ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

渡辺麻友

「いつかこの雨がやむ日まで」1 ☆☆

昭和の匂い。「赤い」シリーズを髣髴とさせる暗さ貧しさですわ。

ミュージカル女優に憧れ、湖のほとりで歌う少女ひかり。でもその同じ場所で憧れの麻美お姉さん(三倉茉奈)は殺され、逮捕された犯人はひかりの兄國彦(桐山漣)だった。しかし15年後、服役を終えた國彦は
「俺は殺していない」
と言い残して失踪。では真犯人は。そして「犯罪者の妹」と後ろ指を指されてすごした15年はなんだったのか。
幼なじみ和也(堀井新太)はひかりを気遣うが、当時國彦が現場にいたと証言した和也を、ひかりは真犯人と同様に憎いと突き放す。

……と、この先の大揉めを暗示した挙句、今度はひかりが看板女優マイコ(紺野まひる)の遺体を発見して1話のエンドです。
これが國彦の復讐なら、麻美の代わりにジュリエットを演じて名を売ったマイコが、麻美を殺したのか。それとも主演をめぐる女優の内輪揉め?演出家の天竺(吹越満)だって十分怪しくて……といろいろ推理したくなる気持ちを何度も挫くのが。

劇団「ウミヘビ」orz

なんでウミヘビw 気になるわ……。練習場入り口にキラキラした文字で「ウミヘビ」ってw ご近所もきっとメッチャ気になってますよ。どうしてミュージカル劇団がウミヘビ……。なのにギリシャ神話でも前衛でもなく「ロミオとジュリエット」w
そしてヒロインまゆゆがめっちゃ歌うわけで、下手じゃありませんがなんか動揺します(^^;;;)

昭和な刑事に木村祐一。
斉藤由貴はひかりの母で、辛い境遇に心を病んで壊れかけています。最近そういう病んだ役多くないですかw そして和也の恋人も、記念日の手作りディナーを和也が食べに来ないというだけで(ドタキャンは酷いけどさ)黒魔術でも始めそうな怒り方。いつか刺しに来そうです。
土ドラらしい不穏な種を撒き散らしての開幕。とりあえず様子を見守りますね。

「戦う!書店ガール」1 ☆☆

書店あるあるや、メイン2人の対決:副店長(稲森いずみ)vs新任お嬢様(まゆゆ)は楽しく見ていたのですが、ラストの妊娠/略奪愛騒ぎは要らないなー

だって絶対違うじゃんw


そんなわけで、舞台はペガサス書房吉祥寺店。

宣伝ポップは張らない、落ち着いた店内を保つ方針だったようですが……新宿店からイケイケお嬢が異動してきて、やれることはやろう!頑張ろう!と、同僚から浮くのも構わず押しまくりですw
何この生き急いでる娘、余命宣告でもされてるの?
取引文具店社長の孫娘だとかで、芸能人サイン会もおじいちゃんのコネでスケジュール入れてきましたよー。今週末に!うわー迷惑w

書店での著者サイン会ってたまに行きますけど、『整理券=その店で本を買う予約』を事前に入れ、混雑予防に30分刻みで入場時間を指定されたりします。その為にも広く日程を周知させないと人が来ないし!今週末なんて急すぎますよね、何冊仕入れておいたらいいのやら。また当日大勢来たら来たで、あんな店外にずらーっと並ばれるなんて、それこそリスク管理が大変。

更に、大事な前日に休むお嬢。大ひんしゅく。

ドラマ的には、これ絶対サイン会がらみだーと予測できますが。周囲にもそう伝えて行けばいいのに、なんでサボるような真似で同僚にストレスかけるかなあ。

で、マツコデラックスみたいな橋本じゅんが来店したらしたで、どうせ読んでないくせにと大暴れw(舞台俳優の鍛えた声で喚くから怖いのよーw 本物のマツコやイッコーならあんなに声量ないのにねw)そこでも、『自分の本を信じてない』とか精神論で喧嘩売る始末wまず読んだと言おうよ。付箋貼りながら何度も読んだって! そして、自伝にあった小学校や駄菓子屋を訪ねて写真を撮ってきたんだって、言おうよ!
黙って会場まで連れて行ってから説明に入るとかさ、本当ドラマ的盛り上げが最優先でしらけます。よくある演出、去っていく相手に背を向けたまま台詞言うのもそれですよね。相手の方向いていいましょうよ、聞こえないと行っちゃうよ?


さておき、それまでポップで対立してた副店長とお嬢が、手をとりあってグッと歩み寄った終盤。

さあ来週が楽しみだなと思ってたら、副店長がプロポーズされ……る代わりに別れ話で、その妊娠させちゃった23歳がお嬢なのかと勘違いで幕引き。あーあ、そういう話だったんだあ(原作未読)

「恋愛時代」も舞台の本屋はおしゃれなのに、店長がすぐ元妻と言い争ってて雰囲気を荒らしてがっかり。 このドラマも本屋の仕事は実はどうでもいいみたいなラストで、次週への期待がミニマムになりましたよー

ツッコミどころとしては、ポップへのクレーム。著者って、男ですか!あの可愛い表紙でw それもおじさんw
不審者な画面が欲しかったなら、表紙の絵柄をもっとそれなりにすればよかったのではw 


冒頭、大量の本をおしゃれな本棚に並べ続けていくまゆゆ。てっきり舞台になる本屋だと思いきや、一人暮らしの引越しでしたw あれを本好きの引越しだと思うのって、甘い、甘いわ。これから買う本を入れるスペースがないじゃない!

本当にお気に入りの本50冊ぐらいを持ってきたとして、後は毎日1冊2冊と際限なく増えていくのが本好き……貸借りや図書館利用で節約する必要のないお嬢様が、毎日新刊のでる本屋を職場に暮らすのに増やすスペースがないなんて。

あ!マンションの隣の部屋も書庫に借りてるとか!


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ