ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

江角マキコ

「ショムニ2013」1 ☆☆☆

くやしい、面白い(><)


あの「ショムニ」をリメイクと聞いた時には、フジテレビそこまで困っているのかと驚き、あれを焼き直してどうするのかと呆れたものなのですが、うっかり見たら、普通に面白いんですけどー!!


とりあえず初回には往年のショムニオールスターズが勢揃い。

借金かえせと千夏を追いかける。返す気のない千夏は逃げ回り、自殺寸前だった新作ヒロイン(本田翼)の財布から

「要らないんでしょ?」

と金を抜いて『借りて』いくという、もの凄い出会いです(その前の「あんたもゲロ?」もスゴイw)


その新ヒロインと千夏が数日後にショムニ配属で顔を合わせようとはこの時は両者、知る由もなく~ってかw


『ショムニ配属=辞職』

が常識なぐらい、ショムニ伝説がまかり通っている事にも笑いましたw

それでも退職しなかった、色ボケ・霊感(安藤さくら)・通販・ネット命(ベッキー)なそれぞれの後継者がちゃんとパターン通りに大げさでw 退職拒否理由も、本気でイケメン宅配くんを狙ってだったあたりもストレートで分かり易ーいw 


オリジナルメンバーの皆さんかなりふけ…うーんと積まれた経験がお顔に表れていらっしゃいましたけど、江角マキコだけが不思議ときりりと変わらず美しいんだよねー。そして美脚!20代のニューショムニガールと並んで歩いても遜色ないってすごい!


別に毎週みなくても困らなさそうで、たまに楽しく見るでしょう☆

「ブルドクター」10 ☆☆

息抜きに歌舞伎w


妻子の海外留学中に、内緒で始めた趣味ならテニスとか。
照れくさい系なら社交ダンスとか、いろいろあるじゃないですか!それをなぜ歌舞伎に、それも天下の市川亀治郎が本職で踊るVTRを称して
「ちょっと習ってた」て!
そんなおふざけは断りましょうよ亀さん。

夫の見知らぬ一面に驚き、やり直しを夫婦ともに誓うといういい場面が台無しですよー。
結局、全体通しても一番印象に残っちゃったのが歌舞伎でした。
2番がゴローちゃんのプロポーズを蹴る釜津田。 


教授の不正とか、命を狙うのは誰かとか、政治家だとか、そんな本筋はスタッフにとってすらどうでもいいのね。


人気ブログランキングへ


「ブルドクター」6 ×

「誘拐なんて、なかった」

ええええええええええっ!


既に警察巻き込んで捜査されてるのに、保護者の一存でなかったことに出来るんですか?息子さんの心のケアとかも

「なかった」

で終わりそうで怖いです(><)


父からの遺書とか、花火を観てたから後ろ向きに落ちたってネタ自体は季節柄にも合っていい感じでしたし、解剖医だけが遺族の見られる書類に署名が残るというトリビアもなるほどでしたけど。何故3年後に騒ぎ出して即、息子を誘拐??

まず普通に面会に来ましょうよー、この先生なら会ってくれるのに。

(来たけど留学中だった、なら犯人兄妹もしぶといですねw)

誘拐も、せめて夜をまたがず、息子さんに誘拐されてる自覚がない「連れ回し」程度でいいじゃないですかー。「お母さんのお友達」と遊園地で遊んでた系のアレですよ。


最後にとってつけた様に「お母さんは凄いんだよ」と言われて息子喜んでましたけどー、それは別の状況で聞かせてあげて欲しかったです


……でも見やすいよね。

前回も文句いって×つけて、またしても身内が巻き込まれる展開で、なにも変わっていないこの安心感(><)

正直疲れているときに「それでも、生きてゆく」は観たくないし、大好きな「ドン•キホーテ」はちゃんと観たいし。お皿洗いながら適当に観てても惜しくないのは「ブルドクター」ですw

江角マキコが、他のドクターをよけずに突っ走る「ブル」な場面、『書類をまき散らす』から『横の人に飛びつく』にレベルアップしてて苦笑。ギャグ漫画でも古くさいのに、実写でしなくてもー。


人気ブログランキングへ

「ブルドクター」5×

何この肩すかし。


致死ウィルス感染か?

肝炎ウィルス感染か?

ダブルでパニックを仕掛けておいて、両方とも元のご遺体からしてウィルスを持っていませんでしたよ。それだけなら、集団心理を描くとか予備調査が大事とか。百歩譲って、いつも子どもをほったらかしのダメ母主人公が変わるきっかけになるなら爽やかな気持ちになれましたけどねー。逆なんだもん。真っ当な抗議をしている子どもの方に、変化を要求しているよねこのドラマは。しかも、お母さん実は死を覚悟していたのにそこは伝えないとか。こんな時だけ子ども扱いかよ!

「夏休みの宿題は、絵日記に決めたよ」

いやそこは、もっと別の流れの後に『お母さんの仕事の紹介をする』とか、今ニュースで流れている危険なウィルスへの対策をまとめることにしたからお母さん教えて、とかでしょう!!


……で、実際にドラマで動いたのは釜津田刑事とドクター吾郎の恋愛かよ!


思い返せばずっと、主人公が第一発見者が2回、しかも同級生の整形だの容疑者は吾郎先生だの(この時の犯人の殺意も妙だった)世間が狭い事件ばかりでしたよねー。

あんなダメ母を育てちゃったおばちゃんが、そのうち倒れて解剖されないことを祈るばかりです。まさかだけど息子の命の危機もありかも。

「男にしてください!」とか、ブラザートム先生が好きな人が実は……とか、小ネタはちょこちょこ面白いのに。誰か別の人に話の骨格は任せて、今のスタッフは台詞の味付けに専念したらいいんじゃないかと思いますが、どうでしょう。

ツレが喜んでみているので多分この先も見るけど、ライブでツッコミをいれてバカに出来ないのはつらいわ……。



人気ブログランキングへ

「ブルドクター」1 ☆☆☆

江角マキコ、あたり役。

医者と警察の衝突•なわばり争いとか、医局内の序列や出世競争だとか、ひとつひとつは目新しくもない素材なのですが。態度も背もデカイ「監察医」江角マキコと、まさかの「刑事」石原さとみが並ぶと壮観。オラなんだかわくわくしてきただー!
例えばジョギング中の死亡を、心筋梗塞=病死とするか 不審死とするのか。そこが捜査の分かれ道といえど…•、なんと解剖の出来る医者は日本全国にわずか170名とは!ホントに??少なすぎやしませんか??
そこで、まあいいやっと殺人が見過ごされたり、事故死がわからずに妻が逮捕されたりと、今回ドラマで描かれたようなことが、全国で起こっているのだったら怖すぎます(><)

可愛い石原刑事さんも最初は、ちゃっちゃと書類を書かない江角ドクターを「非協力的!」とプンプン怒っているわけですが、事件2つにして早くも、嘘をつかない『ご遺体の声』に耳を傾ける大切さを悟った模様です。でもそうなると、吾郎ドクターとの交際は難しくなっちゃうのかなー。
(その刑事さんの習い事、書道教室が江角の母宅で、息子とも既に顔見知りという世間の狭さがドラマですねーw)

アメリカ帰りの江角マキコ。
連れて行かれた息子もアメリカに3年いたそうで、家族3人一緒と書こうとして『三人いっしゅ』になりますwこれが実はめっちゃリアル。我が家も親の留学に3人つれて行きましたが、忘れるなら難しい漢字からと思うと大間違い。カタカナ、ひらがなが先に消えて行くんですよ!(毎日使うアルファベットと似た位置づけだからかも)
さておき、仕事ばっかり大事な江角ママ。
『三人いっしょ』にやっと気づいて、バーベキューの計画を立てるところで1話終わり。亀治郎パパもいい奴そうですが、さて。お出かけ先でご遺体発見、なんて続き方はしないといいなあ。
さとみちゃんと吾郎ドクターの交際の行方も気になります。
佐土居先生のアル中はどうなる??(役名を覚えなくちゃねー)

人気ブログランキングへ

映画「蟲師」☆☆+☆

えー??オダギリジョー結婚??
しかも相手20才?何この嬉しそうな顔はー。意外ー!
と、映画鑑賞には微妙なタイミングでニュースが飛び込む中、前日に借りて来ていた「蟲師」観ましたよ。

あまりに静かな映画だったので、途中で食器洗い機と洗濯機を止めました。(あ、つけてこなくちゃ)
いくら一話完結の原作をつなげるとはいえ、真冬の積雪から真夏の蝉時雨って!とは思いつつ、原作未読の観客にいきなり淡幽や虹朗との現在をみせる前に、”蟲師”の仕事を教えるにはいいエピソードかな、とも思いました。風景きれいだったし。

先々週また観た「どろろ」の背景の植生が異国で、どうしても違和感があったので(一応「どろろ」は無国籍ってことになってるけど)、本当の日本の山がたっぷり観られたことが嬉しくて、そこに+☆。
ロケの深山や山頂は、いっそ「風林火山」より広々と美しいですもの。

そして間をつないでいくヌイとの過去は切なく、しかも原作と違ってヌイの出番がずーっとひっぱるとなると、喜怒哀楽の少ないギンコよりもヌイの方が主人公に思えてきてしまいました。
だいたいギンコの旅に目的がない(日本一の蟲トレーナーになるべくバッチを集めてバトルして回ってたりしない 笑)ので、”どういう話?”と聞かれても応えようがなくて、「鬼太郎みたいかなー」と騙して一緒に観てた同居人、爆睡。
でも少なくとも私は飽きずに観ていられました。しまった、この出来なら悩まずに劇場でちゃんと観るんだった。
オダジョーのギンコも、蒼井優の淡幽も虹朗も、意外や江角のヌイもいいじゃないですか。
(アニメは忠実すぎて、だったら漫画読み返せばいいよ派)

淡幽ちゃんとギンコが共に旅をする未来。
映画オリジナルでそんなことを考えるのなら、虹朗の恥ずかしい妄想なんかで語らせずに堂々とエンディングのメインにしてほしかったです。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ