ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

櫻井孝宏

「こえ恋」最終回 ☆☆☆

外した、松原くんが紙袋外した~(クララが立った調でw)

なんと最終回は松原くん側からのナレーションで始まります。初めての電話でゆいこが恋に落ちたように、松原くんだってゆいこの声に胸トキめかせていたんですねー。

甘酸っぱい青春ドラマを最後まで見届けてキュンキュンですよ。ちょっと肌とか若返ったかもw
この話の良いところって、皆きちんと話をしているところかと改めて思いました。
顔が見えないだけに、相手の声や仕草から想いを読み取ろうとする<分かろう>だけでなく、<伝えたい>もしっかり描いていて、凡百の恋愛ドラマが安易な盛り上げに使う悪手
『強がって誤解される』
『勘違いのまますれ違い』
てなことがありませんでしたよね。

会長とゆいこ、松原くんと幼馴染嬢の2組が外で出会っても『あの二人はつきあってるんだ、もうダメだ』とか『やきもち妬かせてやれ』的な逆ギレもなく、単に合流してまた2組に別れてw 会長はちゃんとゆいこに告白してお断りの返事を爽やかに受け、松原くんも静かに他の人(ゆいこ)への想いを告げて無問題。この、まずちゃんと話してみる手順を省いて揉めてるドラマ多すぎですよね。

さてその松原くんの「大事な話」から一度は逃げたゆいこでしたけど、翌日には(授業休んでw)再度屋上でお話し合いにトライなのです。きちんと素顔で……と紙袋に伸びる松原くんの震える手を、そっと包み込むゆいこの手。
「私の 好き に紙袋は関係無い」
今じゃなくていい。でもいつかそれを取るとき、横にいられたらな…… だなんて、可愛いぞー!!!!

そしてニコニコとお付き合い、朝待ち合わせて、昼メロンパン買って、夕方一緒に帰る日々の幸せの中、やっぱり不安になっていく松原くんの背中を押すのは、ライバルだった生徒会長じゃないですか。漢だね!
曰く『お前の気持ちは体に出てる』とw 
外したら周りの人間はどう変わるのか、と考えて、なにも変わらないかと思えたとき……ついに彼と世界を隔てていた紙袋は役目を終えるのです。顔は映らないけど!
その辺りはずーーーーーっとゆいこの表情のどアップです。驚きを抑えたり、見つめあってることに照れたりする松原視点のゆいこちゃんがまあ可愛くて可愛くて、この幸せ者~な松原くんがどんな顔なのかはこちらの想像にまかされての終わりで文句ありませんでした。

机の上にピシッと積まれていた未使用紙袋のストック、もう要らないんですねえ……w

ラブラブ松原&ゆいこの横で、親友同士もいい感じになりそうで良かった良かった。第二ボタンを請われて(学ランだと心臓に近いから第2ボタンなのにブレザーでもそれ言うんだw) 上着ごとあげちゃう生徒会長も、幸せになってほしいです。


ちなみにエンディングに松原くんのボディ役名が初めて出ました。永井響、顔の映らない理不尽な主役を難しいのに好演していたと思います。いつか別のドラマで、覚えのある背中に出会えるのかもしれません!


「こえ恋」10、11 ☆☆☆

えええ、小学校から被ってたんですか(^^;;;)

てことで転校生だった幼馴染の美女も素顔を知らず。むしろ見せてくれないの嘘つきーと罵倒して別れた過去があったのでした。うわ、酷い(^^;;;)
でも『自分のタイミングで』と、松原くん自らゆいこに語った被り初めはむしろ、辛いから紙袋に隠れた様なイメージとは逆でしたねえ。父の死で笑顔を忘れ表情をなくした辛さを、笑顔の紙袋で隠し&級友に面白がってもらうことでまぎらせて救われた、と。
ここで励まそうとポロっと口から出た「好き」に動揺したゆいこちゃん、駆け去ってしまいます。そんなぁ、ついに裸の自分を打ち明けた松原くん、最後まで聞いてあげたらきっと恋の告白だったでしょうに。
はっきりくっきり告白して振られた生徒会長みたいに、思いっきり気持ちを伝えさせてあげて欲しかったですよー!

そんなこんな、いわばメインディッシュにたどり着くまでも、恋の渦はめぐりまくりです。

会長が好きすぎるあまり、会長の恋を応援する副会長。それを見抜いてる同僚くんだって、ずっと彼女もみてるってことでしょう~
「会長が笑顔でいてくれれば……」
「吉岡さんが笑顔でいてくれれば」
一方通行なシンクロが切なくて頭ポンポンです(><)

たかがクラス会のゲームだって、好きな人がいれば心乱れるわけで。
『失恋した人~』で◯に行くお友達と、その娘に失恋しちゃってるメロンパンくんとかとか。ゆいこも伝言ゲームでは取り乱し(あれ、松原からゆいこに『話せてなくて寂しい』って言うように、偽伝言流してるよね??)『好きな人がいる、か×か~」でも右往左往する様子はもう、娘心に戻ってドキドキしちゃいましたよー。

嫉妬も邪魔ももうないはず、あとは届くはずの真っ直ぐな想いを伝え合うだけの最終回ですよね?ね?
そして紙袋はどうなるのか?

かぶったままか、後ろ姿か、外して机におきざられた紙袋で終わるのか……?下世話なことも気にしつつw最終回が楽しみです!

「こえ恋」~9 ☆☆☆

穏やかに過ぎていく変な日々w
「私も仮面をかぶっている」
という優等生委員長の発言や、ロミジュリは仮面舞踏会で素顔を知らずに惹かれあったなんて話題はなかなか深いですよね。自分も紙袋をかぶっての
「今わたし、どんな顔をしていると思う?」も……
「いつもの優しい顔?」
じゃないよゆいこちゃん、委員長はきっと泣いてたよ。それとも嫉妬に歪んだみせられない顔なのか……。恋敵ゆいこが天然なだけに辛い、辛すぎる(><)

誤解や告白やお礼のカボチャ、各種メロンパンが飛び交う学園生活、青春です。
いつだって松原くんばかり見て、彼の素顔より内側を知りたいと願うゆいこ。彼女を『大切な人』と思う松原くん。もうお互いに想いあっているも同然なのに、もどかしく恋の一歩手前ですよねえ。
松岡くんを想うライバルだった委員長は、ゆいこのまっすぐな想いの前に降参。応援側に回ってしまい。その吉岡さんを想うライバル生徒会長は……真っ向から諦めない宣言なのですが、鈍すぎる吉岡ゆいこには通じなくてかわいそうにw

文化祭の喫茶店、「うちのクラスらしいメニューを」と決まったのは、ゆいこ原案の『松原くんクッキー』四角に顔入れて紙袋w つまりはあの状態をクラスの皆も受け入れてくれてるってことで司会してた本人も「皆さんがいいなら」とオッケーしたのにね。思い悩む松原くんは顔の袋に手をかけるのでした。いつもピシーっと新品な袋が握られて、寄ったシワが怖い(><)
受け入れられているからこそ、変わらなきゃと思うのでしょうか。

文化祭に現れた、謎の幼馴染カオリ!小学時代の知り合いか?
なんと松原家でカオリとゆいこが鉢合わせ。弟蛍くんの機転で兄は隠れたのに、帰らないどころか一緒にかぼちゃ料理を始めちゃいますよw
『わたしの方が彼を知っているわ』攻撃が通じない、天然最強ゆいこなのですが、紙袋クッキーが松原くんを笑い者にしているとの指摘は衝撃で、思わず走り去ってしまいます。追おうとする松原くんの足を止めた殺し文句が
「また私を一人にするの?」
……何があったの、小学校で!

吉岡兄に失恋した幼馴染ちゃんは、メロンパン君と。
生徒会長は、生徒会の副会長と。
脇のラブもそれぞれうまくいったらいいなあと思いながらみています。オルゴールみたいなピンって音で始まるBGMも毎回絶妙でいいよね
それにしても紙袋をかぶって演じているのは誰なのか、声を出せない役者さんがかわいそうで気になりますわ。


「こえ恋」2、3 ☆☆

各店ショッパー(持ち手つきw)を、こっちの方が似合うかな~、あ伊勢丹はどうだろう☆って、見立ててる緑川さんに衝撃。え、既製品で取り換えあり? そしてやきもきする吉岡さん……って、この状態で普通の恋話が進んでいることも驚きですよね。

緑川さんは理事長の娘。入学後も教師にすら特別扱いをされて浮いてる中、別室受験で一緒だった松原くんだけが普通に接してくれる……ってうん、恋しちゃうよね。クラス委員ふたりセットで更に遠巻きにされそうかな(^^;;;) 
冒頭、放課後の教室で二人きり、緑川さんが近寄って袋に手が伸びる様子を覗き見ながら、教室に入れない吉岡さん!これもキス寸前並みの演出で青春でしたけどw 袋だよw 
彼が素顔を頑なに隠す、その一点だけでなーんか心がざわざわ、全て深読みできそうな、でも笑っちゃう、不思議なドラマになっていますよね。

他にも、吉岡さんが目をつぶって松原くんの声に耳をすます場面。ああ喜んでる、悲しんでる、と顔には出ない彼の気持ちが、声で手に取るようにわかる……って胸キュンなれど、いやその顔が見えない原因が!
屋上で並んでお弁当も、向かい合わなくても並んで同じものを見てるのも楽しい…って彼女の想いは可愛いものの、その見てる同じものって、向かいの校舎の生徒達ですよ。え、袋越しにあそこまで見えるのw またその遠くの生徒にアフレコごっごが唐突でね、突然時代劇喋りされたら驚くよね?ひと言『なんて言ってるんだろうね』的なキューは必要じゃ……。それとも、何もないのに分かりあった、しかも松原くんが吉岡の視線を把握してくれてこそ、ってのが嬉しい場面なんでしょうか。
そして緊張に震える声で
『こんなものをかぶっている理由が気になりますか?』と問われて以下次週。 そりゃ気になるよー!でも吉岡さんは気をつかって、全然気にならないよ!とか答えそうですね。

袋に描く顔は気分でカスタムOKらしいこと。また、帰宅したら自室で袋Off、その後は弟に素顔を見られても無問題なことなどいろいろ小出しにしてきますね。そうそう、吉岡兄も噂のイケボ君を目撃してびっくりw 「乱歩奇譚」影男かと思いますよねえ。
吉岡兄(白石隼也)を幼馴染ちゃんが好きみたいだったり、あちこち恋花盛りです。超ピュア生徒会長も吉岡さんに会うだけで超動揺、ウォッチャー生徒会のニヤニヤも楽しいです。


「こえ恋」1 ☆☆☆

声優のドラマ進出が止まりませんねー。

入学式から一週間ずっと、風邪で休んでしまったヒロイン吉岡さん(永野芽郁)
クラスで浮いちゃう……と心配する彼女を迎えてくれたのは、連絡事項の電話をくれた学級委員、イケボの松原くん(声:櫻井孝宏)しかし彼は毎日しっかりいたけど浮きまくり、だって
<紙袋をかぶっているのだから!>
ナニこれーw

マジレスするなら、マスク族の亜種で顔を隠していたいのでしょうがその袋に点目の笑顔を書き込む意図はw もっと学校の守り神とか、ヒロインだけに見えている系だとばかり思ってましたよ。もしくは声を出さずに助けてくれて正体がわからないとかさ、こんな堂々と紙袋男だとは。
行動も意外や積極派で、クラス委員は立候補で選出ですよ。それでクラスに受け入れられたと思っちゃってた本人、どうやら変なことしてる自覚はない様で、それって逆に変すぎw 
「なんでそんなもの被ってるの?」
と直球で聞く生徒はいたけど、ヒロインのくしゃみで話が逸れてそのまんま。なんでなのー。

更に、視聴者としては顔も声もTVにでない、松原くんの体を演じる役者さんが気の毒でなりませんよ。声の櫻井孝宏が体もってことはないでしょ?
吉岡さんを演じる永野芽郁はあどけな可愛く、紙袋かぶった変な同級生をとっとと受け入れ『目があった~』とはしゃぐ様子は微笑ましいかぎりです(目?) ちょっと能年玲奈に似てませんか?
ああ能年ちゃんもこんな可愛いドラマにたくさん主演してほしかったなあ。

さて、校則違反だと乗り込んでくる生徒会(竜星涼) 松原くんどうなっちゃうのー??
30分だし、観てみようかな。
 
 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ