ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

犯罪科学分析室

「犯罪科学分析室 電子の標的3」☆

あれ、潜入捜査は?

そんなわけで、現金輸送車襲撃事件。警察のシステムはハッキングされ、主人公(伊原剛志)たち分析室チームで追い詰めたものの銃声一発。目の前で射殺されてしまう犯人(正名僕蔵)……てなことが何度もおきて、黒幕は誰なのか?
犯人の指示で佐藤めぐみが運転したり、幼女に爆弾仕掛けられたり?猿時が例によってSNSで目撃情報集めたり。次々とキャッチーに進むので飽きはしませんが捜査についてはなんだかなあ。いつもの手塚とおるの変装&潜入捜査がありませんでしたよ。

最終的に実行犯はチンピラあがりの青年。親身になってくれた警察のお兄さんが、嬉しそうに開発していたバベルシステム。でも上司の落ち度を隠蔽するためにシステムが悪かったことにされ自殺、すべてはその復讐だったそうですよ。えーびっくり。
結局最後は、主人公がここ最近出会った全ての人を思い返して……あ、上司の見舞いに行った時の看護師が!ですもんね。配役で真犯人がわかったりしないのはいいところですが、あれこれ無茶でしょう。そもそもの動機も、身内でもなく殺された訳でもない人のために、二人射殺?毎度確実に一発で仕留める射撃の腕前、標的が人間なだけにオリンピック選手でも無理なレベルでは。他にも人質死んでたし、署内に爆薬仕掛けてたし、もう大変です。

とにかく違法カジノはダメだよってことで。

お目当の西村さんは捜査一課長。今回は、捜査方針を言い渡す以外に特に美味しいことはありませんでしたねえ……


「犯罪科学分析室 電子の標的2」 ☆☆☆

やった! 捜査一課が分析室の味方につきましたよw

公安部部長難波(宇梶剛士)の横暴に耐えていた捜査一課岩瀬課長(西村雅彦)がついにキレ、分析室の主張通りの捜査を指示します。そうそう、これが見たかったのよね(^^) 実は公安部、潜入捜査が得意の倉田(手塚とおる)の元所属先。この難波にたてついて飛ばされたんだそうでしたが……
「飛ばされたんじゃない、おれが引き抜いたんだ」
と部下の倉田をたてる室長藤江(伊原剛志)の気概にじ~ん。
今回は難しい手掛かりのほとんどがこの藤江のスーパー記憶力で身元判明、場所判明。行きずりの受付嬢やホームレスの顔を後からマッチング出来る写真記憶のみならず、犯行声明にかぶるノイズで場所特定とかw もうスーパーマンでした。変な英語連発でも許しちゃおうw

事件は盗まれたウィルスによる連続殺人、ウィルスが注射で体内に入れるタイプで、空気感染しないのが救いです。でも犯人は詐欺事件の再捜査を要求、出来なければまた死者が出ると脅してきます。被害者はなるほど、その事件の関係者だった模様。例によって犯罪科学分析室の面々が捜査会議に乱入、ばりばり真相に迫っていきますよー。
今回ネットの活用も面白かったですね。
犯人とおぼしきウサギの着ぐるみ姿を、フォロワー100万人越えのツイッターで情報求む! 某ゲームのランキング1位プレーヤー「はんぺんジョニー」とは画像/音声分析担当の大石(皆川猿時)だったんですねえ。 おたく崩れならぬ立派なオタク捜査官w もっとも犯人には先読みされて、同じウサギがたくさんいましたけどw
おなじみ、変装倉田の潜入捜査もばっちり楽しく、しかもひっかけ捜査でしたよ! 潜入後逃げるもつかまり、盗んだデータ入りUSBを取り返された…とみせかけて、真の狙いはダミーUSBを渡すこと!その行き先で内通者があぶり出されます、うわー意地が悪いw 退出時にUSBを落として拾ったのも、うっかりでなくわざとだったのねー!

ウィルス開発と詐欺事件の関連が唐突に思えて冒頭は混乱しましたが、終盤の畳み掛けは見応えがありました。黒幕も内通者も判明、利用された姉弟は(罪には問われるだろうけど)助かり、その父窪田の免罪は見事晴れてめでたし、スッキリですね。
そうそう、当時の上司難波にかみつく倉田。「窪田は被疑者じゃない」と主張する最初の回想では顔のアップなんですが、遺児目線の回想では遠目の全身画像。大柄な難波に華奢で小柄な倉田が必死に背伸びして食らいついていく様子になっていて、父の味方になってくれていたあなたを覚えている、と礼を言われる場面なんてまさに胸熱でした。
泣いていいんだよ倉田!!

さて西村さん演じる捜査一課長岩瀬。捜査会議での力み返った様子で笑いを取り、メインになる分析室と拮抗するのは前回と同じでしたが、今回は公安部長が敵役にまわったおかげで分析室と協力体制がとれました。これこれ、前回からこれを見たかったのよ! 前述の「俺が引き抜いた」と藤江が難波をやり込めた時、当の倉田でなく岩瀬のニヤリが映る演出もニクいですね!
さてパート3はあるのか。あったらタイトルは「電子の標的3」なのか? そこは入れ替わるとばっかり思って「犯罪科学分析室」でタグつけしたのになあw

「犯罪科学分析室 電子の標的」☆☆

えええええええ、今時スマホの写真に位置情報が付加されるの知らないってww

元から穴のあった綿密な計画(笑)が、間抜けな部下のせいでグダグダになった事件でした。


〈アメリカ帰りのスーパー分析官が活躍、誘拐された少年を助けられるのか?)


分析室チーフの鶴の一声で、GPS情報からクレカ/通話の履歴までサクサク判明。爽快な反面、自分がされたら嫌ですよ、怖いよ(><) 犯人と断定した相手じゃないですよ、たかが参考人程度でもうなんでも調べちゃいますよ、これドラマ演出なの?警察の実態なの?

さらにはその情報を、ちっとも捜査本部に渡さない。

お目当の西村雅彦が本部側で、被害者の身元も容疑者探しも先を越されてムッとしてるから言ってるんじゃないですよw たった4人ですべての捜査ができるかの様な描写、どうなんでしょう。


そんなわけで、分析室の愉快な仲間は

・主人公の分析官(伊原剛志)…音楽聞きながら、すべてを分析w 愛想なしで「トクボウ」を思わせます。

・潜入捜査/写真(手塚とおる)…情報収集係かな、顔芸は「太鼓持ちの達人」を(略)

・映像分析が専門(皆川猿時)…コミックリリーフw

・薬品分析が専門(佐藤めぐみ)…偉そう。


水道屋のフリでヤクザのアジトに潜り込み指紋集め、ゴミをあさって噛んだガムから誘拐された子の常用薬を検出。ガム買ったレシートから、コンビニを特定/防犯カメラで犯人特定 どーんどん情報集まります。

上記のスマホもそうですが、なんとガムについてたゲームカードの3Dバーコードを読み込んだことから、犯人の居場所は特定されたのでした! えーっと、ゲーム会社がそんなこと協力してくれるというのも怖いですがw とりあえず喘息の薬も切れてましたから、大発作の前にお子さん助けられてよかったよかった。


そこからの黒幕どんでん返しはさておき。

こういう精鋭チームものの醍醐味は、反目しあってたエリートと捜査本部とが手を組んで事件解決にあたるところじゃないんですかね。せっかく『情報だけじゃ事件は解けない」というなら、何かエリートたちのミスを本部がフォローする場面があってもよかったのに。最後まで、捜査本部はおミソにされっぱなし、精鋭チーム凄い凄いだけで終わってしまいました。

確かに凄いのでシリーズ化もありそうですが、次の機会にはもうちょっと捜査本部にも花をもたせて欲しいです。決して西村さんのためではなくてw

木を育てましょう!
最新コメント



   
ドラマでPON!
昔のHPです
過去レビューをどうぞ♪
「TEAM」&西村雅彦コーナー有w
サイトバナー



ドラマのあらすじはこちらでね
新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ