ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

玉山鉄二

「BOSS」最終回☆☆☆☆

あー、面白かった!!もうやりたい放題ですね!!

特に書くこともなく毎回楽しく見てました。
このドラマ、基本ホームズ方式ですよね。視聴者側には知り得ない情報が、”実は”と後出しジャンケンで平気で出て来る。でもいいんですアンフェアで。エンターテイメントなんだから!

今回も、”まさか野立さんが”とか
”怪しいなら絶対こいつ(相島さん)でしょー”
とか、ワイワイいいながら見てました。

お偉いさんが撃たれてすら、
”イヤイヤ死んでない、胸に鉄板とか?”と抵抗するも、「脈がないの!」と希望を振り払われ、続く野立さんの死亡場面はもう妙にリアル。

えー、本当に悪い人だったんだー

と思わせておいてのヒッカケでしたよ!!前振り長いよ!!(笑)
そして更に長いのは謎解きです。実は盗聴が、実はチラシに字が、いえいえ実は野立と私の間には秘密のハンドサインが通じるんです! 上手く既出の情報(チラシ、元バディ等)に絡めていて唐突ではないものの、なんて見事な後出し。
銃を足下に置いたまま手錠もかけずに、まあ次から次へと出るわ出るわ。死んだ筈の長官までスキップで出てくるわ(笑)ご老体に何をさせるんですか。
この長丁場の<解説>に、それでも場がもつのは芸達者揃いだからですよ。ああ、贅沢ないいもの見たわー。

いいものといえば、1話の爆弾魔@武田鉄矢との丁々発止も見応えありました!! 最後に「可愛い」と言わせた姐さんの勝ちですね?

レギュラー刑事のメンバーも、それぞれのキャラを前面に押し出した見せ場が捜査中&その後の両方で用意してあるという徹底ぶり。うーん贅沢。

その分、ゲストでせっかく登場の反町さまは霞み気味でしたけどまあいいです。(彼氏の弟なんてもっと空気 笑)テロ事件の心配はそんなにしていませんでした。だって私たちにはBOSSが居るから!!(ドーン)

ホモのケンドー刑事をして、
「一番の男前」
と言わしめたBOSS,惚れてまうやろ?!!

弁護士”間宮貴子”の件は長すぎ&くどすぎて、「離婚弁護士」を知らない人だっているだろうにと心配になりましたが、”知らなかったら見ればいい”のかも。どちらも立派に男前ですからねー。

最後はまた、留学で日本を離れて締める様子。
別れを惜しむ部下達が、今にもあの扉から……と目線を集めるのには、本当にそこから戻ってくるオチかとドキドキさせておいてカメラは空港へ。
そして続編告知だー!!
スペシャルですか? 決定済みですかー??

ただ1つ残念だったのは、大好きなあのオープニング映像が見られなかったこと。最後で見られるかと思ったのにー。スペシャルでもテーマソングや画面は変えずにあのまま見せて下さいませ!

「BOSS」7 ☆

青酸カリなんて、どこで手に入れたんだろう……とツレ。
そんなん取材中のどっかでしょう!どう呑ませたらいいかも、そのとき知ったンでしょう、それ大事なところ?と私。

普段ここで隅っこつついてグチグチ言ってますけど、一緒にみてる家族も違うところ(私にはどーでもいいところ)を気にするわけで、そういうときにみんなでみるって面白いなーと思います。
そして今回の私の疑問は、自分の自殺分は持って無かったのか。
少なくとも警察は、犯人の毒物所持を警戒してあたらなきゃいけないよね。……お得意のプロファイリングで、彼女は他人は殺しても自殺はしないと確信してましたか?←ならそれを、部下とのやりとりで聞かせなきゃ片手落ち。

賢い女(富田靖子)の賢い犯罪、とはいえ本当に賢い人間はあれだけの著名人でありながら殺人なんてリスクとるわけ無い。もうちょっと、危ういポジションの不安定な人間の犯行であって欲しかったです。
まあ本物の殺人犯なんて知りませんけど(^^;;;;)
ドラマに出て来る確率で著名人が殺人してたら、ワイドショーはウハウハ、そのうち視聴率のために局アナを殺人犯に仕立て上げるプロデューサーが出かねませんよね。

毎回恒例のデート。なんと彼は、彼女が警察の人だと知らなかった??(なんの仕事だと思っていたのかしら…)

このところ、大好きな「現場写真の中に入っていく」CGが無いのも不満デス。

「BOSS」6 ☆☆☆

志田未来、すっかり大きくなってー。

学園が舞台という予告編から、てっきり木元の”制服姿で潜入捜査”が楽しめるかと思ったのですが考えすぎ(笑)でも「ギャルサー」からわずか3年で戸田恵梨香が刑事役なのだから、もう3,4年もしたら刑事や看護婦や教師の志田未来に会えるンでしょうねえ。

早熟の天才(志田未来)vs主人公。
本当に賢い子は、くってかかったりせずに猫かぶるよねー。でもそれはミスリードのための仮面?そして、おばさんを強調するヒロインも、また演技中……とはいえ、そこできっちり笑いをとってくる天海祐希、さすが(シワ万歳! 笑)
相手の知恵と自信を逆手にとる方法は、初回でも観たので既視感(妙に固有名詞を強調したら疑わなきゃ 笑)

ただ、初回とあまりに違うのは計画的じゃないこと。
そもそもの発端は友人の衝動的行動なんだもんね。
……そこから既に罠だったら完璧なクロですが、今回の状況じゃ別に恋はなくてもいいのでは?何時間も”死体”だと思っていたものが起き上がってきた。それだけで、私だってついトドメ刺してしまうかも(ひー、ゾンビー ^^;;;) 冷静に考えたって、救命措置せずに工作してたのマズ過ぎるし。

逆にいいなーと思ったのが、変にオチをつけなかったこと。
「いいことも、悪いことも、私については書いてなかった」
と動機を語る彼女。
これが「名探偵コナン」ならここで、
”それは君が彼にとって別格だったからだよ……”と、志田未来のことだけをつづった2冊目の日記を取り出して来るに違いない!!

高校生の保護者があまりに出てこなかったけど……そこはほら、ドラマだから。←ここで手はククッと”オバチャン振り”で!

「BOSS」5 ☆☆☆

木元に刑事の自覚が!(そしてメンバーに連帯感が)

事件は結局、友を見殺しにしてしまった男の復讐でした。
警察は何もしてくれなかった。でも通報時に名乗れなかった男も悪い、という描写になっていました。警察の怠慢じゃなかったわけね。

……でもそれよりも、ボスのドロボウ姿に驚愕(^^;;;)全てをかっさらって終わりましたねー。
「全てにがむしゃらだった」
と語られる天海ボスの過去。なるほど、防犯教室も全力投球だったんですね。ノラない演技の木元を怒るわけです。そして柔道が強いのも、犯人に襲われてもやっつけられるのも今まででみてますから!犯人に捕まっちゃった木元に
”刑事なら鍛錬しろ”
と檄をとばされても、この人に言われるならハイと頭を下げるしかありませんて。

いろいろ突っ込みどころもありますが、天海祐希がかっこよかったらいいや!

毎回ラストで会ってる謎の男。彼の弟が近々、出所だそうですよ。誰なんだろうー。
(恋人なのはその弟の方だったりするミスリードじゃないかと深読み)

「BOSS」4 ☆☆☆

防犯教室(笑)
鑑識ちゃんがクビにならない理由(笑)

今回は、シリアスに始まったと思ったらまさかの防犯教室で笑わされ、陰惨な事件もはさみつつ
”どーしても誰かをクビにするならハゲのオヤジが先”
とかいう無茶な上司と、当の温水さんの必死さにまた笑わされ。
楽しかったです!
(前回”上司は隠し事をする”と明言しているわけで、上司@竹之内豊も案外、部下には言えない正当な理由を腹に隠しているのかも)

1話の爆弾魔で殺されるのは無辜の市民。2話も3話も被害者が悲惨でイヤすぎる事件、いくら最後で解決して間宮さんじゃない天海祐希がかっこよくてもナーンカ嫌だったのですが、今回はお気楽に観られました。殺されるのも嫌な奴だったからかしら(^^;;;;)
オープニングは文句なくかっこいいし、現場写真に入り込む形で捜査が始まるお約束の特撮も好き。これでもうちょっとスカッと楽しかったらいいのにーと思っていたので嬉しいです。でも後編どうなるのかな。

職場放棄のまま誘拐され、水責めで殺されそうな木…木…木元。よーし覚えてきたぞ(一刻を争うなら地元警察をまず行かせなきゃ間に合わないと思うんだけど)予告で死んでなくて一安心。

「BOSS」1 ☆☆☆

警官も弁護士も同じ、いつもの天海祐希。でもオッケー、むしろ歓迎♪
普段と違うのは竹之内豊の方ですよね、自己中な上司。自分で自分のこと「いい男」「声もいいよー」「あいつを抜擢した俺さすが」と褒めまくりです(笑)

で、精鋭部隊をまかされ……る筈が、お荷物が集結しちゃった模様。でもそれを使いこなして、バリバリ事件を解決してくれるのでしょう!

豪華キャスト、鳴り物入りの第1話にふさわしい派手な導入でした。
ぞろぞろ人数多すぎるんだけど、知ってる人ばっかりだから見分けがつかないということはないし。
だから事件も凝らなくていいのに。あんな上半身焼けこげ遺体を何度も映す様な胸くそ悪いものにしなくても。しかも亡くなった人は皆、何も悪くない。そこはイヤンな感じでした(予告でも爆発してました。毎回爆発? 笑)

天海女史の得意技はプロファイリングらしいです。そしてプライドの高い犯人を相手に、引っかけるためには演技もします。
「女ですから」(笑)

ここで、女は邪魔だ派の捜査一課に痛烈に皮肉を返していて、私は溜飲下がりましたがツレは不愉快だった模様。事件を解決して完全勝利なんだから、相手を貶める必要はないのに、だそうです。男性はそりゃそうなのかもねー。でもじゃあ言われっぱなしでいろと?
すっかり騙された爆弾魔@武田鉄矢も、捨て台詞吐いてました。
「貧乳!」(笑)
ここで、あるわよーとばかりに胸を張る天海女史は可愛かったですが、え、そこ?と思ったのも事実。それより何よりデカ女!とか言わない?それは言っちゃイケナイ約束??

男社会、警察の中にいることでどうしても男vs女になるでしょうから、そこをずっと軽快に描けるのかはポイントなのかも。でもいいや、天海祐希がかっこよかったら♪

朝起きられない鑑識崩れ@戸田恵梨香は有能みたいです。さあ次にスポット当たるのは誰かなー。

「君が思い出になる前に」3 ☆

 だからさ。何がしたいの??

 「スタイリストは人に夢を与える仕事だ」って言われたってさ。別に自分の仕事がイヤだったり、辞めようとしていたわけじゃないじゃない。義兄さんさえいなけりゃ、ちゃんと新曲のテープだって聴いてたでしょうが。

 どうしてスタイリストなのかな。OLじゃいけないのかな。
普通のOLが、親族の世話に巻き込まれて仕事もイヤで腐ってたところで、もっと何気ない一言で眼が覚める・・・んなら素直に聞けると思うのですが。
 一般的にはお気軽コメディとされる「ウォーターボーイズ2」さえ、立ち聞きした会話を自分の問題に重ねるなど基本テクニックを見せてくれてますよ。なのに・・・・椎名キッペイを擁しながらコレかい??

 そう、キッペイちゃんは悪くないのよ?。そのうち記憶を取り戻して、別人に変貌するキッペイちゃんは是非見たいのよ?。

 来週どうしよう。
 恋人玉鉄の浮気も予告でみせられてテンション下がりまくり。親族亡くしたばかりの恋人が、たかが何週間か(しかも明白な理由で)多忙にしただけで浮気するような男、三角関係に参加する資格無いじゃん。

「君が思い出になる前に」2 ☆?

 相変わらず記憶のないキッペイ義兄さん。

 ご近所さんに話しかけられては狼狽え、昔切った取引先の男には殴られ。
”知らない人が自分のことを知っている”
という、記憶喪失特有の不安に苛まされています。

 で、彼ら親子をひきとった観月ありさは、病院だ役所だと廻る都合で仕事が中途半端。どうやら来週には過労で倒れるらしいですよ。

 ・・・と、いうエピソードの一つ一つは「ほうほう」「なるほど」と観ていられるのですが、全体として何が言いたいんでしょう。「光とともに」が自閉症について啓蒙したように、記憶喪失症について世間に知らしめましょう・・・・っちゅーわけではないでしょう??
 困ったときに必ず現れる玉鉄くん、自分の仕事は??(笑)

 いちおう、迷子の息子をみつけた時の
「お父さんはずっと一緒にいます」発言を受けて、自分の決断は正しかったとヒロイン納得で納まるわけですが・・・彼女の成長物語でもないでしょう??
 この先、恋になればしっくりするんでしょうか。タイトルの「君」は誰なんでしょうか。

 観月ありさ、顔丸い。

「君が思い出になる前に」1 ☆☆+☆

 観月ありさがジャマじゃなかった。

 デキル女な描写でも、恋人とじゃれてる時も、大好きな姉の訃報に駆けつけ生き残ってしまった義兄を責める時にも、そして「私がひきとって治してあげます」とか言い出したときにも。
 いつもの小うるさいデカイ女じゃなくて、普通の女の子がそこにいました。

 ・・・もっともその分、別の女優さんがやったって良いような気にもなります。 (深津絵里だったらああかなー、仲間由紀恵だったらこうかなー♪)
 いやまてよ、亡き姉の夫とはいえ記憶喪失中の男性と一緒に暮らすだなんて、キケーン。
 実はやっぱり、観月の体格が必要なのかもしれません・・・・。もし倒れても、椎名キッペイぐらいなら背負えそうです。

 「離婚弁護士」では情けなかった玉鉄くんが、恋人のエリート社員の役。これもいいじゃないですか。
 この先、玉鉄と椎名キッペイの間で揺れることになるんでしょうか・・・・! 地味に贅沢な感じ。

 そんなわけで、これも見続ける組。
 実は姉がいますので・・・・妹役にすんなり感情移入できる分、☆ひとつプラスなのかもしれません。あんなカッコイイ義兄でなくて残念??

「離婚弁護士」9 ☆☆

 かっこいい駱駝って何、ラクダって(^^;;;)

 沙理奈がお局でセクハラ訴訟??うひゃー。
折から、渉外弁護士に戻ろうと移籍の話も出ていたというのに・・・・・大企業の社長よりも切り捨てられるOLを選んだ 雨宮の姉御!!
 さて来週はどんな啖呵を切ってくれるのか???

 密室で起きたセクハラを立証するのは難しい・・・と何度も語られます。そうだろうなぁ。
”そこに同意があったか””立場上不利益の強制が出来たか”
する方は自信満々愛情のつもりでもセクハラ。もしくは虫けらが俺様に何の文句があるんだって触ってもセクハラ。
 我らが姉御なんかは、イヤならイヤッと大声で言える人だから今ひとつノリが悪かったわけですが・・・トイレの設置具合ひとつとっても、女性への配慮がない会社全体の体質を問う形でセクハラはあったと確信をもつのでした・・・・。

 そんな最中に、ラクダは引き抜き、若造は自信喪失、オヤジさんは元同僚との対決、ミムラは・・えーっと何かあったけ?コーヒーの入れ方か?
 とにかく、最終回を目前にバラバラになりそうな雨宮事務所。
 どうやってこれをまとめるのか、来週が楽しみです。そしてね、続編やってほしいなーコレ。

「離婚弁護士」8 ☆☆☆

 今回も堪能。

 娘が不倫?と聞いて、即座に全面否定できるってお父さん凄い。
「そんな娘じゃないんです」
その信頼だけで泣けてきました。娘の立場だったら困り果てるのも分かるんだけど。(だから内緒にしてたのに。誰だよファイル本棚に入れたのはっ!)

 そんなわけで、心は上司を想っていても離婚成立までお泊まりしなかった娘さん、偉い!パチパチパチ なのに「した」ことより「しなかった」ことを証明する方が難しいのが不貞疑惑。
 何月何日に何したとか家にいたとか、よくもまぁきっちり覚えてますよね。それに、証拠になるレシートをいちいち宿泊からレストランから持って帰って、妻にみつかっている上司さんも上司さんですよー。

 アリバイのずれに、だんだんと他の女の存在が匂い初め・・・・職場に殴り込んできた奥さんに、他の女がいきなり頭さげちゃうところ秀逸♪

この辺の苦しい女心を戸田菜穂が、娘可愛さに証拠を探して
「行ったのは他の女だよー!!」と、喜々として地雷を踏んじゃう父親を津川さんが好演でしたわ。新幹線での父娘の心の交流もステキ。

 それなのに、あのラストの爆発は謎です。窓ガラス割る位じゃダメなほど、親子愛描くのは恥ずかしかったんでしょうか。

「離婚弁護士」5 ☆☆

 凝った画面のエンディングがメッチャ楽しかったです!(毎回これだった??)おかげで本編の印象も2割増し(?)

 雑誌に載って、TVに出て、華やかに活躍するのが似合います似合います、天海ねえさん!!それでいてコメディエンヌ。
「風が吹いてるって感じ!!」
のミムラの台詞にあわせて特殊効果の強風が吹いてくるシーンなんか、好きー。

 でも、ないがしろにされたと感じた依頼人が密かに不満を溜め、「決めるのは貴女です」という正論に追いつめられていく様子も分かりました。ストーカーってこうして産まれていくのかしら(でも、電話の旦那の声からすると、以前から嫌われるような何かがあったかもとは思います。大体、初めのストーカー男って元夫じゃなかったの??)

 そして今回やっと気づいたのは・・・天海ねえさんデカっ!
草なぎくんとほぼ同じ体格だったりょうと並んで、頭ひとつでかいんですよ。女同士でしかも漢らしいねえさんだと自然に感じますが、草なぎくんと並んだらと思うと(タバコ横に置く感じでしょうか・笑)

「離婚弁護士」4 ☆☆☆

 んー、面白かった!話も見せ方も。

 脇役の、頭にお花咲いたような男の子。弁護士志望なんだぁ。それにしちゃ、”何才から結婚できるか”なんて当たり前のコトまで知らなさすぎ(笑)当然、詳しいコトなんて知りゃあしないのです。

 そっか、親のサイン偽造して婚姻届出しちゃっても、本人同士の意志が固ければ結婚は取り消せないんだ。(これ見て、真似しちゃう若いのいたら大変だね・笑) で、結婚しちゃったら未成年でも大人扱いになってマンション買ったり出来ちゃうんだ??

 ボランティア精神で法律相談にのって「そんなの取り消せますよ」と安請け合いしたのに、全然ダメで事態は泥沼化。
 「16才」「離婚」云々と、漏れ聞こえる単語から受付ミムラのした推理が、また大外れで大笑い。
「できちゃったぁ??」って電話口で叫んでたら、そりゃ妊娠方向に聞こえますけどね。正解は「契約成立しちゃった」の「出来ちゃった」なのでした。ウインク

 で、我らが天海祐希弁護士。
 行き詰まった男の子からの相談には剣もほろろなわけですが、正式に依頼を受けたとなるとササッと解決!”大人の仕事”をみせてくれますよ?、キャーかっこいい!!
 悪徳不動産:相島さんもステキだったわよ!

 騒動の大元、16才と18才の結婚ですが・・・ケバイ小娘が実はしっかり者。大反対の母親も、同様の境遇で旧家に入って苦労したらしい、というオチもあったりしていい感じでした。
 でもねぇ。18才のあの息子はただの甘チャンのバカですよ??この際別れて、まともな男探した方がいいのにねぇ・・・・・。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ