ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

片桐仁

「99.9 刑事専門弁護士」~最終回 ☆☆☆

父の仇(奥田瑛二)に一泡吹かせ、私怨がらみのご高説を法廷でぶちまける主人公。
きっちり盛り上げたし、その仇も父のラグビー仲間だったと最終回で明かしてきたってことは……父の冤罪の真相が(そいつが真犯人で?)明かされる続編を匂わせての終わり。ナイスでしたね。

でもじゃすみん的に大事だったのは「私もこの事件だけを扱ってるわけじゃない」という検察官のセリフ。ですよ、それをね、普段の回からこつこつ入れてってくれないと、毎度毎度主人公側が勝訴で全然99.9パーセントじゃないよってなるんじゃないですか~。

社長殺しの凶器のツボにはシリアルナンバーが、それこそ見逃すはずのない大きさでどーんと入ってるしw
深山が殺人犯?と逮捕された事件では、毒殺だと主張するわりに彼のマイ香辛料ボトルからは毒が検出されてなくて証拠弱すぎ。
「犯人はこの橋で目撃され…」
と報道してる画面に深夜通行止めの看板w 当時もご近所や工事してる社内で変だ変だってならなかったんですかね。

最終回はまだましでしたが、やはりあれこれ。
次々に殺された女性の接点が5年も前の入院、は分かりにくく興味深い設定でしたが、そこで共有されていた秘密がねえ。4人部屋でわざわざわいせつ行為を実行する変態医師、余罪がもりもりありそうなんですけど! しかも現在は現職都知事!!犯行時に自由に出歩けたんでしょうかw 都内の殺人はともかくも、他県まで遠出は流行りの公用車の私用かw そして、容疑者側が海外旅行でも行ってたらどうするつもりだったんでしょう……。連続殺人である必要もないんだから、もっと何人分も盗んでおけばいい……のかな、生き血飲んでる噂がたったりしてねw

そうそう現場に血痕があったなら傷は?容疑者に防御創ありましたか? せめて刑事ドラマで逮捕の決め手にするところぐらいはは抑えておいた上での起訴にしてくださいよ

と、毎回ツッコミどころ満載で文句たらたら、誰も一緒に見てくれない……のに見てしまうのは、主人公深山が魅力的だったからですねえ。
いつも嬉しそうにニコニコ、ツボがわからないタイミングでニヤニヤな深山、気になりすぎるw 質問は必ず生い立ちから。 真実は一つ! いつも耳をいじくりまわしていたくせに、なんと無自覚だったことも最終回でわかりましたよー、なくて七癖w 「ぼく耳さわってますか?」じゃないよw
料理で謎解き、はあまり活かせてない気がしましたが、超味覚は料理人だった父親譲りとなると必要な伏線設定だったわけですね。

続編があるなら大歓迎で見ますから、お願いだからもうちょっと警察と検察を有能に、深山がひっくり返す事件がバカ丸出しじゃないようにしてくださいませ。

<メモ*NYから帰国した元患者役は上田遥>印象的でしたねー 

「99.9 刑事専門弁護士」2、3 ☆☆☆

3話、若い女の子の部屋に1千万円のタンス貯金。
盗んでない、と言い張るのならそりゃ宝くじか風俗でしょうよ。警察もそっち調べないのかな、現金払いされたらわからないのかな。現金を盗難の証拠にするなら、札束から社長や専務の指紋ぐらい探せないのかな。

2話も、行きずりの喧嘩で正当防衛のはずが実は、強姦の加害者と亡き被害者の婚約者という恨んで当然な関係だったと深山たちの調査でわかります。もやは捜査。せめて同郷なことぐらい、警察は掴んでいないのかと。

2話3話で、主人公の『絶対味覚』は強調されてました。
常に調味料を持ち歩き、まずい弁当もちょいちょいと味を足せばホラ美味しく。他人の愛妻弁当だけどw カフェ飯だって、せっかくの美味しさを引き出せないのは許し難いとやはりちょいちょいと…他人の分まで勝手に味付け。う、うん。好き嫌いとか、店員以外に触られたらもう食べられない場合もありますので許可はとろうよと思いつつ、奇矯な主人公という味付けはしっかり出来てきたかも。
文句いうだけだった同僚の彩乃(榮倉奈々)も、3話にしてリーダーを任されたら『自分なら』という視点で容疑者を支えてみせました。所長班目(岸部一徳)も、毎回しれっと情報を提供、部下の調査に裏付けを加えます。そして片桐仁、香川照之のコミックリリーフ。
レギュラーのキャラ付けは順調ですし、2話は強姦被害者の自殺、3話は生き別れの親子といった事情も加えての泣かせもうまくいっていると思いますが、それだけに募る『警察何もしていない感』はどうにかなりませんかね(^^;;;)

2話の何回刺したのか、2回3回なのと5回なのは全然違うだろう…という深山の視点は、ただの喧嘩と処理したらわかりにくいことだったのかも。でも3話では『金庫の番号を知る3人』から、ただの消去法で容疑者を逮捕ですよ。彩乃が導いた解錠番号問題は、トリックともいえない弱さ。むしろ逮捕前にアリバイや指紋、近隣の防犯カメラといった基本捜査は3人全員に対してきちんと行われたのかと。

その事件だけ捜査してるわけじゃない、定型としてこれだけの捜査をしたんだから十分、そんな風にでも警察の慢心を描くでもなしに、主人公の連戦連勝じゃ99.9パーセントのタイトルが泣きますよね。
つまらないわけじゃないだけに、どうにも残念です。 


「99.9 刑事専門弁護士」1 ☆☆

うーん盛り上がりがない。


松潤が弁護士です。それも起訴されたらほぼ100%有罪という刑事事件を専門に、重箱の隅をつついてつついてつついて、のこり0.1%の無罪を勝ちとる男!身なりも髪型もこだわらず、やりたい放題のKY気味……の割には、初対面の奥様にするっと気に入られて朝食ご馳走になってるのが納得の人たらしな可愛さあり(^^)
彩りに、20年パラリーガルの相棒(片桐仁)、ヤバイ橋渡ってる上司(香川照之)に小生意気な同僚(榮倉奈々)っと。

犯罪を再現して撮影するくだりは恒例になる様で、どれもなかなか面白かったです。
決して顔が映らない侵入者=複数の防犯カメラの角度を熟知、服の色が変わる照明=偽証、等々と、検証から導き出される「真実」……ではなくて「事実」を追い求める正義の味方!ジャーン。
でもキャラのインパクトが弱くないですか。

これが古美門なら…、右京さんなら…、こんな風になるだろうなという、人気シリーズにはそれぞれのスタイルがあるじゃないですか。じゃあ深山大翔(松本潤)ならこうするという、それが全然見えてこない。強いていうなら耳を押さえていることで、そこに謎があるのならさっさとみせてください。あと、たくさんの証拠を元に考えをまとめるには料理をするそうですよ。「スペック」の毛筆で書いて半紙を破る決めシーンに比べたら弱い弱いw
常に飴を持ち歩いてて周りにすすめるのは……大阪のおばちゃんかw
キャラとしては主役よりも片桐仁の方が印象が強かったです。

別につまらないわけじゃないです。前宣伝で、トリックやスペック的なと聞いてそっちを期待したせいで上記な感想ですが、普通に弁護士ものをみたいなら普通に面白いのでは。ただ、強烈に続きがみたいかと問われると、別にw

「東京センチメンタル」1 ☆☆

おまえもか、な深夜の飯ドラマ。
ただしメインは惚れっぽい×3オヤジと毎回違うマドンナのデートで、そのついでに町の大人デートスポットをご紹介、みたいな?

1話の今回は、亡き親友の妻と禁断の恋か、in浅草w

今は和菓子屋の主人である卓ちゃん(吉田鋼太郎)も大学時代はバンド活動に精を出し、親友と同じ女に惚れたりしてたそうで。そして自分を振って親友を選んだ女性(草刈民代)が、親友の死から幾年「もうそろそろいいよね…」と新しい恋に踏み出しつつあると知り「俺のことかー!」と早合点で喜んじゃう卓ちゃんw ×3になるほど失恋を引きずった相手がついに想いに応えてくれるとか、そりゃ嬉しいでしょうけども、全視聴者が10秒で察した様に、新しい恋の相手は別の男ですからw 「話がある」って告白じゃなくて、その別の男に合わせたいってことでしたからー。
「植物男子ベランダー」といい、オヤジってどうしてこうかと呆れつつも可愛いですね。

浅草寺周りや矢切の渡し、寅さんあるあるな野球場の風景はなかなか楽しかったです。職人姿の卓ちゃんと、スーツ&コート&ハットさらに一眼レフのよそゆき姿のギャップも堪能。2話では別のマドンナと別の町でデートなのね、きっと。
そうそう、和菓子屋のしっかり者バイトに高畑充希、近所の美容院に片桐仁、蕎麦屋に小栗旬と脇役が何気に豪華です。

「みんな!エスパーだよ!番外編 エスパー、都へ行く」☆☆

一人一台ミニカーって何w


『助けて』と浅見さんからメール!

さては敵エスパーに誘拐されたのかと東京の定時制高校に潜入したエスパー軍団(定時制だからマスターも入学可w)

まあ連ドラと同じっちゃ同じなんですけど。

生徒たちはそもそもキャバ嬢だったりで下着/ボディコンスケスケ谷間見せ。制服チームだって大開脚でパンツ見えまくり。もうちょっとチラッと見えるのがいいんじゃないのかな、どうでもいいけどw

なんでこんなものわざわざ見てるんだろうと、情けなくなること間違い無しの出来です。映画化も楽しみですねえ、映画館に行く勇気ちょっとないけどw


相変わらず曲はかっこよく(エンディングのひゅーいさん?笑ったw)敵教師役はナイス胡散臭い片桐仁。変な小物は私物でしょうか、展覧会で見たようなものがアレコレ気になりましたw


「玉川区役所 OF THE DEAD」1 ☆☆

なんでこう巨乳かなw


ゾンビが日常に存在し、予防接種もある世界w

駆除するのにも経費がかかるしで、噛まないようにマウスピースつけたら放置な模様です。

脚が速いだけが取り柄の主人公赤羽(林遣都)は、『100m11秒』という採用基準をクリアして公務員になったー!と思ったら、そのゾンビ対策がメインの特別保健課の採用だったのでした。

走る林遣都。ナイス見せ場です。


で、市民の通報で出かけて行くと巨乳ゾンビw 胸元の開いたワンピでサービスカットです。

冒頭に登場のゾンビも巨乳で胸開きでしたよー。まあ深夜だからいいですけど、だったら男のゾンビもパンイチ腹筋割れでどうですよ。


朝起きたら彼氏がゾンビになっちゃってた。

泣きわめく彼女ですが、記念撮影と称して自分から近寄って、写りがいいようにマウスピース外そうとして噛まれてるとかバカすぎてちっとも可哀想じゃないですよねw


とにかくゆるーく進むので、1話中一番驚いたのはゾンビ関連でもなんでもなく、主人公がずーっと口にくわえて走ってた食パンを手に取った上司が、半分を返してもう半分をちぎって…普通に食べたことでしたw うわーw 


特別福祉課に吹きだまったダメ公務員が、もっと動き出したら面白くなりそうです。
竹刀をもった美女がラストで加わりますが、殴ってもゾンビはちょっと止まるだけでしょう?何が死体んだろう←変換ミスが面白かったのでこのまま置いておきますw

「片桐仁 感涙の大秘宝展」大阪 UHA味覚糖ホール

あのラーメンズ片桐仁の作品展。


wowowドラマで死神役や、西村雅彦さんと共演した舞台。演技のいける芸人さんだと思っていたら。造形の才もあったのですねー。どれも力強くキモくて圧倒されました。平日の昼間、ぱらぱらと居合わせたのは大学生ぐらいの男の子やカップル。片桐ファンなんでしょうね!


お笑い好き美大出の友人と行ったのですが

「ほら、ラーメンズの髪がぼわっとした方」

「中岡?」それはロッチのぼわっとした方ですw

初めて行く味覚糖ホールは、1Fのショコラショップ、2Fのアンテナショップ&ツリーと入り口からひと味違う飾り付けで異世界感をかもしていて、そこからすぐ閉まるエレベータに挟まれながら9Fまで上るとじゃーん、大秘宝展です。


携帯電話に粘土をドーンと盛って、奥さんの好きな鳥にしました……ってw 重いよw

その他、サイで犀フォン、タイで鯛フォンw

ドライヤーもメガネケースもDSも、手足や目が生えてるしで「寄生獣」を思い出しました。

うちもちょうどトースターを買い替えたところなんですが、片桐家ではそういう場合に古い方は早速粘土だビーズだでデコられて手足が生えてしまうのでしょうか。

かと思うとマーライオンのe-maケースとか何それw ←抽選で購入可 


雑誌連載で発表しているそうで、増える一方の作品をどう収納しているのか気になります。豪邸住まいだとしても、これがあちこち飾ってあったらイヤですよねー、夜歩いてそうw 一部屋にぎっしり詰まっているとしたら、それはそれでイヤw 喋ってそうw


美術展にはありがちな音声解説、スマートフォン使用で片桐仁本人の解説を聞きながら回れるのですが(無料)、イヤホンを忘れて会場で購入200円orz 面白がって聞いてみたものの、キャラを演じるわ熱が入るわ、一つ一つが長くて。観て回るのと同じ速度では解説されておりませんのでご注意下さい。
友人はグッズコーナーのガチャガチャにトライ。カエルが欲しかったのにカニが出てました。どんまい! 


舞台「地球の王様」☆☆

「地球の王様」(10/31 西宮 兵庫県立芸術文化センター)
 人類の滅亡した地球に生き残った、たった7人の間の、壮大にもどーしょもない小競り合いw


 冒頭から30分程、延々と口喧嘩でしたorz

 いえ、西村さん演じる『部長』はそんなつもり無いそうですが、聞いてる方には完全に口喧嘩。そこに一人増えて騒ぎになっても

『和気あいあいの場に乱入者で一転不穏』

ではなく、最初っからイヤな感じのところが更に騒々しくなる感じで、正直息苦しかったです(><)


 でも段々と状況が分かってくるにつけ、これだけ騒げる元気があるって凄いなって気分になってきました。

 だって人類がほぼ絶滅して2ヶ月だとか。

 富士の山小屋に集まった6人はもれなく大切な人を亡くしていて、思わぬ物が形見だったりするんです。町に出て、必需品の他にイチローのユニフォーム持ち帰って喜んだりしてますけど、当然そのイチローも死んでる訳でしょ!哀しいよ!

 でも沈み込んでメソメソせず……そんな時期は過ぎたのか、またいつか悲しみはぶり返すのかは分かりませんが……夕飯のカレーの具がどうこうと、元気なことw


 そこに現れるのは『宇宙飛行士』の永井大。

ま~あ長い脚、高い腰、伸びた背筋、ほれぼれするいい男でした!


 しかし「必死でここまで来た」と簡単に言うけどが、宇宙からの帰還ってたいがい大海原や砂漠にどぼーんと落ちてスタッフに回収されてませんか? 着陸直後は重力に負けて自力で立てなかったり。人類滅亡してたら無理じゃん!

 まあ、この世界の技術力では成田あたりに着陸出来るのかもw 

そしてこの7人以外世界中が死に絶えているのは『人間の』生体反応がここにしかないんだそうで。動物と区別出来るんだ! そして国際宇宙ステーションにはもう人がいないのかw 昭和基地は??

……etcと、舞台で口喧嘩が続くあいだ無駄な思索に逃避する私(><)


 幸い中盤からは加速度的に笑いが増え、タイトル通りに「王様」を選び始める頃にはゲーラゲラ笑いっぱなし。総合すると楽しかったんですけどね。もう一回見るのは冒頭が辛いかな。それともあと60回近く公演を重ねる間に、穏やかな言い争いに変化していったりするのでしょうか。そう思えば見てみたいかも。むむむ。


(西村さんと高橋ひとみさんの役は逆でもいけるかも。料理に文句言ったりへりくつこねたり、部長って女々しいんですもん、いっそ女部長でもいいじゃん!それを淡々とサポートしつつ隠し事もある有能な2番手に西村さんw暴かれる人間関係w はい、妄想ですw)


 とにかく、お目当ての西村雅彦さんは器の小さい『部長』をまさに好演、陽気な岡田義徳は好かれるの納得だし、浅利陽介の皮肉、らーめんず片桐仁の人好きのする怪しさ、配役良かったですよねー(声援に、それぞれのファンが来てるんだなあと実感w)

 高橋ひとみさんはおきれいで☆大塚千弘さんは愛くるしかったです~(あのニットと花柄のスカートが絶妙!どこのなんだろう)

 そしてもう一回書くけど、永井大のスタイルの良さが別格! 終始生真面目だった宇宙飛行士が、笑顔でダンスするとまるで別人でしたから、いつかお茶目で踊る役も見てみたいです。


 後半、西村さんの髪がバクハツしててアインシュタインみたいになってましたけど(><)それもまた生の楽しみということで。

「今日も明智が殺される」〜4☆☆☆

ついに出た出たやっと出た、怪人20面相3代目!!
"怪人笑い”をしながら、手探りでメガネや帽子を探すところ笑ったー。

ここまで、何となく殺されたり誰でも良かったりずっと好きだったから殺されたりしてきた、負けチ……もとい明智中五郎なんですが、どうやら子供時代に既に、20面相3代目に恨みをかっていたようです。っって、どんだけ世間狭いんだい!!
ああ楽しい。
で、その20面相3代目がラーメンズの片桐仁なのもいいなあ。wowowドラマ「超人ウタダ」で怪人似合うなあと思ってました。

小林少女のコスプレもファンには嬉しいんだろうし、田辺誠一は情けない&かっこいいの振り幅を存分に発揮。見所満載です、こんなにくだらないのに!←褒めてます
もう発売が決定しているDVDの宣伝Vも毎回面白くて、結構売れちゃいそうな気がする…… くだらないのに!!!(だから褒めてますって ^^;;;) 

人気ブログランキング

「超人ウタダ」最終回 ☆

連続殺人犯は、山崎樹範♪
”悪の中間管理職”樺島@西村雅彦も相変わらず素敵なところにこの配役、もう私の為にあるドラマだわー、となっても良さそうなものですが、喰い足りなかったです。
そして30分が長く感じました。

だいたい木島@ヤマシゲは、どうやって真相にたどりついたのか??(描写あった??見逃した??)
警察が総力あげて隠蔽していた情報を、素人が独自の捜査で見破っちゃまずいでしょ。
最終回での神崎の
「35才になる前に殺してやってもイインダゾ」
という脅しも、”35才で死ぬと決まってるから現在不死身”という設定を根本から覆す脅迫で、それって変でしょうー。
そうそう、その”現在不死身”も描写薄かったよね。

自身の不死身を利用した作戦を立てるわけでもなく。
ただ刺されたり撃たれたりだから、無謀なだけに見えちゃうんだよね。で、”普通なら死んでる”という前置きもなく、次のカットでは元気なウタダ。設定を忘れてつい「生きてたのかー!」とツッコミ入れてしまいます。
樺島なんて、完全八つ当たりでウタダを撃ったのに、罪が殺人にならなかったじゃない。本人よりも、むしろ犯人に都合いい超能力(笑)

せっかくウタダに惚れていた娘も死んじゃって、理容店で観る幻は切なかったのですが。
一話で殺された娘のことだって、ずっと好きだったくせにそれっきりだった訳で、2人ともウタダの人生をただ通り過ぎた様なもの。
原作通りだったのかもしれませんが、いっそ作り替えて恋人にでもして、ウタダ自身の大切な人と殺人を天秤にかける様な(つまり木島と対比できる様な)ギリギリの選択が観たかったのかもしれません。

wowowドラマ、もうすぐ始まる「空飛ぶタイヤ」に期待。

「超人ウタダ」3 ☆

で、ウタダはいつ超人になるの?
それとも
「俺は人を殺さない!」
からなれないよ、という話なの??

西村さん演じる腐った上司はとっても素敵なんだけど……
冷酷な鈴木砂羽もいい感じだけど……
今回の犯罪もとっても嫌な気持ち。
犯人が捕まりゃーいいってもんじゃないよね。

有名人殺人と一般人監禁の対比。行くはずだった捜査のTV中継音声と並行して、こちらも犯人を取り押さえてるウタダの捕り物は面白かったです。

あとは、女の子ねちねちいたぶる事件ばっかりじゃなくて強盗とか爆弾仕掛けるとかそういうスカッとした事件と組み合わせられないものかしら。
(「打撃人類」の不愉快さとそっくり。灰汁の強い原作者なんですねー)

最後ウタダ刺されて驚いたのに、予告でピンピンしててがっかり。

wowow 「超人ウタダ」1 ☆☆☆

うわ暗い、怖い、まだ救いがない(><)

「殺せ」
と誘惑の言葉を浴びせる謎の男。
主人公歌田(塚地)の”前世”だといい……、子供時代から歌田のアルバム写真に映り込みまくり。
あんたがストーカーじゃないか〜と内心ツッコムものの、風貌といい言動といい、恐ろしくて直視できませんです。(名前と殺した人数調べたら、作品内では実在するんでしょうか)

それでも今まで通りに、仕事をこなす歌田刑事。
殺人は自殺で処理、相談ごとは聞くふりをしてほったらかしに。それも大事件に備えて余力を残し且つ、検挙率他数字をあげて上司のメンツを守るため……って、オイ!
(指示しているのが、スラッと超カッコイイ西村雅彦で萌えて困ります)

女性署長(鈴木砂羽)が赴任して、変わるかと思いきや「その調子でよろしく!」ですよー。
挙げ句、ストーカー相談を放置して殺された女性は歌田の想い人……。

その死体が何度も映るし起き上がって笑うし、かなり嫌な気分になりつつも、それでこそ歌田が”超人”として目覚めて行くのかと思うと目が離せません。
「35才で死ぬ」
だから好きに生きろ、と”男”は言うのですが
”じゃあ35才までは死なないのか”
と受け取る歌田。その辺が超人の力になるのでしょうか。

で、上司を殴り勝手に捜査を開始してしまう歌田。
早速入った情報、殺された女性の家の前でうろつく小太りの中年……はストーカーじゃなくて歌田なんだけど!
”男”の言葉で犯人の目星もついて、本当にそいつを私刑で殺してしまうのか??
それとも踏みとどまるのか歌田??
……という部分は来週のお楽しみです。

歌田くん三十路で童貞なんだ……とか。
砂羽さん(「相棒」亀山夫人なのはもちろん、今週の「特命係長」でも素敵な上司役)が悪い人だなんて〜とか。ちょこっとユーモラスな部分もあるものの、暗いなあ
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ