荒熊さん♪ありがとう♪ って、間違えるかそんなとこー!!

 そんなマイマイな話はおいといて。
今回もぶっとんでて楽しかったですねー「時効警察」!
 霧山君のそっくりさん、事件当時にそっくりだったんだから現在はもっと老けてるだろうに、ちっともそんな話にはならなくて、下着泥棒疑惑には笑いましたー。
『変態でもいい!』
と心を決める、健気な三日月ちゃんにも笑いましたー。
でも三日月ちゃん、君相変わらずただの都合のいい女だよ(涙)

 事件は、入学試験での入れ替わりから、発覚を恐れての殺人。
相変わらず初動捜査が適当で、現場の靴痕とかツメの間の微物とかいっくらでも痕跡は残していそうですけど・・・そこが目的のドラマじゃないからなぁ。
 被害者が森に向かった理由も、『2人で昔埋めた』思いでの品を見に、なんて。2時間ドラマだったら瓶をみせられたら親友の名を呼んで泣き崩れそうなものじゃないですか。それがー。
「なんて書いてあるの?これ?」
って、自分で書いたクセにっ感動の場面が台無しですがなー。
(またその2人の書いた字が、同学年とは思えない差で能力差を如実に表しておりました・笑)

 亀にやどかりに沢ガニ・・・・それが何の説明もなく霧山宅で皿にのってるところも、好きだわー。