ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

正名僕蔵

「アシガール」~6 ☆☆☆

若様が現代に、キターーーーw

いやあ毎回楽しいです。
豪族の姫と入れ替わって夜伽! ガサツっぷりが気に入られ、唄を所望されての熱唱が♪おお牧場はみどり♪ですよ。耳慣れないチェコ民謡の節にざわつく警備w また現代に戻ってきてからは、兵数の差をどうにかしろと無茶振りされた弟くんが思いついたのが、簡単プロジェクションマッピング。Jリーグ応援団の映像を空に投影し、援軍は膨大と思わせるという新兵器(可愛い)を投入だー!
おかげで戦は勝利、若君を守ったとして唯之助もお馬番にとりたてられ、ピクニックデートだってしちゃいましたよね←遠乗りに行く殿に走ってついていく唯之助w 体力ありすぎるw

しかし実は義兄に命を狙われている殿。和議の席で射抜かれて……命の危機に唯が下した決断は、自分の代わりに瀕死の若君を現代へ送り込むこと!

ご両親にしたら、挙動不審なおばか娘の様子をみようと弟の部屋を訪ねたら、血まみれで和装束の若者が倒れてるんですよ、いやあお母さんが医者で良かった。
「分かった!唯が過去にタイムスリップして、怪我した若君を自分の代わりに送り込んだ!」
と父君、見事、真実を言い当ててるのに自分の言ってること信じてないw それでも弟くんの説得もあり唯ちゃん行方不明は棚上げで。目覚めた若君の好感度が半端ないこともあり、留学生ホームステイの如き日々がほのぼのと過ぎていきます。

何もわからないはずなのに堂々としていた、当の若君。
「分からないときは、すべて分かった顔をして黙っておる」
のが上に立つものの処世術。騒ぎ立てるのは愚か者のすることだそうで、なるほどです。
しかしどんなに言動がしっかりしていても、まだ大人ではないはずの若君。争いのない豊かな暮らし、滅びている我が城を見せられて何を思うのか。そして時を超えて自分を救いに来たほどの、フク姫=唯之助の想い……。
でも現代の部屋に飾られた唯の写真は間抜けなスナップで、またその気取らない笑顔が可愛いったらw

さて戦国時代に残った唯はといえば、3分後に戻ってくるはずの若君は現れず行方不明。いつも若君~若君~と騒ぐおぬしが静かとは、何か知っておるなとごもっともな嫌疑をかけられて逃げたり、若君の許嫁と出会って助けたりとばたばた駆け回っておりますよ。

若君の腹違いの兄君が、側近が怪しいだけでなくご本人も実は腹黒いことにはいつ気付くんでしょう。それとも、唯を架け橋にふたりの想いはつながっていくのでしょうか。

満月の日を目前に感染症で倒れてしまった若君。さて、どうする……って、まさか弟くんが代わりに行くの?それって混乱するだけじゃないの??

「この世にたやすい仕事はない」2 ☆☆

江里口先輩の仕事を立派に引き継ぎ、いつの間にか自分もスーパーウーマンの域に手が届きそうになっている霧中さん。
……つまり先輩が魔女だったりエスパーだったりはしないってことですよね? ちょっと肩透かしながら、大好きな街を守りたい気持ちが起こすミラクルにはちょっと納得。 ちょっと無駄にはなっても、広告の代わりに安全喚起メッセージを流したり、江里口が考えた「みまもり隊」を営業と同時にアピールしたり、そんな街のための努力に賛同して、一時は離れたお客さんたちも戻ってきてくれました。
そしてめでたく目標99件を達成!

さあ同じ調子で隣町の路線もやっちゃいましょー! と会社は契約延長をオファーしてくれますが、喜べない霧中さん。また一から築き直すのはなんか違う、のだそうですよ。
(ラスト99件目が、江里口さんの再就職先だったのも素敵でしたね!)
正門さんのところに戻って、新しいプロフィール写真で次回からは新しいお仕事に臨むんですって。

今度はどんなお仕事で、霧中さんはどんな成長をみせてくれるんでしょう(^^) 

謎の男、塚本高史がもっと登場かな。子供達に逃げられてたの、何をしてたかは伏線なのかしらん。

「この世にたやすい仕事はない」1 ☆☆☆

レア仕事の体験記かと思いきや、ファンタジーなお話なのかな?

教師を燃え尽き退職したヒロイン霧中かすみ(真野恵里菜)、怪しい紹介所の勧めでバス会社の広告部に次職を得ます。
路線バスで流すローカル10秒CMを考えるお仕事、楽しそう(^^)
しかし先輩江里口さん(馬場園梓)は 、今まで一人で営業もプランナーも役者もこなしつつ電球を替え水道栓も治しちゃう凄腕さん。それだけでも有能すぎて『あくまで執事』かと勘ぐるレベルですがw なんと江里口のCMを流すのを辞めるとその会社は潰れてしまう??

上司(正名僕蔵)からこっそり聞かされたそんな疑惑に、かすみもつい、試しに幼稚園のCMを外してデータ送信してみると……電撃閉鎖に! 本当に超常現象が? そのカラクリは一体?

そういえば冒頭もスパイ大作戦並みに、インカムつけたヒロインの指示で在宅のマンションに捜査員が忍び込み、ニアミスを神業で避けて探し物をする映像で……。もうやめる!と宣言するや、ボーッとバスに乗る映像に切り替わり。ヒロインの妄想だったのか、そのうち本当に勤めることになりあの場面に戻っていくのか、いまひとつ分からない作りでありました(☆訂正☆ 辞めたのは実在のw6件目のお仕事だったとか、聞き逃した様で失礼しました)
とにかく、しばらく見てたら分かるでしょう。

真野恵里菜は文句なく美人ですが、今作ではいつも笑顔の馬場園ちゃんがめちゃ可愛くてふくふくで、惚れそうでした。


「犯罪科学分析室 電子の標的3」☆

あれ、潜入捜査は?

そんなわけで、現金輸送車襲撃事件。警察のシステムはハッキングされ、主人公(伊原剛志)たち分析室チームで追い詰めたものの銃声一発。目の前で射殺されてしまう犯人(正名僕蔵)……てなことが何度もおきて、黒幕は誰なのか?
犯人の指示で佐藤めぐみが運転したり、幼女に爆弾仕掛けられたり?猿時が例によってSNSで目撃情報集めたり。次々とキャッチーに進むので飽きはしませんが捜査についてはなんだかなあ。いつもの手塚とおるの変装&潜入捜査がありませんでしたよ。

最終的に実行犯はチンピラあがりの青年。親身になってくれた警察のお兄さんが、嬉しそうに開発していたバベルシステム。でも上司の落ち度を隠蔽するためにシステムが悪かったことにされ自殺、すべてはその復讐だったそうですよ。えーびっくり。
結局最後は、主人公がここ最近出会った全ての人を思い返して……あ、上司の見舞いに行った時の看護師が!ですもんね。配役で真犯人がわかったりしないのはいいところですが、あれこれ無茶でしょう。そもそもの動機も、身内でもなく殺された訳でもない人のために、二人射殺?毎度確実に一発で仕留める射撃の腕前、標的が人間なだけにオリンピック選手でも無理なレベルでは。他にも人質死んでたし、署内に爆薬仕掛けてたし、もう大変です。

とにかく違法カジノはダメだよってことで。

お目当の西村さんは捜査一課長。今回は、捜査方針を言い渡す以外に特に美味しいことはありませんでしたねえ……


「遺留捜査(3)」7 ☆☆☆

ちょっとO・ヘンリーみたいな。


仕事に邪魔な長髪を、夫はまとめるシュシュを手作りし、妻はばっさり切ってきてしまった(><)でもせっかく作ってくれたシュシュだけは、いつも持ち歩いていたのにね。

キャバクラに勤めて綴った詳細な顧客ノートも、テーラーの夫の商売に役にたてば、と。ううう泣かせるじゃないですか。

(シングル、ダブルがお酒の濃さじゃなく、スーツの仕立ての好みと分かったのは例の署長さんが顧客の1人だったからw こういう役回りなのねー)

”結婚を申し込まれた”
”ストーカーを怖がってた”
という情報から、それが犯人かと思わせて実は。
今回は出生の秘密もなく、ひねりという程でもない犯人でしたが、それで十分でしたよね。 


殺したのが夫じゃなかったのはせめてもですが、もう戻らぬ人の真意を語る

「3分ください」

は、取り返しがつかなくて哀しすぎます。もっと早くその気持ちに気がついていれば…(><)


ところで、鞄の中のシュシュをみつけた糸村さん。

「何だそりゃ」

と森田さんに聞かれて「知りませんよねー」って、確かに女性の持ち物に興味はゼロでしょうが、頭髪関係でそんな率直に言っちゃ、なんかそのゲフンゲフン


そしてラスト、大福を買ってきましたよと森田さんの行方を気にする糸村に

「それは食べませんね」

と、石原裕次郎ばりのブラインド・ワークで答える仙堂さんw え、何?なんでそんなことを言いきるの。

糸村よろしく勝手な行動の多い森田さん。どこか出入りの和菓子屋さんがあるってことでしょうか。事件絡み?過去絡み?



「遺留捜査(3)」4 ☆☆☆

高校で名物先生が殺される。


女子高生に聞き込みをしようとする仙堂刑事(正名僕蔵)が、変態扱いw 普段は容疑者を軽く脅迫したりする人なのにね。毎回いい場面をもらっていて、どんどんこの人が気になって来ました。(鑑識の村木さんの場面も毎回楽しいのですが、どんどん可哀想になってきちゃって。寝かせてあげて~)


捜査は、例によって糸村さんがこだわったのが「中国茶の茶碗」。

茶葉を探して凶器を発見したり。ネット活用でその茶碗を扱う店を特定、失踪中の女生徒を発見したり。彼女が容疑者から外れる情報集めになりましたかね。

そしてイラつく森田さんなのですが……だんだん糸村への当たりがソフトになって来ましたよね。
もう物を投げつけたりしないw 彼流の捜査を認めてきた様です。 

そして聞き込みや過去の生徒との関係と、物証命の糸村なら気にしない方向から真犯人を見つけてくるのでした。結果、両輪で上手く行ってます(^^)


つまり事件はスピード解決。

犯人はシンプルで分かり易かったのですが……殺された先生に謎が残りました。結局、先生は本当にあの元生徒を忘れていたの? 過去の万引き事件で優等生を見逃したことも含め、普通は落ちこぼれくんの勘違いで、先生はちゃんと生徒のことを考えていたよってなるものなのに。

教科書発注だって、いきなり取引をやめるなら新米の担当者じゃなく偉いさんとお話しして下さいよ。元教え子でなくても、あれは殺しかねない大損w


パティシエ留学の容認も解せません…。

息子の教え子の言葉、ひいては自分の息子の言葉に心を動かされて…という部分は良かったのですが。

わざと留年して家出で海外って、どれかひとつにしといて(><)

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ