端な時期に第1話!
<大人の土ドラ>第二弾です。前作「火の粉」視聴者を逃さずに続けてみて欲しいんでしょうねえ。どうせなら朝ドラ「朝がきた」と同時期に放送してみたら間違えて見る層も取り込めたかもw

物語は特別養子の、その後?
幼稚園に通う朝斗くんを大切に育てる夫婦(安田成美、ココリコ田中直樹)の元に、金髪ねえちゃん(川島海荷)がやってきて
「朝斗を返せ」
と言い出す。返さないと本人や近所に養子だとバラす、と。しかし夫婦は実子でないことをオープンに育てており、引き渡し時に朝斗くん実母にも会ったが、貴女ではなかった、と。ではこの女は誰なのか。何故「返せ」などと。


様子見、覗き見のつもりだった1話ですが結局最後まで観てしまいました。
小綺麗な一戸建てが並ぶ街での子育て。
「僕もパパに似てたら良かったのに」だの、母が次子を妊娠中の友達に「いいなあ〜」だの、朝斗くんが実子でないと知っていて見てると無眼が痛い日常だったのですが、まさか本人も分かってて言ってるとは。まだ『どっかにもう一人お母さんがいるんだってー』ぐらいにしか理解していないのかも。
そして回想場面でとんだのは田舎街。訳あり出産の娘を寮に集めて支え、一度抱いただけで即養子に出すサポートシステム『ベイビーバトン』
風俗勤めで父知らずの子もいれば、「大好きな」同級生との交際を引き裂かれて来た朝斗母の様な場合もあり……。それなら育てたいでしょうねえ。生まれるまでの日々、まだ見ぬ我が子にあててファンシー便箋に書き綴る便りが可愛くも悲しかったです。彼氏は知ってるのか、伝える電話の一本も出来ないのかそれとも知って逃げたのか、いろいろ考えてしまいましたよ。さらに姉と比較ばかりされて育った朝斗母、自分は要らない子などと言っていて確かに親の対応はキツかったですが、怒るのも愛情ゆえかも知れないし……等々といろいろ考えますが、でもそこ本編に関係ないのかも。

明けない夜はないのだそうです。さて、金髪娘は朝斗くんの何なのか。待て次週。

「アリスの棘」2 ☆☆

展開が速い!


2話にして既に、亡父手術の指導医(田中直樹)の弱みをふたつも探り出し

<弱み1:愛娘>を誘拐したと脅し

<弱み2:視野狭窄>を患っているのに重要患者を単独執刀させて失敗させ……

いやもう、勤務始めてどれくらい経ってます?

娘溺愛はともかく、持病に関しては新米医でも気がつく所見を見過ごし続けるとは、この病院の診察レベルが不安です(><)


しかもその誘拐脅迫を、オダジョーに気付かれる!脅迫電話をあんなオープンスペースで堂々とかけてるとかw 気付かせるのも計画通りじゃないなら迂闊過ぎてコワイです。


まあ、そのオダジョーが通報より協力を申し出るわ

「最近おかしい」

と、同じ科の医師が2人辞めたところで早くも内部で噂になるわ。事後の反応の方も速い速い。

ヒロインは復讐しまくることしか考えてない様ですが、自分とオダジョーにカルテの写しを送って来た誰かさんが誰なのかは気にならないのかなー。彼本人と言う可能性だってまだ消えてないしね。
 

そうそう、誘拐は狂言で、録音の泣き声を聞かせてただけでしたよ。…って、奥さんはどうしたの。

旦那の職場にまで電話して「娘がいない」とか、勤務中にどうしろっちゅーんだな心配事を振りまいてた迷惑な奥さんは、まだ公園ですか。警察行きましたか。てか旦那も、保育園に駆けつけるより奥さんに連絡取るのが先じゃないの?
ああ、ここを考え出すと納得力が上手く働きませんw


次週は顧問弁護士が相手ですって。


「アリスの棘」1 ☆☆

上野樹理が復讐に燃える新人医師。


養女になって名前も変えて父が術中に不審死した病院にもぐりこみ、次々と当時の担当医に迫り……。1話で早速二名も殺しかけ、脅迫する手口はなかなか鮮やかです。仕事が速いね!

しかしカルテ書き換えたハンプティー親爺(六平)は屋上から吊るして脅し、執刀医伊達(藤原紀香)には麻酔をかけて←手術室を何時間も占領して!脅して入れ墨。

こーんな派手派手な仕掛けに、目撃者も乱入者もいないもんですかねえ。それを言っちゃあおしまいなドラマですかねえ。

結果も、女医の依願退職は会議で面目丸つぶれ+脅しですから効果倍増ですが、ハゲさんの方は反抗もせず奴隷になるものですかねえ。

さすがに殺したらドン引きなので、2人とも死んでいないのは良かったですが、私が六平さんならこれから狙われそうな偉いヒトにご注進にいってもみ消してもらいますよ!
 

2話で更に上の指導医(田中直樹)をターゲットにする様子、順調で結構。でも最終回までに何人脅して、結局どうなるんでしょう。父の死だけでなく、不正の濡れ衣もあったようでそれを晴らせるのでしょうか。昔の彼女を知るオダギリジョーは、どんな立場なのか。そうそう、上野樹理の子ども時代の子が可愛くて、パパと仲が良くて、父の不慮の死への遺恨を盛り上げています!
栗山千明は空気だったなー

さてはて。

不思議の国のアリスになぞらえる画面はキャッチーですが、あざといです。


「慰謝料弁護士」~最終回 ☆☆

うわ、そこを隠すかw


終盤で案の定、過去の悪女が現れて精神攻撃を受ける先生(><)

そしてその悪女弁護士を相手に、圧倒的に不利な不倫訴訟を戦う先生は……なんと、慰謝料を受け取る側の奥さんに『裏切られ続けてきたんでしょう?』と、旦那不利な証言をするように勧めてみるのです。

それなら物証がなくてもいいねw


TV見てる方は仮面夫婦だって知ってるし、裁判も結果上手くいったからいいけど。これで奥さんに知らんぷりされたらどうしてたんでしょうw


で、新規顧客wも開拓してのほのぼのエンディング。

誰もが『あの悪女が原因で離婚弁護士になったのねー(でも、妻だった訳じゃないよね)』と思ってたところで『違いますよ、実はね』と語り始めた先生。

そ、そこでカメラを引きますか!

口元隠しますか!

ってことはパート2があるわけですか!


別に毎回みなくていいけど、ココリコ田中のキャラがどんぴしゃで安心感のあるシリーズでした。パート2があったら、やっぱり最終回は見ると思います。

で『実はね』←聞こえない のパターンを毎回されるのかもw

「慰謝料弁護士」1 ☆☆☆

面白い! 


ぬぼーっとした風貌ながら、離婚に凄腕を発揮するという弁護士さんをココリコ田中が好演。

いくらパンつくりに凝ってるからって、親戚の結婚式と生地の一次発酵を比べて

「ぼくは一次発酵をとります!」

はダメでしょう~w

でも相談は無料という親身さや、不倫を憎む口ぶりから、どうやら彼にも過去に辛い思い出がありそうです。 


初回は矢田亜希子が、モラハラ不倫夫@永井大と離婚。


風邪で通院にも許可が必要で、バカ呼ばわりで1000円ぽっち恵まれる状態。よくこんなの我慢してたと驚くけど、素直な人を捕まえて、徐々に洗脳していくんだろうなあ…。

挙げ句に浮気、それも携帯のバレバレ着信を隠しもしないとはふざけてますよー。


慰謝料計算サイトに、不倫カップルの本気度チェックw
弁護士チームのアドバイスもあり、離婚そのものはすんなり決まりますが

「2人の問題なんだから、他人(弁護士)を挟むのはダメ」

と言い出す夫。いやいや、不倫したらもう「2人の問題」じゃないから!

……という正論を、弁護士が言ってくれなかったら、あのまま押し切られて慰謝料を減額していたんでしょうねえ。あの素直な奥さんは。


と、初回はすんなり離婚成功。弁護士の手腕を見せてくれます。

ゲストかと思われた矢田亜希子が、弁護士先生をモデルに漫画連載を始めるからネタちょーだい@と、事務所に居座る宣言をして以下来週でーす。

ココリコ田中がそのまんま馴染んでるし、事務所スタッフ渡辺直美も楽しそう。毎回の離婚ネタは、ワイドショーみたいに気楽に楽しめそうですよ。ワクワク。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ