ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

波岡一喜

「ヤンキーくんとメガネちゃん」1☆☆

ゴクセン劣化版、みたいな?

だって、延々続く主人公の境遇説明は、要するに「ボク悪くナイモン」でしょう。
ヤンクミの場合は本人は真面目な先生で(言葉遣いや行動が多少アレにしろ 笑)実家の家業が色眼鏡で見られてしまう、本人にはいかんともし難い部分があるわけですが、これの主人公品川くん(成宮寛貴)は医院の息子でむしろお坊ちゃま。今までの売られた喧嘩を、買ってきたのは自分の選択じゃないの。君より強い父も姉も、普通に生きてるぞ?
暴力を好む自分を棚に上げ、生まれつき喧嘩が強いんです、と言われても。本当に嫌ならきっぱり断ったらどうかと(「エリートヤンキー三郎」の三郎くんを見習って!)空手でも剣道でもたしなんで精神と天賦の才を磨いたらどうですか。
そして、Change! Yes, we can!と熱く語る委員長の正体こそが伝説のヤンキー”ハリケーンあだ”で……彼女(仲里依紗)もまた、なりたくないのにヤンキーにされてたとかぬかすんですが以下略。

委員長の「気持ちが分かる」が、そのまんま自分も同じ境遇だから分かるというのは底が浅い。優等生だって同様に、どうせ先生のお気に入り、真面目でお堅い、とはめられた枠をぶちこわしたいと思っていたりしても良いじゃないですか。

恋の要素や謎の優等生も散りばめて、つまらないわけじゃないですが……それだけにこんな引っかかりで楽しめない自分が残念(^^;;;)
成宮くんと仲里依紗ちゃんは良い感じです。 

人気ブログランキング

「歌で逢いましょう」#3 ☆☆

 男の友情かぁ。
GYAOネットドラマ「歌で逢いましょう」#3。唄は大黒摩輝「いとしいひとへ〜Merry Christmas〜」うう、これも知らない。

 今回は誰も死んでないけど、やっぱり相手は有名人で、出演するTV画面が揺らぎます(指パッチンでマスターにTVを出させようとするNO39・笑 以心伝心は遠いね!)
 失恋をきっかけに作詞を始めたから、恋が実るとそっちの将来はキャンセルなのね。でもその失恋ってのがなー。
「恋しちゃいけない相手って?」
と訊ねるだけ??女(橘実里)の、待ちの姿勢がムカツクー。
親友の惚れた女に手は出せないっていう、主人公(浪岡一喜)の気持ちも身を引く親友ジャンボ(窪塚弟)の気持ちも全部知っていたなら
「不倫のことじゃない?」
と言われたぐらいで引き下がるなよー。むしろジャンボの決心を教えてやれってば!
泣くほどの恋に見えない。
どうにか「お前なんて大嫌いだ」ぐらい言わせられないでしょうか?(あ、それじゃ唄が使えない?)

 とにかく『フリスマス』ですよ!
12月25日から1をとった2月25日が、クリスマスから1をとった『フリスマス』!誕生日がクリスマスとごっちゃになっちゃう君のために、フリスマスを祝ってあげよう♪ やったーっ
 子供時代から続く友情バンザイ!

 その回想が長々続くので、「唄は??」とせっつくNo39がキュートでした♪
お代はジャンボとお揃いの飛行機型の時計。
 そうそう、「レンタカーと一緒で、貸して楽しくドライブしようが事故ろうが関係ない」んだそうですよ!「シートベルトとかエアバッグとか」の安全装置は?という 壱成マスター、ナイスツッコミ。

 過去をいじったら結局借金増えちゃったけど、ジャンボさえいたらもう過去は変えたくない・・・んですって。もう一生ふたりでやってろってハッピーエンドでした(^^;;;)

 どうでもいいけど窪塚弟、背中がオヤジ。 顔は似てても兄の体格は「少年」なんだけどなぁ。現在の兄の背中は知らないわけなので、デビュー年齢による勝手なイメージかなぁ?

No39が ナミ(横山優貴)のピアスを指してマスターに
「お前の親切だ」
という場面。2人のつながりを示す、全体の流れの中で大切な場面だというのに『耳に触れそうで触れないの指』の方にドキドキする私(^^;;;) いやーん

「海猿」4 ☆☆☆

 前転はないでしょう、天下の往来で前転は(^^;;;)

 前回あれだけ「お友達から」モードだったのに、いつの間にか「待つ女」になっちゃってる加藤あい。 憧れの先輩に仙崎を恋人呼ばわりされて、てっきり否定かと思ったら頬染めてますよ??いいけどさ。

 一ヶ月会ってないんですって。そりゃあ確かに遠距離恋愛と同じ。デートの時、仙崎君が浮かれまくりなのは毎回が久しぶりで新鮮だからなんですね。で、
「海の上でも、キミのことばっっかり考えてた〜ん」
とのろけてる横に、捜索を打ち切られた行方不明者の遺児(波岡一喜)が。間の悪さ全開(またお互い濃い顔と変わった顔で、埠頭と船上の遠距離で見覚えていても許せるんだ・笑)

 だからって、巡洋艦(だっけ?)一隻出動させて、沿岸に見張りも立ててビラも作って配布して、訓練で『腕時計一個』を探すってアリなんでしょうか(^^;;;) そんな前例作って次の遭難で指輪がない、メガネがないって言われたらどうするんでしょうか。
 でもまぁ、最後の1分で奇跡の発見をすることもなく無事?捜索は空振りに。
そこで『代わりに貴方のものを下さい』と遺児が仙崎に頼む展開は分からないでもない交流だったので、ちょっと胸を熱くしてしまいました。

 そして、誕生日にと彼女に貰ったのがちょうど空いた左腕に必要だったダイバーズウオッチだったから冒頭の有頂天前転(^^;;;)
 ああいう仕事だからこそ、もう持ってると考えるのが普通の品じゃない?奇跡のタイミングですよ!!

 それにしても仙崎、何故そんなに嬉しいのか、遺児と何があったのか、自分が日々なにをしているのか、全く話していない模様ですよね??
 守秘義務ってそんなに厳格なんでしょうか。
 ていうか、あの生活で仕事の話を省いたら、いったい彼にどんな話題があるんでしょうか。毎食の献立?(笑)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ