ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

田中圭

「民衆の敵 世の中、おかしくないですか?」1 ☆☆☆

その辺の主婦が市議会議員に!狙いは年収950万円!
タイムリーな政治参加もの。それも
<市議会議員の当選率は8割、正社員を目指すより確率高い?>
だなんて言われたら、身近な感じがするじゃないですか。もっとも「時給950円」を連呼する篠原涼子の年収は確実にそれより高いのですが、まあそれは気にしないお約束でw

智子(篠原涼子)と公平(田中圭)は似た者夫婦。
強い正義感を抑えられずに、困っている他人のためにすぐ上にたてつくのでクビになる。今回もなんと、2人同時に無職に。気持ちは大らかでも、当然家計は火の車。粗食を「ステーキのつもり」と食べる技を編み出した息子が不憫で、割のいい仕事を探すうち、なーんと立候補を思い立ってしまった智子は!
持ち前の猪突猛進。
鼻で笑っていたママ友も次第に巻き込み、何もかも手作り手弁当で自転車の選挙戦を戦い抜いて、なんと当選してしまうのでしたー!

その昔「ハケンの女」だなんだ超有能女史を当たり役にした篠原涼子が、今度は普通の、いえむしろちょっとダメだけど正直さと人たらしは誰にも負けないママを好演です。
会社のマニュアル、普通は守るでしょ。智子はわざわざ守って顧客ファーストに対応してクビになるw  道にばらけたゴミ、嫌だなと思っても普通よけてそのままでしょ。智子はわざわざ自転車止めて、手が汚れた臭いとわめきながらも片付けるんですよ。それが、キャリアを諦めて子育てしていたママたちを引きつけるのがよくわかりました。新聞社勤務の平田さん(石田ゆり子)なら政治部にもいて知識はあるけど、彼女が立候補したならきっとあんなに人は集まりませんよね。

また、無職になった途端に保育園は退園すべしという市の規則が途中で判明。現職磯田(笹野高史)ら対立候補に叩かれてしまうのですが、対策として平田たち賢いママが思いつくのは方便。我が子だけじゃなく選挙手伝いママたちの子供もまとめて面倒みてくれてる旦那を、事務局スタッフって形で雇えばほら、無職じゃないから……と言われて、見ているこっちはなるほどなのですが、当の智子が浮かぬ顔。それって嘘つくってこと?と。
翌日も、磯田の街頭演説ではもっぱらそこをボロクソに非難され、壇上に勝手に上がった智子はといえば言い訳ゼロで全面降伏、えー。でも、謝罪の後に
「それっておかしくないですか?」
と言い出されたら、確かにね、と敵方もみんな聞いてくれるのです。だって変だよね、誰だっていつ職をなくすかわからないのに、そしたら子供の預け先が即、無くなるって。演説では『友達と会えなくなる』と子供の権利も混ぜてましたが、いやそれより職探しができないでしょ! 体壊して退職の場合にも、子供が家にいたら療養どころじゃないわ病院にもいけないわ。
「だったら、制度の方を変えていかなきゃいけないんです」
なるほどーですよ。

一旦は落選するも、直後に繰上げ当選になるお約束でわーい!(ここにカメラが密着してないとか、残念ですよね)

スーツ着て乗り込んだ議会で早速、居眠りオヤジを起こしてみたりと我慢できない智子さん。山ほどの騒動が期待できそうです。

二世議員に高橋一生、マドンナ議員に前田敦子、千葉雄大とかトレエン斎藤とか。あら古田新太もいるわ。

「恋がヘタでも生きてます」1 ☆

 概ねベタ進行ながら、ほぼ初対面の男性がぐいぐい恋愛モードで違和感。恋愛ゲームってこうなのかなと戸惑いながらみてました。

ヒロイン(高梨臨)は恋愛ゲーム作ってるディレクターだけど、恋人なし。
作家漫画家女優など、世間に恋の夢を見せている人が実は愛に飢えているとは、お約束中のお約束ですね。公園で犬をきっかけに好青年(田中圭)と知り合ったその頃、社長(寺脇康文)から引退の相談を受け……ヒロインだけが自分を社長抜擢の打診と思ってましたけど、視聴者は総出で『その男、新社長だから!』とツッコミいれていたことでしょうw 実際、そうだったしw
でもそこまでベタなら、青年に裏があるのが今までの普通のドラマ。
将来の部下と分かってたとか。 もしくは偶然知り合ったとして、なんらか言い争いになって『出会いは最悪』なのが1話の王道ってもん(好き嫌いは別として)じゃないですか。ところがこの青年、最初っから恥ずかしげもなく本当にナンパしてきて、そっけなくされても押しまくり、次に会ったら朝の公園でいきなりチューですよ。
ヒロインの妄想かと思ったのに違うの、本当にキスされてんのドン引き(いい年してキスだけなんて気持ち悪い、セックスしろって書いたの「マンハッタン・ラブストーリー」でしたっけ。あのセリフがわかる日がくるとはw)
で、新社長が来たらそいつだったところで終わるかと思ったらまだ30分(^^;;;)  そっか、新社長がお前かと怒るところでやっと『出会いは最悪』になるのかー。最後の最後には、元社長からあいつを上手く使えよと新社長にアドバイスがあって、なんだやっぱり裏があるんじゃない。展開が遅すぎたせいで新機軸かと思っちゃいましたよ(><)普通じゃん!
そして愚痴につきあう部下からのフラグには気がつかないw

一方でヒロインの同居人は都合のいい女。
マグロだと浮気されようが、謝られれば簡単に許して婚約継続って信じられない。でもそんな彼女と
『女は身体』
と公言する部下その2が知り合っちゃうのかー。どうでもいいけど。

正直、田中圭を筆頭に部下1も2も、浮気者の婚約者も誰も、キャーッと見惚れるような華がないのも痛いです。ゲームみたいなドラマにするなら、キラキラしたイケメン揃えなくっちゃだめなんじゃない?


旦那はもちろん早々にギブアップw 私も無理です。「4号警備」であっという間に過ぎる30分を、1時間ぐらいに感じましたよorz

「びったれ」1 ☆

2番煎じ感満載。


普段はへたれなメガネくん。しかしてその実態は司法書士……なだけでなく、こぶしも振るう元ヤンキー☆

そんな主人公(田中圭)のとってつけたようなメガネ姿に、つい只野係長を思い出すわけですが、あの場合は乱闘場面も楽しめる…というか変身後がむしろ見所!濡場も笑えましたよねー。

今回は変身といってもただ恐くなるだけ。豹変ってほどでもないですしね。

濡場の代わりは保育園でうさぎ耳つけて絵本の読み聞かせなのかなー 申し訳ないけどそれほど萌えないなあw

ゲスト池田鉄洋のダメ親父っぷりはもの珍しくて役者でしたね。

あ、タイトルのびったれは罵倒語の模様。
「そんなビッタレすんな」
の様に、首しめながら言ってます。でも耳慣れないので別に怖くないのが残念かも。 
(公式HPみたら、『小心者』の意の広島弁だとか。えええ、わかんないよそれw) 


要の法律関係は、司法書士自体がなかなかとりあげられないので、なるほど目新しいです。仕事を二つ掛け持ちする場合、片方の遅いほうが残業になるとか初耳(><)

そして短い! 双方の言い分聞いたら、即結審ですよ。ナイスよね。


1回30分という短いドラマの中で変身して裁判して、胸グラ掴んで人助けに子育て。

飽きはしませんが、毎回録画して見なきゃいけないほどでもないですよねえ。

「地の塩」最終回 ☆☆☆

なんで、なんで今言うのかな……(><)


今度こそ「本当の」遺物を掘り出した神村先生。

そりゃあ嬉しいのに、薄々事情を知る助手は、またやったのかと苦悩を深めるばかりw ほらオオカミ少年になっちゃったじゃないですか。


この助手の暴発でばれて大騒ぎかと身構えていたのですが、なんと別方向。殺人犯が助手を誘拐監禁拷問、神村を脅迫とかいうわけのわからない展開になってしまいました。そこでサクッと殺しもせずに変な罪を重ねてどうするんですか犯人。どうせそれをするならヒロインでしたいんじゃないんですか犯人。


そして斬りつけられた傷を負ったまま、石器発見の記者会見で「捏造」を告白する神村先生……。まだ早いって!

新発見石器の評価が定まって、予算が増えて、更にあれこれみつかってからこそっと言い出すならまだしもさ。新発見と同時に捏造告白なんかしたらさ「これは違います」なんて声、かき消されてしまうに決まってるじゃないですか。嘘つきがいうことなんて誰も信じないんだから

(佐村河内、小保方と偽装捏造が騒がれるなか実にタイムリーな企画だったのかもw)


そして姿を消した神村は、今もどこかで人知れず遺跡を掘っているらしい的ラストシーンで消化不良気味に終わりなり。片棒を担いでいた陣内孝則は逆に出世したのにー。

「地の塩」2、3 ☆☆☆☆

「真実は作るものです」

捏造告白、キター!


当時、あのタイミングで「発見」がなかったら、研究費が打ち切られていた。そんな勝手を熱く語る神村。なるほどですが、嘘は嘘でしょう~。

しかも「君にだけは言っておこう」って、迷惑もいいところです。警察相手同様に、嘘をつき続け信じさせて欲しいものです。だいたい、何故彼女(マスコミ)に。美人だからかw

既に町おこしでハッピーな人たちの笑顔を壊すんですか、とか言われても、ねえ。それはまた別の話だし、いつか本当に本物の遺跡が出て来た時に信じてもらえないのでは…←助手(田中圭)が疑い始めてるので、次回そんなことになりそうな。


そして殺人犯も現場を掘りまくり。

遺体を埋めた時になくした腕時計は、既に神村先生が発掘済みなのに(本当に引きの強い…w)そうとも知らずの夜なべ仕事で、神村の捏造現場を発見かと寄ってきた学者さんを殺しちゃいましたよー。

神村が口を塞ぎたかった男の死。

その手には神村の手袋……って、出来過ぎですからw 発掘現場に置き去りなのも、神村の犯行なら絶対しませんよねw


さて、盛り上がって来ました。


「デカ黒川鈴木」1 ×

「デカ黒川鈴木」1 ×

なんじゃこりゃ。

いつもの板尾さんとよく見る田辺さんの掛け合い、そこだけ楽しもうと頑張っても推理部分が雑すぎて気になりすぎです(><) 

ガラスを割って鏡を隠す。いや隠れないし!

そのもーっと前に、バイクのライトと鏡で車を偽装する意味が分からない。大きな懐中電灯を2つ並べてつける方がずっと楽&光の向きが自然でしょう。ちゅーか、バスの運転手がそれに気がつく保証もないトリックって何だかな(><)山の中、板鏡持って歩くなんて転んだら死ねると思う。

わさびの品種が「園子」なのを、愛されたがってた娘が知らないのもどうなんだか。

始まる前、「黒川刑事」と「鈴木刑事」の話だと思ったのに、姓が黒川、名が鈴木だった。そんな小ボケすらもうどうでもいいです。 


板尾創路と田辺誠一、田中圭が揃うとなんか嬉しい私でもこれです。そこに興味が無かったら意味ないぞー。特に、正月SPで「特命係長只野仁」や「湯けむりスナイパー」を見て笑った後ではこの煮え切らないギャグには笑えませんでした。
(釈由美子に脱いで欲しかったわけではありませんw) 


「僕の歩く道」3 ☆☆☆

 リアクションが長いよねー。
セールスの電話であんなに黙り込んだら、切るでしょ普通。なのに続く沈黙に、追いつめられるテルと共に見てるこっちも息苦しくて(^^;;;)
 天竺ネズミの解説も同様。
子供の視線を浴びて固まるテルと共に固まるって。

 おまけに家庭のギスギスしてること・・・・!!
あの嫁っ「子供の気持ちが分からない」のはアンタでしょっと、首根っことっつかまえてグイグイ揺すってやりたい程ですが・・・・甥っ子の悪事は内緒、という『約束』なのでいたしかたない。

 そんな陰気な空気は相変わらずながら、今週はちょっと楽しかったかな。
都古ちゃんと不倫男の間(それも都古寄り!)に座るテル・笑。
MEGUMIとの3秒ルールも笑った。おっぱいをしげしげと眺めて「大きい」。正直だよねー。応えてMEGUMIの「ありがと」って!!
 でも、せっかく楽しかったのに都古ちゃんのいつもの解説
「何の意味もないのよ」
が入っちゃって興ざめ。天使ですか?あってもいいじゃないの性欲や女体への興味は。触ってないんだし。

 そんなこんなで、天竺ネズミの解説が言えました!の回。
テルをカツアゲした甥っ子が(妹もしてたって??)、反省と、多少の理解と敬愛をもってテルに接する様になり、最初の失敗での不安が解けたおかげです。
めでたしめでたし。
 私たちには理由がわからないことも、本人の中ではちゃんと繋がっているんだね、ということをまた丁寧に丁寧に描いてくれました。

 几帳面な字で綴られたおこづかい帳、良かったな。
「あげたお金 5000円」動かぬ証拠です。
それにしても、毎日行く食堂でチキンカレー500円って高いよ!!

「僕の歩く道」2 ☆

 眠くなる・・・・・・(^^;;;)

 どうしてこうなんだろう、と苦しみながらの1時間。
だって楽しくないもん。すぐ神の啓示みたいな後光が射してきて、テル昇天かっちゅーの。

 自閉症には慣れてる&TVの描き方に興味がある私ですらかったるいのに、こんな、お勉強させられるばかりの展開で、みんな、飽きないの??

 シリーズ前作、「僕の生きる道」では主人公、ガンで死にそうだったけど笑えたでしょう?末期の一言が「砂肝・・・・」で、涙と鼻水垂らしながらも笑わされちゃっって苦しかったわ。
 なのに今回これって・・・。

 障害のある人で笑っちゃいけない、と抑えているんでしょか?(それとも「チクるんじゃねーよ」がヨソではもっと爆笑ネタなのかな)家族や都古ちゃんといった身近な人達が、もっとテルの存在で楽しんで暮らしててもいいのになぁ。

 でもまぁ、そんな疑問・不満のおかげで、事前に構えていたよりずっと冷静に見てこうしてレビュー書けているのですが。

 テルに過保護な母さん、更に過保護で外に出すなという兄さん。放っておかれて不満げな妹。
そのうちにこの家庭も爆発するのかもしれませんね(クワバラクワバラ ^^;;;)
 飼育係で、妙につっかかる小日向さん。
あれは逆に、身内に障害者がいて世間に冷遇される現実を骨身にしみて知っているとみた!

 都古ちゃんの不倫、賢い娘なのにどうして嵌っちゃったのか不思議で可哀想。
「来る前に電話して」
以前にさ、結婚指輪してきて「妻が」「妻が」と言うのを辞めさせられませんかね。

「僕の歩く道」1 ☆☆☆

 イエロージャージ!!
自転車好きの主人公、いつも黄色い服なのはアレですよね、ツールドフランスの区間王者かなんかだけが着られるという勝者の証が黄色だからですよね??

 真面目で穏やかで、ちょっと変人な主人公。
クサナギくんの普段のイメージと重なるところもあって(失礼^^;;;)、ただこういう青年がいる、という感じで見ることが出来ました。
 というか、私が普段接している自閉症の子供達はもっと知的に重度なので、ここまで意志の疎通が出来るならオッケーほとんど普通じゃないかと。
いいじゃん、「寒い」があっても無くても(^^;;;)
いいじゃん、時間が来たら帰っても。
     (新人にありがちじゃん・笑)

 新しい職場での杜撰な紹介は、そりゃ、揉め事が起きなきゃドラマにならないから仕方がないなと笑って見られたし(天竺ネズミの無造作な掴み方、サイコー!)

 BGMに頼ることなく、淡々と綴られる日々は、1話を見ただけでももう力作、良作だと思われます。

 ただこの先、何の話になるんでしょうねぇ。
ドラマ仲間の奥さんは『恋が実ったらいいねぇ』と気軽に言います。幼馴染みへのほのかな想い。でも実るって何?
例えば一度のキス?まさか一晩の慰め?だって結婚は無理でしょう??

 もしメッセージが『(東大生にならなくても)生きてるって、それだけで素晴らしいんだよ』ってことならば、ドラマで説明されなくても毎日思ってる(^^;;;)

「白夜行」7 ☆☆☆☆

 ビルの屋上、虚空に向かってぶらぶらと足を揺らす桐原は・・・ちょっと天使みたいでした。いやアクマだったのかな。

 写し鏡の雪穂が、何をどうしても『普通に幸せ』になってくれないジレンマ。

 戸籍まで無くした男が、盗み聞きしてる内容が二股どころか
「あの娘にこの気持ちを打ち明けたい」なんだから情けない。
結婚を目前に、ピュアに心迷う婚約者。彼もどこかで感じていたんでしょうか。愛されてるわけじゃないって。
結局雪穂には男は手段で、結婚とは生活の安定と金が引き替えの売春だとかいってますよ。もう。
 愛されて育ってないから愛を知らない、そんな連鎖を描かれると空しくて苦しいです。

 ・・・でもやっと。
訳の分かんない手段使ってでもとにかくやっと。
 桐原君は表の世界に帰ってこられた様子です。・・・・それで幸せに終わればいいのになぁ。

 亮が出した警察手帳って? あの殺された若手刑事のなんでしょうか?
逃亡犯になってるおっちゃんの死体は、雪穂が育ててるあのサボテンの下に埋まってるんでしょうか??
 式場のホテルでの刑事とのニアミス、ハラハラしたけれど、よく考えればそこで掴まってる方が2人のためにはいいのになぁ。

「白夜行」3・4・5 ☆☆☆☆

「オレ、何やってるんだろう・・・・」
気付くの遅すぎる。

 穏便にやりすごして時効を待とう、そんな弱気だった亮が
『雪穂を泣かせない』
それだけのために悪に奮起したのが3話終わり。

 自分の死亡を偽装して戸籍を失い、
カードのデータ偽造して悪銭を稼ぎ・・・・・

5話ではすっかり全国ニュースレベルの犯罪者なくせに、仲間内和気あいあい。どこまで根が善良なんだか(><)
そして雪穂ちゃん、女子大生ながらどんどんダークに。

 友達の幸せが憎い、とレイプ&脅迫を頼んだりする雪穂を結局ははねつけられない亮。
全部いいなりにやっちゃった挙げ句に
あの涙もあの電話も(もしかしてもっとずっと前からのすべて)が計算尽くだったのではと不信感を募らせる。それぐらいならするなよ。 もしくは、ただただ盲信しようよ!!計算尽くだっていいじゃん。
 また、そんな揺れる亮のためにことさら悪女になってみせる雪穂が可哀想。
分かり合えるはずの亮が同じ方向を向いていないことが、彼女を傷つけるのね。

 これが舞台がアメリカでジェーンだのジョンだのが堕ちていっても、ふーんと感慨無く筋を追うんだと思います。でも日本なんだもの。
 狙われちゃったお友達の如く、ただ幸せで恵まれて、それを有難いとも思わずに生きてきた私なのでより一層、その同じ日本の裏でツメを噛み続ける雪穂に惹かれるのかと。

 もしかして雪穂、あの殺人現場で、鋏を持ち帰って亮を逃がすより刺し殺しておいた方が良かったのかもね。寂しいけどね。

 銀行員の彼女も、亮達に巻き込まれて仕方なく・・・グループにいるのかと思ったら裏でヤクザに貢いでいたりして。
そんな彼女に「不安だから信じたいのよ」と語らせておく構成といい、手に汗毎回手に汗にぎってみています。
 ただひとつ、強姦=女泣き寝入りって毎回の図式はどうかと思うんですけど。

 

「白夜行」2 ☆☆☆

「殺したねぇ」
「うん、あれは仕方がなかったね」

 そんな鬼畜な思い出話を、雪穂はいつかしたいんだそうです。そりゃ、出来る相手は1人しかいないよぉ・・・・。

 7年たって子供達は別人のように(笑)成長しましたが、ツメを噛むくせだの刑事を下から睨みつける目つきだのは変わっていません。そしてまた、トイレで再会した雪穂にまるで呪文のように語りかける2人だけの秘密。
「タイムマシーンがあったら過去に行く?未来に行く?」
「どぶに咲く花があるって」
そんなささいな思い出も、先週聞いたばっかりの視聴者ならともかくも、7年あれやこれや生きてきた子供達が大事に忘れずに暖めていたのかと思うと泣けて泣けて。

 なのに事件は全然風化せず、変な証拠写真は出てくるし(どっからだよ)雪穂は養女にいってまで身元を暴露されて苛められているし。

 一度人を殺している主人公としては、安易に
「殺すしかないのかなぁ」と呟いてしまう孤独がまた哀れです。

 でも、2人また出会えたからね。
こっちでネガの持ち主をはめて、あっちでイジメの犯人をはめるという複雑な罠の発動です。とりあえずは上手く行ったけど、それで終わるわけがないでしょう。
 ひとりで「タイタニック」見た菊池君が黙っていません。

 1話で、金八刑事がいみじくも言った、
「ウソは一度つくとまたどんどん大きなウソをつく羽目になる」
という警句が身に染みます。
 でもじゃあ、最初の殺人を公にして良かったのかというとそれも違うし。

 1話で見た未来がなにか間違っていることを願いつつ、転落していく若者2人を見守っていくしかないのでしょうか。

「スローダンス」最終回 ☆

「順番守ってくださる?」
・・・って、ええーっ、そんなに重要なセリフ?
一話のセリフでラストを締めくくる、その構成はキレイだけれどねぇ。
もしかして、言われた理一は覚えてるかもしれない。腹立てたなら。でも、言った当人は絶対覚えてないでしょう(視聴者だって忘れてたのに)

 いい感じの場面もいろいろあって、
*映画「犬とオジサン」効果がラブでなく、衣咲の大阪行きの背中を押すところ。
*母親が『働く自分を誇りに思え』と力づけるところ。
特に衣咲の母がらみはいつも良かったわ♪娘に頭を下げて
「31年間ありがとうございました」
と、はしゃいで嫁いでいくところ最高(高畑さんの力かなー)
 ・・・それでいてなんで、芹沢家の親がまったく描かれず&栄介と実乃の関係が結婚でゴールになっちゃうのかなぁ。不思議だなぁ。
 理一のその後の映画も、親に金借りたりって苦労もしてなそうだよね。やっぱりあの会社が資金とスタッフを??不思議。

 でももっと不思議なのは、倉庫前で抱きしめた後!
普通にはしゃいでますけど? 好きだとかこの時点で言ってないの?夜中抱きしめといてスルーって、どういう関係よ!!
 大阪行きだって止める必要はないけどさ。あれからキスしてないの?もういちど(今度は素面で・笑)寝てないの?? ていうか、並んで呑みながら手を握るだけでもいいのにー。

 これならいっそ、仲違いしたまま大阪にいって欲しかったよね。
ビデオだけのやりとりが続いて、気持ちがほぐれていく。営業の彼の抱きしめてプロポーズも、そっちでしてくれたらそれなりにありえたかも・・・・。
 ってな具合に、パズルピースの組み替えを色々したくなっちゃう。
ピースひとつずつは悪くないのに、組み合わせるとなんだか変なのよー。

 受賞後の理一が、2次会に向かわずに式場に行くのも、そこに衣咲が残ってるのも変。これって、「ラストクリスマス」の教会が強引だったのとは違うモン。「変」なのよー。
 いっそベタに、大阪に発つ衣咲を空港にでも東京駅にでも、追いかけて走ってくれたらめちゃ気分盛り上がったのにー。こうなるとベタも悪くないなって思ってしまいます。

 そんなわけで、「お幸せに」とは素直に言い難い気分でラスト。
楽しんだけどね、残念でしたー。

「スローダンス」10  ☆☆☆

「もういいだろう、俺のところ来いよ」
笑ったー、無能なクセに!

 営業の番長清原(違)くん、いかにもやり手風に登場したくせに中身なかったねー。
フランスから社長来るの知ってて、役職下ろされる衣咲に一言もなし。パーティーの飾り付けだって、しろっていったくせに権限ゼロだったよー。ダメじゃん。
 それでも、その場で店長とケンカぐらいしてくれりゃ戦友だけどそれもなし。
 挙げ句バーゲン手伝ったぐらいで、鬼のクビとったみたいに男ぶりますか??みっともないなぁ(^^;;;)

 一方の理一くんは、いきなり順風満帆。これも笑えます。
脚本みるだけで、資材からメイク係まで(!)貸し出しって、どれだけ見込まれたんですか。だったら役者もプロ使えばいいじゃん!
ここは、苦労して貧乏して仲間の手作りで仕上げて欲しかったんだけどなぁ。人生舐めてるよなぁ。

 ・・・・でもそれだけに、倉庫転属でがっくりな衣咲の心境と対比させるならここは、理一の対抗馬はスキンヘッドくんじゃないでしょう。
 ドイツから仕事と子守でへろへろになって戻ってきて(出張可)
『やっぱり君が必要だ』
と泣きつく、くたびれた中年男でしょう?。元鞘:勝村さんですよー。
 守ってくれる男の腕に飛び込むのは逃げる様で抵抗あってもさ、”支えてあげなきゃ”って気持ちにはすんなりなりそうだし。

 とかいいつつ、ラスト、強がる衣咲を無言で抱きしめる理一くんには萌えあがりましたっきゃーっっっ
 ・・・我ながら、簡単な視聴者(^^;;;)

 実乃ちゃんと栄介は・・・ギャグだった。
言葉につまる実乃(人生初告白)に、あっさり「好きだよ」というシチェーション自体は素敵なんですけど。3日も4日も無言で待ち伏せされる(させる)前に、先週の終わりぐらいに言えなかったんですか!! 
 また、実乃の気持ちを教えてやったのが鈍ちん理一ってのも!違うでしょ!!(笑)

「スローダンス」9 ☆☆

 行きつけの店の、それもカウンターであんな痴話喧嘩(^^;;;) 注文取りに近づけないよね。

 酔っぱらって寝ちゃったことを、それぞれ「友達が」って相談する理一と衣咲。古っ。
それも理一の方は、温水さん年上だし適度に関係遠いし・・・・分からないでもない相談相手なのですが、衣咲の実乃ちゃん相手って!ありえなくない??だって店長と部下でしょ?
 いくら同期は皆既婚っていったって、大学時代の友人とかいないのかーっ ああ、いないか。だから理一と呑んでたんだっけ。淋しいよ衣咲。

 また、フランスから乗り込んできた店長がキッツイよ!ていうか通訳!
「子供じみた」をソフトな表現にするとかっ「申し訳ありませんが」と勝手に付け加えるとかっダメージを和らげる工夫がないなんて、衣咲でストレス解消してないかい(^^;;;)
 またそんなこんなの愚痴を、言わずに溜め込むんだなぁ。

 合宿先であゆみちゃんと別れて、衣咲にお土産買って、シナリオも多分2人の会話を盛り込んで。理一くんは結構盛り上がってたのに、素直になれない衣咲大爆発。

 同期の男がプロポーズ。ラストは彼からの電話でしたよねー。
現実世界でなら、そちらを好きになって青春の過ちは忘れるって選択もアリアリだと思いますー。でもドラマならやっぱり、最後に選ぶのは理一でなくっちゃね?
 そしてお母さんの再婚とダブルで挙式だぜ!!(サイアク出来ちゃった婚って可能性も??)

 まぁ早く作品を完成させることですねぇ。誰が見たって衣咲ラブ、誤解も解けることでしょう。ハハハ。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ