ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

渡辺いっけい

「潜入捜査アイドル 刑事ダンス」1 ☆☆☆

大好物、バカドラマw

<刑事ダンス>と書いて<デカダンス>、<散・炎・時>と書いて<チェンジ>!
まさかの冒頭から渡辺いっけいが変な演歌熱唱ですw 曲も千本桜さながらに、小林幸子かという大物演歌歌手(渡辺いっけい)が歌う<散・炎・時>の画面が衝撃で、癖になります。
で、そのネット歌番組が脅迫されたための潜入捜査。てっきり捜査一課の落ちこぼれあたりが変装かと思うじゃないですか。ところがこの世界、警察組織に特殊芸能課が存在するんですw 全編解説しっぱなしのナレーション氏曰く『芸能人の犯罪は影響力が大きいから』だそうで、元子役(森永悠希)にネット民にバカにモテ男にと、若手刑事が 主人公だけでなくユニット組めるほどいるんですよ。
主人公辰屋すみれ(中村蒼)はダサい正義厨ね。知らないカップルの痴話喧嘩に口出して殴られ、忍者装束のダンサーが刀を取り出したと取り押さえて怒られる間抜けっぷりなのですが。一目見た顔は忘れない特技を持ち、その性格や感情を見抜く能力も人一倍……という設定(今のところセリフでの説明に頼りすぎかなー)で、 なんとか事件の黒幕をズバリ指摘。お手柄で1話終了です。

犯人確保のパフォーマンスダンス?が気にいられてデビューしちゃうのかな。ユニット名「デカダンス」は、誰かと問われ「刑事(デカ)だ!」と口走っちゃったのをごまかしての、とっさの命名なんですよw このバカバカしさ嫌いじゃないわー。中村蒼も「せいせいするほど愛してる」の関西弁男よりよっぽど活き活きとしてましたよね。
さてこれから芸能界の黒幕だの巨悪を暴いたり犯罪を摘発したりと大活躍するんでしょうか? 楽屋泥棒や寸借詐欺など小さな事件をこそっと解決の方が笑えそうかなあ。
芸人「バカよあなたは」ファラオがラップで登場したものお得感ありました。

「リキッド ~鬼の酒 奇跡の蔵~」1 ☆☆☆

脱サラし、親が残した潰れかけの酒蔵を継いだ主人公(伊藤英明)。

『鬼』と異名をとる老杜氏(津川雅彦)を口説き落とし、大手蔵(渡辺いっけい)に嫌がらせを受けながらも働き手を公募。元ソムリエール元ホームレス元料理人元ひきこもりに加え、横領をしてきた元杜氏……鬼と蔵元と愉快な仲間たちが揃い、さあどんな酒造りが始まるのか。


と、軽い感じであらすじ書きましたが本編はコミカルなしですからねw
NHKらしい手堅い作り、舞台になる金沢ロケの絵も素晴らしくて見応えがあります。音楽も落ち着いていていいよね。全3話じゃもったいないと思う良いスタートです。わくわく。

唯一難があるとしたらタイトルかな。なんでこの和風ドラマの題がカタカナで「リキッド」w 「鬼の酒」でいいじゃないですかw

舞台「ハルナガニ」☆☆☆

木皿泉脚本。
コメディに始まり、無性に哀しくなり、不可思議なまま終わってしまいましたw 確かにこれは舞台じゃなきゃ許されないラストでしょう。


妻の死から1年。

いまだ嘆き悲しんでいる夫(渡辺いっけい)に、高校生の息子は呆れるばかり。


と、そこに「ただいまー」と普通に帰宅する奥さん(薬師丸ひろ子)は、旦那が死んで1年だと。えー。

じゃあここにいる父親は何?自分がおかしいの?

と混乱する息子を置き去りに、ひたすら明るく元気で、でも夫の死をそれなりに悼んでいる奥さん。


高価なバッグのバカ買いも、叱って欲しいんだと言われると可愛い奥さんです。でも旦那さんの方は、剥がした湿布を残して大事に持ち歩いて妻を偲んでいるんですが。この違いw

2人とも、息子にははっきりと見えていて触れて格闘もするのに、夫婦お互いには見えない模様。


しばらくすると男女の来客があり、おじさんには奥さん、若い女の子には旦那さんしか見えていない模様。

この辺までは捻れがおかしくて笑ってみていましたが、回想に入り愛や家族の歴史が語られる程に、どちらが死んだにしろ別離は哀しいし、誰に誰が見えているのか居ないのかどんどん曖昧になっていくし。

ラストは黙っておきますが、なるほど舞台。テレビドラマにするのだったら、もっとクリアな解決が求められること必至。


でも満足、楽しい時間でした。

客席にご年配夫婦らしきカップルが多かったのが印象深かったです。


残念だったのがパンフレット。

1000円も出して買うんですよ。読み応えがあって欲しいじゃないですか。各場面への個人的な解釈とか、せめてどの台詞が好きだとか聞きたいじゃないですか。それがなんと俳優さん達、まだ脚本を読まずにインタビューされているのです(><)

進行の都合でそうなるの、分かりますけどね。こんな内容なら買わなくて良かったわー。


「拘置所の女医2」☆☆

え、定礎って設計図や金庫しまうところ?(ヒビが入ってたら建物倒壊するって都市伝説あったなー)


青木さやかが主演の2時間サスペンスがまさかのシリーズ化!

見てられなかった前作に比べたら、普通に楽しめたと思います。しかしオーラスのオチが

「どこ見てんよ!」

で、逆にびっくりw そんな持ちギャグありましたっけね~。

前作で単身赴任だった旦那とは離婚済。でも同居の義母がかなり関わってくるんだから、変にいじらなくて良かったのに、そこも本人の離婚にリンクしたんでしょうかって、世間そこまで青木さやかに興味ないのにーw おかげで義母は離婚済みの元嫁の家に転がり込んで同居という無茶な設定にされてましたよ。

更には元嫁の箪笥を漁って結婚指輪を売り飛ばすというマジキチっぷりで、そこをきっかけに宝石買い取り詐欺に主人公が関わって事件解決の糸口になる無理矢理さ(><)


いやその前に大本筋は議員殺害で、ひき逃げ事件の真相もあばかれるのですがそっちはもうどうでもいいやw 議員役:渡辺いっけいの演技はさすがで、無理矢理な脚本にはもったいなかったです。

加藤茶の演じるこそ泥も良かったのでパート3があるなら是非続投で!

ホタルイカの生食は、富山の親戚がダメダメいつも言っているので画面みながら「あぁ…」ってなりましたが、その結果見事に寄生虫が這い回り要手術、そんなことになるのかーと納得でした。←で、そのイカ食べた家から盗んだのが議員の指輪なんだってwすごい偶然w


ところでお目当ては当然、西村雅彦氏。黒ブチメガネも凛々しい強面検事役です。

髪はまだ「遺留捜査(3)」ほど伸びていなくて黒め。長袖でコート着てるし、その前の冬の撮影だったのでしょう。

青木さやか女医とは喧嘩しながらも協力しあう仲。愛嬌を封印しての頑固オヤジはちょっとイヤな奴で、胃カメラ中に話しかけられて答えられない場面ではもっとヤレーと思いましたですw その後の、ノーネクタイでしどけない姿は眼福でしたが、それだけのために2時間割くものでも……orz

部下の安めぐみは同僚彼氏と「いちゃつき刑事」だしw 青木さやか女医は色気無いしで、シリーズ続いてもラブはなさそうです。

「ガリレオ(2)」最終回 ☆☆

いきなりタペストリーをひっぺがして壁に数式書き出したのにはびっくりしました。しかも、消さずに帰ったよね美砂刑事w トリックより何よりあれはダメでしょう。それをみつけた奥さん(天海祐希)も、すぐ

「湯川君……」

って、中学時代からあんなことしてたのかというorz


で、前回も今回も途中で寝てた旦那にトリックを説明する羽目になりましたが、

『一年前に仕掛けた』

という点が納得いかないらしく何度同じ説明を繰り返したやらw なんで見張ってたの?なんで社員が水使っちゃだめ? え、なんで1年も?

そんなに子どもが欲しいのに愛人も作らない旦那は誠実なのに、殺されて可愛そう←これは、ドラマ版だとそうなっちゃうよね。自殺した元カノも愛人もどっかに消えちゃってて。


美砂がいきなり泣き出したのにはびっくり。「じょは情緒不安定のじょ」…は、「あまちゃん」だw そこまで逮捕できなくて悔しいような極悪人かな、他の人をまた殺す可能性はほとんど無いだろうし。

彼女が好きで、容疑を晴らそうとずっと頑張ってたとでもいうならともかく、ちょっとお茶した程度の後は普段の岸谷だったじゃないですか。

ま、すぐに先輩を呼び捨てまで回復したし。美砂の精神状態よりヒ素入り土をいじってたハゲ刑事の健康の方が心配な最終回でしたよね。

湯川さんは変わらないし。 

「ガリレオ(2)」9 ☆☆☆

湯川を恨んでの犯行。


そりゃ、無神経で有能で有名人なイケメンときたら誹謗中傷は渦を巻いているでしょうが、今回動機になった”恨むきっかけ”は、あまりにも単純w  学会発表の質問たった一つでダメになるキャリアなら、悪いのは運じゃなく研究の質ですよね。 湯川じゃなくても、そのうち誰かが同じ指摘をしたでしょうに。


そして事件も、『予言にみえる』ところは不思議でも、『予言にみせかけた』と捉えれば、ほら単純w


こういっちゃなんですが、毎週毎週「遺留操作」「刑事110キロ」の方が何十倍も入り組んで訳の分かんない事件を解いてますよ!勿論、複雑=面白いではないのでガリレオはこれでいいちゃいいですけども、犯罪捜査と関係ない湯川准教授を巻き込む理由が必要なのがガリレオ。

その点今回は、犯人が湯川を指名して大義名分があるんだから、他の部分に時間を割けたでしょうにー。

でも生瀬さんの怪演で見てて飽きませんでした。 


湯川を恨んでの犯行=栗林だ!となる岸谷刑事、酷すぎるw

そしてついに、個人宅の鏡に口紅で落書きする湯川w
だから岸谷も学習して、模造紙とマジックを持ち歩けとあれほど…!! 拭けばいい鏡より、潰した口紅がどこのブランドで限定品だったりしないかの方が問題じゃないの(><)

「ガリレオ(2)」8 ☆☆☆

名勝負!


憎くて殺したかったし、演技の為に殺人を体験したくて殺したと開き直る女優(蒼井優)。

追いつめられて手が震える自分の反応も面白い、これから体験するだろう取り調べも裁判も、留置所や刑務所暮らしでさえもワクワクする!

出所したら人殺しの役を演じる!

と何から何までポジティヴ・シンキング(^^;;;) こりゃ勝てないな-と呆れた矢先に我らが湯川准教授がガツンと言ってくれました。そんな演技は見たくないと。

♪女優殺すに刃物は要らぬ♪

♪皆で背中をむけりゃいい♪ 

あわや蒼井優の独擅場になるところを、辛くも湯川がセーブ。おかげで気持ちよく見終われましたわw


説明タイムに協力する花火師さん(ガッツ石松)と准教授のやりとりも楽しかったです(^^)

パソコンで花火の画像を見ながら、専門用語バリバリで理解し合う2人w (ドラマ的にはそう見えますが、実際あのパソコンの画面には、台詞が表示されていて読み上げてたんじゃないでしょうかw)


と、大満足で楽しみましたけれど。
あれこれ女優が仕掛ける度に思ったのは「これスマホじゃ出来ないな−」という時の流れですw 原作発表時にはiPhoneとか一般的ではなかったのでは?
だって彼氏携帯をポケットにいれて操作は(コナンでもあったw)、ロックかかってても出来ないけれど、そもそもスマホじゃ無理じゃ無理。そして写真はGPSで撮影地を記録しちゃうw 
彼女がさあ殺そうとマンションにやって来た時、
「やっとスマホにしたんだよー」
とみせびらかされたら、肩を落として帰って行ったでしょうか。せっかっく考えたトリックを台無しにされて、やっぱり逆上して刺したかもしれないw 


そして殺し方が不確実なのも気になりました(><)

あの体格差じゃ警戒されたら終わりなのに、水平にしたナイフで肋骨を避けて一撃で心臓を刺すだなんて難しすぎでしょう。

「肋骨にナイフがあたる感触が」

と本人もメモってる様に、失敗スレスレだったんですよ! 役と同じ様に殺したかったにしろ、例えば彼を刺し損ねて騒がれたら?

更にそのメモ見られたらどうするんですかw

ICレコーダも気味悪がられる程有名だったのなら押収されるかもで、写真のトリックとか準備してる場合じゃないですw


月と花火の写真も、撮影地云々は置くとしても、生前の彼が撮ったとするなら女優さんは存在を知らない筈。つまり、警察自ら位置の矛盾に気付いてくれなければ、容疑者にされても自分から指摘を出来ないんですよw せっかくの二重トリックが、役に立たないリスク高すぎるw

むしろ、その写真を撮ったら遺体の横に置き去りして、通話トリックなんかしない。第一発見者にもならずにほったらかす方がましに思えて…

策士、策に溺れる

の通りに溺れまくりな女優さん、やっぱりガリレオ教授が出て来なくたって解決した事件に思えて仕方ないですw

「ガリレオ(2)」2 ☆☆

オカルトちゃんw

帝都大出のエリート女刑事が超能力で事件解決!って、確かに週刊誌向きのネタですねー「美人刑事」だしw その影には以前から警察との関係を疑われる「イケメン准教授」も。


そんなわけで、殺人事件の証拠物件が超能力~ダウンジング~で発見されたんでは報告書が書けないと、湯川に泣きついて来た岸谷刑事。真面目だ…。

本人の主張がどうあれ、鑑識さんみたいに『犬も殺人もその子がしたんだろう』とか、納得のいく説明を勝手に考えるのが普通の困った大人ってものなのに、エリート刑事は女子高生が『水晶に導かれて犬の死骸をみつけた』って話の方を信じましたよ。

相変わらず万年助手にはキッツイですが、案外いい奴なのかも。


でも真実は、死骸遺棄を『目撃したので場所と犯人を知っていた』という、一番分かり易い結果で、報告書にだってダウンジングのことなんか何も書かないで大丈夫なのに、何を湯川研究室でうだうだしてるんでしょう。

挙げ句に湯川先生に抱きついたり(違)して…!!


先代湯川係の薫なら、絶対しなかった甘え方をする岸谷。湯川先生のソフトな拒否具合が面白いので、コンビとしてはいい感じに見えてきました。しかし、大教室を埋める湯川ファン学生からは呪われそうw 


メトロノームによる共振の実験は見せ方が面白かったですね!
事件としては、前回に続きまたもマトモな説明が正解という不思議成分足りなすぎですが、その分気軽にキャラを楽しめる感じ。品川に替わって投入のハライチも、同じハゲでも好感度アップで見やすいです。

このキャラに慣れて来たあたりで、ドーンと大仕掛けなびっくり事件を解決してくれると嬉しいのですが。さて。


「木枯らし紋次郎」☆☆☆☆

「あっしには関わりのねえこって」
ご存じ、長楊枝くわえた渡世人。無宿無頼の紋次郎!よ、待ってました!!

といってもオリジナル版の記憶は特になくて、正直何となく見始めたのですが引き込まれました。
草鞋の紐を直す向こうで、貧乏人が斬り殺されても無関心。でも金儲けにも興味なし。そんなマイペースな紋次郎に江口洋介というキャスティングは絶妙。
結局だんだんと人助けしちゃうところも、実に似合っていました。
(紋次郎ってツンデレだったのか!!)
一宿一飯の恩義、というけれど振る舞う方も大変だとか、どんぶり飯を2杯食べるしきたりで多すぎるからこうするとか、当時の風習がさりげなく解説されるのも興味深かったです。(茶屋でさりげなく草鞋履きかえてるところも)

そして紋次郎を追う敵役、渡辺いっけいも格好良かったわー。この人が出ると、時代劇が締まりますね。
困窮してる4児の母にともさかりえ。ガリガリでバッチリ(^^;;;;)

結局、優しいことを言っていた美人が影で腹黒かったよ、という展開は実にお約束だったのですが、そこに至るまでの見せ方も実にそつがなく面白くて目が離せなくて。
いい脚本なら題材に新しいも古いもないなあと改めて思いましたわ。

是非また、季節ごとにスペシャルで観たいです!

「ガリレオ」1 ☆☆☆

やっと観れましたー♪ぐるぐる回るカメラに酔う酔う(><)
事件や犯人には興味がなく、謎だけ解ければいいという福山准教授(それってちょっとネウロ)、面白いじゃないですか。柴咲刑事も可愛いね。

元の話が好きだったので、片方女になると聞いた8月にはえーっと思ったものですが、ちゃんと草薙(北村一輝か!)は残して新キャラを投入。古馴染みでない摩擦と、理系vs文系の構図でガリレオ湯川先生の変人が際立つとともに、画面も華やかでドラマ的にいい感じかと思いますー。
男二人のも観てみたかったですけどねー。(ちなみに「TEAM」でヒートアップしていた頃読んだので、smap草なぎ@草薙と西村雅彦@湯川で想像してましたっけ ^^;;;)

ズバリ犯行から始まるスタイルも、分かり易くていいんじゃないですか。
しかも唐沢さんのいい声でヘッセ朗読って、いっそずるい。
だって原作ではさ、目の悪い妹の為にテープに吹き込んでやるってなんていい話なんだと思わせておいて本はPコーンウエルの「検死官」でしたよね。
変態連続殺人や解剖で喜ぶってどんな妹なんだとツッコミ入れた覚えが(全巻読んでますけど、家族の朗読ででは聞きたくないです 笑)

そうそう美人検死官さんのところで鼻の下に塗ってたの、におい消しのメンタムでしょうけど「検死官」のスカーペッタはそれぐらいじゃ死臭は防げないし手がかりになる匂いをかぎ損なうから塗らないって言ってましたね。閑話休題。

嘘泣きしてみる柴咲刑事、ひっかかる湯川、笑う〜。
理系文系、男と女、「違う」ってことが分かってる分、湯川ははましな方だと思いつつ。男社会警察でうまく生きて行くには柴咲刑事、確かに上手に女の武器を使って行った方がいいでしょう。
この二人に恋愛をさせるつもりかしら?とちょっとワクワク。

品川やいっけいさんといった脇役もいい感じです。嘘泣きネタの「女刑事クラリス」とかいうドラマまでちゃんと作ってみせて、豪華ー。

「黒革の手帖」4 ☆☆☆

 出た!3冊目の黒革の手帖!! ギバちゃん’s。
このドラマも、西部劇みたいなBGMで展開分かり易!

 元子甘いよー、甘すぎるよー。
 まずね、大義名分があった楢林と違って、上客のギバちゃんをまっこうから強請るなんて、そんな店誰も来なくなって商売上がったりなわけだし。もちょっと裏から手を回すと思ったのに。

 店の娘も、百歩譲って金で抱かれてくれたとしてさ、「手帖はどうでしょう♪」なんて、犯罪の片棒を簡単に担いでくれる女が都合良く転がってるわけないじゃないの!!

 よしんば共犯じゃなくても。
別の女を気に入っちゃったら、ギバちゃんが買った「ロダン」のママはその小娘ってことだってありえるのにさ。変なところで性善説なんだから。
 ・・・・しかし、おかげで物語は更に盛り上がるわけだ!!ジャジャジャーン、オ・レ!!

 一枚上手のギバちゃん相手に、どう切り抜けるか楽しみ?。
 一晩の遊びで終われない、 意外にウブだった安島さんも、どう出てくるか楽しみ?。
釈の、いっけいさんのリベンジはあるのか??あー、来週が待ち遠しい!
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ