ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

武田梨奈

「重版出来!」1 ☆☆☆☆

面白かったー(^^)
文句のつけようもないウェルメイド、家族で楽しめるドラマです。しかしヒロインが元オリンピック代表アスリートなんて設定なら、武田梨奈、ヒロインやりたかったでしょうねえw

怪我でオリンピックを諦めた柔道選手が、第2の目標に定めたのは『大好きな漫画に関わる道』だった……!
てなわけで、大手出版社に入社を決めたヒロイン黒沢心に黒木華。
面接時、廊下で掃除してるおじさん(高田純次)が実は社長でw 殴りかかってきたのを見事に投げとばすw その辺はもうお約束です。
でも、新人あるあるの寝坊や伝達忘れなんてありゃしませんよ。心の新社会人生活は順風満帆。男所帯の編集部に配属になってもコミュ力高くどんどん親睦を深め、率先して仕事を見つけ、訪問先では柔道の話で気に入られます。その前の研修に行った本屋でも力持ちの気働きで高評価。体育会系を企業が採りたがるのはこれなんですねえ。

大物漫画家(小日向文世)の断筆!という事件が起きますが、新人になんの責任もないものねー。
それどころか、問題の根本に気づくのはヒロインで、改善策まで打ち出せちゃったんですよー!すっごいよね。
大先生、確かに出てきたときからすっごい猫背で、画板の下から見上げて書いてるなー変な姿勢、とは思っていましたけどw まさかデッサンの狂いがそのせいだとはねえ……。書き上げてから別の姿勢で原稿を見返さないのかなw でも本当に好人物でしたから、屈折したバカなアシスタントの暴走で傷ついても、立ち直る道があって本当にホッとしました。オワコンとか囃してたネット住民は、絵がまた変わったことででも騒いで欲しいものですよ。

松重豊の編集長に、オダジョーが副編。荒川良々に安田顕。曲者ぞろいですが基本いい人達な編集部、ヒロインの周りは平穏です。……同期の妬みや足の引っ張り合いなどはこれから出てくるのかな。それを心ちゃんが真正面から受け止めて、笑顔でえいやっと乗り越えていくのが楽しみです。嘉納治五郎の標語が炸裂だ!


ところで、使われている原稿がもしやもしやと思ったら、本当にゆうきまさみでw 『絵が古い』だのボロクソ言われる設定のベテラン画家原稿ですよ、誰が頼みに行ったんでしょう、勇者ですね(^^;;;)
仕事場の場面ではNHK「漫勉」思い出しましたw
一緒に見てた旦那は、大学教育関係者として日本体育大学がヒロインの出身校として実名登場、柔道部選手も建物も撮影協力していることに興奮でした。すごい宣伝ですものね。

で、武田梨奈。
心の親友で、日体大柔道部時代の仲間。試合の回想場面にも道着姿で華を添えます。もちろん空手と柔道じゃえらい違いとはいえアスリートですから、開脚しての柔軟もお流石で、こんな人がチームメイトなら…とヒロイン心の強そう感まで増しませんか。演じる沙羅は、リオ五輪代表だそうで現役で強いのはこっちですけど! 最近は「ワカコ酒」などアクションだけでなく演技の幅を広げている武田梨奈、案外黒沢心役でもはまってたのかも〜?

「相棒14 元日sp」 ☆☆

三浦さん! 
銃創の後遺症で退職された三浦さんだー(><)お元気ですか。 
その流れでサルウィンなんて出てきたら、まさか亀ちゃんも登場したりしないかと思うじゃないですか。元気なのかなあ亀山夫婦。
 

そんな感傷を抱きつつ眺める今回の事件の中心は、これまた懐かしの本多篤人(あつんど)、この名前がね。「ん」「ど」の違和感で、あああのテロリストかと思い出せる絶妙なネーミングです。最初の登場当時から、こんなに引っ張る予定だったのでしょうか。むしろ『この名前いいねえ』と、過去ネタを漁る度にひっかかってきているのじゃないかと邪推です。
まあそんなことはさておき、失踪のテロリスト。
国のはからいで偽名で暮らしていたという本多親子の隠れ住まいを休暇で訪ねる右京さんなのですが、親切な案内のお姉さんが武田梨奈。壮絶なアクション戦を予期して身構えるも、起用の理由はその辺じゃなかったようです。もったいないなあ。生き延びたので再登場の可能性もありますが、それには悪女成分が足りないか?最後の慟哭はさすがの力強さで……もう入院してる必要なさそうでしたw 
半分に割って持ち歩く願い石。
右京さんと冠城さんで……って、オヤジ同士でちょっと気持ち悪いw 右京さんが気にしないのはともかく、冠城さんがあっさり受け取るのには驚きでした(^^;;;) 豪華客船のパーティにも平然と対応の冠城さん。この相棒、なかなかキャパが広いですw

そして、いつの間にか若手という年齢じゃなくなった芹沢くんが最近は芸人綾部(ピース)に見えて仕方がありません。

そんなキャラにまつわる感想しかわいてこない元日スペシャルでした。着物に落書きの二重人格の時といい、そんなに簡単に子供一人消えてしまえるものかなと不思議に思うのですが……戸籍のない子も未就学で消える子も実際にいるわけだから出来ちゃうんでしょうねえ。でも可哀想な子供を出さずに話を作ってほしいです。
 


「ワカコ酒(2)」1 ☆☆

こんなドラマあったんだあ……と録画。
そしてみてる間ずっと「孤独のグルメ」と比べ続ける羽目になりましたw なんだろう、普通すぎるんですよぉ

お仕事の後、ヒロインのワカコ嬢が一人で呑みに寄ります。美味しいです。おわり。
……満足したところで天を仰いで「ぷしゅ~」と声に出して言うのが決め台詞なのかな。原作の漫画通りな様ですが、声に出されると若干キモいです。「うるうる~」と泣き「はにゃ?」と首をかしげる系の女かよ、とw
仏頂面の五郎さんは裏でこんなことを考えてたんだ、となる「孤独の」と違って、ワカコちゃんは心の声と顔から出てるものが同じですから!「お待たせ、イカゲソです」ってイカゲソがきたら心の声も『わぁイカゲソだ!」仕草も『わぁ☆』ってさ。 
他のテーブルの就活大学生の会話に心の中でエール……って場面も、がっつり体ごと振り返って笑顔でみつめてます!それも結構時間が長めです!目があうぞw また都会の飲み屋、山かけマグロあの量で650円って高!独身貴族の五郎さんがランチに2500円は心配しませんが、ワカコさん毎晩おいくら飲んでいるのか…って余計な御世話ですかw

ただし終盤に、お仕事にからめてちょっといい話。なるほど。
出てくる店とメニューが実在しているのもいいですよね。大きなアジフライ美味しそうだったー。ターゲットはヒロインと同じ年頃のOLさんなのかな。演じる武田梨奈には珍しくアクションシーンのないお仕事も2シーズン目。相棒正月spといい、しっかり女優ポジション固まってきたのかな。


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ