ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

清井咲希

「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語(2)」弁天町駅 ☆☆☆

へー、フェリー乗り場とかあったんだ。閉鎖された跡をアーチストが作業場にしてたりするんですね(自動車教習所と、元交通博物館のイメージしか)

離婚届を出したばかりの母(キムラ緑子)と、報告に戸惑う息子(波岡一喜)との、がっつり親子漫才ですw 延々聴いてられるわ。
せいせいした、と言い放つ母が行きたがったのは、嫁いで初めて大阪に降り立ったフェリー埠頭跡。ここで初の関西風うどんを食べた、ここで「瀬戸の花嫁」が流れて可笑しくてしかたがなかった……そんなたわいもない話。思い出の中の小さな男の子は、さっき話をしたアーチスト君かも。でもそれを確かめるでもなく
「そーかもしれんし、そーでないかもしれへんな」
で終わらせてしまう、ミラクルを求めすぎないところがいい味出してます。

そしてぽつぽつ暮らしの不安を訴え始める母と、やっと「店を出す」と報告できた調理師の息子。
お母さん『職がない』と嘆いていたから、雇ってくれぐらい言うかと思いきやまさかの「いよいよ困ったら、まかない食べさせてもらえる」ってw もっといいもの食べさせてもらってください

シーズン4も制作開始と聞いたタイミングでBS放送始まっていて、なんとなく視聴。本放送時は、鶴橋駅のあとなんとなく見なくなっちゃってもったいなことをしましたか。
「親と一緒におれるって、当たり前じゃないと思う」
といきなり息子に諭す少女(清井咲希)は、シーズン1の大阪城公園編で脱走犯と話してた娘かな。理想のシュークリームが縦糸なのね!


「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語」大阪城公園駅、西九条駅 ☆☆

今週は西九条駅。
川の下を渡る地下道、TVで見たことあるー(^^)
他に無料渡し船もある様ですが、そこは出てこない夜の話w 飲み屋街で話題の「悪魔」こと、魔性のゲイ(碓井将大)と出会ってしまった青年(大野拓朗)の一夜の右往左往でした。
家もなく体を売って暮らしているらしい彼に絡まれて終電を逃したのに、仕事がみつかるまで自分の家にいたらいいとまで言ってみる優しい主人公。物別れになってちょっとホッ(^^;;;)
いい話ばかり盛れとは言わないけどなんだって飲んでばかりの話w


そして先週は大阪城公園駅。
ミニオンランで行ったばかりで嬉しかったのですがこっちはこっちで、主人公は護送中に逃げた手錠付きの犯罪者(やべきょうすけ)なんでそんな設定にw
せっかくの園内もお堀もろくに紹介されるでなく林を駆け抜けるだけ、梅園とか綺麗な時期に撮ったらいいのに。背景にお城もたくさん出したらいいのに、家出中のJCと座り込む駅前の階段や公衆電話ボックスぐらいしか写りませんよ。もったいない。

生きてる甲斐がなにもない、という家出少女(清井咲希)に主人公が、一番美味しいシュークリームを探して教えてくれ、それで生きる意味が出来るだろう?と無い知恵絞って必死な場面は、不器用さで心温まりましたよ。おじさんもお勤め終わって、家族に会いにいけるといいね。

ところで環状線を「ぐるぐる回って出口が無い」と表現していましたが、それはむしろ東京の環状線では。大阪のは出口だらけですよねw 大和路線快速やらあっちこっち行きが乗り入れまくり、気をつけて乗らないとすぐ違うところに連れて行かれるデンジャラスなイメージがw


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ