ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

浅野忠信

映画「寄生獣/完結編」 ☆☆☆

かの名作漫画実写化、完結編。

前編で愛溢れる母と決別し、孤独を深める新一の戦いと成長を描いた珠玉の一編です。

堺市役所全面協力の市庁舎での殺戮、合体生物後藤との山での死闘。平穏を取り戻した街での「人間」猟奇殺人者との最後の戦い。どれも力のこもった描写で大満足でした。  作中もう一人の母、田宮良子の死には泣いたわ……。


ただひっかかったのが、後藤との戦いで新一と切り離され=自らの死を覚悟するミギーが、でもこれで新一が逃げ切れるのならば

「新一の脳を奪えなくて良かった」

と述懐すること。いやいやミギーはそんなこと言わないよーなんでこんな改変しちゃったのーそれだけはちょっとなあーと帰宅後該当部分9巻を引っ張り出して読み直してみれば、なんと 言ってるorz   長い月日のなか、記憶改変をしちゃってたのは私だったのでした。ガーン
 

さておき、後藤から逃れた新一が逃げ込んだ先は老婆宅でなく廃棄物処理場。放射性廃棄物w その辺は今時なんでしょうねえ…。

そして物置で里美ちゃんと結ばれる場面は美しかったのですが…いつ職員に踏み込まれるかとw むしろ後藤にみつかるよりそっちがありそうで見ていてソワソワ。我ながら余計な御世話w そんな状況でも行為に没頭できることで命ぎりぎり崖っぷちの状態を描写していたのかもしれませんねえ。映画では右腕がきれいに無いタイミングなわけで、里美もそれに気づきつつ問い詰めないんですよ、懐が深い。

その後屋上で、彼女はミギーを見たでしょう。そして全てを悟っての泣き笑い、若いのに凄い娘です。前編で失った母の代わりに、同じくらい凄い女神を手に入れた新一くんの未来に幸あれ!(殺人鬼は大丈夫、死んでるハズ←ここ、ちゃんと一カット入れてくれてたら、観客も横たわる二人と同じくらい安心して青空を眺められたのにねw)

chicken of bumpsのエンディングもナイスでした

☆前編の記事はこちら☆ 

「ロング・グッドバイ」5 ☆☆☆☆

「おかえりなさい貴方!」

うわー、たった今現妻を殺した元妻にそんなこと言われて血まみれで微笑まれるの怖いんですけど(><)
黙って抱きしめた保の目から流れる一筋の涙……!!
 

さて浮気中だったのは女優な妻と作家。

てっきり夫を取られた作家妻の逆上かと思っていたのですが、彼女が保の元妻ならば、現夫はどうでもよくて保の現妻が邪魔だった線もあるのかも……。そしていつから彼女は自分の虚言を信じて生きていたのでしょう。

台湾時代に恋に落ちたのね。駆け落ちまでして手に入れたお嬢様だったのにね。保が戦後名前を変えて逃げてしまったのは、もうその前からおかしな行動があったからだったのでしょうか。
それでも、思い出の中の幼い恋はきらきらと輝いていました。

夕日が好き、

それだけで原田保と作家妻がお似合いかどうかは首をひねりましたが、あの美しい回想シーンを見せられては納得せざるを得ません。

そして思い出の蘭を押し花にして持ち続けた女。

彼女の罪を引き受けて異国で死のうと思った男。

いやあ美しいじゃないですかー

保は生きてましたけどねw


嫉妬に狂ったヒモ男が妻を殺して自殺する、そんなありきたりなストーリーなら世間もすぐ忘れてくれるだろう。

そう考えたのは半蔵なんでしょうか。そして多分、今後の生活でも保証され、元妻も守れるしと保が甘言に乗り……。

ただ誤算だったのは、探偵増沢が保を信じ抜いた事。


なんなんだろう、この2人(><)

一話でもBL妄想に悶絶しながら観てましたが、最終話がまた妖しい……。


ろうそくの灯火が揺れるあちら側、背中をむけたまま通訳を介して喋る謎の台湾人。

謝罪の言葉、礼の金と品。

それを全部無視して歩み寄る探偵に、頑に顔も向けない保。いやもういつ背後から抱きしめられちゃうのかと保になりかわって(?)ハラハラドキドキでしたよ!しかも問いかけが

「なんで他の奴でなく俺に横浜に送らせた」

って、好きだから以外になんと言えとー!(違)


冗談はさておき
実際は、あの夜も懇願する保をとっとと置き去りにした探偵。

彼は誰相手にも同じ様にコーヒーを振る舞って同じ様に追い出すだけで、そこに『こういう人になりたい』と夢を重ねたのは保の片思い…もとい保の勝手だった様ですが。またもさっさと帰ってしまう探偵が、それでも帽子だけは受け取ってくれたのは良かったかな。

帽子を手に取る度、ギムレットを頼む度、死んでしまった『日本人原田保』を増沢だけがずっと思い出してくれるのでしょう。


最後だから書きますが、原田保というネーミングが素晴らしかったです。

チャンドラーの原作ではどんな名前だったんでしょう。でも原田保は初回からすっと耳に馴染んで、いっそ綾野剛よりも彼に似合うかもしれないぐらい、そこにいたのは原田保でした。

その分他が割を食ったのか、探偵増沢磐二は見終わったとたんに抜けますw事務所にどーんと書いてあるのにね!作家の名前も、池井戸潤を毎回思い出すけど忘れるし、女優の妻も小雪の役名も、印象薄く……5回で終わったせいもあるかな。

追記:ウェイド=上井戸!原作名そのままだったんですね作家さんは!やられましたw 

「ロング・グッドバイ」2 ☆☆☆

男を惑わすいけない人妻、小雪。うーん。


そりゃ、あんながっぷり背中開いたドレスを昼間っから選ぶ時点でどうかしてるわけで目をそらせないけど。それは横乳は無事か、ノーブラなのかチェックであって、うっとりはしませんよね女の目には。確かに背中はキレイですが、美人…なのかなあ…。

(登場時のスローがまたイケてなくて orz 背中から撮れば良かったのに)


夕日つながりで、もしや保が惚れていたのは小雪かもしれません。うーん。一緒に居るところがあまり想像つきません。

更に終盤登場の、保妻の姉が富永愛。うーん。監督さんはモデル系でごつい姐さんが好きなんでしょうか。 


それはさておき、保からの手紙。

追っ手が迫る中わざわざ探偵に別れを告げ、いつもの店で自分のためにギムレットを頼んでくれ。そしてもう忘れてくれ、だなんて泣かせるじゃないですか(><)

富永愛が呑もうとするのを、さっと奪って片付けちゃう探偵ナイス(><)


冒頭では保の戦友というヤクザ者もやってきて、保との縁自慢。いざという時、自分より探偵に頼ったことを妬いてる様にしか……もとい「手を引け」と言ってくること自体が事件に裏があるとの証明な訳ですが。

連隊に在籍していた記録なし。


ヤブ医者を知っていたのに知らないふりの小雪も怪しくて、さてさて。
「前回のあらすじ」が長過ぎて、先が楽しみなこっちはイライラするので次回はもうちょっと短めでお願いいたします。 


「ロング・グッドバイ」1 ☆☆☆

男の美学w


雨の中、酔いつぶれ妻に捨てられた優男を拾い、見返りも求めない探偵(浅野忠信)

そんな男になりたかったんだ、となついてくる優男(綾野剛)


暗めの画面、カウンターバーでギムレット、煙草、衣装。出て来る女は商売女か、別れた妻で女優で頭がおかしくてとても一緒に暮らせそうにない女で。これでもかって道具立ての男だけの世界で……

カッコいいです。
他にもドラマの録画溜まってますが、観ずに消さなくて本当に良かったです。
でもでも、BLのもやが立ちこめててたまりませんorz


妻に惚れてたわけじゃない、という保は
「他に好きな相手がいるんだろう」と探偵に言われて動揺しまくるんですよ
「これだから探偵は油断出来ない」 って、
なんだい探偵に惚れてるのかいw 
喧嘩別れすら痴話げんかみたいで、もう orz 


さておき、血まみれで銃までもって逃げて来た保(綾野剛)を受入れ、逃がす探偵。

逃亡幇助で掴まってすら、保は殺していない、そんなことをできる奴じゃないと言い張り拷問され。

この時代の警察がどんなものかを分かってて肩を持ち続けるってもう愛よね、愛。

結局は保が遺書に犯行を告白して自殺したことで釈放されますが……

それって元妻の父に消されたんじゃない?ということで、続く。

黒幕を追い詰めて弔い合戦よね、愛よね、愛 
 

普通に楽しんでる旦那の横でもやもやし続けです orz

おまけにナレーションが「俺のダンディズム」滝藤賢一さんで、どんな完成したダンディでご登場かとずっと楽しみにしていたら新聞記者役でいまひとつだというw


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ