ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

橋本環奈

「ルパンの娘(2)」~最終回 ☆☆☆☆

 映画になっちゃうのか~w 楽しみでっす。

 美雲(橋本環奈)が和馬(瀬戸康史)に惚れちゃって、そこからLの一族生存がばれて。忘却剤の効果も切れて。なんだかんだハラハラさせつつ、華(深田恭子)と和馬の愛は揺るぐわけもなく、じぃじ(渡部達郎)達はしっかり泥棒しつつも美雲対策も同時にしていたりして、上手いですよね~。また杏ちゃん(小畑乃々)の件も。真っ直ぐに育ち、学芸会のLの一族役すら
「泥棒なんかイヤ」
と泣く子なのも皮肉なら、それでいて盗みの素質ありまくりと分かったのも皮肉~
「Lの呼吸、1の型」
でしたっけ?? 流行の鬼滅の刃にがっつり乗りつつ、無意識にひったくりから盗品を取り返す……鮮やかな手腕を見せてくれましたよ!(また、ミュージカル場面のリフトでは、持ち上げられても揺るがない体幹の強さを披露。さすがですねえ) 一旦は、泥棒一家を離れ桜庭家に預けられましたけど。その間に華が作った杏のL装束は可愛いピンク。あくまで学芸会のためでしたけどね。華の、和馬の危機にはしっかりそれ着て、駆けつけてくれたじゃないですか!
よ、待ってました!

 その危機というのが、Lの一族の命も狙えば、Lの仕業にみせかけて殺人も辞さないシリアス系。しかもそこにはなんと!華も知らない、消えたLの一族『玲』が関わっている上に、美雲が本来恨むべきは、その三雲玲だというんですよ……?? その辺は映画でするのね!(しかし、祖父が美雲に残した書き置きに『令和の』ってありましたけど?? 予言?作品世界が未来?)

 最終回で円城寺父(市村正親)が登場!
華と息子輝(大貫勇輔)の結婚を急かしに来日で、遂には華を賭けてグレース王妃の指輪を奪い合うという泥棒マッチが開催されて(^^;;;;;;) またも華麗に人感センサーを避け銃弾を踊り避ける円城寺さんを堪能しましたけれどね、勝負は、愛する華の笑顔のためにわざと円城寺が負けてくれちゃったんですよ。いつの危機にも駆けつけてくれた円城寺さん いっそ渉(栗原類)と美雲を奪い合えばと思ったりしていましたが、そんなことにならないぐらい、いまだ華を愛していたんですねえ。

なんと悦子(小沢真珠)を巡っても以前同じことが起きたそうで……それもまた円城寺の血でしょうか。

 装束姿で一族が集う場面! 杏ちゃん込みの回も感激でしたけど、円城寺家登場も素敵でしたよねー。  父子デュエットは、ゴージャスの限り♪ 
こんな名場面、映画にとっておかなくて大丈夫でした?

 初回から、ずーっとずーっと隣がうるさかった安アパートw 華と和馬が引っ越した後に美雲と執事サルヒコ(我修院達也)が入居しちゃうのも愉快でしたけど、その隣人夫婦を事件に巻き込み目撃者に仕立てる尊の作戦も痛快でしたよねー。前作で警察を追われた先輩(加藤諒)の使い方といい、細部への気配りに感心しきりでした。
映画化でも、いろいろ細かいところに期待してしまいますね(^^) そして唄って踊って(円城寺さんw)盗んで、キュンキュン&大笑いさせて欲しいです〜

「ルパンの娘(2)」~5 ☆☆☆☆

 なんじゃこりゃ(褒めてますw)

 毎回濃い~面白さで文句なし!
2話で生まれた杏ちゃんは、家族ミュージカルの間にめきめき成長。「お宝」と聞くと興奮してた胎児も、泥棒は悪いこと!としっかり分かる立派な小学生に成長しました~。だからもう泥棒なんて止めよう!と言い続けつつ、その両親が準備した豪邸に住み続ける華(^^;;;;;) 杏ちゃんが狙われるわ和馬(瀬戸康史)を助けなきゃだわで、なし崩しにL一族に復帰しては9年前と変わらない体術と美曲線を披露しています~。
 そして5話ではなんと、華(深田恭子)とお祖母ちゃん(どんぐり)が入れ替わりw
どうせ何でもありの物語、そうなったら笑えるでしょ、な思いつきでも全然構わないのですが案外しっかりお話に必要でまた笑えます。

 前作、あのマタンゴ共和国乗っ取りで逮捕されていた女盗賊(田中みな実)が脱獄。復讐を企んでいるので、面が割れている華とパパは不参加で対抗するには……家族の中身を入れ替えるしかない!って発想が無茶ですがw 開発者のお兄ちゃんの方は、和馬くんと入れ替わる気満々w 恋する彼女(橋本環奈)が和馬の部下なことも既に把握済みですね。妄想入れ替わり画面では、あの和馬くんが面と向かって『きれいな顔で、ご飯3杯イケる』とか失言しててヒドいw
そして勿論!!華とお祖母ちゃんの入れ替わりも、ドイヒーw
でもちゃんとお互いに似てますよw せかせか前屈みで動き回る華w しっとりゆっくり喋るお祖母ちゃんw(どんぐりさん、あの声じゃない喋りも出来るんじゃないですか!) 入れ替わったまま2人で学校で面談w 入れ替わったままさらわれた華と和馬のラブシーンw 中身のお祖母ちゃんは和馬との接吻未遂にキュン死寸前でしたけど、観てるこっちは笑い死にそうでしたよ~ 深きょんといえば美貌と美ボディが代名詞ですが、こういう器用さも兼ね備えている大コメディエンヌだと思い知る名演技でした(そういえば映画「ヤッターマン」のドロンジョさまも深キョンでしたっけ)

さらわれた華と同じ場所に、和馬も捕らえられたと知ったLママ(小沢真珠)
「どんだけさらわれたら気が済むのよ~!」
いや、今回は2人を揃えて『1人だけ助かる罠』で愛を試すのが、脱獄の目的なんでw その犯人が、獄中で観て愛に泣いたのが例のLの一族再現ドラマw 華役が吉田沙保里さんなアレ! 正体が和馬にバレての涙の別れ場面まであったとは、どんだけ撮影したんですかw また出てきますかw
そして現れる円城寺(大貫勇輔)さ~ん! 世界は突然「ラ・ラ・ランド」なミュージカルに変貌でした☆ プロレスラー2人も全然踊ってないのに存在感で参加w 凄いやw

と笑わせつつも、対毒ガスマスクを拒む華(中身お祖母ちゃん)に装着を懇願、最後は一緒に死のうと涙にくれる和馬に泣かされ。地雷にやられたLママに愛を叫ぶLパパ(渡部篤郎)に泣かされ。
でもやっぱり、何故か華と和馬のペアダンスな戦いになって大笑いなのでした。ほんと何これw
ちゃんとお約束、Lママとおばあちゃんの入れ替わりもありましたよ~(Lパパと誰も入れ替わらなかったのは寂しかったかな!)

 最後、全て和馬1人のお手柄になるのもお約束w 部下がますます惚れ直してますが、そんな和馬が杏のパパだともバレてまた一波乱ありますねえ。ワクワク。 お兄ちゃんの恋もどうにか実って欲しいんですけどねえ。4話だっけか、デート相手も泥棒だった!っていい相手かと思ったのになあw

 ところで、寝起き和馬をリピート再生しています(><) 私も華と入れ替わったら拒めないわ~w
田中みな実MCバラエティ「あざとくて何が悪いの?」毎週みてますので、瀬戸康史もゲストで是非!

「ルパンの娘(2)」2 ☆☆☆☆

 やりたい放題w(褒めてます)

 妊娠しながらも和馬(瀬戸康史)の元を去った華(深田恭子) あっという間にお腹は大きくなり、華父(渡部熱郎)は子供用品を……買ってきます!
「か……買ったのぉぉぉぉぉ??」
と、この世の終わりの様に叫ぶ華母(小沢真珠)最高w 働いていた頃の貯金もある、お腹の子は泥棒にはしたくない、と気張る華ですが『お宝』と聞くと胎動が激しくなるあたり、お腹の子は祖父母似みたいw

 なんだかんだ和馬が 捕まり癖 を発揮。後方支援の筈だった華が駆けつけて
「悔い改めな!」ズバッ シュタッ
を臨月で披露!そんな激しい動き、ひねりも加えて無理無理~と思ってたら案の定破水ですよ(^^;;;) このまま分娩で、妊婦姿の華はこの回であっさり見納め……なのはいいんですけども。まさかの円城寺(大貫勇輔)オンステージw イエスキリストを産んだ聖母マリアの様に馬小屋で出産に挑む華と、テントウムシに導かれその小屋を目指す和馬……だけでいいのに何故か、どこからともなく現れた円城寺さんは雨に打たれながら半裸で踊り狂い唄うんですよ!!!! 
祈りを捧げているんでしょう、うん。でもお湯でも沸かしたほうがなんぼか役に立つでしょうに(^^;;;;) 
 そんなツッコミ待ちながらも、その場に助産師がちゃんといる気配り脚本! 前作終盤でお世話になったバーのママ(遠野なぎこ)と妊婦健診で再会。バーの赤字埋めに、実は持ってた助産師の資格を活かして働いてたそうですよ。更にはその資金繰りで、融資詐欺:ただしピチピチJKJD専門!にアタックって、そこはギャルに負けてないママなので違和感ないw またそんな騒ぎの中、いつも後方支援の兄ちゃん(栗原類)はどうしたかって。出会い系アプリで
『スナフキン大好き☆』
と書いてる可愛い子=おとり捜査の探偵(橋本環奈)に釣られ、スナフキンスタイルで出かけたまま待ちぼうけ。そのまま誘拐犯について行った探偵ちゃんが、助けてくれた和馬に恋をしたとも知らずに……ってここ、痴情がもつれますか?? お兄ちゃんの恋もうまくいってくれるといいなあ。

 その他、待ち合わせの公園がスナフキンだらけだったりw 華とママさんが再会した検診で、L夫婦も誘拐犯と接触&発信器つけていたり。そうそう、それで盗んだ秘宝ジャンヌダルクのマントとやらが、結局嬰児のおくるみに使われちゃったりw 例の再現ドラマは人気シリーズで絶賛放映中、子供にも「悔い改めな!」が流行ってたりと、いつもながら細部まで気の利いた脚本で、ホント悪ふざけはこうやって欲しいお手本の様です。ただ華の赤ちゃん、エコー装置(悪徳産婦人科から盗んだw)で観たときは
「男の子やな!」
いって言われてたのに、生まれたら女の子になってたよ? 素人判断で見間違えたってことでしょうか。

 めでたく出産に立ち会えた和馬くん。予告では、桜庭両親も孫可愛さで2人の結婚を認めちゃう様ですね(^^)

「ルパンの娘(2)」1☆☆☆☆

 パワーアップして帰ってきました!大満足。

 前作の最後、死んだことにして和馬(瀬戸康史)の実家に転がり込んだLの一族。そのまんま桜庭家に居候を続けていたんですねえ、なのに態度はデカい!調度がしょぼいとケチをつける!食材等ご近所の金持ちから盗みまくり! やりたい放題のくせに、お宝を盗んでいないだけでものすごーく我慢しているつもりの彼ら、特にL母(小沢真珠)の
『我慢できな〜い』
に、ついコロナ禍の自粛生活を重ねて共感しそうになりますけど、いやいや、自宅を盗品だらけにされている桜庭夫婦はストレスMAXで寝込んでますから!
 せめてふたりきりの場所、と思っても今の和馬は、壁の薄いボロアパートに華をかくまうぐらいしか(前作で買ってたニセ戸籍バレたんでしたっけ?) からの~ L父が夢のような新居をプレゼントしてくれたかと思ったら、やっぱり当たり前のように全員出入りするんかい(^^;;;;)  そして団らんで観ているTVが
『実録!Lの一族の生涯!!』
な再現ドラマ。それぞれ微妙に外している割に遠くないのは、監視カメラ映像でも参考にされたのでしょうか。どんぐり爺もといばあちゃんはいつもの「定吉~」だし、栗原類がマッチョでハーレムw 大オチは華!妙に強いと思ったらなんと霊長類最強!吉田沙保里があの赤いベルベットスーツでばったばったと警察をなぎ倒しているのでした(^^;;;;;;) もう大受け~な反面、吉田氏にとっては時代劇ゲストで妙なだじゃれを言わされるよりは本職に近いともいえる役どころ。レスペクトも感じられるおふざけ、最高でしたね!

 そんな中、和馬が担当している事件の黒幕を突き止めちゃっているLの一族情報網。教えてあげたら和馬が出世☆と華以外は盛り上がっていますが、そうは簡単にいきません。華のために警察を辞めようとしている和馬。それを華に告げ、別れてくれと頭を下げる桜庭夫婦。板挟みで辛い華……。
 と、例によって捕らえられてしまう和馬くんw ちゃんと自力で真実にたどり着く優秀さなのに、単独で問い詰めに行くおバカさんだからですよね。そう、父を殺した賊に争って刺された、と証言した息子(坂口涼太郎)こそ、ジャーン その賊『泥棒アベンジャーズ』を指揮して盗品を売りさばいている元締めだったのでした! 例によって華が華麗に助け、それ以外の一家は華麗に盗み、新開発のクスリで華麗に記憶を消された和馬はお手柄だと褒められて。でも現場に落ちている華の衣装の羽根飾り……。
 それ以後華は、Lの一族に匿われ、和馬の前から姿を消すのでした。お腹の子と共に……ジャジャーンorz (壁は薄くてもふたりきりのアパート借りた甲斐はあったのね)

 そこに新キャラ、ホームズの娘? 無茶な京都弁の橋本環奈がこの先絡みます。祖父の変死を、ずっと追っていたLの一族の仕業と思い込んでいるのでややこしそう。でも絶対毎回楽しませてくれるよね?期待を裏切らない続編になりそうでワクワクです!

 今回も華の殺陣が凄かったー!坂口涼太郎くんも快楽殺人犯を熱演!そうだ円城寺(大貫勇輔)くんのミュージカルも健在でした。益々ワクワク。

「今日から俺は!」~最終回 ☆☆

毎回楽しかったけど、ちょっと長かったかな。

「勇者ヨシヒコ」系の脱力ギャグながら、時に過剰な暴力。でも翌週にはだいたい完治の丈夫な高校生たちw 正直、ストーリーは毎回あって無きがごとしでその場その場のノリを頭空っぽで楽しむ系じゃないですか~。だったら気軽に、ちょろっと見て寝ようって思える30分だったら録画溜まらなかったのになあ(^^;;;)

そんなわけで、最後の開久との抗争やっと見終わりましたわ。
主人公なのに属性が『卑怯』な三橋w 大変なことは周囲におまかせで、自分は楽に目立つところに出てこようとするじゃないですか。例によって言いくるめられた今井(太賀)と、今井についてった谷川(矢本悠馬)が、ガッツガッツ喧嘩しながらも
「もしかしてミツハシは来ないんじゃ……」
と不安にw だよね、そういう奴だよねw だいたい二人とも廃ビルに監禁されたことまであるのに、なんでまだ味方側なんだか(^^;;;) 図星をつかれて焦る今井ですが、それでもきっと奴は来る!と力説。そうも思えるのもまた事実なんだよね~、なにその矛盾w ここで、来ないかもとは全く思っていないのが相棒の伊藤。さすが、相手の言いなりルールで最後まで目をつぶって喧嘩し続けられるまっすぐ野郎です!
本当ならそっちが一人で主人公でしょうにね。味方を卑怯者にしたハラハラ感で盛り上げる作者の慧眼w

そこで、倒れてる金髪みつけました~!と、血まみれの三橋が引きずられてきても、ああ、トップ相良(磯村勇斗)に楽に近づく策略だなと視聴者は既に慣れてますよw そう来たか、来た来た来た、やった~!とTVの前で盛り上がりましたわ。
その後のヤクザ絡みの仕返しも、伊藤とのタイマンで失脚した番長智司(鈴木信之)がきっと出てくると思ったのよ。ほらほら、来た~!ああ楽しかったw

しかし智司『誰も俺たちを知らない遠い街で、二人で働こう』ってなんの誘いw 高校生なのに! ほぼ廃墟の開久高校で、授業が成立してる気もしませんが。

とにかく賀来賢人が凄かったw 踊る歌う闘うw 真面目にもなる。振れ幅の大きい三橋役を、無理してる感ゼロでこなしてましたよねー!そして京子ちゃん(橋本環奈)のぶりっ子はもう芸風w オープニングの曲も不良のコスプレ感も懐かしくて、最近のドラマには珍しく周囲の奥様も話題にする大人気。案外パート2に続いても驚きませんが……。そこでサイズダウンってこともないでしょうけど…。次があるなら30分枠になったら嬉しいですよ。
山田孝之だ堤真一だと、豪華ゲストも毎回話題に。中村倫也の回からうちの旦那は見て、シリアス武闘ドラマと思っていた様で(あの原作人気漫画を知らない派w)コメディパートになる度とまどってましたけどw 私はただただ今井が騙される様な、地元でほのぼの不良やってる回の方が好きでしたわ~。
今井と谷川のコンビ、癒されるわ~。で、やっぱり今井や智司は胸板に詰め物してますよね??

「今日から俺は!」1 ☆☆

賀来賢人熱演バカドラマw しかしなぜ今ツッパリなのか??

転校を機に『今日からヤンキー』になる決意をした三橋(賀来賢人)は、金髪パーマ頭に変身。もう一人の転校生伊藤(伊藤健太郎)も同様にツンツン頭になっていて、同じクラスにw
vs10人の初喧嘩を勝利して、あっという間に近隣に名をとどろかせたふたりは相棒になるのでした。

女子校ヤンキーから頼まれて、女装して加勢(伊藤の仮装、確かに可愛いw) 仕返しに京子(橋本環奈)がさらわれ、一人でヤクザ(波岡一喜)に立ち向かった伊藤がやられかけたところでやっと、三橋が登場。その方がカッコよくてモテる!との計算でしたが、京子ちゃんの心は伊藤に傾いた様でしたよ~。

いちいち三橋が卑怯で、白眼むいた変顔もずるいわ(^^;;;)
騙されっぱなしの紅高校コンビ(太賀&矢本悠馬)のバカっぷりも楽しければ、職員室でも担任(ムロツヨシ)の強がった嘘を丸っと信じてる教師たちがコントを繰り広げ、三橋父は吉田鋼太郎と、傍に芸達者が揃ってますよ。そうそう、同級生の武道の達人美人に清野菜名、映画「TOKYO TRIBE」でアクションしてたの彼女だったのねー。そしてその父に佐藤二朗。やだ楽しい。

ヤクザの偉いさんに城田優がいて、抗争も描かれそうでそっちはどうでもいいんですけど、それにしてなんで今80年代のツッパリ? それ読んで育った少年が企画側にいるからなのかー。


映画「斉木楠雄のΨ難」 ☆☆☆

ちょーくだらなくて大満足w バカップル両親(田辺誠一&内田有紀)可愛かったし、ヒロイン橋本環奈の変顔にもお腹いっぱいです(^^)

生まれながらに超能力全開の主人公、斉木楠雄(山崎賢人)は、勤めて普通に暮らそうとしているのに、バカすぎて予知ができない級友や自信過剰ヒロインのおかげでトラブルの連続。平和な文化祭(の、間にフケて行く恒例の温泉一人旅)は守られるのか?
いやどーでもいいしw

終始真顔で淡々としか喋らせてもらえない山崎賢人。漫画の実写化というと駆り出され、もう代表キャラなんてあって無きが如しになってますがw 私の中ではこのピンクの髪と変な制御装置が一番似合ってました。 あと新井浩文のケツアゴ特殊メイクねw
エンディング、撮影現場写真では笑顔がみられてなんだかホッとしました。 

「FINAL CUT」1 ☆☆

パルクールしょぼいw

女手ひとつで亀梨くんを育てた母が、殺人犯ときめつけられた連日の報道に耐え切れず自死、したんですと。以来遺された主人公中村慶介(亀梨和也)は、取材関係者とニュースキャスターを恨み続けて早10余年。弁当屋、サラリーマン、芸術好きの青年、告発サイト管理人、警察官と七変化であちこちに潜り込んでは復讐のときを狙っているらしいのですが……。

正直、そんなこと言われても感。
可愛らしいお母さん(裕木奈江)にマスコミが群がって、可哀想ですけども。客観的にどんな事件でなにが疑われ、どれだけお母さんが本当に犯人な可能性があったのかなかったのか。そこをすっ飛ばして、当時高校生だった実子が
『違う、そんなはずがない』
だけ繰り返したってさ。いいお母さんだったから犯人じゃない論はダメでしょう。
もっとも、殺人を強調するあまり幼子の惨殺死体を映すような演出は望んでいないのですがね。遺体の発見現場、アリバイ、そのぐらいはマスコミ報道を通じてでも描けるでしょうに。

復讐もの、というと昨年末ドラマ「ブラックリベンジ」がインパクトあったのでつい比べてしまいます。
あれは夫を告発した記事が捏造、証拠写真も捏造と、悪事がわかりやすかった!今回恨まれているマスコミは、確かに先走ったけれど遺留品もあり、やりすぎただけで捏造まではしていませんよね。キャスター百々瀬(藤木直人)がスタッフにかける超プレッシャーのせいで、被害者より視聴者を大事にしてしまう感は否めませんが……。『印象操作』と非難するなら、こちらも前期のドラマ「監獄のお姫さま」の『爆笑ヨーグルト姫』級に、「逆ギレ園長」とあだ名つくぐらいの罵声映像を流され続けたぐらいのひどさじゃないとねえ。
あれ、このマスコミ慣れ自体が問題にされてますか?

笑ったのは、あんまり慶介がいろんな格好で神出鬼没なもので、終いには旦那が藤木直人を亀梨と間違えたことw まあ確かに似た系統のイケメンですけどw それと警察官は流石にコスプレ潜入でなく本業だったようです。それで姉妹に二股かけてデートして、弁当届けてカメラ仕掛けて盗撮映像を編集と大忙しって暇なのか警察は。
というか、身内に重要参考人だった人がいて警察官ってなれないのでは。万がいちそれまでノーマークでも、赴任当日から未解決事件のファイル広げて、書いてない情報まで披露して怪しい奴が他に、と力説されたら怪しさ満点ですw

慶介がそれぞれ別人として近づいている姉妹(栗山千明、橋本環奈)は、事件当時母に不利な証言をしたそうですが子供だったもんね。言わせた大人が裏にいるでしょう。
ドアの隙間に身体をねじ込む杉本哲太記者。独占取材断らず、受けて思い切り反論すればよかったのに。それとも後日受けたんでしょうか。心臓移植の密着取材が切り貼り編集でねじ曲げられたように、独占取材の切り貼りで益々ひどいことに? だとしたら後出しですねえ。
当時の捜査官、今は慶介の上司署長に佐々木蔵之介。彼は何かを知っているのか。
うーん、2話見ないかも。
やたら同じ回想場面(ドアの隙間の杉本哲太、バスタブを血に染めたお母さん)ばかり入れてる時間があったら、もっといろいろ描くか時間拡大しないか、出来たはずでもったいなかったですね。

「警視庁いきもの係」~最終回 ☆☆☆

スズメバチでテロ?宗教法人ギヤマンの鐘?

せっかくの親睦旅行先でも事件に巻き込まれ(ハリネズミ交換殺人未遂!)、管理官が撃たれハチに刺された石松が危篤。その全ては謎の組織が……って、そんな重い背景、だれも期待していないのに変な方向に……と思いきや、蜂使いは冤罪で勾留中に巣箱が全滅した養蜂家だったり、それをきっかけに「いきもの係」が設立されていたりと、案外いつもの感じから外れてもいませんでした。
(たい焼きの謎、たい焼きの謎とひっぱった結果が、実はアラサー部下のサプライズ誕生パーティを上司が計画していて…とナンジャそりゃだった前半よりは少なくとも狙いが分かるというかw)

毎回絡む犯罪はほぼ殺人で、元◯◯犯は更生後も逃亡中も生きづらい厳しい世界なのですが、マイペース薄とマイルドつっこみの須藤はあらゆる場面で 揺るぎなくボケ続けます。
例えば須藤さんのベルトを別件で使用となったら、勿論パンツ丸見えで〆。 スズメバチの罠もあり、殺されかけた場面なのにお約束は決して忘れませんよ。上司が映すスライドに、影絵のキツネを薄巡査がコーン、も好き。和むわ……。
ヨウムの回の
「このオウム…」「ヨウムです!」
「このヨウム…」「ヨウムです!」
はもう伝説w
冒頭のデータ解説ナレーションを、毎回違う誰かが担当するお遊びも楽しかったですよねー。

ラスト、初回で逮捕され愛猫をいきもの係に預けた蝶野が引き取りにやってきて大団円です。
捜査一課へ復帰の辞令が出た須藤さんでしたが、お断りして総務課に残留。薄を野放しにしないでくれてありがとうございます。でも興味ある動物が「人間!」と言いだした薄巡査、一歩成長? ボケ続けつつもちゃんと事件は解決するいいコンビでしたよね。
視聴率は今ひとつだったそうですが、保育園小学校の夏祭り運動会ではエンディングのダンス大人気だったんですよ。シーズン2は無理でもSPで復活とか、期待したいです。そして息子(いきこ!)さん登場して(^^)


「警視庁いきもの係」5 ☆☆☆

鉄アレイを高いところに片付けるバカは逮捕で。

4話はヤギ。
「ヤギは紙を食べる」
とみなが思い込んでることと事件がリンク。不幸な少年が救い出され冤罪も晴れて良かったです!

5話はリスザル。
またしても、専用の部屋でエアコンつけて細やかにお世話されているペット様w(流石にヤギは外飼いでしたけどw)
金も力もある親戚が、一族の恥ダメ男に世話した仕事が愛猿のお世話がかりで専用の部屋に専用のおもちゃ……もうリスザル様のおうちに世話係が間借りしてるのねw しかーしこのダメ世話係(鈴之助)、リスザル様さえ大事にしてれば安泰なのに世話から体良く逃げ出したい一心で
「そうだ!猿が人を殺したことにすればいいじゃん!」
ついでに二股も片付けちゃおうという(^^;;;;) まともに働けないクズがこういうことにだけ頭が働くって嫌だわ~。でも薄を第一発見者に利用しようと呼び込んだことで、墓穴を掘りましたね!
証拠になったイヤリングを、猿が餌のキウイに埋めてたといういう習性も興味深かったです(遺体食べたりされないで良かったこと…… ^^;;;;)


と、毎回事件もバラエティに富んで面白いのですが

「須藤さんは記憶喪失なんですよ?」

という4話終わりの薄のぶっちゃけもいいアクセントでしたねー。
元々親しかったみんながわからなかったことを、現相棒だけが気づいていた。薄のいつもの観察眼の前には、刑事須藤もただの動物というわけでw 「あの須藤さんが」等の先入観とっぱらったら、確かに異動以来ずっと変なこと言ってますからねえ。でも誰も辞めろとか言わずにスルーw

ただし「俺のことも忘れちゃってるんだ……」と密かに愚痴る若造。ほうほう秘密の深い仲だったのかね(違)


「警視庁いきもの係」2、3 ☆☆☆

自宅でペンギン飼えるんだ!そして蛇w

次々珍しい生き物と、それにまつわる特殊な事情を披露してくれて楽しんでます。
ペンギン、餌の魚を金属探知機で一匹ずつチェックとかね。挙句やはり殺人だった動機は、ペンギンの日照確保の為にマンション建設の邪魔をしたからw 億の商売頓挫の原因がペンギンじゃ、そりゃ怒るでしょうよ……でもペンギン殺さずに人殺すんだw
蛇は、飼い主自殺途中の事故だったけれど、発見者が通報せず遺体を捨てたせいで……紆余曲折の末殺人騒ぎに。だって、どうしてもボアが欲しかったから……。正規に買えないのは、ボア飼育の届けを出せない逃亡犯の身の上だったから!

てなことで、どちらも見事に「いきものがかり」が関与したおかげで、(捜査一課が)犯人逮捕です。
特に蛇の逃亡犯は、元々須藤が初動で関わった事件だったりしたのを時効寸前に逮捕。本来なら感慨深いのでしょうが……相変わらず記憶がまだらな須藤さんです。終盤はこの辺中心に、何か大きな陰謀が暴かれたりするのかな?別にそんな仕掛けなくだらだら楽しくても十分ですよ。
薄さんのコスプレ感は盤石ですw


「警視庁いきもの係」1 ☆☆☆☆

やだ面白い。アイドル主演のお手本になりそうです(上戸彩やあややにも、こんなよくできた役をさせてあげたかった!)

捜査一課のエースだった須藤(渡部篤郎)は、捜査中に被弾。リハビリに異動された総務部動植物管理係、通称「いきもの係」の閑職っぷりに呆然とするのですが、同僚の薄(うすき:橋本環奈)の果てしない生き物愛に振り回されるうち、なぜか様々な事件が解決してしまうのでした。

婦警の薄ちゃんは獣医学部卒、若いのに動物園水族館に勤務経験のある動物のプロ!必要とあらば亀でも犬でもなんでも保護して回っているのだそうで、可愛い娘が可愛い生き物に囲まれて嬉しそうで可愛い上に、婦警さんのコスプレまでって!天国か! 更には事件もどんどん解決って名探偵か!

土管に詰まった猫を保護すれば、それが凶悪たてこもり犯(蝶野w)の愛猫で自ら投降。
事件容疑者が意識不明、自宅のペットの世話を頼まれればなんと鳥100匹。
エアコンをつけないと可哀想!現場保存より、十姉妹ちゃんの快適!と騒ぐ薄婦警をなだめている間に、羽の落ちていない床/鳥かごを動かした形跡/妙にしっかりした防音と、いくつもの不審な点に須藤の刑事のカンが騒ぎ出します。薄が鳥マニア界事情や餌の仕入先にも目を向けた結果、不正な野鳥取引まで露見し殺人事件も見事解決なのでした。
須藤と薄、捜査一課といきもの係が変に対立せず、どんどん協力し合うところも見やすいです。ま、一課の係長(長谷川朝晴)は可愛い薄ちゃん贔屓ですしw 須藤も一課で尊敬されているわけですが、その須藤が実は、頭部に銃弾を受けた以前の記憶を無くしているのも、プライドをさておいて薄の推測を素直に聞ける要因なのかもしれません。

生き物に詳しい刑事といえば三上博史の「実験刑事トトリ」がありましたけれど、あれは変人っぷりが優先『人間も動物』と目して捜査にあたる感じでしたし。このドラマの方が動物登場が自然です。同じ鳥でも世話や餌、習性が違ったり、捕獲を禁じる法律があることなどなど各種ウンチクも、薄が動物が好きすぎる流れで可愛く聞けます。なんと次回はペンギンですよ、ペンギン!
元相棒に三浦翔平、お巡りさんに歌のお兄さん (横山だいすけ)、何気に浅野温子もいたりといろんな世代の女性にも嬉しい配役です。
 

エンディングは動物園でダンス(^^;;;)  皆がノリノリで踊る中、ずっと棒立ちの須藤がそのうち一緒に踊り出すのもお約束。オープニングの若冲「鳥獣花木図屏風」風タイル絵 もナイスでしたよ。主題歌もいきものがかりかと思ったら、そっかお休み中か、超特急でした


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ