ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

檀れい

「ヒガンバナ~警視庁捜査七課」1 ☆☆

超能力?
意識を失った来宮刑事(堀北真希)を、病院まで背負っていく峯岸刑事(壇れい)。ビルの外階段しかない死亡現場から、どう降ろしたのかが気になって眠れません。一目で着用ブランドや来歴や心の声を見抜く特殊技能はみ出し女が集う捜査七課ヒガンバナ、もしかしたら峯岸だって腕力増強スペックホルダーなのかもw
しかしこの通称ヒガンバナ、七課にそれほど音が似てるわけでもなく。綺麗な花で毒があるってだけならベラドンナでもスズラン沈丁花キョウチクトウなんでもあるのになぜ。花束にして映えるからですか。更に、周囲が揶揄するか本人たちが自嘲で自称するのか、どっちかならともかく両方で言い合ってるって究極ダサくないですか。

そんなわけであまり期待もせず、可愛い堀北真希ちゃんを見ようと思ったら言葉は荒いわ陰気だわ喧嘩売るわ。でもその裏に隠した熱い刑事魂は垣間見えて、クールビューティー来宮刑事をちょっと応援したくなりました。幼い頃の凄惨な記憶が彼女を捜査に向かわせるのね。
特技は『シンクロ』
相手の気持ちが読め、事件現場では残留思念と同調して情報を掴み取ることが出来る……代わりに寝込む、らしいです。それも加害者/被害者、どちらの意識かわからないというのですからややこしいですよね。
今回のシンクロで口にした『嘘…つき』は結局殺された方の意識でしたが、殺した方もかなり興奮していたんだからそっちとシンクロ出来てたら早かったのに選べないw だいたい、その場で妊娠が嘘だと知ったなら衝撃のあまり最期の言葉がそれになるのも分かりますがね、元々知ってたのにねえ。
そうそう爆発物のキーワードが「嘘つきの数字」ってのも、たまたま現場を目撃してた男がなんで出産予定日まで知っていたのか。脅して動画撮らせた件も、目撃場所からそっちに降りて脅して、じゃあ僕はアリバイ作ってるから外梯子登って動画撮ってねっ時計もちゃんと映すんだよ!って、なんてあなた任せなw 逃げられたり、それこそ自殺されちゃう可能性だってあったのにねえ。
実父が乗った船に爆弾が仕掛けられてスルーだったのもどうだか。孫孫いう父がいなかったら偽装も特別養子もせずにすんだのに…なんて剣呑なセリフはありませんでしたよね。
おや、こう書いていたらダメダメですねw 見てる分にはシンクロの特殊効果とか楽しかったのですが。

来宮にちょっかいかけてくる記者にDAIGO、新婚オーラ全開で今一番安全な共演者です。てか堀北嬢も新婚なのに!もっと笑顔いっぱい幸せいっぱいなお仕事なかったんですかねえ。


「福家警部補の挨拶」1 ☆☆☆

ポラロイドは古いよね……フィルムまだ売ってるんだ。


それはさておき。

黄色いダッフルに斜めがけのカバン、眼鏡。現場が恐れる「変人」福家を、あの檀れいが演じます。

2005年の正月に永作博美が福家で「オッカムの剃刀」がドラマ化されたのを思い出すので、比べると力強さがないというか。こんなふにゃっと真犯人主張されてもなーと思ったりしましたが、それだけに『動かぬ証拠』が物をいうのかとも思いました(ちなみにその当時のドラマレビューがこちら
鑑識さんが奴隷な理由は更に分かりません。 


脚本家(反町隆史)が、役者志望のストーカーを利用してオーディションのふりで犯罪の片棒を担がせるというアイディアはキャッチーで引き込まれました。なるほど、自分は誘拐&監禁されたというていで、別の殺人のアリバイにすると。

てことは、このストーカーは口封じに殺されるんだと早々に分かりますから。いったいどうやって…と思ったら、なんと危険な橋を渡る事か。

せっかく薬で寝かせたんだから酩酊状態のうちにサクッと殺しておけばいいものを、わざわざ目を覚ましてから銃をつきつけ、オーディションなんて嘘だヨーンと怒らせて乱闘にもちこむとは!正当防衛にするためとはいえ、あれじゃあ銃で撃つ前に殴り殺されちゃうかも。それとも逆に自分が銃で撃たれて殺される可能性もありましたよねw 

とにかく不確定な危険が多すぎる計画でした(><)

放火も、消したかった証拠を燃え残しちゃいましたしねー。


つまりはこりゃ、盗作でもしなきゃ推理作家でデビューなんてできなかったよね、という伏線なんでしょうか(違)

そして、ややこしい推理をぐいぐい述べる福家さんですが、最初に脚本家に目を付けたのが
「関係のない私の名を覚えていて変」
て、それは殺生です。目の前で電話を受けて、イラつく稲垣警部。待たされてたら電話の相手ぐらいは気になるし「福家からの電話はとりつぐな」だなんて、興味をもてとばかりの異常な状況でしたって。そもそもそれって、視聴者に『福家』を印象づける場面だったのに「覚えていて変」ってー!
ホールドアップだって、銃を向けられて焦れば顔を覆うとか頭抱えるとか、手近な椅子を投げつける為に振り上げるとか、両手を上げるシチェーションなんていくらでもあるし。
という様に、原作ありなくせに細かいところが杜撰で納得できません。

同じ筋立てでも「相棒」で見る方が面白そうです。



wowow「プラチナタウン」~最終回 ☆☆☆

ええ話や~(><)


多少の妨害には負けずに老人テーマパーク計画が盛り上がって、でもお人好しばかりがスタッフなせいでアイディア漏洩。真似をされちゃうの??とハラハラもあり。

でも最初は悪口言っていた人たちが主人公の熱意をちゃんと分かってくれるし。

憎い悪役も悪いだけの奴じゃなかったし(><)

街は活気を取り戻しつつあり。

任期を終えた主人公は学生時代の夢を全うに、後進国に旅立っていく予定。じゃあ残される街はどうなるのか……って、ちゃんといましたよ。もっともっと町長にふさわしい、ずっとこの街で暮らしてこの街の為に努力してきていた人が!←ここで泣いちゃいましたって


もちろん彼女との恋も復活。ちゃんと「待っててあげる」そうですよ。って、一緒には行かないのねw
(作中唯一困ったのは檀れいの電話でした。お仕事の連絡なのに色っぽくって愛をささやいているかのような声w) 

「プラチナタウン」2 ☆☆☆

きたきた、老人ホーム誘致計画!


議会のじいさんたちには冷たくあしらわれる主人公。

無理と無駄だらけの町政(亜熱帯植物園w ペンギン一匹w群れで暮らす動物なのにー)にがっかりし、美味しい名産もなくて呆然ですけど、地元の子ども達から憩いの森や鮎釣りポイントと、街のいいところを次々と教わる展開に胸が熱くなりましたわ。
自然が豊かできれい。 
そして思いつく、空き地の有効活用法が冒頭の。老人ホーム誘致計画。消費拡大も雇用も産むはず、ばっちりじゃない!

そして元カノもF4層(だっけ?年配層)をターゲットの企画を提案……このつながりで復縁があるんでしょうか(お互いの上司同士が友達だったよ、狭いねw)


役所の職員には、お高くとまってるの、どうせ逃げるだろって嫌われちゃってて大泉洋の風貌でそれとってもよく分かるのですがw もうひとつ暑苦しいまっすぐさもあるので、理解してくれる日はくると思われます。 

 

「プラチナタウン」1 ☆☆☆

wowowドラマ。
あの暑苦しい大泉洋が主人公、なんか政治の話。
それだけの前知識で寝そべって他のことしながら見始めましたけど、だんだんと手が止まって画面に見入ってしまいました。面白そうです。

田舎の同窓会に呼ばれて
「市長になってくれ」
とか言われちゃう主人公。口々に
「学級委員だったし」
「東京の大企業で働いてて」
と、理由にもならないことを囃し立てる級友達。いやいや自分で出来ないことを押し付けちゃダメよーと思っていたら
「よーし、まかせろ」
って、えええー。地元が今、大借金を背負ってるの知らないの?出来るの?バカなの?……これがなんと、酔っての軽口で翌日は覚えていないというw

ベタ展開ながら、歓喜のご近所さんが押し寄せる光景に地元の田舎度が分かろうというものです。 

さすがに一度は断って東京に戻る主人公ですが、恋人にはなじられ、地元の窮状も知り、父は倒れ、やっぱり立候補を決意しちゃいましたよー
対抗馬がいないから、選挙無しに当選w

でも夕張を思わせる大赤字の地方自治体、経費カットでどうにかなるもんじゃなし。素人に何が出来るんでしょう。
議会でもよそ者扱いでイヤーな感じなんですが……

最後におおっと思いました。なるほど、高齢者のための町づくり!シルバー以上を目指すからプラチナ ??本気なのー??

大泉洋という配役が好き嫌いありそうですが、おおらかで何か手伝ってやりたくなる(ダメそうなw)感じが漂っていて、これから主人公の周りには人が集まってきそうです。
恋人(檀れい)とも、彼女が惹かれたという「瞳がきらきらしてた」ボランティア学生時代の熱意を彼が取り戻したら、復縁もありなんでしょうねえ。檀れいと大泉洋……似合わないけどw

「美しい隣人」最終回☆☆

え、結局ナニ?
窓から落ちて死んだの?逃げたの? 

例の近所の寡黙なバイト青年、彼がどう絡むのかずっと楽しみにしていたんですよ。実はこどもを殺していたのは彼だった!とか。なのにただ単に
「好きだ」
……はあ?(手引きしてた理由の後付かー)
偽名マイヤーの謎もほったらかし、サキの異常さも、こどもを亡くすずっと前からだったそうで。それって行動に筋は通るけど、鬼子母神的な恐ろしさは半減してしまったかもです。

……と文句並べつつ、実際に観ている間はもう、檀れい演じる絵里子に釘付けでしたw

可愛い女そのもの。
常に長めのスカート、内巻きの髪、砂糖菓子の様に甘くてふわふわに見えるのに、夫の裏切りを知ってからの毅然とした拒絶がますます美しい。宝塚出身と言えば黒木瞳さん以降は男役のイメージが強かったのですが、こんな人が居たんですね。
泣いても怒っても可愛くて、もう彼女を助けたいんだか、もっと泣かせたいんだか怒らせたいんだか分からなくなりそうでしたよ←危ないな私(^^;;;)

結局、サキの逆鱗に触れたのはやはり「よかった」発言。
それを7話8話でも対決の場面でもなく、最後の最後に明かしてくる構成は面白かったです。キレイキレイなヒロインに
「憎い」「大嫌い」
と刃物を持ち出させるほど追い詰めて、でも殺さないと言わせる対決にも手に汗握りました
(「また産めばいい」発言は確かに無神経。もしやサキは二人目は望めない身体だったのかも。そこもほったらかしですが)
原作ありや既視感ありドラマばかりの中、オリジナルで気を吐いた一本だったかと。

しかしラスト、口パクはナシですよー。
恐怖はまだ終わらない的演出はむしろウェルカムですが、どこかもいつかも分からない場所で(美奈子の脳内?)ささやくサキの映像がブツっと切れて終わり、は消化不良でした。
時節柄、また地震速報かと(中盤に本当に速報で切れたしw)

人気ブログランキングへ

「美しい隣人」1☆

何がしたいドラマなんでしょう……。

失踪癖のある家族がいるので、冒頭の幼児を探し回る描写から心臓がバクバクでした。開放的な家の造りが不安です(柵と門扉をつけて、木登りは禁止するより逆に特訓をするべきかと)
あんまり観たくないかなあ。

多分仲間由紀恵が亡くなった子供の母親で、外国人のダンナとも上手くいかなくなり逆恨みなのでしょうけど。
保育中に死なせたわけでもない、同日に行方不明だった我が子の無事を喜んだだけの主人公が狙われるのはあまりに理不尽。映画や2時間ドラマならともかく、毎週毎週そんなマイナスな感情を見守っていられるものでしょうか。アブナーイ後ろ!後ろ!とTVに向かって叫ぶとか?

最後に反撃出来たとして、スッキリとするとも思えません。
そして何故、住所や旦那の単身赴任先(&行きつけのバー!!)まで分かるのだー!

以前からの友人が、自分を頼らずに隣人に子供を頼んだと不機嫌だったところだけ妙にリアルw留守電入れておけば良かったねー。

人気ブログランキングへ

映画「武士の一分」☆☆☆

 主人公が失明。

 冒頭で早速起きる、記事やCMで嫌でも目に入ってくるその設定が観客にとって唯一の『事件』かもしれません。
その後は、あーあーあーと、当事者にはともかく観てるこっちにはものすごく予測的中な展開で進んでいくわけですが、だからといって飽きる訳でもなく、何やら美男美女と移ろう日本の四季を愛でている間に過ぎていくという。
 静かな映画でした。

 妻の不貞。
とはいっても、ほとんど不可抗力。
それでも、事実と分かるや否や離縁を言い渡し、妻も即座に去っていく。
辛くても哀しくてもそこには武士という生き方に誇りを持つ者の美しさがありましたねー。最初噂を耳にしたときには、即座に、断固として否定する程の愛と信頼がありながら、ですよ。
(丁度、ドラマであたふたと見苦しい「今週、妻が離婚します」を観ているところだけに、潔さの際だつこと。)
 そして、妻の為の敵討ち。

 外聞が悪いから隠すとか、自分に都合がいいから黙っているといった見栄や意地ではなくて、自分で決めたことを守り通すために、全てを黙っているんです。
武士だから、と表現されていますけど…人としてかくありたい、夫にもこうあって欲しいと思いました。

 そして私がこっそり戻って来たときには…と思うと、果たして煮物の味で分かってもらえるかどうかは分かりませんが(^^;;;)

 脇では桃井かおりのおばさんと、下働きのおじさんが出色。開けっぴろげで庭の一部のような日本家屋も、登場人物の1人の様でした。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ