ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

江口洋介

「黒革の手帖(武井咲)」2~4 ☆☆☆

楽しんでます。

4話は特に塾理事長(高嶋政伸)が熱演w
「愛が、愛が欲しいんだよぉ」
と元子を布団に押し倒しながらも自分のベルトを緩める動作の手早いこと。2秒前の「具合が悪そうだ、休まなきゃ」が心底口だけで笑えるやら気持ち悪いやら。
仲居さん情報ではしょっちゅうそんなことやらかしてるらしいのに、酒の追加を自分で頼んでいたのを忘れて襲いかかるとか馬鹿かとw (しかもその料亭やらリゾートの隠れ家旅館やら下心満載の予約を妙齢の秘書にさせてるんですからそっちもセクハラですよねー)
隙を見て逃げおおせた元子を、裏口から逃がしてくれた気の利く仲居さん。なんとカルネで働き始め……『その理事長』に夜のお届け物をするなんて。なんで?なんで引き受けたの?それでいいの?

2話では元同僚の仲里依紗が店を流行らせ院長(奥田瑛二)に取り入り、3話では里依紗の代わりに捨てられた婦長(高畑淳子)が院長の隠し帳簿を持ってくる……。今回はその両方、理事長と寝た挙句に裏口入学メモをコピーしてこいというんですから、今度こそそのネタで元子が脅されても不思議じゃないですよね。料亭転がして更にのし上げる算段はさあどうなるのか。
次週に続く。

大筋は分かっていても味付けの違いでやはり面白く見られて、さすがの名作です。情報がアイパッドになりUSBコピーに代わっても、やはりキーアイテムは黒革の手帖。

手術希望でもまずエステして
「貴女は美しい! それでも手術が必要と思うなら……」
と褒めて心を掴むクリニックは、なるほど流行るなと思わせましたし。
裏口入学の金額をどどんとふっかけても

「…思ったよりお安いわね」「そうだね」
と来るならそりゃ濡れ手に粟でしょうし(個人的には、一生勉強のはずの医者だけは裏口から入れてもしょーもないのにと思うのですが)
影のドン伊東四郎がすすめる料亭転売も、実際の額の四分の一は裏金で渡せば税金要らないとか、まあ世には庶民と関係ない金儲けがゴロゴロ転がっているものですねえ。

下衆な客ばかりの中、一筋の清涼剤が安島議員。
立候補するための政略結婚。嫁(江口のりこ)も割り切っていて、事あるごとに親の会社のためで貴方は票のため、お互い勝手にやりましょうと口に出して言うのですが、そんな妻をきちんと愛そうとする安島さん。情熱的な口づけ(きゃー)、事後に一人帰ろうとする妻を抱きしめて(きゃー)「送るよ」って!!
惚れてまうやろー!
なのに、元子からの好意もはねつけはしない優しさが……ズルいのよ。せっかく予防線張っていた奥さんをわざわざ懐柔したのだから、傷つける事がないようにしてあげて下さいよ……。

「黒革の手帖(武井咲)」1 ☆☆☆

銀行で派遣、銀座でも派遣社員w

言わずと知れた松本清張原作。以前米倉涼子主演で一世を風靡し、彼女が着飾った悪女を得意とする契機になったわけで(その2004年版の幣サイトレビューこちら)優等生の武井咲も、とうとうそんな路線に乗り出すんですね。
 

派遣ホステス時の元子(武井咲)は、そのいい子ちゃん感を上手に利用。おごりの高級寿司店で「サビ?」とキョトン、もちろんサビ抜きでお子ちゃまと呼ばれ……その実、自分で払う回転寿司ならわさび多めだしw 接待ゴルフでは膝まで水に入って、お偉いさんのボールを救出。なんていい子だ!なんでも買ってやる!と感激させて、結局着物を手に入れましたけどね、本当はボール林にあったんですよw 個人マーク入りのボールをいつの間に手に入れていたんだか、スカートでなくズボンでプレイして服を濡らすのも含め、計画的犯行だー。
さすが両親の借金500万円を、若い身空で完済した女は違います。そしてクラブのママさん(真矢みき)に倣い、客との会話をせっせと『黒革の手帖』に。 

銀行でも同様に、借名口座の開設や偽名で振込み等と脱税工作をさせられる度、きっちりしっかり『黒革の手帖』に記録。それだけなら、ただの保険だったんですけどねぇ……。
バカなコネ入社新人が、芸能人の来店をSNS投稿というバカッター事件発生。その責任を派遣に押し付けるべく、契約切りを言い渡されて怒り爆発! 隠し口座から自分の口座に1億8千万円を振り込んで、更に他行に送金! 支店内で誤魔化せなくするところまでやりきりましたよー。
夕方には発覚して青い顔の支店長次長。

本人はちゃーんと自宅にいて、札束ベッドに寝転んでるのに、家に押しかけず携帯にかけ続けるばかりのオヤジたち。もしや派遣社員の住所を派遣先は知らないの? そんなところも現代風なんでしょか。


話し合いの席に、次長(滝藤賢一)相手の喫茶店ではお着物で銀座風、銀行の応接室で弁護士や支店長も相手にするには黒パンツスーツにサングラスと、とにかく別人な装いで現れる元子。

脱税協力がバレるので警察には言えない支店側。なのに全額返金の条件が
「正行員にしてあげよう」
って、バカにしてんのかーいw 昇給も出世もある、生涯賃金で一億は行くよって、横領犯が出世? こんな事件の前に能力を認めて言ってくれてるなら嬉しかったでしょうけどね。しかも、親戚が泣くぞって、もう両親鬼籍なのに。逆に支店長次長の方が、その職を体面を家族への説明を、自宅のローンを教育費を、一体どうするつもりですかと笑顔で煽る元子ったら素敵w ここに来たのは、二度と返金を要求しないとの念書を書いてもらうためなんですって。
せめて半額返してくれ!と、支店長が土下座するためにどかしたテーブルが、今度は念書を書くために戻されてと、行ったり来たりw 間抜けでいい演出でした。

そしてその金を元手に銀座にクラブ「カルネ」(手帖、の意)をオープンする元子。
ゴルフでやらせを見抜いた代議士秘書(江口洋介)もドン(伊東四朗)を伴って祝いに訪れ、自分の隠し金を横領されたと知らない院長(奥田瑛二)や塾長(高嶋政伸)も加わりオープンは大成功です。さてここから昇りつめ、また堕ちていくのね。
「守秘義務が大事」
と、銀座の女心得を説いた真矢みきママですが。多分守らずに情報を金に変えますよ元子ママは!

派遣仲間の仲里依紗が、頬が削げて貧相で、元子のように金をせしめて辞めたわけでもなくかわいそうだったのですが……予告を見ていたらなんとホステスとして働くようですね。それも派遣?元子の縁故? 女の喧嘩をやらせたら右に出るものはいない仲里依紗ですから、恐ろしいライバルになりそうじゃないですかw
院長の愛人(高畑淳子)の活躍も楽しみです。

「はじめまして、愛しています」~最終回 ☆☆☆

大団円

ハジメロスから壊れかけた夫婦の絆も、それぞれの親との仲も、雨降って地固まる式で解決。それどころか義妹家族の夫婦仲も親子仲も良くなり、義弟も妊娠した恋人との結婚を決意と、あっちもこっちも幸せになって、あとはハジメが戻るだけ……ってところで、ちゃんと取り戻すことができましたよ。愛の力すごいw いやホントに。

しかし、ハジメ=ヒカル君の出生の秘密は盛りすぎでは。
この世には、普通に結婚しながら何人も育ててる子のうちの一人だけいじめ抜く母もいるわけで、最初は特に理由なんかいらないのかもしれないところにも虐待の闇はあるというのに。実父との性的虐待の子でした、父が死んだから家に戻りました、母は知りませんって。

そもそも愛娘が妊娠したら父親を聞くでしょうに。夫の行動を薄々知っていた、家を継ぐ子が欲しかった、等とそっちをほじると更に恐ろしい別種の闇が現れて、愛がなんだかわからなくなってきませんか。 ネットで出会った彼に捨てられたじゃ、あの母が引き下がらないからダメだったのかなあ。

でも全体としてはいいドラマでした。ナイス配役。堂本さんの前髪から目が離せません。ずっとうつむいていたヒカル母が志田未来だった時のヤラレタ感w(でも余計に、ヒカル父は先輩の三浦春馬だろうって気がしちゃうんですけどね)
ハジメ君には幸せな家庭を築いてほしいです(気が早いw)


「はじめまして、愛しています」〜7 ☆☆☆☆

わー、子供が育つのって早い(><)もう幼稚園。
イジメが許せない、どうしたらいいのかと自分から聞いてくるような強さと賢さを見せていますよ。習ったピアノの音色で仲直りを導いてしまうところなんてもう、神童かと。

もちろん引き取ってまだ3ヶ月、出会ってからだって半年経ってるのかな。登場した最初からハジメくんは赤ちゃんじゃなかったわけですが。だんまりで試し行動、それが終わったらひたすら抱っこ、産み直しまでした印象が強すぎて、まるで赤ん坊状態からずっと見てきて喋り出したような気がします。
特に産み直しにはもらい泣きしましたね……。
最初は、わー出産ごっことかキッツイなwと半笑いで見てたんですよ。これは常時テンション高い信次がいてこそだぞ、と。でもむしろハジメ君が率先して生まれようとしだしてからは、ああ彼にとって大事な『誕生日』になるのかと引き込まれました。
そしてやっと、「お父さん」「お母さん」と呼んでくれて……。

なのに「出て行け」と叱りだしたときにはありえなさすぎてびっくりで(あの、躾の筈が失踪騒ぎになった北海道の事件も記憶に新しくw)、10分待って様子を見に行ったらいない!って、当たり前でしょうよ。でもね、それも親だって新米だからと言われてしまうとぐうの音もでませんよ。
そして公園デビュー、躾、幼稚園入園、親同士のおつきあい、と次々問題は現れるものの、家族の絆が深まっていく笑顔の日々……。

なのに現れた母親!
……じゃなくて、祖母だったのは流石に予想外でした(^^;;;)

鎖で繋いで放置した、そんな母が現れて返せと言われても流石に無理だと思ってましたけど。裕福な祖母(富田靖子)が、それは娘がしたことで自分たちは育てられると主張してきたら……とりあえずは中間点の施設に一旦返すしかないんですね。ひっどいわ。あれほど『子供のためにある制度』と言われていたのに、どこに居たいか子供本人の意思が反映されないなんて。
まあ、一生を左右する決断にはまだ幼いわけですが……。
いくら裕福でも、その虐待した娘を育てた祖母には、安心して渡せやしないってば。おまけに自分の病院に入院してての『虐待傾向ナシ』診断書なんて眉唾でしょう。
今のまま夫婦のところに、と会議では主張してくれた堂本さんでしたが、実母に返せという決定には粛々と従う組織の人でありました。

そして引き裂かれてしまうハジメ(本名ヒカル)と美奈、信次。次回は住居侵入に誘拐をはたらく様ですよ、大丈夫かなそれ(^^;;;)

「はじめまして、愛しています」2、3 ☆☆☆☆

2話、特別養子縁組に申請のため、まずは里親認定に四苦八苦。でも最後に子供から手を握ってくれます。
3話、里親に。『試し行動』に苦しみ縁組を断念。思い直し、再度迎えに行った夫婦にハジメ(と名付けた)は歩み寄り、また手をとってくれたのでした。

もう毎回泣かされてます(><)
そして毎回ダンナがうざいですよねえ。
「ピアノを聞かせてあげる!」
と言ったら立ち上がって、ついてきた。なのにピアノに直行せず遊園地行っちゃうってさ、信次は超善意で最大限サービスのつもりでも、約束と違います。ボートに乗せられながらも、男の子はイライラしてたのかも。夫婦そろって注意をそらしたわずかの隙に失踪です。ああああ (子供の失踪は経験ありすぎて、ドラマでみてても胃が痛く……orz)
場内呼び出しをしようにも、男の子に名前がないw
『ハーフパンツを履いた、男の子が……』
なんてざっくりしすぎの迷子お知らせが徒労すぎてもう、絶望。しかし、彼らには奥の手があ~る。広場にはお誂え向きのピアノがイベントに向けて一台セッティング中。常識人の美奈だけならまさか実行には移せないところを、強引にマイウェイな信次はぐいぐいと妻を座らせて、まあいいからと弾かせてしまうのです。と、本当に木陰から現れるハーフパンツ妖精、もといあの子。

ここで脱走を叱る美奈が
「この人は絶対にあなたを裏切らない。そんな人の手を離しちゃダメ」
と教える場面は……美奈自身も、そう思って信次の手をとり夫婦になったんだなと思えてとても素敵な説得でした。それに応えて男の子が握るのが、まず美奈の手なところに笑い、次に信次に伸ばした手が、ほら江口洋介がデカイから子供の手がますます小さく見えて……うるうるっ。

里親認定のための聞き取り調査では、夫婦の間の隠し事があれこれと明るみに出ます。
美奈の職業病の痔(レッスンって座ってしますしねえ)はともかくw 美奈の母が自殺だったこと、その時手を離したことをずっと気に病んでいること……。小さなハジメの手をとる今は大きな美奈の手も、当時は大きな母の手に握られた小さな手だったのに、可哀想に。
なのにまた信次は「なんで言ってくれなかったのー!」とグイグイ来るんですよ!ウザいよ、言えなかったんでしょうよ。なのに自分は自分で、事故で父と兄を亡くした時の母との揉め事をむにゃむにゃと誤魔化すんですよ。大したことじゃないって、そりゃこっちのセリフだー!
ついでに言うと、美奈が子供の世話をしているとニヤけて『お母さんっぽい』と喜ぶのも、時間の語呂合わせ以上にウザいんじゃとずっと思っていたら、美奈からも文句が。ですよねえ。
しかし信次はある意味、 美奈のフリーダムな父に似ているし、美奈は信次の母にクールなところが似ていそうです。家族や夫婦ってそんなものなのかもw

そして里親認定がおり、夫婦とハジメは3人で暮らすことに。
「これからの方がもっと大変」
と児相の堂本さんがあれこれ予言してくれていたように、ハジメは『試し行動』を律儀に開始。パンと海苔しか食べず、ジュースをケチャップをソースを床に撒き、タンスの中身を放り、そっちを片付けてる間にこっちにまた……orz うわあああああ、と毎度トイレに向かって叫ぶ美奈ですが、これってむしろ狭い個室で声が響くのではw せめて流して音でごまかさなくていいのでしょうか(^^;;;)
もう家中匂うは腰は痛いわ痔も悪化するわw
でも止めても怒ってもダメ、本人が納得してやめるまで見守るべきですって。そこで記念に写真をとる信次……orz

自分もこんなことした?とJKの娘。うんしてたしてた、ただし0歳1歳の頃にね!
どれも赤ちゃんなら、見てない大人が悪いね、あらあらダメよーこぼしちゃったねーで済ませるようなささいなこと。それが5歳じゃ冷蔵庫も上の棚も手が届く、力も強い、ダメと分かっているはずなのにするから腹も立つでしょう。黙って見守るなんてどんなに辛いか……(ちなみに障害のある息子の問題行動ならやはり、騒がず反応せず淡々と処理するのが鉄則ですが。それでもまず止めるしダメと教えることもするわー)

そんな修羅場に、わざわざ親戚を集めハジメの披露パーティをサプライズで目論む信次。こ、こいつはどこまでウザいのか……(^^;;;)
またそういう時に限って問題行動はひっこめて大人しくしていて、それも腹立つよねw 折り合いの悪い美奈父も呼び、どうせ来ないと思ったら来ちゃうし。ピアノが好きと聞いて弾いてくれたら、美奈の父との唯一の思い出の曲「白鳥」で、思い出通りのことをハジメにも語ってるのもおそらく嫌なら、ハジメがいい子に連弾を始めたのもしゃくにさわるでしょう。せっかくの祖父と孫との交流を、声を荒げて遮る美奈が大人げないですが、そうさせたのはお父さんなわけで……。

もう限界、信次がこの子の親になるなら別れるとまで言いだす美奈に、折れて養子をやめようと決める信次。え、そんなあっさり?
翌日訪ねた施設でもハイハイと受諾。美奈の言い訳は中途で遮られ、怒られもせず。堂本さん曰く、特別養子制度は親のためじゃない、子供のためにあるのだから次の受け入れ夫婦を決めるのが先で、美奈を叱るなど時間の無駄だと。なるほどです。そして養子申請の取り下げに別室に向かった信次でしたが……。
後日、我に帰り愕然とする美奈が施設に走ると、なんのことはない。信次は手続きを保留していたのでした……!カーッとなった妻に何をいっても無駄で、落ち着けばきっと気が変わると完全に行動を読まれていましたねw 信次、なんてまたうざ……GJなの!

そして「帰ろう」と呼ばれたハジメは小さな手を差し出し……。今度は一緒にジュース撒くぞ!という養父母の変なテンションを察してか、もう汚しまくりは卒業したのでした。していいなら、しないんだよねw

その次は四六時中ママにべったりが始める模様……。
一日中抱っこにおんぶ、昼寝もママの上で!って2歳児でもかなり辛いのにねえ。また大変です。そうやって育て直して、初めて喋る言葉はなんでしょうね。初めて呼んでくれるのはいつでしょうね(過去に喋ってたかも分からず、障害がないとは限らないのでは。本筋とは外れるからそんなことないでしょうけど)


「はじめまして、愛しています」1 ☆☆☆

庭先の不審音、おばけ疑うより強盗や動物を心配するもんでしょう~。その正体は放置児童、うう恐ろしい。

自宅で細々と教室を開くピアニスト崩れ35才美奈(尾野真千子)、不動産業を営むその夫信次(江口洋介)

二人の家の庭に、放置児童(推定5才)が現れるようになります。鎖で繋がれていた異臭部屋から逃げ、施設からも逃げ、何故か何度も二人の家に。運命だ……と騒ぎ出す夫。ウザいw

この江口洋介が…もとい彼が演じる信ちゃんがいい年してバカで困ります。いい人ですけどねえ。
「朝が来る」で特別養子を育てる夫婦の切実さも、ついでに「家売るオンナ」の有能さのかけらもないフツーの不動産屋さん。でも常日頃、物件探しの信条<皆さんのお役に立ちたい!>通りに、困ってる子供のためにも何かしたいのね。地域密着の商売ゆえに、監禁されていた部屋を特定、普通なら知る由もない惨状を夫婦で目の当たりにし、胸を痛めて特別養子を考えるようになる……ってねえ。虐待のショックからか完黙、本名もわからない難しい子ですよ。普段からノリの軽い夫にクールに接する妻ですが。こと養子に関しては、軽率に同意しない美奈の態度はもっともです。
それに、結婚生活10年で子無しなのは、美奈のキャリア優先のため。不妊と診察された様子もないのに、実子できたらどうするの……。

でもピアノがね。

何故この家に来た?と強く問われて、黙したままの男児の視線がグランドピアノに。

美奈が弾くと近づいてきて、ド、レ、と教えられるままに音を出す。普段、イヤイヤ教室に来る子供たちばかり相手にしていた美奈にとってこれは、心揺さぶられる瞬間だったことでしょう。湧き上がる『好き』という気持ちは、教えられないものね。

そして速攻の、美奈からの特別養子申し込み宣言。1話のラストで、もう?びっくりしましたよ。

まあ、それも人生。
少なくとも、ピアニストとして芽が出なかった自分と世界的マエストロである父との不仲、いつまでも『あの父の娘』でしかないアイデンティティーに悩む美奈には、なさぬ仲でも親の視点をもって初めてわかることがあって、父との関係は良くなるのかも。
それとも、ナレーションで語られた<奇跡>がこの子の発揮する音楽の才だとしたら、それを父が認めて喜んだ場合、美奈の心中はさらにこじれるのか……? 失踪した男児の母が、いつか現れるのかも鍵かでしょうか。

物心ついてから引き取られる子は、試し行動や赤ちゃん返りで噛んだり壊したり四六時中ぺったりつきまとったりとものすごく大変だと聞きますし、作中でも目線入りの画像で紹介。大変なことになっちゃうのでしょうか。でも信次は昼から仕事の合間に顔を出してくれそうです。お願いだからずっと変わらず能天気でいてね。
 

その他、信次の妹に坂井真紀。「偽装の夫婦」に続く”空気を読めない親族・主婦”役が板につきすぎて辛いw あとチャラい弟にもこみちで、男が背の高ーい家系ですねw

ぬっと現れる児童相談所の職員に余貴美子。そうだ、おまわりさんに山崎樹範です。

「オトナ女子」1 ☆☆

「40才は女子じゃない」

ですねw
でもメイン視聴者にケンカうっていいのかなと心配してたら、部下の女子たちは「結婚してないと惨め」と上司(篠原涼子)に聞こえるように言っちゃうわけで。つまりは既婚のアラフォーが視聴者が高みの見物できる仕掛けかなーw うわあ。

バリキャリOLの篠原涼子、オシャレなマンションで売れないミュージシャン(斎藤工)と同棲。電車の痴漢(江口洋介)とは仕事で再会。 吉瀬美智子・鈴木砂羽と楽しく女子会。
はいはい、幸せに暮らしてるのね、もうどっかで見たような『いかにもドラマ』な展開がてんこ盛りです。で、案の定ミュージシャンは若い女と浮気w まあそれをきっかけに、作家江口洋介との距離が縮まってこっちで恋が始まるのかなあ。
ヒロイン企画するイケメン携帯ゲーの胸キュン度と同じぐらい、アラフォー女子の恋愛とかどうでもいいっちゃいいのですが、見せ方が奇をてらいすぎずにオーソドックスなので見やすいです……作家江口洋介の口癖「そんなセリフどっかで書いた」にあるように、どっかのトレンディードラマで見た見たって感じで馴染みますw (いつぞやの、道に川柳が浮かび上がっちゃうのは勘弁でした)

問題は、江口洋介が言うように40代はもう女子じゃないのか、それでも可愛い女の子扱いして欲しいよーってドラマなのか。うーむ
個人的に、いくつになっても女扱いはされたいけど、女の「子」は失礼だろと思う派なんですよ。ラストGirls be ambitious はせめて Ladys じゃだめなのかしらん。まあ様子見で。
猫、かわいいです。顔が平らーw  (セリフ出すのは余計かと)

「ルーズヴェルト・ゲーム」1、2 ☆☆☆

出た、データ野球!

1番打者は脚が速い者、といった常識を「四球含む出塁率で選ぶ」などとちょっとひねったオーダーでくる監督。

「弱くても勝てます」で期待したうんちくと発想の転換が、こちらのドラマで観られましたw 点を取られても、もっと取ったら大丈夫!という姿勢も、あちらの原作本と一緒じゃないですかw


で、社会人野球部の話なのかーと思ったら唐沢社長が銀行と喧嘩始めるしw

かと思うと野球、そうかと思うと納品ミスと、なんだかどっちつかずのまま話が進みます。ギャグの様に重厚なナレーションで、昭和が舞台と思い込んでいたら、どうやら現代でびっくりしました。

社長の趣味の社会人野球部を、勝てもしないのに続けてるんですか、このご時勢に!

(もっとも、某新書によれば株主総会や融資先に覚えめでたいのは『強い部』を廃部にする方で、『こんなに業績もある部を切る程、真剣にコストカットしました』とアピール出来るんだそうです。逆に弱小で予算も少ないから続いてたのかもw)


挙げ句、派遣社員が実は元高校球児と分かり、しかも有望選手だったのに暴力沙汰で退部させられていた過去が……と、ベタベタな展開。2話のラストは、彼が野球がしたいと涙で叫ぶところがクライマックスです。

うん、スラムダンクごっこはじーんときますけど、訴訟とどっちが本筋なんでしょう……。


経営陣と野球部。

脇役がわさわさな野球部より、唐沢と江口洋介が並んでいる経営の方がメインに見えますよね。両輪大事にすすめて行くなら、監督にもちょっと強い俳優さんをもってきたら良かったのに。

弟が社会人野球にいたので野球部の肩を持ちたいのですが、このドラマだけみてたらお荷物ですねーorz

「dinner」最終回 ☆☆☆☆

祝、ロッカビアンカ2つ星獲得!!アジア初!!


でも江崎はそれをロッカビアンカの仲間とじゃなく、たった1人の厨房で聞いてのガッツポーズがラストなのでした……うわーん(><)


元々、流れ料理人の江崎。最後去って行くのは分かっていたのですが、こんなあっさりだとは思いませんでした。

成る程、江崎が居なくても……と思わせる程みなが成長したというだけでなく、なんと子羊料理対決で今井シェフに負けるのねw 江崎の本気で悔しがることったらw

まさか、自信をつけさせるためにわざと負けたかも……なんて、江崎がする訳が無いというキャラ漬けの確かさwしかも別の店への引き抜きも、こういう話でよくある「行かないで!」的展開はなく、素直に栄転を讃えて励ましの言葉を贈る支配人が清々しかったです。

うん、料理人が大きな舞台のチャンスを逃すわけないよ!


そして、辰巳オーナーが目を覚ます。

沸き立つ皆と違って、「会ったこと無いのに見舞いなんて」とクールな江崎。でも後に市場で出会った時には、自分のことは黙って、ロッカビアンカを褒めるんですよね(><)


いやあ素敵な最終回、素敵なドラマでした。

とにかく江崎がいいキャラだったので(店でトラブルが、と聞いて嬉しそうな江崎とかw いちいち面白い)スペシャルがあったらいいな。


「dinner」10 ☆☆☆

ロッカビアンカ、借金まみれでランチを始めるの回。


朝も夜もずーっと料理の研究していて、ただでさえ材料や光熱費はどうなってるんだと思っていたのに、更に高級食材をばんばん購入。ついに食材費を削ってくれと命令してきた支配人への江崎の応えは、「出来ません」じゃなく

「イヤだ」w 子どもかw

それじゃ赤字はなくなりませんよー。


更に、ずっと様子の怪しかったホール長サンタマリアが店の運転資金を使い込み……ではなくて。なんとオーナー辰巳が倒れて以来の運転資金は、ユースケ個人がサラ金から借りてまわしていたことが判明(><)仕入れ代金や皆の給料が優先で銀行へのローン返済が後回しでしたーって、何もかもダメでしょうそれorz


って、その顛末をメンバー勢揃いのホールで発表しちゃうってどれだけあけっぴろげw 

銀行の調査課まで乗り出して財務調査。ダメだったら店の差し押さえもありですとかさ。普通、事務所に通すとかもうちょっとこそっと話す内容ですよね。そこへ駄目押しのユースケ発言。しかし、だからこそ全員が店の危機を知り、一致団結してランチに当たれた訳ですが……。


朝6時から仕込んで6万円稼いでも、諸経費さっぴくと純益は3000円ぐらい、と銀行の人w 案外、儲からないものなんですね。いや食材が高すぎるのかなw


食材も味も最高、もりつけもこだわる、これで1500円のランチじゃやっぱり利益は出ませんよーと何度も言われるわけですが、もちろん江崎は折れません。


でも、その最高級のこだわりこそがリピーターを生み、ディナーの予約にもつながり、更には結婚披露宴100席の予約。適当なランチで小銭を稼ぐより、良い結果を産むのでした。ああ、いい話だー。

それにホール長サンタマリアのコワい特技:3年前に一度来たお客様を覚えていて忘れ物を返す、も披露されまして。(以前からちょこちょこ、常連客の好みはしっかり把握されてる描写はあったけどw)実は披露宴予約の理由は料理よりそちらだったというオチもつきました。本番では、料理が良かったと言わせてやるーと燃える江崎。こういう一言がいいんだよね。
 

オチといえば、銀行の人に絡んで笑わせてくれたドルチェ担当嬢の恋の予感も

「母に似ていて」

だったというオチがつきましたw 思わずみとれるほど似てましたかw

いやあ今回も楽しかったです。日曜の夜に楽しく美味しいベタドラマ、いいですねえ。最初からこの調子でずっと作り直して欲しいぐらいです。


もう次回は最終回。

風の様にやって来て店を建て直した江崎は、また風の様に去って終わりでしょうか。だってもうロッカビアンカは、江崎がいなくても立派にやっていけますからね? え? そうなの?

「dinner」9☆☆☆

またもやドタバタw 


ケータリング先から帰ってこない江崎たち、残ったメンツで客をさばくぞと張り切るも、副料理長今井がぎっくり腰でダウンw 仮料理長wになった夏野まで倒れて、メイン料理を作れるシェフが居ない??


まずはおでかけ組が、寄り道で食材探しだの(江崎w)、道に迷った、車が壊れたと、どんどん帰りが遅くなるのが可笑しかったですよねー。数馬(八嶋智人)の演技もあいまって現実味はないけど、そこはもうシットコムだと思えば全然オッケーです。

逆に居残り組の状況は悲惨の一言。

予約客だけ、コース料理2つに限定で乗り切ろう!と頑張ってるのに、予約ミスで8人増えるわ、全員違う料理を頼んで味見しあおうとか言い出すわ。それを丸っと通しちゃう支配人は皆を背中から撃ってるも同じでっせ。でも

「遅いわねー」

と待ちぼうけな客にもお世辞とワインと講釈をプレゼントして時間稼ぎとチームワークで乗り切ったり、初めて前菜を1人で作った、しかも客が完食してくれた、と大喜びする場面はなかなか心暖まりました。

なのに夏野まで倒れて。初めての料理をまかされる はづき は自信がない……。

ここで、車の江崎と厨房をスマホでつないで油の音など聞いてタイミング指示するのは面白かったです。でも電源ギレで肝心の大詰めは1人ですることになってまたまた大ピンチ!

でもそこで、大チャンスだぞ、と励ますというか「羨ましいぞーオレがやりたい」と言い出す江崎がまたいい味だしてました!(最近それを強調しすぎて、アホの子になってきてる気もしますw)


確かに、厨房にいる人たちみんな料理は好きで自信もあるだろうに、お客さんに出す料理をまかされるのはトップの人であとは下ごしらえや茹で加減といったサポートの立場が何年も続くんですものね。アクシデントで調理をまかされてやりとげるのは大チャンス!
以前のお父さん逮捕回のラスト、女でもなんでも上手なら料理長になれる。と応えた通りに江崎が彼女に店をまかせることになったのでした(ここで、回想が入る訳でもないところが連ドラじゃなくシットコムじゃーん)


でも客の立場なら、裏の騒ぎを知っちゃったらこの日は半額ぐらいしか払いたくないかもしれない(><)


ちなみに今井と夏野の腰をいわしたトマト缶の箱は、ドルチェのおばちゃんがお片づけw まさか3人目が?と思わせてスカす感じ好きです。(子どもに「まずい!』と言わせて締めたとの、やったことは逆ですがスカ具合は同じかもw)

こんなドタバタ&江崎料理バカのシットコムで、ずーっと続けてほしくなってきました。


「dinner」8 ☆☆☆

料理って楽しいな~&子どもの躾が悪すぎる回w


江崎のオーバーアクション料理、真似したくなるの分かる分かる!

そして皿を洗う人、野菜を切る人、塩を振る人、盛りつけて回る人wと厨房をちょろちょろ覗いて歩く数馬の息子。衛生的にどうよとは思いつつ、活気に満ちた厨房を楽しんでいたら自分の父親だけがだらんとやる気のない様子に、みるみる息子の顔がくもる演出は分かり易かったです。


そんなわけで、今回の主役は料理への情熱を失っていた数馬
(パスタ主任ってパスタイオって言うんだー)

前回から妻子と別居中な伏線はありましたけど、突然子どもだけ妻に預けられてロッカビアンカで子守り。ふてくされ、息子もいる前で江崎にキレたりする数馬でしたが、なんだかんだで初心に立ち返って新作メニューにも採用され、すると妻の愛も戻ってくるという実にベタな、でも楽しい「いい話」でした(^^)


女性陣が大喜びの、職場恋愛事情。ロッカビアンカで披露宴をした写真は出るわ、今井シェフが映ってないのは花嫁を当時好きだったから?(^▽^)
「まずい」と言われた江崎がムキになって子ども向け料理を作りまくるエピソードも楽しかったです。別れ際に出された料理も、ニヤッとしながらやっぱり「まずい!」なのが子どもらしいし、頭を抱える江崎もまるで子どもみたいでナイス(^^) 


しかし息子:翔馬の躾悪さがダメダメでしたねー。

登場するなり江崎の料理をダメにし、泣けば許されるって9才じゃダメでしょう~。ギリ5歳児の行動ですよね。そして母親が迎えにくれば「ママーママー」と叫びながら営業中の店内を駆け抜けるとかありえない!元ホール係の母親なら、裏に回れ裏に(><) 
家庭的な店と、なってない騒々しい店の違いをちゃんと分かっていて欲しいです。

「dinner」7 ☆☆☆

ロッカビアンカ、ドタバタバージョン再び。


「役立たず」

といわれてキレた皿洗いヒロミくんの逃亡を、八嶋智人他3人が内密に治めようとコソコソする様子を、いぶかる女性陣。キャバクラ通いでしょ!ってw またそれを肯定する方もする方ですよ。 真面目一徹の副料理長までキャバクラだなんてショックぅ とか言われちゃってますよ(><)  

そこに誘われなかった女好きパスタ担当が、幻のヒロミちゃんを求めて右往左往したりw  ヒロミくんを呼び出した説得組が、励まそうと◯◯さんが褒めてた××さんも期待してると適当に言ったことで、翌日礼を言われた相手がぽかーんとしちゃったりw

いやー楽しかったです。
秘密や勘違いが渦巻く厨房で、一人江崎だけが別次元で料理に没頭。なにも気付いていないところがまたいいですよね。


江崎の見習い時代に、新人だったサッカー選手来店。
引退を考える彼に当時の貧乏料理を出して、ただ純粋にサッカーが好きだった時代を思い出させるなんてベタだけどいい話じゃないですかー。
そして帰り際、江崎も皿洗いだったと知ってヒロミくんも励まされる。うんうん。


そしてラストでまた

「役立たず!」

といわれたヒロミくんが、今度はキレずに仕事に戻れて。ロッカビアンカは今日も平和なのでした。

(次回は離婚話? 暗いターンなの?) 

「dinner」 6 ☆

またいろいろ無理矢理なw


『同じ賄いを食べて来た家族』

という台詞は印象的。そして、同じ様に見える前菜でも浜岡さん作じゃないとダメだ!となる展開もドラマチックなのですが、その浜岡さんの欠場理由がなんで殺人。それも20年前で『助けてもらった』人が『来週ブラジルに』ってもー。盛りすぎでしょう!

ネットで話題の人殺しがいる店。

予約を断る電話で「人殺しが作るなんて」って、わざわざ言いますかねw  逆に面白がって集まる行儀の悪い客も増えそうなんですけどw それで碌に料理を食べてくれないとか揉めるとかで常連客が減るならまだわか……まあいいや。

1話で倒れた店長と浜岡さんとの絆が描かれて、入院中の店長や毎日見舞いにいく支配人が娘の顔で描かれて……そういうところにスポットあてたいなら前回のドタバタとかせずに人情ものでいけばいいのにー。 オヤジを殺した奴だと騒ぐ男が、改心して浜岡さんの前菜を食べて涙するぐらいのコテコテだっていいのにー ←正直、ブラジルがどうしたより、こいつにもう一度店に来て欲しかったですよね

最後、呼びにいったのでなく、なんでも無い様に戻って来てすぐ料理だったのは良かったかもです。


(料理の前で料理人が叫ぶのだけは止めてー飾り付けの葉が揺れてるよ、ツバがかかるよ)


「dinner」4、5 ☆☆

「相棒」みたいだった4話、ドタバタな5話。繋がりが悪いよね。


今週スポットがあたるのは「料理長になった」と家でウソをついてるパスタ担当袴田シェフ、妻の来店に焦りまくり。

でも皆は彼女を「料理長=江崎の奥さん」と思い込む、というコメディ仕立てはお気軽で勘違い騒ぎを楽しめました。そこに、江崎をちょっと意識してた支配人の複雑な気持ちや

「『愛してる』より『美味しかった』が嬉しい」

という台詞を江崎(妻)と袴田の不倫相手ソムリエに重ねて吐かせて、これだけ観たらいい感じ。

しかーし4話とはえらい違いじゃないですか?


女シェフの苦悩や親子の絆に焦点をあてて暗かった4話。

冒頭で「どんなに頑張っても女は見下される」と気負った台詞を吐かせ、頑張りすぎで鍋を倒せば落ち込み、心配されれば逆ギレと厨房はピリピリしてたのに。今週は料理をヒックリかえしても、ただのギャグ扱い。えー4話の彼女がイヤミのひとつも言わないの?


更に、女シェフ父の犯罪が長々と解説され(ひったくり程度じゃ張り込みつかないしね)、もちろん最後に食べに来て感動の「花丸」が……!ってやってた翌週には、蛸の投げ回しですか?


そういえば

「張り込み刑事がいる!」=「江崎が犯罪者!」

というドタバタの場面が浮いてましたよねー。せめてそこにドタバタを挟むことで、今回へのつなぎにしたんでしょうかw 


毎回、2話で江崎と副料理長とのタッグを描いても翌週にはすっかり忘れ去られて、副料理長いたっけ状態だったりと、連続ドラマ感がうっすいんですよね。

1話から妙に目立ってた常連モダンちょきちょきズさんは、

「お酒飲まない」+「有能女刑事が顔面惜しい」=「潜入刑事でした!」

以来、もういないし。
江崎のキャラも『料理が出来れば幸せ』なのは一貫してますが、それで奥さんから心が離れるのかな?彼の態度は変わらないのに、奥さんだけ我慢ができなくなった、と言って欲しかったですよ。

そして次回もまた悪評で客が減るとか、グルメブログ悪評の影響はナッシングだったくせにどこの口コミだと「シェフが人殺し」だなんて信じる奴がいるんですかー。適当ですよねー。観るけど。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ