ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

瀧本美織

「素敵な選TAXIスペシャル 湯けむり連続選択肢」☆☆☆

このタイトルだけで笑えるw
そして期待を裏切らないスペシャルでしたー。特別編でありがちな前日譚、どうして/どうやってこの不思議なタクシーの運転手になったのかはもう本編最終回でやっているわけで、今更望んだりがっかりしたりするものは何もない、ただ楽しみたいだけのこのシリーズ。この調子で時々やってくれたら大喜びですよね。

そんなわけで、温泉地。
アニメの聖地巡礼にこっそりやってきた枝分さん。いつものように出会った客を乗せつつ、今夜の宿探しです。
カップル客に妙にしつこかったり、フロントに温泉の写真で絡むところなどめんどくささ全開w 中身がバカリズムだとツラがイケメン竹内豊でもホラ台無しなんだよーと見せつけられるようで、やっぱり笑いどころです(^^;;;)

☆今季絶望の怪我をしたプロ野球選手(玉山鉄二) これは戻りたいw 何度でもw
☆婚約破棄を言い出された男(山崎樹範) 男は言われる前に戻り続け、女は言った後に戻って謝罪する
  深い! だいたい男は「何が悪かったのか」を本人に聞こうとしない上、戻れると知るとどんどんその場の対応もぞんざいになる始末w 枝分の適当な助言がなくとも修復できる気がしません。これ、本編でもしょっちゅうだったし、今回も金八先生がそう。でも彼女(瀧本美織)は、きちんと謝るために、婚約破棄をなかったことにせず普通の運転でホテルに戻って、相手を傷つけたことを謝り二人のこれからを築いていこうとするんです。そう、そうあるべきなんですよ。でも全員そのスタイルだと、選タクシーは商売上がったりですけどね!
☆生徒が行方不明の担任教師(清水富美加) だから話を聞けw
  愛の告白でなく、振られてもいなく、崖にいる警察は自殺の操作でなくドラマ撮影でした~w かなり何度も戻って効果なかったのに、お金はきちんと払ったんでしょうか。すごいわ公務員。 結局生徒の行き先は聖地巡礼(他の生徒には内緒にって…バレるよw) 写真を撮ってもらえたかわりに、夜の温泉には入り損ねた枝分さんなのでしたw

と、この3エピソードの間ちょろちょろ顔を出していた松重豊が、実は凶悪逃亡犯!
うっかり逃亡に手を貸した負い目で警察に協力する枝分ですが、刑事たちをいつに戻しても逮捕に間に合わない(走行中の車中に戻るところ、なかなかにスリリングw) じゃあ…と、婚約カップルと教師たちが足止めを買って出てくれるところ、いいですね。うんうん。小さなエピソードでつないでいる分、最後に全員で何かするんだろうとは思っていましたがこうなるとは。どっちも女子の方が強いところがアニメっぽいですw
そして最後はもちろんこうなるね!という大団円w

本当なら、刃物を持った犯人が倒れこんだところで大惨事の可能性もありましたが……終わりよければすべてよし、でしょう! とんでもないカウントダウンもありましたが、戻ったらいいんだから大丈夫ー!(選タクシーと専属契約したいプロスポーツ選手っていっぱいいると思うわw)

喫茶Choiceに戻ったら、皆はハワイに行っていた!ガーンというお約束w
でもいいじゃない、聖地巡礼には行けたんだから、ね?(自分も遊びがてらの観光地行きで、かなりな額稼いできてますよねえ。振り回されて温泉に入れないオチはつくものの、羨ましい稼業です)

「経世済民の男」3、4

現在のこの世を作ったともいえる3人の明治男をとりあげてのオムニバスドラマ。
1、2話の高橋是清@オダジョーは、正直ピンとこず(アメリカで奴隷にされて、どう逃げてきたのかとか、描かれないところの方が気になってw)脱落でした。
でも3、4話はあの宝塚歌劇団を作った小林一三を阿部サダヲというので見てみたら、まあ面白い。早々に両親を亡くすも、遺産で暮らしていけるいい育ちのまま銀行員に。のんびりぼんくらな仕事っぷりでダメ社員かと思いきや、庶民の夢を形にする仕事には才があったんですねえ。

箕面有馬方面への電車計画を、畳む仕事を任されたはずが
「こんなところに住みたいねえ」
という愛妻(瀧本美織)の一言から、郊外型住宅分譲を考案。庶民にそれが手に届くように月賦販売(=住宅ローン!)を思いつき、更には売り込みパンフレットの美文を、開通式での唱歌の作詞もと、なんでもやっちゃうアイディアマンです! 今は当たり前のものあれこれが、この人の頭脳から生まれたんですねえ。金もうけだけでは出てこない夢を形にする発想に加え、文楽だ芝居だと遊んでいた教養が見事に生きていますw
そして沿線を盛り上げるためにプール……は失敗wしたものの、宝塚歌劇団を作り、あれしてこれして、それでも本社が傾いて窮した経営危機にはついに、自らが買い上げて名実ともに社長になる大博打! そして路線を延ばし『京阪よりも早いぞ』という意も込めて「阪急」と命名って……天才ですよね。

後を継いだはずの息子の逆縁など悲しい出来事も描きつつ、最期はヅカガールに囲まれて、朗らかに大階段を登って去っていく大往生。借金ダルマに追いかけられる妄想など、随所に舞台劇じみた演出を盛り込んつつも、楽しく見せてくれました。
終盤の老けメイクも見事でしたよ。

「妻はくノ一」4 ☆☆

下男が織江に夜這いを仕掛け……えええ、彦馬が上手い偶然で邪魔してくれるんじゃないの?されちゃったの??
額に傷を付けてやるところでくノ一だとばれるのかと思いきや、そこはスルーだしw


しかし転んでもただで起きないのが忍び。

メシが不味いぞーと、織江の様子を気にする雇い主にいいつけるのは夜這いの件でなく
「先日の泥棒を目撃したかも…怖いから言えないけど額に傷がある様な気が…」(←煮え切らない割に個人特定情報はきちんとw)


妻が身体をはっていい仕事している間、彦馬も井戸に落ちた荷物を引き上げたり、養子の息子wに会ったりと忙しい日々です。つ、ついにすれ違ったのに!


「妻はくノ一」2、3 ☆☆

いうなれば江戸版「ガリレオ」?


怪音騒ぎや人魂の謎、歩く人形の謎と次々と怪異を解き明かしていく彦馬なのですが、その人為的政治的背景をまったく気にしないのでハラハラさせられます。

人魂の燃えかすを子どもに見せて、さあどうやったら作れると思う?って、誰かが作ったなら、噂になって欲しいとか近寄って欲しくないとか、作った「理由」があるでしょうに(><)そういう裏は斟酌しない人ですから。

そして相変わらずの妻探し。


一方の織江は潜入捜査が続き、案外彦馬の近くに出没して食膳を整えたり(で「懐かしい味がする」と言われてたりw)、彦馬の危機に物を投げて助けたり。そして折りにふれ、ペアグッズもとい一組の桜貝の片割れを取り出しては思い出す彦馬との新婚の日々はもう、寝顔をみつめてたり、隠れ浜で2人きり泳ぎたいだの、甘くて甘くて(><)

そうこうしてる間に友達は殺されるし!
上司からは後妻になってくノ一をやめればいいとか勧誘されてるし! 
なかなか再会は実現しないのです。


大火などではぐれた家族が、名所の石を伝言板に居場所を貼って回る習慣のあった江戸。それでめぐりあえる家族もいれば、会えない彦馬と織江もいて。

それに、怪異の謎を問われると彦馬は「なんでも解明すればいいわけではない、興ざめかも」と言うんです。それって、巡り会えないままがいいかもと思っている様にも聞こえるのですが…多分そんな裏はやっぱり斟酌していない彦馬なのでしょう。
早く手に手をとって逃げちゃいなよ! 

殺陣が相変わらず面白く、3話ではたすきを濡らして武器にする殺人新体操(「らんま2分の一」のシャンプー?)なくノ一が登場。結局返り討ちにあってましたが見せ場でした。


「妻はくノ一」1 ☆☆☆

失踪した妻を捜して、江戸まで追って来た男。

しかし妻は『くノ一』だったのでした…!!


七夕の日に地味な祝言をあげた彦星と織姫……に名をなぞらえた彦馬(市川染五郎)と織江(瀧本美織)。
仲睦まじく暮らしていたのですが、たった3ヶ月で織江は姿を消してしまい、特に当てもなく江戸で探すという彦馬。無茶ですよー。
気のいい天体オタクな彦馬を、幼稚な喋り方で染五郎さまが熱演ですw 織江があの瀧本美織なことには、なんと今調べて気がつきました。現代劇より大人びて馴染んで見えたよね?(台詞がほとんどなかったせいか?)

こいつに嫁ぐ位なら自害すると言われたこともあるという、風采もうだつも上がらない彦馬なのですが、実は有能。天体の知識を駆使して誘拐犯を捜し出します!夜の海で船を操るために代々身につけた技なのだそうですよ。

「何時頃にどの方角に月が見えたか」

「風が◯◯を通った」

これだけで、軟禁場所が深川辺りとだいたいの見当が。更には

「半鐘の音が」

「お香の匂いが」

と、しっかり者の幼女が覚えていたあれこれで犯人一味は無事逮捕(^^)


その辺の活躍は、この男恐るるに足らずと密偵妻をひきあげてしまった敵側の耳にも聞こえてきて…。

仕事とはいえ、真面目で優しい彦馬に惚れてしまったらしい元妻は動揺するのでした。なーんだ好き同士なんじゃないですか!

彦馬の方はもうべた惚れですし。織江さえ姿を現す勇気があれば受け入れてくれますよ。
さて、再会の天の川はどこにいつ?


殺陣が、実際に切り合ったりぶつかったりする場面を極力排除していて、逆に凄いスピードで何かした様に見えるという方向を採用。見せ方が上手いのですね。くの一は手近な旗竿など使ったりするところも、なかなか面白いです。

「パーフェクトブルー」1 ☆

本気で死にたいなら頸動脈を切らなきゃ!


あんな大騒ぎで恋人を刺して自分も刺して、いやその前にストーカーが怖いんですと探偵事務所を巻き込んだ段階で立派に計画的に悪事を働いているというのに……

『2人は一命をとりとめ』

でガクっときました。全然よかったねと思えないよー!

お互い相手を裏切って、もう恋人同士にも戻れない……のかどうか。むしろ一命をとりとめちゃってからどうなったのかの方が気になるよー!


ちなみに原作は大昔に読んだので、野球もので◯◯だったよねーというおぼろげな記憶しかありません。逆に言えば捜査する探偵側は忘れきったんだからオリジナル設定になったと聞いてもオッケーですが…ですが…結局面白くないのは問題では。

「赤の他人はすっこんでろよー」

いや本当に。
瀧本美織に人生説教されてもね。 


お目当ての窪田君はかっこ良かったンですけどねー

シリーズ物の一話目によく見かけるのは役者としての信頼の証?でも呼ぶからには、「走馬灯株式会社」の一話のように、やって良かったねと思える役をちゃんと用意していて欲しいです(><)


しばらくは一話完結なら、最後の方だけみればいいのかも。

「ハングリー!」4 ☆☆☆

具合の悪いおばあちゃんに伊勢エビ食べさせたい!


…って 伊勢じゃなくてオマール海老だけど。 ネットで見ました!って今どきならツイッターですかね。←主人公や仲間自らがそのぐらいの宣伝しないのが不思議。貧乏でも携帯は使ってるのにw

おばあちゃんのエピソードは、この寒いのに夜の外出は身体に悪いでしょ、とか。おばあちゃんへの料理に丸一匹使わずに残せなかったんかい、とか。ツッコミどころは相変わらずながら全体の展開はベタで逆に安心できます。

箱でエビが届いたら、一匹逃げるよねw

偉い人が食べる筈だと、足りなくなるよねw


それでも、主人公が作るエビグラタンは何故か、幼い日に食べた握り飯を思い出させる味ですって。食べたライバル店のオーナーも驚いてましたけど、見てるこっちも意表をつかれましたよ。

それと農業少女の言葉。

「音楽とタバコやめて、お店開いてくれて良かった!」

それって、ミュージシャンのままが良かったとグチグチうるさい恋人と真逆な応援の声なわけで。弱った主人公の心には響いたんじゃないかなー。


給料の件は……連日あれだけ空席なのに、満額支払いがあると思う方がどうかしてるよね。

まあ気軽に楽しくみてます(^^)


「ハングリー!」1 ☆☆☆

うわあ、昔の月9みたい☆


カタカナ職業シェフ、しかも元ミュージシャン、恋の予感、ライバル店の陰謀? めっちゃ非日常でキラキラしてました。


亡き母の店は人手に渡り、裏手の倉庫でバンド仲間を集めての再建になった「ル・プティシュ」。格式ばって気取った店よりも、気軽にフレンチを楽しめる店になりそうです。BGMはロック。シェフは向井理!やん、サイコー☆


向井のカノジョが、料理下手という導入も面白かったです。今は愛してるから言わないけどね、そのうち分かれるよねー。そして、食べ歩きが趣味で実家が有機野菜を作ってる瀧本美織とくっつくと。


まあ、冒頭のシャワーシーンのサービスまではやりすぎだし、火事のピンチは……屋内で消火器撒いちゃったら、一日で営業出来る様には戻せないし(経験あり、粉だらけで酷いよ)、ギターを折る程の主人公の葛藤が上滑りだったりと、ツッコミどころもありますが明るく楽しめるのがいいよね(「ストロベリーナイト」は再放送の前作冒頭30秒、猟奇殺人描写でリタイア。勘弁して)


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ