ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

永井大

「ブザー・ビート」4 ☆☆☆

ついにばれたー(><)!!!
今回はこれにつきます、ロッカーでキスを目撃だー!!

でも菜月は直輝と別れる気はなかったわけだし。もっと無理矢理、もみ合っているところに行き会わせて
『誤解よ!』
的な展開がありがちかと思っていたのにまさかの菜月からの大胆キス。
全日本に選ばれた矢先の怪我で、萎れる代々木(金子ノブアキ)に可哀想萌えしたとか?(もしかして、直輝とのきっかけもそんな?)

ベッドの下のリストバンドをすぐ問い詰めない直輝。
「代々木さんの」と言い訳即答の菜月。
この辺も見応えありましたが、目撃されちゃあ仕方ない、今度は菜月がどう開き直るのか?修羅場になるのか??楽しみですよ。

一方で
”上矢くんは好きじゃない”
”川崎さんが好き”
と言わされるリコ(後半だけ聞いた川崎はニコニコでしたが)

ルームメイトちゃんの目論見通り、口にしてると本気になる……ということもあるのかもしれないけど。逆に違和感で隠れた本心に気づいてしまうことも。
1人繰り返す呪文
”上矢くんは好きじゃない…好きじゃない”

”好き”で止まってしまうところでキューンとしましたわ!

もちろん、バラの花束抱えて出て来る川崎さんだってかなりドキドキなのですが。背伸びしすぎで疲れる相手なのかな(川崎さんがリコを好きな理由が、ルックスを気に入った以上に思えないのもなんだかな)

そして売れ残るキャラクターグッズ(涙)
愚弟が阪神のユニフォーム来ていた頃、ファンクラブ入会時にもらえるグッズに弟の番号を希望してきた人がいたと聞いてどんだけ喜んだか。菓子に彼のカードもついてきたはずなのですがレアすぎて実物確認出来ず!!(本人にくれないのね、ああいうの)
選んで買えるグッズ、私が直輝の家族なら買い占めるのにー!!!

「ブザー・ビート」3 ☆☆☆

ちんけなプライド!ちんけとまで言う!菜月さん!
”いつか一流になれる”と本気で思ってていいのは少年漫画の中だけなのねー(^^;;;;;)

どんなに上矢とヒロイン@りことの距離が縮まっても、山Pの心は菜月のものだったのに。
そっかー、完璧な彼女に劣等感を抱いていたのかー。しかも常に優しすぎ。たまには強引にして!って菜月からサインを出すどころか口にも出してるのに、鈍いったらありゃしないじゃないですかー。
挙げ句、本音をぶつけると逃げていく(涙)

一方の強引男は粘り強い!
「じろじろ見つめないで!」
と言う文句は、”そっちが俺を見てるから目が合うんだろ?”という裏の真実を探り当ててしまうし。

家族に、今さら月9か、どーした?と言われながらも人物造形が面白くて。録画で遅れ気味ながら楽しく見ちゃっています。
菜月ちゃんが、金やスター性で乗り換えたなら月並みなのですが、逆でしょう?
薄給もスター選手じゃないのも分かってて恋人で、そのままでいいと言ってくれてるんじゃないですか。一流になる夢より私を見て!!ですよね。ある意味こんなに優しい(あるいは都合のいい)女はいない筈なのに、わかり合えないなんてー。

これで、菜月が喫煙を隠しているように、上矢も裏の顔を隠してこのキャラだったら変わりようもあるのにね。彼はただ普通に温和しくていい子で、酔いつぶれた女にブラゆるめてーと頼まれても(笑)据え膳喰わずに掃除して料理して帰ってくる人なだけで。
”いつか一流になれる!”と実は本気で思っていたりして。
それを脳天気に信じて応援してくれるだろう、業界に疎いリコの方が一緒にいて心地よい人になっていくのでしょうか(実社会だと共倒れになりそうな ^^;;;)

で、莉子ちゃんの方は早くも上矢をちょっと意識してる様子。
携帯の落とし主だったことにも気がついて、さてどうなるとガンガン来る川崎さんよりもソフト上矢くんが良くなるんでしょう。お互いに他人のものをほしがるタイプでもなさそうで、そのうちきっとヤキモキさせられるわー

ルームメイトちゃんは、永井大狙いで溝端君をパシリにしてますが、そのうちパシリ君とくっつきますよねー。フフフ♪

「ブザー・ビート」2 ☆☆☆

やっとお互いに自己紹介!!

それも「グズ」「バーカ!」と公衆の面前で罵られた後ですから(^^;;;) ”出会いは最悪”となっても不思議ではないインパクトなのですが、以降シュートは決まるし試合も勝てた、
「君が見てると勝てそう」
と感謝されちゃうんだから上手くしたものです!
一緒に花火見て。いい感じでしたよね。

でもまだ、主人公には彼女がいて(他の女がみてると勝てそうって、チアの彼女の面目丸つぶれじゃん!)、ヒロインだって”川崎さん(伊藤英明)の知り合い”として観戦に来てるわけで。
川崎さんといえば、初デートでキスしちゃう年上男!
「こういうのを運命の恋って言うのかな」
で2度目のキス、ロマンチックな展開にヒロインと一緒にニヤニヤですよー! こういう強引な展開こそ、恋愛ドラマの王道じゃないですか?なのにそっちは添え物なのねー(><)

さて今後、草食系@上矢くんは勝利の女神@白河さんの応援でガツガツ肉食に変身するのか、それともホンワカのまま捨てられて泣いてるところを拾われるのか??

実際、サッカーやバスケみたいなコンタクトスポーツに向いてるのは、どんなことでも他人より前に出たいタチの激しい人なのかと思うので(学食での振る舞いで専攻部活が分かる、とは体育学部出身のツレの談)、川崎コーチやキモ男の自信満々、強引、の方がそれっぽくて
”誰にでも優しい”
と評される主人公、そもそも向いてないのかと思うのですが。時代は草食系、仕方ないか。

2話までみて、彼女の菜月ちゃんは別に悪女でもない普通の娘に見えました。ただ本音を、独りで煙草くわえてグチるから印象悪いのであって。上矢クン淡泊にもほどがあるし!(まさか結婚するまでエッチしない派??)
ヒロインは、一時の激情で怒鳴って逃走出来るヨソ者。方や狭い人間関係にずっぽり職場恋愛。そりゃネコもかぶりますよー。

白河莉子だって谷底人生、独りなら暗いだろうけど暢気な女友達といれば気楽なのかな(貫地谷しほりちゃんも相変わらずいい感じ)
対比で、まるで友達のいない女にみえる菜月の印象更にダーウン!!
実に行き届いた人物配置ですね!

上矢くんは実家暮らしと言うのがまた、無自覚に自立してなくてミソ。
まずは家を出て自活すればいいのにー。

「ブザー・ビート 崖っぷちのヒーロー」1☆☆☆

脱ぐと胸筋Cカップで凄いのに、普段分からない(猫背?)&腕はフツーな山P。ジムで作った筋肉という感じですねー。やっぱり一番きれいなのは永井大かな。

とにかく山Pがプロアスリートになんて見えなくて、
「選手?」
ときかれていきなりギャラ安いとか答えても唐突というか。例えば野球のユニフォーム姿の人に「選手?」と聞いても普通それは草野球チームに入ってるのかとか、日常的にプレイしてる?程度のことじゃないのかと。
下手したら大学生にも見えるんだし。
”一応プロです。実業団で”
ぐらいの説明は必須じゃないかと思ったり。

変なサービスショットにも辟易。
風呂はまだ、ストロベリーの入浴剤ってOLか! と、主人公のガーリッシュ描写ですが(伊藤英明を脱がせて並べる必要も無いけどね)、2度目の見せっこはねー。
裸が見たいなら「SASUKE」か世界水泳見るから!

と、ぶつぶつ言いつつ、意外や物語は楽しめてしまいました。
プロとして2流。
愛する彼女には裏切られてる。
方や、これからお近づきになるヒロイン(北川景子)も音楽家として2流。
……書いてて哀しくなった(^^;;;;;;) ここまで情けなかったら、あとは昇るだけという気もして。ありがちなオレ様ではなく、素直にヘタレな主人公。応援出来るかも。

かえって最後は成功して欲しくないです。
これで彼女はCDデビュー、大スター & 彼氏もアメリカからスカウトされて大活躍、だなんて夢は夢でも白昼夢で虚しすぎる。
そりゃ一度はブザービート決めて、でもそれで引退だっていいじゃん。音楽も生涯の趣味でいいじゃん、人生長いから!と思ってしまうのは月9向きじゃないですかねー。

まず、主人公とブラック相武紗季が別れる回が楽しみです(^^;;;;)

そうそうチアリーダー!
後ろの娘のスッゴイくびれが目に焼き付いてます。相武紗季ちゃんはバストショットだったのでウエストまで映らず。カメラさんナイス!
男性陣もこの方式でダミーを脱がせたら良かったんじゃないかと←まだ言ってる。

貫地谷しほり、伊藤英明、楽しかったです。草々さんもね。
(はんにゃはゲストじゃなくてずっと居るの?? 金田だけじゃなく川島も?)

「特命係長 只野仁(4)」36☆☆

高い塀を乗り越えて自殺。
「足の悪かった男に出来るか?」
という目の付け所はいいなーと思っていたら、後半の犯行映像で大笑い、無茶すぎるー!失神した大男を担いで脚立昇って落とすなんて、うっかりしたら一緒に落ちて死んじゃうよこれ!!

盗撮が犯行現場をとらえた!
という偶然も、生着替えのエロと事件を融合させて新しいねと思っていたら、なんと犯人(「暇か?」課長 笑)、自分が映りこんだ映像を編集もせずに市場に出してるって!!そんな馬鹿なー(笑)
ついでに山中の誤射で犯人不明もアリエナーイ

まあ只野仁だから、逆さプリンと竜巻があれば矛盾なんてどうでもいいけどね?
逆に、辻褄が合わない分を全部部長がひっかぶって、もう5人は殺してるぜ的大悪人に演じてくれちゃって、これまた大笑い(^^;;;)電王堂からまた犯罪者出ちゃったよー。

離婚したての安達祐実がやっぱり可愛くて、最後は只野に抱かれて手術を決意するかと思ったので何もなくてちょっと残念(笑)
係長の正体に気がついてしまったら、もう再登場はないかなー。

しかし
「道ばたで拾った女」
の正体、猫だよねって言い合ってたら亀??寝かせてくれなくて、は何ー?タンスの裏にでも入り込んで詰まっちゃってた??(笑)

「特命係長 只野仁(4)」32 ☆☆☆☆

すっごい豪華ゲスト!高橋克典の一人二役!!

もうおなかよじれるほど笑いました。黒い只野と白いカン様。
前回のspではおフランスな変な人に化けてた只野でしたけど、今度は韓流スターですよー。似合う(笑)
また凄いのは、何をやらせてもそれっぽいこと。フランス語の発音も上手かったけど今度の韓国訛りな日本語も上手かった。挙げ句に、その”韓流スターのふりをする只野”なんていうややこしい場面もちゃんと演じ分けてましたよ。脱帽です。
その上でベタな恋愛で人情話。
ええ話やわ〜(笑)

ゴールデン進出効果で、例のラブホも場面がなかったけど、今回は堕とす相手もいなかったしこれでいいのかな。サウナはどうなるのかな。

こうなると逆に、さかのぼってシーズン1のレンタルが増えそうで心配です。1はこうじゃないのよー。脚本適当でもったいないですからねー。
それに子供と見ちゃだめなのよー(^^;;;)
次回なんて「羞恥心」野久保くんゲストって、映画CMでも「特命係長」を見慣れた子供達がますます興味持つじゃない。イイノカナー。

同じ9時台でもspでならオフィスで脱がしてあれこれOKな、この差がワカラナイ。

「サラリーマン金太郎」1 ☆☆

やっと!”強い”役で本領発揮する永井大に会える?!
……と思って見たんですけど。なんか違った(^^;;;)

イヤもちろん金太郎は強いけどね、立ち回りが地味くない?頭突きとか机踏み割りばかりが印象的。もっと派手にすごいこと出来るのにね?
そして、怒る場面でコワ過ぎるよ金ちゃん(笑)

前作までの高橋克典版のイメージもあって、深夜のバカドラマ見るつもりでいるのに、こめかみに血管浮きまくりで喧嘩上等!疲れるよー。
まあ登場人物と同じで、男の人は血が騒いで嬉しいのかもしれない。本来そっち向けなんだし。
バタフライ遠泳には大受けでした。

「鬼嫁日記〜いい湯だな〜」1 ☆☆

 見ちゃった。

 セット丸出しの街で、銭湯営んでてびっくり。オイオイあの阿部寛がご近所さんのこじゃれた一戸建て生活はどうしたい。
 でも逆に下町の方が、あの夫婦の大騒ぎに馴染んでる感じ。
 単体だとおしゃれってことになってる観月ありさも、加藤茶とゴリに囲まれて浮いてないからねー。

 古き良き日本の触れあい:銭湯を舞台に、家族のイイ話で、専業主婦応援歌。前回より目指すところがはっきりしたよね。おまけに美容体操コーナーまで毎週入る模様(笑)こりゃ楽しいかも。

 「レッドカーペット」第一回で優勝してた、あの小太りギャルがウェイトレス役で出演してネタやってたのもちょっと嬉しかったり。

 本当に観たかったのはこの後の「ジャポニカロゴス」だったんだけどなー。

「特命係長只野仁(3)」最終回☆☆+☆

 梅宮アンナが、まさか!!!

 天才ハスラー役で登場。パパのコネで配役かぁとなま暖かく見守りつつも、まさかその親子共演作で脱いじゃうとは。只野と寝ちゃうとはっ驚愕!!
 さすがの最終回でした(そこがかいっ)

 いかにも深夜、エッチ満載な作りながらもベッドシーンで笑いもとっちゃう。バカドラマの一種お手本のような「特命係長」シリーズ。
 メイド喫茶だのチリ人のアニータだの流行りもの(?)を折り込みつつも、『いつものホテル』でいつもの様に騎乗位で(^^;;;)、格闘すれば不安定な棚や崩れやすい箱の壁が必ずあるし、電王堂の社員が素行が悪い状態は、まだまだ続きそうですよね(+エビちゃんの暴走&只野の変装っと)
 それでも今回のラストでやっと、秘書さんが『只野=あのお方』と気づきそうな場面が入りましたよ??『6』ではその辺を縦軸に???

 そうそう『上手なラブホテルの誘い方』の実践にも笑いました!あっちのカップルも観念して進展するんでしょうか、どうでもいいけど(^^;;;)

「特命係長 只野仁(3)」22、23 ☆☆☆☆

 もう完璧(笑)

 なにげないセリフに合わせて首かしげたり、格闘始まったり、ホテルの看板映ったりってだけで既に笑いのツボ。屋上、サウナの他に、メイド喫茶でも相談事するようになった特命のお二人です……って、「相棒」じゃないですからね。

 第3シリーズ1話が、詐欺から始まる真実の恋。2話が、えーっと、社員のメールで恐喝。
それにもれなく、格闘とエロがついてくるわけですね。
地味なふりのままヤクザを倒したり、50円切手で責められたりとダメ社員モードでも大活躍。正直、笑えたら事件はどうでもいいぐらいなのに、1話なんて頑張って感動も盛り込んだ話になっててエライぞっ
 人気上昇で出番が増えたエビちゃんも、毎度只野をぶっとばすギャグでちゃんと笑いとってくれてます。

 もちろん、梅宮辰夫の棒読みは治らないし、「女の下で働くとムカツクのは男の本能だ」だから恐喝しても仕方がないってのはどんな理屈じゃい。サウナのチリ娘も、大使館から苦情が来そうな勢いです。
 でもまぁいっかー。

 惜しいのは……。
只野を囲むレギュラー@秘書(櫻井淳子)とアナウンサー(三浦理恵子)が、お嬢さんじゃあなくなってきたところでしょうか……。内縁の妻的落ち着きと馴染みがっ

「だめんずうぉーかー」1 ××

 ダメダメ。
何がしたいかわかんない(^^;;;)

 同じく実話ベースってことで、ドラマ「恋の空騒ぎ」的なものを期待したのですが全然違ったわ。
 だよね。だって原作に物語があるわけじゃなし、キャラクターもないし。

 路上で急所打って苦しんでるミヤサコを助けるとか、パーティーで暴れるIT社長に思わず同情の相づちとか、誰かの体験談なら楽しいネタだけど、ヒロインにさせるなら、エピソードに負けないキャラを練ってくれないとー。

 一応メインは藤原紀香と山田優?
お堅くて幸せに近づけない女:紀香 vs自分を安売りしては、遊ばれる女:山田って対比があったような気がしますけど・・・わっかりにくーい。
 そもそも合コンで、ノリカが不人気ってのがまずよくわからない(^^;;;)

 そのノリカ、ろくでもない男としかつきあって来なかった過去が段々に分かってくるのだけれど、もうその頃にはチャンネル変えたくてウズウズですよー。
 何アンタ、やりたいことあるの?3ヶ月応援してあげたくなるような何があるの??

「特命係長・只野仁スペシャル06」☆☆☆

 美技・倒立花瓶キャッチ!!!

 普段はダメダメの只野係長が、時折見せるキラ〜ンと鋭いまなざし。跳んだ花瓶も華麗に受け止めてくれるかと思いきや・・・・メチャクチャでんがな(笑)

もう、拍手したいほどツボを心得たシリーズです。9時台からの放映ってことで冒頭は随分エッチ画面抑えてましたけど、ファンは大丈夫。安ホテルの看板だけでもう笑っちゃうから。
 いつものサウナ、目力でくらっとくる女性(^^;;;) 終盤お決まりの乱闘ですら笑えるってどういうこと??
楽しそうだなぁ高橋克典。永井大も可愛いし、秘書(櫻井淳子)もアナウンサー(三浦理恵子)も相変わらず(^^;;;)
 正直、事件の真相なんてほとんどどうでもいいんです!!

 ただ今回、恋人を亡くした彼女が可哀想なまま終わるのは後味悪かったかな(この先、彼以上の人とは会えそうにない感じだし)
 ベタでも、シェフの彼は『殺人の疑いをかけられた』だけで、浮気疑惑の写真もニセモノと分かって、最後は若い2人で定食屋を切り盛りして幸せそう・・・・で終わって欲しかったですよ。

「黒い太陽」最終回 ×××

 酷すぎるっ
 最終回でどう決着がつくか、見届けたくてみた最終回だったのになんちゅーかもう、
無かったことにしたいぐらいです。

 業界最大手に、大したスキルも資金も、慕ってくる人材さえもなく無謀な戦いを挑む主人公。
せめて人柄や女あしらいぐらいは勝っていて欲しいのに、ホントにいいところないんですよ。なので、最後に負けるのは無問題。
お父さんが亡くなったり刺されたり逮捕されたりも1つ1つは構いません。でも!それぞれの見せ方ってもんがあるでしょーっ
 何故に病院の廊下で逮捕?親の死に目にあわせない程緊急の事件かっちゅーの。そしてパトカー横で刺され、病院前だと言うのに誰も手当せずに放置(笑)

 いやその前に、くだらない乱闘で金無くすなよ。男も、仕返しするならもっと早くやろうよ(その、今はソープ嬢って女もヒモ男も雇えば良かったんじゃない、人材不足の折)
 なんでもかんでも、引き抜けばOKって経営描写は間違ってるだろー??
 最後刺すのが、金だけ貢がされた笑子か捨てられた千鶴だったらもちょっと納得して見られたかもしれません。

 ・・・・しかしそれでも!
反抗的で挑戦的でかわいげのない永井大は素敵だった!!
只野係長や探偵事務所で要求された軽く楽しいキャラよりも、屈辱を耐えかねる姿が魅力的と世に知らしめたこのドラマ。永井大ファンの記憶に残ることでしょう。
こんな出来でも(涙)

「黒い太陽」〜7☆☆

 引き抜き失敗の回まで。

 ねえちゃんに頼まれるわ、じじいに命じられるわ、永井君脱ぎまくりです。男は黙ってハダカに靴下(黒)!
でも、えっちにもつれ込んでも大抵、イヤそうな顔で耐える状況。受け身なんです。据え膳なのに眉間にしわ寄せて、ちょっとは嬉しくないの??
 これは何かの作戦なんでしょうか(^^;;;)

 さておき、夜の世界に染まっていく主人公。
父親の入院費の為だった筈なのに、だんだん目的が出世になってきて見境なくなってます。カネカネ金。
(その割にまだ未払いの借金があるらしいのが謎)
そろそろ幼馴染みの看護婦までキャバ嬢に仕立て上げかねない勢いで堕ちてきていて、その分物語もツッコミどころ満載(ex吹越さん。一度は店長だった人が何故ああも青臭い?)
 その辺をひっくり返してくれるのかどうか。
最終回の落としどころが気になるので見ています。永井君はかっこいいしね。キャッ。

「ぴんくそーだ」だの「みんときゃんでぃー」だの、店が揃いもそろって、大の男が低音で口にするのは恥ずかしい名前ばっかりでくすぐったいですねぇ。
新しい店のオープン前会議なんて、どれだけ可愛い言葉が飛び交うんでしょう、親父の口から(^^;;;)

「黒い太陽」1 ☆☆☆

 まさか男の全裸ケツから始まると思って無くてビックリ(しかも相手も男だ ^^;;;)

 男娼だけはどうしても出来なかったけれど、金に困っている主人公に永井大。
生活の為のキャバクラ勤めが、実に不本意そう。

 へー、ホールスタッフってキャスト=キャバ嬢の下僕なんだ?(^^;;;)
その割には売り上げを分配する制度もある様だし、欠勤だ延長だで金が動く仕組みトリビアを「へー」「ふーん」と興味深く見られました。

 お父さんの借金や入院という金に困った理由はベタなんですけど。変に大げさにお涙ちょうだいにもせず、さらっと流してくれて好印象です。

 こういうドラマ初回にありがちな
「3ヶ月で云々!」宣言もなくてホッと安堵。
使われるホストやキャバ嬢の立場からじゃなく、何十と店を持つやり手社長(伊原剛志)が”経営”する立場からの店の裏側が見られそうでちょっと新鮮でした。
 なんていうか、ドタバタせずに普通に面白いんですよ。
もしかして永井君の出世作・代表作になりますか?

 社長に見いだされた主人公、これから夜の世界でのし上がっていく模様です。
夜ドラマでお約束なベッドシーン、次回はしっかり永井君が!しかも相手はずっと彼をいびっていたキャバ嬢(元)という、意味深な場面になりそうですよ。いやん楽しみ♪
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ