ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

玉木宏

「残念な夫」1 ☆☆+☆

うわー、世のパパは茶の間でさぞ居心地悪いでしょうw ☆ひとつ加えたのは、可愛い赤ちゃん華ちゃんの分です!

そんなわけで、子育て新米パパ(玉木宏)右往左往。
(ちょっと年配ですよね。小栗旬じゃリアルすぎるのかなw)

『夢の一戸建て』模型、素敵なプレゼントなのになあ…

『俺の趣味の部屋がここで』

『夜泣きするから君と子供はこっちね』

って最低w

パパがんばってるのに可哀想~と見ていて私ですら、あれは笑顔でど突くねw どうせ分けるなら子供を別室に寝かせましょうよ、欧米式なら乳児も一人部屋ですよん
なんちゅーかあのパパは、イクメンです褒めてっだから怒られるんだよね。パパが仕事しても褒めてもらえないように、奥さんも子育てして褒めてもらってないんだからさあ。髪ボサボサの妻を急に褒めるより、赤ちゃん褒めとこうよ。華は益々可愛いなあ、それも君のおかげ、僕の手伝い育児なんて毛ほども役にたってません妻よありがとうって言っとけって。
  

もう、赤ちゃんが可愛くて懐かしくて。

うちのは成人式/高3/高1と育っちゃってるので、うんちオムツを替えない/基本手伝うつもり等のパパあるあるを笑って見てました。あの当時の私は夜7時から子供にまみれてぐーぐー寝てたので、帰宅した旦那が一人で寂しくて、ドラマ見るようになったんだそうですよ。

でも一晩中寝てたわけじゃなくて、1時の夜泣き2時の授乳3時のトイレ付き添い4時のハラヘッタとか3人分の用事で細切れに寝起きしてたからね、旦那が一緒に起きずに寝てるのは、私は助かってたけどなあ。泣かせるなよ、とか怒られる方が嫌じゃん。

そういえば阪神大震災の時、オムツ替えて寝なおしたばかりだった私は揺れても寝てたのでした。鳴き声で起きない旦那が、揺れでは飛び起きて逃げ道を確保したともう100回言われてます。うん、分業はあっていいと思うんだよ。

あと、仲良し母娘に邪険にされてる上司w
旦那が頷いてたわ。えー、うち息子もいるし、娘が陸上してたころは二人で筋肉とトレーニングの話ばっかりして試合に通い詰めてたくせに(><)


一緒に見てた娘には

「ママこんなに大変だったの?」

とご機嫌をうかがわれましたが、昔のことすぎて覚えてないw 

このドラマも、とっかかりとして大変大変~って騒ぐのはいいけど、それでも楽しい、それでも可愛い、って描写はがっつり入れてこれから産む人達を怖がらせないでほしいですよね。可愛い我が子を、母親の自分と本当に同じように心から可愛いね!って思ってくれるのは父親だけなんだからさ。二人で「可愛いね!」って言い合うと倍々可愛くなるんだからさー

(長男成人式のセレモニーで見せる写真10枚を選ぶため、家族写真20年分を見返しまくってたところなのでもう可愛い汁が脳内でダダ漏れてて辛いw)

それと、出産DVDは繰り返し見たらアカンw 次の子産むまでにはいろいろ忘れてる様に出来てるのにw


赤ちゃんが見たいので来週も見ます。

離婚届はなんだろう、婚姻届ならゼクシィについてるけどw


「きょうは会社休みます」1 ☆☆☆

壁ドンw

朝チュンw

「ボクじゃだめかな」と覗き込んでくるイケメンww


次々と襲いくるドリームにニヤニヤが止まりませんでした。

イケメンバイト20才(福士蒼汰)と寝ちゃった喪女正社員30才(綾瀬はるか)の内心大騒動です。


バス停に馬に乗った王子様が迎えに来るような派手な画面よりも、ゲームセンターやバッティングセンター、船でのデートの方がドリーム満開でしたよねえ…。

だって、朝まで一緒に居たいという言葉にもう手を握ってOKしてるんですよ?そのままホテルでいいじゃないですか。なんでそこからデート。身体だけじゃないよなアリバイ演出ですかw
時間も気になります。吞み会→2次会→バーの花火ケーキで既に深夜でしょうに、ゲーセン終わり1時バッティング終わりで2時?

かえって酔った勢いにも出来なくなってからの情事、初挑戦の主人公がどう逡巡するかも見たかったのに、そこは跳ばして翌朝で朝チュンってw 定番、シーツを掴む手のアップがなかったのが不思議なぐらいの少女漫画な展開でしたー(今時だったら中学生向けの方がもっと過激かも)

30才で第2子を出産という主人公の友人(平岩紙)と立場は同じな私、他人事ですのですみません。というか、20才の長男がこの状況で朝帰りだったらイヤだわーと親の気分でもあり(><;;;)


そこに愉快な同僚たちと、上階のCEO(玉木宏)まで絡んで賑やかになるんでしょうねえ。

綾瀬はるかが朝帰り、昨日と同じ服と気付くCEOもイヤですがw その後さりげなく昨日と同じ服の男=お相手をさがすとかヒマなのかCEOw

イケイケで上目遣いの仲里依紗が魅力的。そして待つだけの女は『傲慢』だぶっとばしてやる!と元気で可愛いですw

個人的には、愛するひとに出会うまで童貞が信条という若手社員君(千葉雄大)に賛同。それが何才だろうと他人が知ったこっちゃないでしょう。捨てるものでもないよね


「砂の器」 ☆☆

玉木宏主演のspドラマ。

2011年3月12日からの2話連続で放映予定をめちゃ宣伝していたのに、3月11日の大震災で流れてしまったという曰く付きです。

単純にドラマを放映している場合ではなかったこともありますが、回想で何度も大阪空襲が描かれ、その混乱に乗じて和賀が戸籍を変える設定ではねえ… 中居くん主演で連ドラ化された時には長崎の水害でしたっけ。 将来また映像化されるとしたら、名前を変えるのは東日本大震災でとなるのかもしれません。


で、物語はご存知の通り、蒲田操作場の死体発見から始まり、若手刑事吉村(玉木宏)を主役にしての捜査劇です。携帯もない昭和、電車移動中に車掌さんが電報持って来ますよw

証拠品の返り血シャツを切り刻んで車窓から捨てる愛人も…昨今なら可愛いイタズラと記事になるんじゃなくてゴミ捨てるなって怒られるか、動画がネットに流されそうですよねえ。


指揮者の和賀が佐々木蔵之介、評論家関川が長谷川博己。特に関川が見せ場たっぷり。

その分和賀が霞んでしまって、父親への想いが鍵になるオトシの場面でもあまり気持ちが動きませんでした。熱演でしたけど…。父親とさすらった理由が地主一家殺害の、ただ疑いをかけられての村八分だなんて。じゃあ他の土地で暮らせるし。息子は親戚のところに置いて行けたでしょうし。

疑いだけで家を亡くして辛い幼少期を送った息子が、保身の為に本当に人を殺してしまうとはなんて皮肉なんでしょう。

だいたい、政治家の娘と婚約してる現在がそんなに大事なら、増々殺人なんかしちゃダメだよ…orz 警察が来た途端にキッパリ和賀を捨てるお嬢様の潔いことw


お目当ての西村さんは捜査一課の頑固者です。

吉村と組んでの聞き込みでも、無礼な態度で相手を怒らせ、あんたにだけは教えたくないとか言われちゃってて笑いました。古い型のメガネもお似合いw あと将棋が上手いw

「私の嫌いな探偵」1、2 ☆☆☆

メタメタどらまw


視聴者目線で、

「最初にちょっと出てきた有名な俳優が真犯人」

ってw 無名の役者が最後に長々と語ったら見てる人が飽きちゃうからね→じゃあ栗原ルイじゃん!ってそれ推理じゃないw

玉木に向かっては「ピアノ弾きそう、指揮しちゃいそう!」と露骨に「のだめカンタービレ」を示唆し、剛力彩芽も踊る踊る。プロペラダンスもしちゃうw


もう真面目に見る気はしませんが、不真面目に見る分にはそれなりに面白いかと。なにより、剛力彩芽は仏頂面で賢い役を演じるよりこういう元気で阿呆な役が似合いますよね。


そんなわけで、名探偵(玉木宏)が引っ越した「家賃一万円」の物件には、現場に連れて行けーじゃないと来月から30万円だ!と騒ぐミステリーマニアの大家(剛力彩芽)がセットについておりました。はい。


肝心でもなんでもない事件のトリックの方は、原作を読んでいたので分かりました。問題は、こんなオモシロ探偵がいたことは全く記憶になかったことです。烏賊川市、知ってる。トリック、覚えてる覚えてる。でもこんな大家も探偵も知らないなーw よほど原作で影が薄いか、同作者の関連書籍をくっつけてドラマ化しているのか、もうボケてきてるのか。むむむ。


とりあえず来週もみます。

ところで探偵はちっとも嫌われておりませんでしたがよね。 


「ギルティ」最終回☆☆

「でもどうしても言えなかったの!」何故??

最後の最後で出てきた三沢父の私生児。
復讐のために息子に近付き、問題を起こせとたきつけたそうで、冤罪で芽依子が捕まっていたんじゃ、可哀想なだけじゃなく目的も達成されてません。サクっと真犯人を通報できなかった理由は??実は息子くんを愛しちゃったの、とか??(ムショ返りの芽依子に、必死に優しかった理由だけは分かったけどさー)
ドラマ的には、良くある最後の(余計なw)ひとひねり。恩人が全ての元凶だったと知り芽依子の絶望は深まりますが……だから、匿名の通報ぐらいできなかった理由はなんなのよー。
ついでに言うと、三沢父の変死が自殺と断定されたのも何故なのよー。

でもまあ、そんな細かいことや、学校の休日警備がザルで部活動も禁止なのかって無人状態を気にせず、頭空っぽにして受け入れれば、いろいろ盛り上がりの多い最終回でした。
落とし穴大成功、母との和解までできてラッキー!(手錠を外すから逃げられるんだよ、真島くん……)

虫の息で絞り出す「ア イ シ テ ル」に主題歌がかぶる演出は狙ってましたね??
♪愛してる~って言うアナタの言葉はサヨナラよりも哀しい♪
まさかの真島視点!!女声に騙されました。
そして口づけ。
毒物を含んだ口に!! 
重なって動かない2人のシルエットは、もしかして真島も死んだかもしれないし。堂島さんの原稿は発表されたかどうか定かでなく。

全てが虚しい、含みのあるラストは美しかったです。
本当は、芽依子に
「生きて償え!」
というのなら、三沢息子も助けて、恥辱にまみれた残りの人生をきちんと生きて、償え!と、並べて叱りとばしてやって欲しかったのですが。様式美ではこうなるのかなー。 

人気ブログランキングへ

「ギルティ」〜6☆☆

野上芽依子とあいつがつながっていた!!

……そりゃそうだ。小娘1人でできる情報収集じゃありません。でも情報を与える側にどんな利益があるのやらと思っていたらなるほど、復讐の日時場所がわかるならバッチリ写真が撮れるのね!鬼畜だわ(また、唐沢さんが相変わらず嬉しそうで嬉しそうで、出て来るだけで笑っちゃいますって)

そして野上の冤罪に関わる人々。何でまた、これだけの人々が寄ってたかって小娘に罪を着せたかったのか?それが明らかになったとき、果たして納得がいくのか?ハラハラです。

真島が刑事だったと、ついにばれましたが。自らの服役を明かし、
「驚かないのね」
ともう知られていたことを確認する芽依子。しらを切り続ける彼に静かに逆ギレする怪演は流石菅野美穂でした(笑)あれもこれも捜査のためかと思うと、惚れそうになっていた分腹が立つのはわかりますが。そうじゃないのよー。
さて、真島の誠意は通じるのか?

人気ブログランキングへ

「ギルティ」1☆☆

復讐譚。嫌な話。

執拗な嫌がらせで相手を追い詰める菅野美穂がヒロインです。乳飲み子の孫や妊婦の妻を人質に、これを守りたかったらお前が死ね、と。
どうやら彼女の過去、冤罪で服役したことに関わった男たちの様ですが……事情も分からず、のっけから死なれても&殺されてもすっきりしません。「死に値する」と彼女が断罪する度に『えー?』と思ってしまう。『眼には眼を、歯には歯を』と説くハンムラビ法典、あれってそれ以上のことはしてはいけないという戒めの面もあるそうじゃないですか。ヒロインも命を取られたわけじゃないのであって、もう一歩手前でどうにかならないのかと。
しかも犬は可愛がっていて、実は悪い人間じゃないんだよ、アピールがちょっといやです。「心がない」と宣伝しているなら、小動物ぐらい蹴り殺してみろ!←苦情が殺到するでしょうねえ(^^;;;;)

で、たまたま知り合った玉木宏刑事が、これまた無理な連想で彼女の過去を知る。彼自身も辛い過去があり……云々。

2人で真犯人捜しでもするのでしょうか。
ヒロインの犯行を疑いもしなかった母は痴呆、不仲とされた姉(誤解の匂いがする)は事件後自殺、無実を証明して謝らせる相手も、無実を喜んでくれる人もいなくてどうするんでしょう。

小者記者の役を唐沢さんが嬉々として熱演。

人気ブログランキングへ

「のだめカンタービレ」1 ☆☆☆

 ぎゃぼ!子役で海外ロケ!さすが月9で豪華。
で、これも面白かったですよ!!
 画面に手書きのハートが飛んだり、スローモーションでハリセンチョップだったり、漫画原作を再現しようてところも随所にやりすぎでしたけど、まぁいっか。

 テンパって声が裏返ってる玉木宏、可愛い〜。
俺様体質、向かうところ敵なしな天才:千秋さまが、いかにして変態ゴミ娘:のだめに巻き込まれていくのか。異臭に耐えかねての掃除、ムキになっての料理、プライドにかけてのピアノ連弾。
 テンポよく納得させられたんじゃないでしょうか??

 映像化一番の弱点はやっぱり音で、素人には
「スゴイ演奏だ」も「下手くそ!」も全然基準が分からないんですけど。さすがに終盤の連弾では、腕の動きという視覚も加えてくれて、千秋のひとつ乗り越えた壁が分かったような気がしました。

 視覚っていったら、のだめの上野樹里もアフロの小出恵介も、これ以上ないヘンな役を動きからモノにしていてお見事!(エロ外人竹中直人のアレは、普段どおりっちゅーか誰か止めてあげてっていうか ^^;;;)

 そして、じゃすみん的最大のツボはもちろん!音大ピアノ講師の西村さん!!
ほのかに紫色の長髪!!黄緑のセーター!!頬に手をあててフェミニンにモーツァルトを語るお姿!!メッチャ得した気分です。

 来週からは、落ちこぼれオーケストラ編制で竹中直人がますます頑張っちゃうでしょう(^^;;;)そこのやりたい放題さえ我慢出来れば・・・・。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ