ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

生田斗真

「ウロボロス」2 ☆☆

その辺で会いすぎじゃないですか、刑事とヤクザw

温泉でも、貸切なら女はべらせたっていいだろうに男と2人ってw


親代わりの先生(広末涼子)が殺されて、復讐を誓った少年2人。見事に分業目標を達成してひとりは刑事(生田斗真)に、もう一人はヤクザの若頭(小栗旬)に。出自のはっきりしない身で公務員試験や警察学校を無事通り抜けるのも大変そうですけど、ヤクザ界でパシリでもチンピラでもなく出世してのけるってのも凄そうですからね。人生に目標があるって違うなー…って、そういう話じゃないしw


とりあえずはキャバ嬢殺しの捜査。

魚心あれば水心……犯人探しのキーワード扱いでしたけど、このぐらいのことわざ小学生でも知ってるだろーにとまずは呆れ。
あ、でもそういえば私が覚えたのは祖母がよく言ってたからだっけなーと思うと、ものを知らないって、家族を知らずに育つってことの端的な表現かなとしみじみしたりして。主人公ふたりもキャバ嬢も。


刑事くんにはデカワンコ並みの特技があり、裏社会とのパイプも役立って妙に手柄を立てちゃう上に、時に人殺しの眼をすると上司をいぶからせております。素直で可愛い。

若頭は毎週テーマを決めて人格変貌。嘘つきだったり褒め殺しだったり、変ですね。ひねくれてて可愛い。

主役二人がそれぞれ魅力的なので、復讐なんか成功しなくて構わないから元気に過ごしててねと楽しく見ていますが、目標の金時計の男はめっちゃ身近にいる模様です。志村うしろーうしろー
 

「遅咲きのヒマワリ」〜最終回☆☆☆

「オレの夢はオレのもの」
「私の夢は、私のものですから」

これもいい話。マジトーンだとドス声になっちゃう真木よう子の長芝居がちと辛かったですが、あちこち片を付けて、夢に向かって歩き出す青年たち。気持ちのいい最終回でした(^^)
おまけに最後はラブ!
四万十から東京まで、ひまわりの鉢植え積んでワゴン車で会いに行くのか〜。アメリカ留学まで果たしたら更に遠距離恋愛??まあそれも遅い青春ってことで!
最終的には四万十の人口を増やすより、アメリカで「純と愛」みたいに主夫になってかほりを支える人になっちゃいそうな気もしますがそれも愛ってことで!
(その他の面々が思ったよりくっつかなかったのですが、それはそれでいいよね)

四万十川のあの水没橋を訪ねてみたいです。病院屋上のサビだらけの手すりもあの唄に乗せて送られたら愛おしいです。最終回オープニングのイベントがなんだったのかも気になるw 中村駅近く出身のご近所さんが帰省したらまず話題はこれですね〜w

「遅咲きのヒマワリ」6 ☆☆☆

心中か!(着衣水泳では靴は脱ぎましょう。マジ溺れますw)


恋がどんどん動く回でした。


春菜ちゃんの准教授は、妻子と鉢合わせしたら即、春菜をストーカー扱い。クズです。


順一とパート姉は逆に不倫の始まり?またそういう時に限って、無視したメールが「苦しい助けて」by旦那 だったりして責められるし。


彩花と弘樹は「誰でも良かったんだろ」「あなたこそ」と傷つけあって同棲解消か。

そんな”何も聞かなかった”男の後で、「貴女の事を知りたい」と真直ぐにみつめてくる丈太郎から告白されて、涙で立ち去る彩花…。


で、「ふられたー」と呼び出されるかほりと丈太郎の方がやっぱりお似合いで、役所のおじさんも順一も内心そう思っていたよねw

「野球をしていた自分」から抜け出せずにいた弘樹は、改めてかほりに気持ちを伝え……


この絡まり具合が青春で、たまらんわーw

相変わらず四万十の風景も美しくてたまりません。ロケ地巡りして海洋堂ミュージアムを訪ねたい(><)

栗まんじゅうは名物なんでしょうか?

「遅咲きのヒマワリ」4、5 ☆☆☆☆

結果のでない頑張りは哀しいよね。


相変わらず大事件など起きずに、我慢したり八つ当たりで喧嘩したり謝ったりと普通の暮らしが続いていて、でも飽きずに観ています。


寂れた金物屋の順一も

本当は研究者になりたかったかほりも

その姉のパート奥さんも

自分が評価されない悲しみと苦しみにもがいてる。


そうならない前にもっと頑張ればよかったのか、時代や場所や能力のせいなのか、やり方がだめなのか?

誰も分からないからやるせないです。

で、ポッと来た奴に

「もっと◯◯すれば」

なんて言われたらそりゃむかつくわw


でもバカ陽気に見える丈太郎だって今が新生活新天地なだけで、東京での派遣時代は

『どんなに頑張っても3年契約』

という天井であえいできたのだし。自分には目新しくても彼らには延々と続いてきた日常の中で、苦しんでいるって気がつけば傷つけずにすんだのにと悔やむ。いい奴じゃないですか。

で、いつまでも揉めること無く、ちゃんと謝れる順一と丈太郎でなんだかホッとします。


「箱入り娘」春菜ちゃん(やっぱり不倫!)や、ナース彩花はそういう『頑張る』はもう諦めちゃってるのかな。


「お前がプロ野球にはいってれば」

とアル中親父に攻められる元高校球児の弘樹。いや親父さん、プロなめ過ぎw

でも弘樹も頑張ってるようにはあまり見えない人で、彩花と暮らし元カレかほりに揺れる彼の望みはなんなんだろう。働かない親との暮らしでなく、犬のように拾われての同居でもなく、誰かに「居てほしい」と懇願されること?


でもかほりは丈太郎といい感じなんだよねー。

高校時代の弘樹との交際を知って、かほり宅に駆けつけてまでからかうのかw 双方なんとも思ってない感じがまたいいのですが、あんな肩抱いてたら、それこそ近所でソッコー噂ではw

順一と姉のディナーも、傍目には不倫じゃない?

そしてがっつり不倫の春菜ちゃんとキザ男も噂になりそうなもんなのになー。まあ、それがご両親の耳に入るのは最後になるでしょうし、同様に弘樹と彩花の同棲だって、恋する丈太郎には言いにくすぎて……目撃”がーん”で、来週に続く。


それだって、まだ二股かけてるという程の関係じゃないのだし。

てか、救命講習で間接キッスを気にするって丈太郎、高校生じゃあるまいし(><) 1話で彼女に振られる場面を観てなかったら、童◯かと思うところだよw


「遅咲きのヒマワリ」2、3 ☆☆☆☆

居場所を求める若者達。


2話の『エースで4番』くんも3話の女医さんも、特技も定職も無い主人公@丈太郎からしたら素直に羨ましい、輝いてる存在なのに。それぞれに境遇への不満や

「あの頃に戻れたら」

なんて気持ちがあるんですよねー。

どちらも療法士としては資格がなかったり、臨床医として経験が足りなかったりと、同僚には軽んじられがち。

それだけに、患者さんからの感謝の気持ちや、自分の野球が誰かの生きる理由になっていたんだなんてことが、そして握りあう手と手が、彼らに自信を与えてくれるのでした。


こうして並べると、最後に手を握るところまで、まあ似た回が続いたもんですが、いい話だからいいんですw

でも流石に、元高校球児が野球を避けるところだけは、皆があまりに気を使わないのでびっくり。故障したとか、させたとか、触れられたくない理由があるのかもと思わないかな(2浪って、野球で進学してないのね、エースで4番が!)

一緒に暮らしてる看護婦さんぐらいは理由を知ってるかと思ったら……別に恋人じゃないそうで、丈太郎に気のあるそぶり。一体なにを考えているのやら……。

今回は、そんな看護婦さんも意味深な墓参り。

丈太郎=都会に帰る男を狙ってぐいぐいくる春菜ちゃんも、元カレの影がある。

田舎には田舎の暗闇がある様ですよ。


台風の描写は猛烈でした!

あの橋に手すりが無い理由もやっと分かりましたよ、増水して沈む時に邪魔にならないようになんですね(で、台風前には診察に殺到するとは意外w)

増水に閉じ込められて、一夜を過ごす丈太郎と女医さん。全然色っぽくないですけどw 軽口叩いてふざけあったりするところが楽しくていい感じでお似合いだなーって思います。


祭りを再興するなど、村に馴染んで可愛がられて行く丈太郎。

来週はそれで隊長と揉めるみたいです。だよね、ポッと来たお客さんになんでも出来る様な顔されちゃたまんないよね。

「遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~」1 ☆☆☆☆

四万十川が見守る青春群像。

面白かったわ!


初回は過疎地域の医療問題も取り込んで考えさせられました。正直、今季の同じ群像劇「レジデント」の悩みが色あせるというか(都会の医者に悩まれてもさー)


そんなわけで主人公は7年も派遣のまま暮らしちゃって、その派遣の仕事もなくし恋人に降られた生田斗真くん。実家は居心地悪い!貯金もない! 目についた求人広告に釣られて、四万十市役所の臨時職員”地域おこし協力隊”になるのですが…。


職と住居が3年間あってラッキー♪ぐらいでやってきた主人公は、ご近所の老人の死と向き合って、自分の覚悟のなさを悟るのです。
「オレが雑用だと思ってた仕事は、この町の人が生きていくためにはすっごく重要なこと」
だったんだと。
形見におばあちゃんの育ててた花をひと鉢もらって、大人への階段をひとつ(30歳手前にしてw)上がったんだねと、しみじみ。


東京から同時に着いた美人医師(真木よう子)は、研究職の夢破れ不機嫌。

迎えにきたボランティア(桐谷健太)は、暑苦しいw

不動産屋のかわいこちゃん(木村文乃)は、田舎脱出のために都会から来た男狙い、地元ナース(香椎由宇)と真木よう子は対立すると。ふむふむ。

そのうち恋模様が渦巻くのかな~。

最近アラフォーの贅沢な恋愛劇にはとんと興味がわかなくて、やっぱ恋愛は若者ですよね。


四万十の風景も最高です!

「うぬぼれ刑事」最終回 ☆☆☆☆

♪うぬぼれ~うぬぼれ~♪
え、歌詞があったんだ、あの歌!!
あと、うぬぼれ5の「ウェイウェイ~」って、"wait,wait"だよね?

ちょろちょろと伏線があった気もする銀行襲撃事件に、やっぱり関わってましたよ里恵さんが!そして弟が!ついに男にも惚れちゃううぬぼれでしたが、あんなにキレイじゃそりゃ文句ないです。モノホン歌舞伎役者を、大衆演劇の女形に配してしまうこの贅沢なキャスティング!(歌舞伎座で生で見ましたから~七之助、キレイだった~)

で、冴木の妻がうぬぼれの元カノという「偶然」が、ちっとも偶然じゃなかったよと明かされてなるほど納得でしたよー。情報収集のはずだったのねー。かみさんが神(笑)そして、弟から明かされる里恵の気持ちに一喜一憂する取調室の2人(笑)

「あんたなの?」
と逆の方ばかり訊かれてましたけど、確かに本人はあんなリアクションになっちゃいますよね 「絶対好きにならないから大丈夫」=大丈夫、のあまりの哀れさに笑い泣きでした。
そして逮捕先からの花嫁強奪!いやそれ犯罪だし!
刑事立ち会いでの不思議な結婚式は、今までの全てのプロポーズが伏線になる、大納得の逮捕式でありました~。

それ以降の後日談はほんと蛇足。他の女にメロメロのうぬぼれとか、いやだ~!(でも、そいつが実はまた犯人だったりします??)3,4億円をあの田舎に埋めたのもいったい誰?どのタイミングで??……まあいいや。

とにかく楽しいワンクールでした!最後まで演じきった長瀬君と、天才クドカンに乾杯!

人気ブログランキングへ

「うぬぼれ刑事」8,9☆☆☆

「自宅から空き地まで、あの坂を使わずにいける近道がありました」
トリック台無しじゃん!!(笑)

でも先週の目玉は、パパとうぬぼれの立場入れ替え!だったからいいかー。プロポーズ、パパだけでなくうぬぼれまで立候補でメチャ笑いましたって。

そして今週はうぬぼれママが登場!迫力ママゴンな竹下景子は、まるで「ゲゲゲの女房」のイカルさんですよー(笑)
ずっと犯人は美人だったのに、まさかの地味女に惚れるうぬぼれ!ここにきて、ヒロインに光浦靖子を持ってくるキャスティングの素晴らしさ!図書館司書の職も絶妙!(図書館の本、あれはもう返してもらっても廃棄するレベルですよね。あ、返却に行かなきゃ)
よーく見れば整ったお顔立ちなのに、よく見なきゃダメな段階で既に、とは教授~。いっそもっと不細工なら覚えてはいたんでしょうねえ
プロポーズ前に既にふられて「僕を?」と驚くところはまさに「うぬぼれ」発揮でした。

で、サダメくんは新作を撮影中。トランクに入ってエンマ坂を運ばれて……って、もう先週の事件がドラマ化?どんだけ書くの速いんですかお父さん!!

またも薬味を理由に失踪するリエも不穏。
残すところあと2週ですってよ!! 

人気ブログランキングへ

「うぬぼれ刑事」6、7☆☆☆☆

面白いなあ、嬉しいなあ♪

前回のバ「ド」ミントンは、黙っていれば素敵な人に小雪、というキャスティングがもう絶妙。メインが同じくバカな運命くんだったけれども、オレンジ拾いなど1話と絡めてあった分うぬぼれの影は薄くなかったし。人が死なない事件なのもよかったかなー。
あれだけのストーカーをしておいて
「トレーニングさせていたのよ」
って(笑)おばかさんの言うことだから、もう笑っておくしか無いよねー。
「ピュアってなんですか?」
と聞かれて、バカってこと、と答えちゃううぬぼれに酷いと思いました(^^;;;;)
 

で、今回は久しぶりにがっつりうぬぼれの回。
赤いドレスの小泉今日子が、そんなにいい女なのか……?という疑問は脇に置いて。30時間飲みっぱなしとか(笑)婚姻届まとめ取りとか(笑)金沢が関東にあるよとか(笑)マラカスとか(笑)どうでも良い小ぼけを挟みながらもくだらなく切なく進む謎解き?も楽しかったです。
誰も悪くないのに、と逃げ続けて老いていく。
「楽になりたい」
と逮捕状を掴むのも分かりますよー。で、踊るし(笑)ドボンだし(笑)

冴木夫人とのやりとりは、犯罪者と同じ匂いがするとかとか怪しい情報が増えてきました~。

そして、今度はうぬぼれ父がついに!運命の人と出会っちゃいましたよー。

人気ブログランキングへ

「うぬぼれ刑事」5 ☆☆

こどもたちが食べてたシュークリームは、手作りじゃないってこと??

とうとう自白に来ましたかー。
プロポーズも受けちゃいますかー。

今回はパティシエ要潤のスイーツ教室から殺人犯が。でも影の黒幕?は別にいたのでした!
「運命の人が!」
……って3人もいたり(笑)メレンゲもクリームも嘘つかなかったり(笑)案の定パティシエ松岡も利用されていただけでモテてなかったのには笑いましたが。その分うぬぼれの出番がなくて物足りなかったデス。
婚姻届と手錠を出す場面がドラマで有名になって、ギャラリーの前で犯人までワクワク。そんなパターン崩しはクスッと面白かったのですが、そこにカタルシスが不足(><)押して押して押しまくる、いつもの愛だか捜査だか分からない暑苦しさが楽しみで見ているのにー。
輝く薬師丸ひろ子を見つめていた、それだけで結婚??
「私のどこが好き?」
「笑顔です」
も肩すかしかなー。輝きが曇った=嘘をついた、と見抜くうぬぼれは流石でしたが。

一方で、うぬぼれとリエ姐さんの元鞘はちょっと進展。冴木さんの昇進は立ち消えになりそうだというし、もしや最後にはそっちで収まっちゃう?(でもそれって、リエ姐さんが犯人に? ^^;;;; )
来週はザラメ、もといサダメくんがクローズアップだ!
抱かれちゃうのか?? 

人気ブログランキングへ

「うぬぼれ刑事」4 ☆

奥さんが可哀想だー!!!
理不尽に殺されて誰からも悼まれてないなんて(><)
そしてプロポーズも
「君の唇が好きだ!」
に、正直戸惑うばかり。今までの目が好き手が好き声が好き、に比べてまるで納得感がないんですもの。何度も夢でキスを迫られてるから、と言われてもーそれうぬぼれが勝手にみてるんだしー(学園潜入ネタはそりゃ笑いましたけど!!)

穴井さんと同時進行で惚れちゃうとか、そもそも写真でしかみていないとか人違いとか、パターンを崩して来ているわけですが、それはそれとして、構成の面白さがなかったわー。刺青だって死後に彫ったら鑑識で分かるじゃない、もっとなんちゅーか、こう。うーん。

小ネタは、刺青が阪神!……と見せかけて彼にイニシャルとか(笑)穴井の危機に、でも着替えてくるうぬぼれとか(笑)先生の女がしょっぱいとか、ダサメくんとか、酔いつぶれた夫を「この辺来たことあるんで」と迎えに来て目を合わせないエリとか(^^;;;;)充分楽しかったんですけど、期待が大きいだけに点が辛いぞ。

人気ブログランキングへ

「うぬぼれ刑事」3 ☆☆☆☆

「犯罪者しか好きになれない、いや良いと思った女性を知れば知るほどだいたい犯罪者」
なーんだ、3話にしてさすがに自覚が出てきました!
嗚呼なのに、ちゃんと調査結果を調べてから突進したのに、やっぱり恋した人は殺人者だった(笑)不幸だと働くナンカ超能力なんでしょうか??相手から惚れられたらなくなりそうな能力ですねー。本人なくしても哀しくないだろうけど(笑)

そんなわけで今回、好きになったのは「声」。
夫を亡くして立候補の、選挙演説で一目もとい、一声惚れです!
「あなたの愛をください!」
「ハイ」(笑)
元女子アナ、未亡人、ショートカット!ウヌボレ4情報ではとことん嫌なババアなのに、何を聞いてもポジティブ思考なうぬぼれくん、まさに恋は盲目!!そして朝から晩まで家の前で刑事が張り込みまくり……って、そりゃあ後ろめたい人にしたら恐ろしいですよ。まさか本当に恋されているだけだなんて、思いませんって(笑)
そしてベッドルームでムラムラする2人!(ぴょーんと跳びのりながらも、ちゃんと相手を潰さない様にしてる虫のような長瀬くん、素敵 笑)次から次へと邪魔をする宅配便!どれもこれも、旦那の自殺を否定するものばかり!!それより何より、朝4時半に設定した目覚ましが変すぎたのですが……。
「主人も私の声が好きだといったわ」
と、家中のタイマー、アラームに彼女の声が設定されている家が驚愕でした。「あなた」「あなた」「あなた」と優しく語りかける声。なのにうぬぼれに残された着ボイスは「変態!!」(泣)ホント、こういうところ、上手いわー。

上手いといえば、劇中ドラマ「うぬぼれ刑事」(2時間ドラマだったんですね!)の運命くん。特撮チックな立ち回りがはまってましたー。踊りみたいなものだからかな。またクレーンが不自然で(笑)
ドラマ主演なのにホームレス。そして行き交う人誰も気がついてくれない(笑)TVなんてなーんとなく見るものだから。いえいえー、こんなブログを書き続けるほど必死に見てる人もいるんですよー。

さて来週は!!瞳、手、声と来て、次は何に惚れるのか、指輪はやっぱり辞めたのか、元カノ恋愛事情は何が明かされるか?
とにかく楽しみー!!!楽しみすぎデス!!

人気ブログランキングへ

「うぬぼれ刑事」2 ☆☆☆☆

出たー筆談ホステス!もとい筆談ママ(笑)常にキレ気味&下ネタでひとつもイイコトなど言わなくてナイスです!

今回はマッサージ嬢に惚れるうぬぼれ。顔もまだ見ず、背中のツボ一押しでビビビっと(古)来ちゃいました!(その後、酒場のみんなが次々マッサージで癒されて服を忘れて帰ってくるの笑ったー)
しかし、今は人妻な元カノと会っても、まだ自分に惚れてるんだろな態度はむしろ元カノの方で、「うぬぼれ」がうぬぼれてる感じがあまりしませんヨー。「ひと目ぼれ刑事」なら超納得なのにー(ゴロ悪い ><)

で、そのマッサージ嬢(蒼井優)に退職されて手掛かり無しかと思いきや、おにぎり1つで
「この絶妙な握り加減!!」
と、彼女の手仕事を感じ分けて発見!!……無駄にすごいセンサー持ってますよねー。そして
「金が好きな君が好きだ!!」(笑)
どんな嘘で金の無心されようが、悪い顔に豹変されようが、ドリンクには睡眠薬入りで保険金殺人を狙ってっぽかろうが、やっぱり最後はプロポーズなうぬぼれです。
ドリンクのせいで半分寝かかりながら、続く謎解き!響くイビキ!「寝言を言わないで下さい!」とまったくなツッコミ!!もうどうしてこんなことクドカンが思いついて、しかもどうして長瀬くんも要望通りやれちゃうんだろうという、ものすごい場面でした(><)

逮捕状と手錠か、婚姻届と婚約指輪か!!
後者は現金にも換算できます!と「カネが好き」なら絶対こっちだろうと踏んだプロポーズだったのに、こんな希代の悪女まで選ぶのは逮捕と手錠なのかー(「私には心が無い」とまで言って、ブオトコは殺すところだったのに!「あなたは不幸に出来ない」のは何故なのか?既婚なんだし、元カノの「それが結婚」もあったことだし、単に「結婚はもうイヤ」の方がまだ納得出来そう)
遠い逮捕状にそーっと手を伸ばす蒼井優は可愛かったけど、婚姻届をとってぬか喜びさせて欲しかったなー。まだ変化球には早いのかなー。
とか文句言いつつ、ツイッターする教授も合コン話も「えてして下着は派手」話も、西田敏行パパも、隅々面白かったわー。
「ケイジです」「じゃあニコラスさんって呼ぶね」ここも(笑)つい偽名を使ったり、電化製品の充実に気づいたり、うぬぼれ本人だってちゃんと胡散臭さは気づいているのに、やっぱり恋に負けてしまうのがすごい~。

最後は、死体役専門の運命くんが「うぬぼれ刑事役」に抜擢されて続く。来週も死ぬほど笑えそうです!

人気ブログランキング

「うぬぼれ刑事」1 ☆☆☆☆

ていうかストーカー刑事! 
長瀬くんの熱演が見事です。  

右手に逮捕状、左手に婚姻届。それが駄目なら指輪と手錠を並べて
「結婚してください!」(笑)

なるほど好きじゃない相手にされるなら脅迫です。あんなにかっこいいのに、どうしてこう挙動不審になっちゃうんでしょう~。恋愛指南ビデオを丸ごと信じちゃうところがまずイケてない~(><)前髪切りそろえた微妙な髪型、短すぎる斜めがけカバン、サイズの違うスーツ。土台が長瀬くんでも、ここまでダメになれるとは(「セクシーボイス&ロボ」の松山ケンイチ思い出した 笑)、ブサメンでも逆をやればモテモテってこと??(違)

彼を捨てた元カノ@里恵(中島美嘉)がやたら束縛きつかったのも、”うぬぼれ”がかっこよすぎるから不安で不安でそうなっちゃった、ということなのでしょうか(単にヘンな女に見えたけど ^^;;;;) 再会した里恵は人妻、それも荒川良々でほっこりする尽くす女、愛妻弁当を届けちゃう女になってましたもんねー。
 

そんなわけで、事件はゲーム会社での殺人。セキュリティロックのかかった部屋で。
惚れたエリコ(加藤あい、好きー)さんは関係者。彼女に会いたくて、彼女のことを知りたくてすること全部が事件の捜査になってしまうシチェーションがいちいち大笑いでした(笑)
その他ちょこちょこと、長瀬くん視点の再現ドラマでは殺される役が運命くん(生田斗真)だったり、ラブラブエッサイムだったり、張り切る荒川良々をみて「寺脇みたい」だったり(相棒なだけに!)、リエとエリ、「リエコさん」「エリコです」だったり、ずーっと楽しかったわー。
ただその笑いに傾いたままというのは、泣いたり笑ったり忙しかった「流星の絆」に比べたらちょっと物足りないかもしれません。嗚呼贅沢な。

さて、酒場のうぬぼれフォーがファイブになって(刑事の守秘義務とか、そもそも刑事だって言っちゃうのも駄目じゃないかとか、もうツッコミ止まらず 笑)普通ならこのまま毎回続くのでしょうが、鬼才クドカンのこと。視聴者が慣れる前にパターン崩しが始まることと思われます。

うぬぼれパパ(西田敏行!)の本も出版&映像化決定!その辺の騒ぎも絡んでくるかなー。
パティシエ要潤や、「プロゴルファー花」で借金取り2だった刑事さんとかの活躍にも期待♪

「魔女裁判」1 ☆☆

面白くなりそう??

初回は人物紹介だけで、まだなーんにも始まっておりません。雰囲気だけ。
裁判員になった。
他にはこんな人が。
それを盗撮監視している一団。
裁判。
脅迫??

冒頭でちょっとデータ放送の画面を表示してみたら、いちいち人物に名前の他に色名が表示されていて「オレンジ」「ピンク」「シャンパンピンク」etc
何これ、字幕を発言者ごとに色変え??かと思いきやあれですね、本名を明かせないのでニックネーム。服の色からなので、次回から着替えたらどーするの?ですが、覚えやすくはあります。TV向けにGJ。
(映画「12人の怒れる男」「12人の優しい日本人」では番号でしたね。日当目当てといえば、ホテル暮らしと日当が快適で、裁判を引き延ばそうと頑張るコメディ映画もありましたっけ。「相棒」のアンチ裁判員制度に始まって、これからどんどん題材になるでしょう)

やはり実際の裁判に至る手続きが、ヘー、ほー、と一番面白かったです。予備の2人が発言権なしに立ち会うとか、知らなかったわー。
しかし、たかが夫1人殺したかどうかの裁判を、チーム組んで機材使って、スパイ大作戦みたいに隠しカメラで見守る人達ってなんなんでしょう。特撮悪役のナントカ団みたいで笑えちゃって。
その辺を次回、頭脳犯罪としてショーアップしてくれるなら興味がもっと湧くかも。

主人公の生田くんは、似合いの役を生き生きと演じて魅力的だと思いました。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ