ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

玉城ティナ

「死にたい夜にかぎって」1 ☆

 み、見なきゃよかった……orz

 猟奇犯罪系のグロ映像は不愉快なりに耐性があるじゃすみんですが、それって『本物じゃないし』と割り切れるから。なので、彼女の秘密の裏稼業の描写がもう…ダメです無理です、しばらく食事中にフラッシュバックして参りましたorz  普通にオヤジ相手に身体売ってる、でいいじゃないっすか! でもそれだと彼女の側の罪悪感が違ってしまうんだろうなあ。作品のインパクトも目減りするんだろうなあ。

 主人公の浩史(賀来賢人)は、学生時代から美少女(玉城ティナ)に意味なく殴られても諾々とそれを内緒にし、呼び出されればまた行って殴られて黙っているドM。親に捨てられて育った自信のなさに付け込まれるのかも。
冴えない社会人になってからは、ネットで素人歌姫アスカ(山本舞香)と交流し、彼女の歌を聴くのが趣味。
会って夕飯を一緒に食べて、ドン引き必至の『秘密の収入源』を聞いて尚、
「歌手になる夢のために、そこまでできるアスカちゃんを尊敬する!」
と応援の姿勢を変えない浩史は、好きだ一緒に住もう、俺が君を支えると提案し、なんと彼女も素直に引っ越してきて、幸せな同棲生活が始まったのですが…。バイト先に向かったはずのアスカの後をつけると、いかにも怪しい相手と公園の公衆トイレに消えて行きました。やっぱり辞めてないのに何も言えない。なんと彼女は
「オヤジに唾売ってる」
のです。ぎゃー!

 もちろん役者さんがマジ唾飲んでいるわけありませんが、少なくともスピッツに彼女が唾貯める描写はリアル唾で、ぎゃー。逆に、同棲を始めても、裏切られた彼が風俗に行っても、性行為は全く描かれないのですが。風俗嬢の唾を飲みたいとリクエストして仰向けに寝る浩史の、頰に落ちる狙いを外した唾はフェイクでも、垂らそうと試みる彼女の口元にたまるのは。ああもうイヤだorz

初対面の夜に焼肉屋で仕事を聞かれて
「どうしても聞きたい?」
と、念を押してから試すように告げるあたり、アスカも隠すべき変態行為とは思ってる。でも性行為よりは楽に、自らを汚すことなく稼げる手段として割り切っているのか、変態どもを虐げる快感がまた彼女にもあるのか。そんな知らない世界を覗き見できるのも物語やドラマの醍醐味ではありますが、変態行為には性行為とは別の規制かけるべきかと。何も知らなかった人の扉をあけてしまいかねないと危惧するものでありますよ。

 ところで物語は、大好きなアスカちゃんに「別れよう」と言い出された日から始まります。
何年も裏切られ続け、嘘つかれ続け、それでも彼女を愛してきた浩史はブチ切れるのか、学生時代のように黙って耐えるのか。そこは興味ありつつも見続けるの辛いかなあ。
そうそう、浩史は自分の顔を「虫の裏側に似ている」と信じています。昔、自分を呼び出しては叩いていた学園一の美女にそう言われたから。これ実体験を綴った原作のドラマ化なんだそうで、この世界のどこかに本当に、そんなイカした暴言を吐く美女が存在するんですね。
 そしてドラマのタイトルを検索すると、まず相談先を紹介されるのも胸熱。  心配されているw


「ワケあって火星に住みました エラバレシ4ニン」1 ×

 時は2030年、数千人の応募者の中から、選ばれて火星に赴いた勇者たちの小さな小競り合いが描かれます。

 4人ごとに1チーム。テーマを与えられた何日か後には不適格者を選んで排除。え、片道切符で戻れないって何度もいうのに、行ってから選考してどうするの? 閉鎖空間で暮らすテストは事前にしておきましょうよー。

 また、火星行き志願=何か嫌なことが、の決めつけが疑問。恋に破れたの友に裏切られたのって、何かが嫌で逃げて火星に行くようじゃ、その傷が癒えても、火星でまた嫌なことがあっても、詰むよ? どうせ集めるなら、地球の環境に何一つ文句はないけれど、火星でしか出来ないことがある!ぐらいの研究バカにしておかないとなのにね。

 そんなわけでLABO1。
元刑事の東山(崎山つばさ)は、持ち前の観察眼で他3人のメンバー、イタリアンシェフ鐘近(仲村トオル)ヨガインストラクター竹野(玉城ティナ)後天性肥満荻田(森田甘路)の前職や、そのキャリアを捨てて火星行きを志願した理由をズバズバと当ててしまう。
そこへ届いたのが、アフリカマイマイ!
これからは、肉の代わりにこれを養殖して食べろとの指示を受け、自己満足シェフから脱却した鐘近が腕をふるって数々のレシピを完成させたのだが…。

 これも、片道で送り出す前にちゃんと聞くべき「かたつむり食べられますか?」ってw  私はエスカルゴ平気なので多分大丈夫ですが、どんなに高級店だろうがエスカルゴ食べない派の弟ならきっと憤死ですよw  でも、研究テーマ食材を食べられない&激昂したから不適格、ではなくて。
『隠しておきたいことを暴きたてるから』
と他3人一致での不適格決定(^^;;;;)   他人のことばかりで、東山自身は自分の志望動機は言いませんでしたから、そういうことなのかも。しかしその場で止めることも出来る程度のこと、後から吊るし上げるのも嫌な感じ。

 さて、各チームの不適格者が集められて別チームになる模様。 このドラマ自体が舞台と連動企画だそうで、舞台の出演者が4人。そこに東山役の崎山つばさが入っているところを見ると、舞台版はその不適格チームでの出来事なのかな。しかし上記の志願理由の甘さといい、今回の自己紹介で皆「元○○」と言わずまるで現職のように語っている様子といい(2度と地球に戻れないなら退職してきたでしょうに)、大雑把なことになっていそうです。

 そうだ狂言回しに、航空宇宙センターWASAの部長(高橋克実)と秘書(八嶋智人)が。2人の出番は確実に面白いですが、地球にいながらの指示なのよねー。
 ホント頼むから、事前にテストしておいて。それともそこが、実はまだ地球にいましたよーん的なオチになるのかな? これからの回も役者によっては興味ありますが、さて。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ