ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

渡辺いっけい

「ステップファーザー・ステップ」1 ☆☆☆

安心のホームドラマ。


いやいや、主人公双子の家庭は思いっきり崩壊しているんですけどね。エロもグロもなく『信用出来る大人』や『親を信じたい子ども』を描く本作はやっぱりホームドラマです。

父母それぞれが浮気相手と家出。子どもだけで暮らしているところで知り合った泥棒の弱みを握り、父親を演じさせるのだが……と、あらすじにすると絵空事過ぎて笑えるwでも、ついつい久どもたちを助けてしまう泥棒さんを応援してしまいます。

ラストは両親が帰ってくるのかな。でも浮気してた人に帰って来られてもなーと複雑な気持ちでいたら、えええ、両親はもう死んでるかも?じゃあ浮気で失踪だなんて誰の陰謀で?


原作は20年前に読んだ筈……でいい感じに忘れていて楽しんでます。


「木枯らし紋次郎」☆☆☆☆

「あっしには関わりのねえこって」
ご存じ、長楊枝くわえた渡世人。無宿無頼の紋次郎!よ、待ってました!!

といってもオリジナル版の記憶は特になくて、正直何となく見始めたのですが引き込まれました。
草鞋の紐を直す向こうで、貧乏人が斬り殺されても無関心。でも金儲けにも興味なし。そんなマイペースな紋次郎に江口洋介というキャスティングは絶妙。
結局だんだんと人助けしちゃうところも、実に似合っていました。
(紋次郎ってツンデレだったのか!!)
一宿一飯の恩義、というけれど振る舞う方も大変だとか、どんぶり飯を2杯食べるしきたりで多すぎるからこうするとか、当時の風習がさりげなく解説されるのも興味深かったです。(茶屋でさりげなく草鞋履きかえてるところも)

そして紋次郎を追う敵役、渡辺いっけいも格好良かったわー。この人が出ると、時代劇が締まりますね。
困窮してる4児の母にともさかりえ。ガリガリでバッチリ(^^;;;;)

結局、優しいことを言っていた美人が影で腹黒かったよ、という展開は実にお約束だったのですが、そこに至るまでの見せ方も実にそつがなく面白くて目が離せなくて。
いい脚本なら題材に新しいも古いもないなあと改めて思いましたわ。

是非また、季節ごとにスペシャルで観たいです!

「夜光の階段」1 ☆☆

……まるでダイジェスト版。

どの場面でも、重厚なナレーションが全てを説明して進んで行くのに辟易でした。
”彼はこの夫婦が好きだった”
観たら分かるよ!というか、みて分かるように演出して芝居するのが「ドラマ」だというのに!!これじゃあダイジェスト総集編か、もっというと紙芝居を観ている気分でした。

それでも、殺人ヘア・スタイリスト藤木直人にはうっとり。
女を魅了してのし上がりながら、きっとまた殺すでしょう。どうばれるんだろう、というワクワク感はあるんですよねー。

室井滋、木村佳乃とのエッチもあり。わざわざ近付いてくる検事の娘(パパの密偵 笑)、過去の事件を知るらしい女(夏川結衣)との今後も気になります。

ウーン普通に作ってくれたら良かったのに。
それとも、”何だこりゃ?”と引っかかったら制作の思うつぼ?慣れたらあのナレーションも病みつきになるんでしょうか(^^;;;;)

「四つの嘘」3 ☆☆☆☆

はー。愛に生きちゃった女は、不倫の記録を詳細に残すのねー?
それをお友達に渡しちゃう旦那も旦那ですが、見せて回る方も方。
謎の単語DD,DMLが、ダーリンとデート、ダーリンとメイクラブって、ひー気持ちわりー(><)でも、あけすけなフミに指摘されてきゃーきゃー言ってたくせに、一人で「記録」を読み返しながらほてってる満希子(寺島しのぶ)、もっと気持ち悪いー(ーー)

相変わらずものっすごく楽しそうな死人のナレーションを挟みながら、とにかくセックス中心で生きてる詩文(永作博美)と、汚らわしい!って言いながら妄想でいっぱいの”普通の主婦”とがめちゃ両極。その脇にポツンと立ってる感じが外科医のネリ(高島礼子)だったんだけど、ボクサー(勝地涼)の脳障害をきっかけに詩文とネリとも対立が始まるんでしょうか?
でも、もうボクシングを続けられない(野獣のセックスが出来なくなる?)彼氏には詩文は未練ないかな。それにネリへの彼氏の執着は、恋とは違うかな。

一人歩きに怯えるネリとのキスが「初めてじゃない」という彼氏って。その昔強姦された相手だとか言うんじゃないでしょうね?
……って、妄想たくましくしてるなら、満希子と一緒じゃないのー!!

家庭教師=恋愛沙汰にしかならない満希子の頭の中(「お前、それしか考えられないの?って旦那さん、そうだから!分かってたらどうにかしてやって 笑)
息子が、娘がってなると”不潔よキー”なのに、自分は色目使うんだからもうワケ分からん。分からんけど、こういう人居そうよー。

どこで食べても金を払わず、家でカップものしか食べない詩文。誘ったらパッとおごるネリ、払わされては不満顔の満希子。隅々行き届いたキャラクター描写も引き込まれる要因ですね。

互い関係があるんだか無いんだか、ばらばらで投げて渡されている別々の小説の様なそれぞれのお話なのですが、だんだん関連がありそうになって来たような。
とにかく、どこをとっても面白いのであっという間に時間が過ぎます。(何故か「コードブルー」は長く感じるよ?)

ネリが気にしているホットフラッシュって、要は更年期障害のほてり&のぼせですよね??医者同士の会話で軽く流してますけど、メインターゲット層には説明不要な単語なんでしょうか??

「ガリレオ」1 ☆☆☆

やっと観れましたー♪ぐるぐる回るカメラに酔う酔う(><)
事件や犯人には興味がなく、謎だけ解ければいいという福山准教授(それってちょっとネウロ)、面白いじゃないですか。柴咲刑事も可愛いね。

原作が好きだったので、片方女になると聞いた8月にはえーっと思ったものですが、ちゃんと草薙(北村一輝か!)は残して新キャラを投入。古馴染みでない摩擦と、理系vs文系の構図でガリレオ湯川先生の変人が際立つとともに、画面も華やかでドラマ的にいい感じかと思いますー。
男二人のも観てみたかったですけどねー(ちなみに「TEAM」でヒートアップしていた頃読んだので、smap草なぎ@草薙と西村雅彦@湯川で想像してましたっけ ^^;;;)

ズバリ犯行から始まるスタイルも、分かり易くていいんじゃないですか。
しかも唐沢さんのいい声でヘッセ朗読って、いっそずるい。だって原作ではさ、目の悪い妹の為にテープに吹き込んでやるってなんていい話なんだと思わせておいて本はPコーンウエルの「検死官」でしたよね。変態連続殺人や解剖で喜ぶってどんな妹なんだとツッコミ入れた覚えが(そっちも全巻読んでますけど、兄の朗読ででは聞きたくないです 笑)

そうそう美人検死官さんのところで鼻の下に塗ってたの、におい消しのメンタムでしょうけど「検死官」のスカーペッタはそれぐらいじゃ死臭は防げないし手がかりになる匂いをかぎ損なうから塗らないって言ってましたね。閑話休題。

嘘泣きしてみる柴咲刑事、ひっかかる湯川、笑う〜。
理系文系、男と女、「違う」ってことが分かってる分、湯川ははましな方だと思いつつ。男社会警察でうまく生きて行くには柴咲刑事、確かに上手に女の武器を使って行った方がいいでしょう。
この二人に恋愛をさせるつもりかしら?とちょっとワクワク。

品川やいっけいさんといった脇役もいい感じです。嘘泣きネタの「女刑事クラリス」とかいうドラマまでちゃんと作ってみせて、豪華ー。

「百鬼夜行抄」1 ☆☆

 怪物に追われ倒れ込む青年。立ちはだかる男の胸から青白い光が…。
ウルトラマンシリーズみたいでした(^^;;;) 画面といい30分の進行具合といい、何より年若い主人公の演技の感じが!!

 大好きな今市子原作「百鬼夜行抄」。まさかのドラマ化。
正直止めて欲しかったのですが…不安があまりに大きかったせいでしょうか。逆にこのぐらいならいいか、な感じでした(舞台化もされてる筈。怖いモノが観たくなってきた^^;;;)

 祖父:蝸牛と青嵐との契約を律18才までにして、その日が来たら喰うつもりだ、と言わせるのも(「チキタGuGu」みたいだね)短くまとめるつもりならOKだし。多分、初めて観る人にもそう難解では無かったはず。

 そりゃ細かいこといえば、
「オマエは背が伸びない」は、頭上に取り憑いた亀が言わなくちゃとか。
クスッと笑えるところはないのかとか、音楽が「西遊記」調なのは何故?とか。
青嵐は、渡辺いっけいより大杉蓮だと思ってたよ〜とか。
画面が真っ暗で原作カラーの透明な華やかさがないよとか。
勝手な言い分はいろいろあるんですけど、まぁいいや。

 陽気なママーズよりCGより、大人しい主人公:律よりも、どっしりと古い飯島家そのものが主人公みたいな第一話でした(^^)

「ハケンの品格」3 ×

 大前さんのマグロ解体ショー!! 
って、喜んでる場合じゃないです。

 この1日凌いでも仕方が無いじゃない?ツネさん(小野武彦)は売れっ子で、連日びっしりだったスケジュールがくるくるパーマのせいで怪我して向こう3ヶ月はパーなのに??
 もう、クルクルパーマの進退よりもツネさんの生計が気になっちゃって仕方がなかったです。

 大前が突然パーマに腹立てるところもなんだしさー。
 ていうか、会社員としての有能さにはまったく関係なくないですよね、マグロ?? 事務能力対決は、見逃した2話目(ホチキス勝負?)で終わっちゃったんでしょうか。あんまり何でもさせちゃうと、全部中途半端な感じにならない??

 そして、解体出来るのに黙ってて、当日イキナリ現れた大前さん。私がパーマなら、
「俺のために?(はぁと)」
じゃなくってさ。
前日になぜ言わないのか、と。「そんなに俺を困らせて楽しいかぁー」っと憎しみがつのると思います。私もたいがいポジティブだと思って生きているのに、こいつには負けたわ。

 そんなわけで、彼が好みのパブのママを差し置いて(^^;;;)突然のキス。そんな時にもクールな大前さん。目撃して固まる孝太郎くんは……『彼女』のポジションなんじゃないの、それ?

 こう書いてると、次が楽しみなような、やっぱりそうじゃないような…。うーむ。

「87%」最終回 ☆☆☆☆

 寅ちゃん名演説!!
 そういえば院長は、晶子の契約時説明ミスの時から「ついていいウソがある」と言っていた気がします。ここに繋がるんですね??

 記者会見から唐突に『2年後』に跳んで、更に唐突に記者会見に戻る構成に驚いたのですが、処分が”2年間の業務停止”に落ち着いたことで納得でした。
 こういうと失礼かもしれませんが奥さんの場合・・・・手順を間違えたわけでも内緒で新薬を使ったわけでもなく・・・・・じゃあ新薬を使わなかったら助かったかというのも微妙な訳で。
 ずっと「謎」だった事件の真相としてよりも、「妻が」「妻は」「妻と」と繰り返す黒木先生にとって奥さんはまだ亡くなったその人1人なんだなという絆を思い知らされた会見でした。

 そして2年後。
 書店で再会した剣崎が、なにやら恋愛ハウツー本なんか抱えてて失笑っ でもちゃんと、病気や身体のことについて興味をもったという会話があったり。
 医者として復帰した黒木との「約束通り生きていました」、という会話があったり。
 そうそう、中学生になるソウ太が「知ってたけど黙ってた」としっかり者のところを見せたり!(背は伸びてないけどねー笑) まだ黒木家に出入りしてたり!!

 変にメロドラマでなく、幸せで堅実な日常が続いていく予感で地味に締めくくる、このドラマらしい素敵な最終回だったと思います。
 晶子の生保レディ姿や剣崎との再会なんて、エンディングのタイトルバックで台詞無しに見せても良かったかもしれない要素ですが、晶子に「今が幸せ」ときっちり語らせてくれてスッとしましたー。
 ホントは、鈍い黒木先生とどうなるのか、この先が興味津々なんですが・・・その辺は勝手に思い描くことにしましょう。

 最後の回想で、1人その後が分かっていない人を思いだして哀しくなりました。末期癌だった、お金を山分けしたお父さん。赤ちゃんの顔を見るまで生きていられたのかなぁ。これも、そういうことにしておきましょう。

 とにかく、市の広報の乳ガン検診に申し込みましたよ。癌は他人事じゃない、でも不幸でもない、のかもしれません。
 素敵なドラマでした。

「87%」9 ☆☆☆☆

 ファミレスで泣き崩れる女達。怖い。・・・でも、もらい泣き。
晶子っていい友達持ってるよね。人間として暖かい。
「恥ずかしいなら一緒に泣いてやる、ふえぇぇん」
ときた杉田かおるには、もらい泣きしながらも笑ってしまった。泣いたり笑ったりで、見てても忙しいぞこのドラマは!

 で、泣いてた理由が失恋なわけですが。
当の相手の黒木先生に、打ち明ける前からもう諦めてる。若くて可愛くて”健康な”院長の娘相手に、いい大人が張り合えないって。
妙な分別働かせずに、ここは言うだけ言う方が・・・と外野は思いますけどね、自分から引いてしまう晶子の気持ちも痛いほど分かって切ないです。
 ここで、だからってケンケンをキープにしない誠実さも好きだなぁ。

 そうそう剣崎さん。あれだけの騒ぎがあって葬儀もあって、でもちゃんと忘れられてなくて(当たり前か!)ホッとしました。素敵なレストランでそわそわ待ってたのに、速攻でお断りされて・・・ちょっとデート気分の食事ぐらい、してあげないのね(^^;;;)
「好きな人がいるんです」
と断っておいて、なおかつ乳ガンのことまで告げて。
「何故私にそこまで」と気にするケンケンの言う通り、何もプライベートな病名は言わなくてもですが。隠さずに胸を張って患者として生きていきたい、という必死な想いの伝わってくる場面でした。

 抗ガン剤治療に続く放射線治療も辛いし、会計は無駄に待たせるし、バッテンは描かれちゃうし。
でも胸をはって、ソウ太君が大人になるまで頑張って生きるんだ!
「早く大人になって欲しいな」
は泣けました・・・・・。
 市から届いた広報の、「乳ガン検診」に早速申し込みをしましたよ。3年ぶり。

 黒木妻死亡にまつわる秘密が、ついに明らかになる来週。先生は遠くに行ってしまうのかなぁ。
次はもう最終回。早いなぁ。

「87%」8 ☆☆☆☆

 ああ。ケンケン(渡辺いっけい)に謝れ、柏原弟!!

 だって・・・だってせっかくのプロポーズですよ?
 職場で部下に惚れながら、周囲に気取られもせず、かといって助けるところは助けてきたわけじゃないですか、ケンケン! しかも、晶子の退職に際して「結婚でもされたらどうですか」と言ってみたのが、イヤミでもセクハラでもなく、相手に自分を想定しての限りなく本音だったなんてーっ けなげー!!
 時間をおいてから訊ねてくるところも好感度高です!!

 なのに!!!

 話を前に戻して。
職探しを続けるもなかなか上手く行かない晶子。切ないです。

 でも、黒木義母にかかったら晶子さんは家政婦さん(笑)

 ソウ太くんを自分の孫と思いこんで、じゃあ実の母の晶子のことはどうなってるかと思ったら・・・担任の先生から、家政婦さんにチェンジ!休日にお弁当作ってついてきても無理のない設定です(^^;;;)
 でも、息子連れて行かれたうえに仕事いいつけられちゃ、晶子にはたまったものじゃないです。いっそ本当に雇ってください。息子は相変わらずあれを、晶子ママと黒木先生が結婚しそうだから・・・・だと思っているんでしょうか?4年生じゃまだそんなものかなぁ。

 その、息子不在の間に起こるさまざまな出来事が上手い上手い!

 黒木家の食卓で
「ここで食べる食事は 味なんてしない」
という黒木先生(彼もちゃんと気まずかったんだー。)

 で、家に戻れば前述のプロポーズ。

 そこに杉田かおる達あらわれて盛り上がってたのに、かおりちゃんの死を知らせてくる柏原先生からの電話。
 これはどうかと思うよね!自分も平静を保つのがやっとな中、葬儀の連絡をして『きちんとした』つもりなんだろうけど、看護婦に知らせるのと、同じ患者の晶子に知らせるのって意味が違うじゃないですか!!

 そしてそれ以上に!
 晶子の「今日の出来事」ランキング中の「プロポーズ」が、香織ちゃん訃報のせいでトップから一気に転落。代わりにランクインするのが、駆けつけてくれる黒木先生でしょう???
 それも全部あんたの電話のせいですって。
ケンケンに謝れ、柏原弟!!

 そうだ忘れてた、週刊誌記者。
よくある医療モノのように独自でかぎつけたわけじゃなく、宇月医院の娘が黒木先生を心配するあまりにキャンキャンしたせいで・・・・という経緯が、皮肉で面白いなぁと思いました。
 まったく、あんな話どこそこ大声でするもんじゃないよね。

「黒革の手帖」4 ☆☆☆

 出た!3冊目の黒革の手帖!! ギバちゃん’s。
このドラマも、西部劇みたいなBGMで展開分かり易!

 元子甘いよー、甘すぎるよー。
 まずね、大義名分があった楢林と違って、上客のギバちゃんをまっこうから強請るなんて、そんな店誰も来なくなって商売上がったりなわけだし。もちょっと裏から手を回すと思ったのに。

 店の娘も、百歩譲って金で抱かれてくれたとしてさ、「手帖はどうでしょう♪」なんて、犯罪の片棒を簡単に担いでくれる女が都合良く転がってるわけないじゃないの!!

 よしんば共犯じゃなくても。
別の女を気に入っちゃったら、ギバちゃんが買った「ロダン」のママはその小娘ってことだってありえるのにさ。変なところで性善説なんだから。
 ・・・・しかし、おかげで物語は更に盛り上がるわけだ!!ジャジャジャーン、オ・レ!!

 一枚上手のギバちゃん相手に、どう切り抜けるか楽しみ?。
 一晩の遊びで終われない、 意外にウブだった安島さんも、どう出てくるか楽しみ。
釈の、いっけいさんのリベンジはあるのか??あー、来週が待ち遠しい!

「大奥 第一章」3 ☆☆

 展開、早!!

 家康と話したと思ったらもう江戸城内に戻ってるし、そこに家康が来て世継ぎは竹千代と宣言したと思ったら、あれよあれよと位牌が写って爺はお亡くなりですよ。 もっとも後で、
「爺のように、ふくも何も言わずに居なくなるのか」
と竹千代が泣く場面につながる演出でもありますし、なにしろ飽きないのでサクサク進むの大歓迎です。

 天下の将軍様。
遊び放題かと思ったら、違いましたね。どこかに囲って通い詰めたならともかく、出先で押し倒すときも、たった一度で妊娠したと告げられたときも狼狽えている将軍様が可愛いというか不憫というか。
 でも、お江与が妾のことでふくを悪く言えば言うほど、実は自分の身に帰ってきている皮肉には、溜飲が下がりましたわ。

 で、いきなり3代目将軍襲名ですよ。 早!!

 最後、青年に育った竹千代が
「我こそは、生まれ付いての将軍」
と名乗りを上げるところは立派でしたよね。
 で、懲りずに文句たらたらのお江与側と、まだまだバトルは続くんですね、そうですね。

 今週も可愛い赤ちゃんが見られて嬉しかったです。来週も誰かの赤ちゃん産まれないかなぁ。

「大奥 第一章」2 ☆☆

 夜なべで他人の流産を祈る女・・・・怖すぎる(^^;;;)

 しかし、国松君と御台さまのバカ母子ぶりは、だから乳母が必要なのね、と思わせるのに充分でありました。 武士の頂点に立つ将軍と、現代の優等生に必要な資質は違うのでしょうが、どう考えてもあの次男坊はろくな男に育たないぞ。
 あんな女でも母と慕う竹千代(須賀健太)君が不憫で不憫で。でも将来将軍になるのは君だからね!

 来週はおふくが、御台さまのバカっぷりをはるばる秀吉にまでちくりにいくそうですが・・・その間に若君がまた虐められるんじゃないかと心配ですよっ

 そうそう、おふくに置いていかれた長男、千熊も立派な若武者になって若君の遊び相手に。でも、もう母でも子でもないっと言い渡すおふく。うなづく息子。ここも泣かせるわ。

 あまりに時代劇らしくないので、こっちも硬いこといわずに気楽に見ています。

「大奥 第一章」1 ☆☆☆

 豪華絢爛!!着物が綺麗♪ 大奥ってこんななの、ふーん、へー。

 「負け犬」だの離縁が差し障りないだの、妙に現代女性に媚びている気がするのですが、まあいろんな人に見てもらおうと番組も必死なんでしょう。
 女の戦いを横で見ていた若い女中(星野真里)が過去を振り返る構成なので、時々小娘のつたないナレーションが入って気が抜けますが、それもまた一興。

 私みたいに簡単な視聴者は、赤ちゃんが出ておっぱい飲むだけでもうメロメロ。兄の千熊(凄い名前)くんも弟もイイコじゃないのっ。 なのに離縁って!
「母上はもう死にました。そう思って生きていきなさい」
ここで泣く子供達が、もう可哀想で。

 でも、だからこそ将軍家が捜している、
”身分ある武家の出の教養ある奥方で、乳が出るのに夫コドモと別れて奉公”
という無茶な乳母の条件に叶うわけですよ。
 ・・・あの募集、主人公(松下由樹)の他に候補はいたのやら(ついでに、赤ん坊だけでなく、授乳する胸元まで撮影可な親子はどこから連れてくるの。ま、いいけど)

 産んだ奥方様(高嶋礼子)が、ちょと夢に見そうなぐらいこーわーいー。ニッコリ笑っててもこーわーいー。

 「お世継ぎ様」は産後すぐに乳母に託され、実の母は抱くことも出来なかった。政治システムとしては分かりますが(世継ぎの権威と、母親を切り離すためかな)、出産直後しか出せない、免疫たっぷりの初乳をみすみす飲ませ逃すとは・・・だから坊ちゃんはひ弱に育つわけですよ。
 そして、逆恨みな実母と乳母の闘いがこれから繰りひろげられるわけですね??うひょ。

 父:家康(藤田まこと)のいいなりの2代目将軍秀忠(渡辺いっけい)もいい感じに腰抜けで、楽しめそうです。
そうそう、「だぎゃ」とか言ってる家康を初めてみました(笑)あの年でも名古屋弁丸出しだったの?

「丹下左膳」 ☆

 「姓は丹波、名は左膳」かっこい〜獅童くん!
 でも、”My name is SazenTange"と英訳が入るのはいかがなモノかと。

 なんかアレですね。白黒の画面で知らない俳優さんが時代劇してると疑問わかないのですが、和装のともさかりえに
「おぉう、ばっさり斬ってくんな!」
と啖呵切られるとおかしくって。おまけに、ひとつひとつの掛け合いが無駄に長いんですよ。
 その点、いっけいさん演じる小者は何故か安心して見ていられました。
 走り出す前にぴょんと上に飛んだり、手を揉んだりする動きの様式美!(笑)

 主役は確かに丹下左膳ですが、出ずっぱりのいっけいさんが実は座長なのかも。
 時代劇好きだったお爺ちゃんの感想を聞きたかったです。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ