愛がないなあ。
「3ヶ月で結婚相手を見つけなさい」
ほらまた3ヶ月、お約束の”連ドラタイマー”発動なのはいいとして。
”愛する人と暮らしたい”でなく
”結婚したいので誰にしよう”な探し方を、
親が娘に勧めていいのでしょうか。そりゃ違うでしょー?と思う私は恋愛体質!!

そんなわけで、「そのうち」結婚する気はあれど、のほほんと暮らす娘が桜井幸子。
39才と9ヶ月(笑)
……別にお母様(松坂慶子)と違って、結婚を「誰でも」するものとは思わないので非婚を選んで独身ならそれでいいんだけど。「そのうち」とぬるいことをいうので気になるのです(><)子育てする気なら、40過ぎて公園で走り回るのはきついよー、明日妊娠しても、子供の成人式には60才だよ!!
というか、「家を売るから」だけの理由なら、娘は住まいを探せばいいだけ。結婚しなくて良くない?

恋人候補の男共は覇気がなく……恋愛ドラマとしてのロマンチックにほど遠い予感。でも、シングルズバーや代理見合いといった風俗(?)の紹介としては、ヘー、ホーとちょっと面白いかも。
女性誌編集長の友人や、離婚だーと子連れで追い出された友人だの、様々な立場を取りそろえて居るのもサービス満点?
「結婚はデザート」(主人公)
「おかず」(既婚友人)
「毎日のご飯」(母)
ですって。
様子見です。