ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

玉森裕太

「ぴんとこな」~4 ☆☆☆

どこが『勉強』合宿なんだー!

ビーチでまた華奢な裸をサービス、無理矢理なキス寸前場面をサービス(?)と頑張ってました。そういうの別にいいんだけど…w


じゃすみん的見所は、モテモテ御曹司のくせに奥手なぼっちゃんの空回りです。

「好きだ」もまだ本人に告げてない、肩も抱けないw 水族館の身代わりデートも距離があって可愛かったなあ。で、誕生日だーと頑張るサプライズがあれw(電話一本で材料と工具もって駆けつける弟弟子、優しいよねえ)

特に隈取りキャンドルは、原作通りなのなら漫画では美しく描かれていたのでしょうが……なにぶん本数が多いので現実には燃え盛りすぎで危険w 煙も凄かろうw 笑い転げましたw


で、恋愛相談をされちゃったら「好きだ」は諦めて、彼女の恋心を後押ししちゃうとか!可愛いわー。

これが一弥だったら、とりあえず慰めながら口説いちゃうんじゃないかと思うぞ。要するにガツガツ出来ないのね、恋愛でも。


しかしあやめの恋心が一弥>>恭之助なのとは逆に、芸においては1話当初の天才一弥>>ぼんくら恭之助 な図式からだんだん、華もあって舞台で目を引くのは恭之助>>一弥は真面目なだけ……となってきていて、多少溜飲が下がります。

恋だって、今は「いい人」恭之助ですが、好かれてる気持ちが恋になる日も可能性は充分!頑張れよーw


来週はついに、二股があやめにもバレて揉めるらしい予告。御曹司チャンスです!

でも一弥が恋に悩めば、役によってはそのせいで輝いちゃったりしそうだし、恭之助は恭之助で、両想いになったら稽古さぼってぐだぐだになりそう。要は、芸の為には今は悩め若人!ってところで、さてさてw


恭之助のところは坊ちゃんも弟弟子も気のいい感じで、一弥のところは兄弟弟子も小ずるい感じと揃っているのは何故でしょう。家風?



「ぴんとこな」2 ☆☆☆

「いつかオヤジを超えてみせる!」

と、ダメ御曹司がついに父に啖呵を切るまでを描いた今回。

いやそれとも

「あやめ!……って、呼んでいい?」

と、名字呼びを卒業するとこまでかなw


歌舞伎と父のところが部活動と鬼コーチになってもイケル感じの今作ですが、やっぱり若い同士のストレートな恋愛はいいですねーw いっしょに胸きゅんを楽しんでますわ。


熱で倒れたあやめを助け、看病どころかバイトの代役までしてくれちゃう恭之助。次回作「棒しばり」の稽古は帰宅後の深夜から早朝……いくら恋パワーで燃えてても、それは身体がもちませんって。更に親からみたら今までの夜遊びと状況は同じなわけで、そりゃ小言も出ます。稽古しろ稽古を。


しかも鈍いあやめは尽くし甲斐なく、やっぱりヒロ君が一番。

雨の中ヒロ君に待たされて風邪を引いたのに、訪ねてくれば嬉しそうに会ってるし!頭なでなで現場を目撃して恭さまショック……って、可愛いわー。抱きしめたりキスじゃないんです、頭なでなでですよ、する方もそれ観てショック受けてる方も可愛いわw


一方、敵役なお嬢さんは抱きつくわベッドに引き倒すわと強引な色仕掛け。かわそうとする一弥に「棒しばり」主演のご褒美をぶらさげます。卑怯だわー。で、ふたを開けたら恭之助の相手役が一弥ということは、やっぱり据え膳喰ったってことじゃないですか。いやーん不潔よ(><)


まあそんな取引は知らない恭さま。あやめは取られそうだわ、稽古では負けてるわ。対抗心を燃やすあまりに稽古場で殴り合いをやらかして父激怒。そりゃそうですよw

オレの気持ちをちっとも分かってないと騒いで飛び出る恭さまですが、君は君でオヤジの気持ちを考えた事もないよね?オヤジさんも若い頃には同様に御曹司、同じことで悩んだ筈でしょ。その上で乗り越えて来いと待っているのに。ってことで、江波杏子から『突き落とす親獅子の方が辛い』とフォローが入ります。

結局、年の近い山本耕史兄貴が褒めてなだめてやる気にさせてくれましたよ。ああ手間のかかるおばかさんは可愛いわー(完二郎兄さんだって御曹司育ちでしょうにw)


今回、恭さまが子供の頃は歌舞伎が好きで仕方なかったとか、型覚えは悪いが役を自分のものにする力は素晴らしいとか華があるとか『実は天才』設定のフォローが入りましたよん。じゃあ後は本気を出すだけw


お友達の歌舞伎ファンは、踊り場面や所作が貧相で観ていられないそうです。うん、まあねw ジャニーズも日舞とバレエと外国語ぐらいは必修にして宝塚音楽学校みたいに若手を仕込めばいいのにね。でもそれをいったら、ほとんどの運動ものドラマだって何が甲子園だ、メダリストだって状態なのは同じですからね。


「ぴんとこな」1 ☆☆☆

航空自衛隊に続け!

……と、思ったかは知りませんがw 亀治郎もとい猿之助さんの歌舞伎紹介で幕をあけ、CGキャラで解説までして、もちろん新装歌舞伎座も撮影しまくり。今度は歌舞伎がジャニーズドラマを完全バックアップですよ。

歌舞伎&ラブw 楽しかったー。


高3のぼんくら御曹司恭之助(玉森裕太)と養成所あがりの新鋭女形一弥(中山優馬)が、芸の火花を散らすと共に女の子も取り合うというw 筋立てはもう完全にド定番です。

特にヒロくん=一弥は、幼なじみだという千葉あやめ(川島海荷)に会っても笑顔も見せないのですが、覚えてる、絶対覚えてるって。あの袋の中には思い出の人形が入ってるに決まってるじゃないですか。ほーら、入ってたw


その流れで、思い出のナデシコの花が届くのも一弥こと弘樹くんからと思わせて、実は恭さまがヒロキを名乗って手配していましたが。それを知ったあやめが騙されたと怒らずに、素知らぬ顔で礼を言い

「…って、伝えてね」

「なんか分かんないけど言っとく」

と、相手を追いつめないところは大人で、ちょっと驚きましたわ。


そして御曹司主役の舞台で、一弥は端役……と思いきや、先輩女形(山本耕史)のぎっくり腰で、なんと一弥がヒロインお軽に大抜擢!本番舞台を、玉森&優馬のお軽勘平で観られちゃうなんて、きゃー……もとい、

「舞台の中央に立ったら」

と心に決めていた日が早まったと、一弥もあやめへの恋心を宣戦布告なのでした。

(わざわざシャワー室で裸の時に言うファンサービスw 私的には運動してない薄い身体見せられてもなーですが)


ただ、幼いころに別れたっきりの一弥が、同級生の御曹司と同じ様にあやめが好きってのはどうなのか。

御曹司の方は、出会いで芸を罵倒され、ケガをした時には優しくされて歌舞伎のことでも励まされ……と、順当に知り合って、18才らしく恋に落ちてるんですよ。君は小2の頃のあやめしか知らないじゃないのー。

そりゃあやめも、辛い事は一弥との約束を胸に乗り切ってきた様に、一弥もあやめを思って頑張ってきたとしてもさ。それは気のせい、恋じゃないって。


そんなわけで、最初はイヤな奴だった御曹司を、2時間見終わったら応援してましたw 頑張れ、負けるなー!

一方の一弥くんは、轟屋のお嬢さん(吉倉あおい)に惚れられてます。このまま轟屋の養子になって名跡を継げれば、歌舞伎役者としても万々歳。ましてや御曹司と女を争って勝って恨まれても、いいことないんだぞー、ゆずっておこうよ。


歌舞伎の場面は見るからにつたないのですが、冒頭の鏡獅子や大半の稽古での恭さまは『ヘタクソ』設定ですから大丈夫w

本番舞台の、恭さまも一弥も見事に演じたとされる演技は、台詞が始まると回想をかぶせてくるなど非日常な発声は最小限に押さえ、見やすい工夫がされていると思います。あとは見慣れれば、ゴージャスな着物姿や女形の女装をキャッキャうふふと楽しめる寸法。ついでに本物の歌舞伎にも興味をもってくれたら万々歳~って感じですか?
この現代の日本で、職業選択の自由がほぼない世襲の梨園に産まれた葛藤や、父と息子の対決も盛り上げどころですよね。で、玉森の父に岸谷五朗っと。 


残念だったのは、あやめ役の川島海荷が声を張れないところ。

「何なの、あの猫みたいな鏡獅子!」

と、何度も回想で流れる印象的な台詞があの声量って。それこそ、ヒロインを演じるのに恥ずかしくないの(><)
玉森と優馬にとっては大チャンスな役どころでしょうが、海荷のあやめ役も「花より男子」つくし役井上真央の様な当たり役に出来るのか? それは2話以降のお楽しみ?


「美男ですね」~最終回 ×

だからあ。

そっくり入れ替わりドラマで一番見たいのは、その2人がやっと揃って

「ホントにそっくり!」

と周囲が驚く場面でしょう??
少なくとも私は楽しみにしてました。 

なのに、妹(美子)に自分の代わりをさせていた兄(美男)、帰国して「ありがとう」と言うでも「迷惑かけてごめんね」とねぎらうでなく。マスコミとAエンジェルメンバーの前でポーズとっただけ。最後まで兄妹ご対面の場面無し。
おーい!


廉との恋はもう好きに描いてくれたらよろしい。
コンサートで客席に降りて来て、ひとりを抱きしめるなんて暴動が起きそうですが。それが自分だったらと妄想して幸せになれるひとがいるなら、それでいいよね。
でも美男美子の関係に代表されるような適当さがあちこちに見えて、ただのドラマ好きには楽しめませんでした。(中学生女子は、これをみてないと日常会話に困る程流行ってたらしいです) 

「美男(イケメン)ですね」3 ×

美男が女だってばらすよ

ハイハイ。

だから、外国で手術待ちとかいう兄さんもさー。自分が上半身裸の写真をサクッと送ってやれば済むことじゃない。 同じ顔で裸の写真が出れば、今ここで脱げとか言われないでしょー。
(「七つの黄金郷」の双子もその手法で、兄の女装をごまかしたのだ。懐かしいw)

気に入ってる家族がいるので、つきあいで見てはいますが脱力。
「お母さんは死んだみたいです」
って、メールや電話で言うことですか。いくらあのマネージャーでも軽すぎるでしょ!

原宿テレフォンデートはちょっとロマンチックだったので、ああいう胸きゅんが詰まった原作なんだろうなあ。教会かあ、韓国はクリスチャン多いっていうもんなあ。と穏やかな心で見る様にはしてますが。

アイドルが転んだからって『鼻血』垂らすなんて。

ここが一番許せなかったw

「美男(イケメン)ですね!」1☆☆

貧弱~貧弱ぅぅぅぅ!脱いでも貧相なんだよ(><)

で、誰一人美形に見えない、のも、ターゲットでないワタシの意向は関係ないからいいです。むしろ楽しみはレポーターの六角さんと山崎樹範(太った?)
しかしどうしても解せないのは、自分の人生の岐路を妹に託す美男(みお)、なんで直接妹に電話もメールもしないのか……意識不明なの??


というわけで、またもや男装ドラマです。

父を亡くした子どもの頃から、兄の夢は歌手、妹はシスター。

ケガの手術で歌手デビューが流れそうな兄@美男の代わりに、双子の妹が引っ張りだされて大騒ぎです。股間にスーパーボールを2つ入れとく場面では笑いましたよ、そんなーw 国民的アイドル歌手グループに加入して、メンバーの男3人と暮らすんですって。はいはい。

歌え、と言われて咄嗟に出るのは賛美歌。

上手い下手はよくわからないけど、男性には珍しい音域が出るのは確かなわけで認められ……それって、手術後の兄が戻っても同じ音が出なかったらますます困るだけではないかと。


まあ1話終わりで既に、メンバーには女だとばれたのであとは対外的なドタバタと恋愛騒ぎなんでしょう。社長@高島弟とマネージャー@柳沢慎吾が盛り上げて……うーん
個人的には兄が戻ってくる3ヶ月後、最終回のあたりだけみればいいのかもw


人気ブログランキングへ
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ