ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

片瀬那奈

「歌のおにいさん」1 ☆☆☆

普通に面白かったです(^^)

エロはない際どくもない、むしろ「おかあさんといっしょ」の世界。
で、適当に生きちゃ駄目だ、頑張れ!と若者にエール。
本当はこれが9時ドラマの企画で、「特命係長」ゴールデン移動と交換に深夜にきちゃったということかな?? それはお互いに損したんじゃないかなー。

就職先から、内定取り消しをくらった主人公健太(大野智)
うっかり面接を間違えた結果、なんとあの『歌のお兄さん』に!でもその実態は、”楽しい仲間”という名の下僕だった……!!

で、何をしてもふてくされて投げやり。
そんなの駄目じゃんと思っていたらちゃんと、目指して下僕もとい”楽しい仲間”になった同僚からは
「失礼だよ」
と叱られ、子供からも酷いと怒られ、自分を裏切った元カノ&元バンド仲間からも、先に裏切ったのはバンドをバカにしていた貴方だと痛いところを突かれ。

本気でやってやるー!!と奮起。
”歌の王子さま”に宣戦布告して、次回に続く。セオリー通りで美しいです。

ブルマにタイツ、子供が嫌いな”王子”のキモさもきっちり半端なく(笑)、宝塚ならぬ奈良の高松塚歌劇団出身の歌のお姉さんも実に楽しそうに高慢ちき。

残り9話もかかる話なのかは不明ですが、とりあえず楽しそうでいいんじゃないのかな。

「鉄板少女アカネ!」1 ×→☆

 結局、これが上戸彩だったら、そこそこ楽しく見てるでしょう。

 父親が消えてもう1年(だっけ?) 高校生の娘がお好み焼き屋を切り盛りしてます・・・ってところで、保健所に届けたか、って真面目なツッコミ入れてもしょうがない(じゃりんこチエなんて小学生だよね)
 何故だか話が、勝負になっちゃうのも原作がそうだからしょうがないよねー。
 だったら後は、キャラクター次第じゃない。そこで、堀北ちゃんの暗くて真面目な感じが、お好み焼きを宙に放り投げて
「これがブタ玉やぁ〜」
と決め台詞をかます展開に馴染まないのよー。本人もきっとテンション上がってないのよー。派手なCGだけが浮いているのよー。

 後半、慣れて吹っ切れてきたら、決め台詞も板に付くでしょうか(^^;;;)
双子ちゃんも、ざ・たっち ぐらいには揃うように練習してみてください。

 そんなわけで、毎週見る気にはならないけれど、TVついてたら見ちゃうかもレベル。
食べ物扱うんだから、髪の毛はまとめて欲しいなぁ(少林サッカーの饅頭作りの彼女思い出した・・・・)
よく考えたら、懐かしの「熱烈中華飯店」よりは面白かったので『×』から『☆』に変えておきまーす。

「小早川信木の恋」1×××

 ギャーッ まともな女が1人もイナイ!!!

 あのヨメ(片瀬那奈)はとにかくヒマすぎだ。パートにでも出て浮気でもしてりゃいいのに。もう1人産んで忙しくするのもいいかもね。健気な娘が可哀想すぎる。

 かと思うと盆栽女(紺野まひる)も変だ。呑んでもいないのに昼日中から
「あなたはカモノハシじゃない」って、分かってるよ人間だよっもう気持ち悪い悪い。
そんな変女の言葉に
「孤独だ」とか言い出す小早川も小早川で、自分だけが大事なのはあの変なヨメと一緒じゃん。ていうか、仕事以外の物差し、例えば趣味の世界の友人っていないのかアンタ達。

 1時間ずーっと不愉快だったのになんと、同居人はたいそう楽しくてお気に入りな様子。うそー1人で観てよ。ていうか、自分を小早川伸木と重ねて観てるわけ??言いたい放題でケンカしまくりのくせにー。いい気なもんです。

 一番身近に感じたのが、タニショーお得意のエリート先生、まともそうです。
あんなにポッキリ鼻柱折られたのに、とりあえず礼は言えるんだからエライじゃん。

「熟年離婚」最終回 ☆

 ぐっばい(爆笑)

 本当に好きだった、とか言う割にあっさり去っていった英語の先生。
からかってただけと違うんかい! でも、離婚後の気持ちを明るくしてくれたことだけは間違いないですね。男といる元妻と鉢合わせて、自分が独りとか男連れじゃ惨めだったもんねー。
(でもこの、妻の相手は元同級生と年輩で、夫の相手は若い女なの、イヤだったー。逆とか、お互い同じ条件じゃダメなの?)

 ロック小僧はいきなりイイ奴に。
でも、相談無しに新居決めてるところが激パパ似。そのうち勝手に家建てたり木を植えたり(笑)、旅行と英会話学校を決めてきたりもしそうですが・・・元々プー相手に避妊もしないMな次女、勝手されるぐらいの方がいいんでしょう。

 やしきたかじん(歌手&関西タレント 関西の『熟年離婚』視聴率をあげた男 ^^;;;)が、ずっと気にしていた指輪も、ちゃんと元妻に贈られたものの
「ありがとう」
と言ってもらっただけでヨリは戻らず。まぁ。戻っても困るけど。

 妻も子供達も友好的に去り、『自分の建てた家』で独り寂しく昔を振り返る男・・・・で終わり。こう来たかー。

 最後まで男に酷、女に激甘でしたよね。
元妻のお仕事順調なのはもうファンタジーでいいけど。
「家に戻っても」
が、単に新しい生活が不安って!どんな安易な気持ちで離婚だよ。せめて次女の出産が理由にならないのかよっ(その後も、パパの世話は気にしても次女の初産は長女すら気にせずだっそりゃないよ)
・・・世の母に、子供の出産里帰りの世話は喜びじゃなくて重荷ってことなんでしょうか(^^;;;) 

 ホンジュラス行くならスペイン語習わなきゃ。そこでまた猛烈アタック受けちゃったりしてね。
 でも春にスペシャルでその後を描くとか、止めてね。ぐっばい。

「熟年離婚」8 ☆

「私、この家に帰って来ちゃいけないでしょうか」
お父さんと同時にツッコミいれてしまいました。どの面下げていうかね、それを(^^;;;)
来週の説明が楽しみというか、なんというか。

次女の結婚と彼氏デビューの兼ね合いも、いきなり美談でまとまっちゃって安心するより腹が立ってしまいましたよ。
「デビューの話壊れたから結婚できる」
…さすがにそれは、言い訳なんだろうけど。
その前の態度が酷すぎるのに、いきなり改心して信じろと言われてもね。こんな男、デビュー話がないならますますお断りでしょうが!!

家族の一員にあっさり復帰の善三さん、あることないことまたベラベラ喋ってました。元からその為にいるキャラなんでしょうか。こういうところ浅くてこのドラマ辛いんですよ・・・。

「熟年離婚」6,7 ☆☆

 正式に離婚して、主人公の生活やっとカタがついたと思ったら・・・・長女夫婦の騒動です。

 自分たちが離婚してるのに、オマエはするなってそりゃ、説得力ゼロ。
かといって、さあしろすぐしろな松坂ママにも首を捻りました(あそこまで強く言われるとかえってひるむ、という計算ならさすが母親??)

 そんなわけで、善三さん浮気。
 西村さんは素敵だから、若い娘が惚れたのはわかるし(^^) 家庭での尻に敷かれっぷりも見事でしたので、浮気の動機もまぁわかります(^^;;;)
でもてっきり一回の火遊びを、これからするのかと思っていたのに・・・深い仲になって結構長い様でした。おやおや。

 妻の両親が離婚バトルで、女性問題があるなし言ってた時の善三さんはどうしてましたっけ?不倫してたなら精算するタイミングじゃないですか。それがウキウキと密会って。
 この辺の無神経さや、『妻のボロ鞄』『愛人に新品』という露骨な対比、堂々事務所に迎えにきてバレるという粗雑さは品が無くてどうかと思います。・・・・女が奥さんとバトル希望だとしても、そう決心したきっかけぐらい欲しいじゃないですか(普通は妊娠だけど、そのカードは次女で使っちゃってるしね)

 で、バレたら即お別れしたのに、押し掛けてくる浮気相手。
いくら西村さんが素敵でも(大事なので2回いいました ^^;;;)、ここは渡パパにアタックの真中瞳と同じくらい思ってしまうのが
「どうしてこの人なの??」

 ついでに善三さんの叫ぶ
「お前じゃなきゃダメなんだ」も、軽いわー。
普段ボロクソ言われてたけど、お弁当にはいつも気遣う手紙が添えられてたとか、靴だけはピカピカに磨いてくれてたとか、何か、何かないんですか、愛が!!!

 役者萌えでスミマセン(^^;;;)
でも、こういうところを細かく描いてこそ、不倫は無くても壊れてしまった親夫婦のありかたが見えてくるんじゃないでしょうか。子供が泣いたから復縁、じゃそれこそ成人したら離婚じゃん。

 見ていてつまらないわけじゃないんですよー。身近でも結構話題になってます。
でも、高視聴率のワケはドリームですよね?

 お仕事順調な松坂ママ。留学を勧められたけどお断り!!
義母の入院先まで追いかけてきて、君には才能がとか口説いてる社長!
そんなわけあるかい、とついツッコミたくなるんです。でも仕方がないか、離婚の理由だけじゃなく現在までリアルだったらお茶の間で見られないですものね。

 長男長女の家庭が治まって、来週からやっと次女問題本腰の様です。
その順番もおかしいと思うわ。妊娠ってもっと大騒ぎじゃないの??

「ラストクリスマス」6 ☆

 新谷さんに首絞められてる新入社員。
「俺・・俺・・・」

「ずっと取締役が好きでした!」・・・と、アフレコをして遊んでみる(笑)

いやー、MEGUMIが好きだといいだすかと思ったら、応援するんですか、それは意外でした。

 今回も決め台詞てんこ盛りの「ラストクリスマス」です。
でも、決め台詞ってここぞと言うときに使うから決まるんであって、何かを狙った手の込んだ会話ばかりずらずら並べられても・・・お腹いっぱい(^^;;;)

 それに、観たいのはメインカップルのラブラブなんであって、お母さんの同級生捏造とか、玉木くんの思い出のツリーとか、どうでもいいし!!
 同窓会、ホントに詐欺だったの? 替え玉立てるにしろ、ただ「**クンに会いたい」と言い出すだけじゃダメ??
 絵描きカップルの方は、指輪といいNYといい、エピソード凝り過ぎ。4年4年って。だったらそっちメインで別のドラマ作ればいいじゃないのさー!!

 今週も、チケット買って嬉しそうな春木くんとか。ハートのトーストとか!織田ちゃん絡みの場面はキャーキャーいいながら観てました(^^;;;)
 地図がいつの間にか春木側に貼られて、ピンは2つ並んでイエローナイフに!!キャーッ♪
エレベータの2人なんて、つきあい始めの初々しい感じがむんむん♪ 「5股の1人は春木か」と言われていた先週の疑惑を、思いっきり会社中に裏付けてますよねぇ。
 こういうのをもっともっと観たいわけですよっ!!

 しかし、そうなると半同居の設定がかえってジャマかも。
「一緒に部屋にいる」ことが日常でドキドキしないもん。

 家にいる2人、所帯じみてますよね。どーんと安定して。
だって、2人で招く相手が 元セフレって!!
ちょとは気にするでしょ、つき合いの浅いカップルだったらっ。特に春木の方はっっ。
招かれた玉木くんの方も、春木が自分と青井の関係を知ってるかぐらい確認しろよっ

 元カノに誘われてもほだされず、「何いってんだ」と背中を向ける春木さん。怒ってすらいない吹っ切れっぷりが盤石です。
 青井もそう・・・だよねぇ?
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ