ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

横浜流星

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」1 ☆☆

 動画も真実を伝えないことがある。
合成のない動画でも、作為を持って切り取られたり、何のために撮ったのかを隠されたら真逆の意味になる可能性すらあることを、啓蒙してくれるドラマかも。その先が私刑なのは問題あるんだけどなあ。

 悪を懲らしめ世間に晒す、ミスパンダ。
ビリーアイリッシュのヤバイ名曲「bad guy」(うちではこれが流れると脱力ヘドバン始めるお約束w)をBGMに大活躍です。
仕置き人なのか怪盗か。と思いきや、当のミスパンダは催眠状態で操られているだけなんです。それで宙返りしてトンボ切って、格闘!そりゃ清野菜名ならできても、普通は無理ですって。そんな万能な催眠だったら私もかけてもらって格闘してみたいわ。それか、記憶ない間に夕飯もアイロンがけもプロ並みに仕上がっててほしい(^^;;;;)

 てなわけで、自己評価が低い上に妄想癖があるヒロイン川田レン(清野菜名)は、棋士として対戦中も「あの子は不治の病で」と相手家族の境遇を妄想してはわざと負けてしまう困ったちゃん。とある事故以来のことだそうで、かかりつけの精神科医(山崎樹範)のところで学生霧島直樹(横浜流星)に「またパンケーキ屋行きましょう」と誘われても、自分なんかが行ったら売上げが下がると店の心配をする始末。
 しかし、TVではメンタリストNとして活躍するその霧島直樹こそが、パンケーキをキーにレンに催眠をかけて  ミスパンダ に仕立てている張本人だったのです!(パンダ状態のレンには「飼育員さん」と呼ばれているw) 

 レン本人には記憶がないものの、ミスパンダの活躍はマスコミを賑わせています。レイプ議員が襲いかかる現場を、アルタ前TVでライブ配信。お次は「私は醜い」と遺書動画を遺して自殺したOLの葬式に乱入。動画の続きを公表し、自殺ではあり得ないことを証明します。
 事件のネタは、法務大臣=ミスターノーコンプライアンス(佐藤二朗)からメンタリストに。すごいパイプ! しかし本当にすごいのは、その後の取材力ですよね。証人と接触、よその会社にミスパンダ連れて侵入して撮影、改ざん前の録画も入手して、被害者の本葬までに検証ビデオを編集。果てはミスパンダの白黒和服の手配まで…ってのは野暮としても。  レイプ議員の秘書を誘拐拘束や、おびき出した社長の移動、最後に犯人を竹林に吊るす等々の肉体労働もありますよ、それはパンダも催眠パワーで手伝ってる?
 抱きしめて頭を撫でると、催眠がとけて眠ってしまうミスパンダ=レンを背負って、自宅のベッドまで戻す作業もありましたw やっぱりメンタリストも大変。もう何人かスタッフがいないと、ミスパンダと飼育係の過労待った無しですw

 ああ自殺の件は、連日社長江本(和田正人)に容姿を貶され、セクハラパワハラに病んだ女子社員愛菜(安田マユミ)が整形までして「過去の自分と決別」宣言(動画がここまでだと、整形失敗で自殺した様になる)美しく生まれ変わって(整形後;山口真帆)退社し、今度こそ人生を謳歌するぞと社長に宣言。逆上した社長に殴られ、逃げる形で転落死したのが自殺と思われたのでした。居合わせた秘書(仁村紗和)も「整形の失敗に悩んでいた」と証言しましたし。
しかし追いかけ回して顔を何度も鈍器で殴って、流血。オフィス血痕だらけでしょうが。鑑識仕事して!

 メンタリストは、秘書の「怯えのサイン」で社長に脅されていると分かったそうですが、いつ接触したのか。潜入動画にフェイク凶器を(メンタリストが似たのを探して買ってきてw)仕込む時間を考えても速攻ですけど、社長が目を離さなくない? まあいいけどw

 過去の事故で家族が壊れ、自らも変わってしまったレイと。刑事だった父(田中圭)が殺された恨みを抱き続ける直樹と。似た者同士がタッグを組んで、最終的には直樹父の仇を討つのかな? その黒幕が世話になったミスターノーコンプライアンスだったりするんじゃないのw

 ところで、愛菜整形前の役者名を書こうと探したのですが山口真帆の記事ばかり。タイトルロールからの消去法で残ったのは紅里。でも紅里ちゃんはレンの子供時代を演じる子役ちゃんでした。姉妹の樹里ちゃんもレンの姉妹役で出演、家族写真の消されてた部分ですねえ。もっと細かいゲストリスト見つけての検索で、明らかに年齢が違う方は置いといて、浪江路子はレンの対局相手。 伊藤桃々?ギャルメイクの人なの?どこにいた? からの~安田マユミTwitterにやっとたどり着きました。特定下手すぎ(^^;;;;)  でも改めて、一本のドラマにたくさんの方が関わっていることを実感して楽しかったです。それに、あんな下衆セクハラが続く撮影も、役者さんは楽しかったそうでホッとしたりw 

 

「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」~11 ☆☆☆

終盤、なんとあの◯◯は××だった!がてんこ盛り。

ユーヤ(大東駿介)の父は生前、吉光全(片岡鶴太郎)のマネージャだった!
全の黒い交際を非難し、始末された父。金をもらった警官が覚せい剤を仕込むことも、自殺を強要したことも、隠れた押し入れで全て聞いてしまったユーヤ少年は、復讐を誓ったのだった!!(どのタイミングで押し入れから出たの……)
そこに重ねてなんと、その強い復讐の想いこそが、幼い辰屋が「刑事よろしく」に心酔するきっかけだった……ですと? クラスメートだったんですって。そういえば辰屋の特技は一度顔をみたら忘れないことでした、忘れてたw ここにつながる伏線だったんですねw

その他にも、あのバレバレだったどっきり仕掛けの経験が役に立ったり。犯罪告白を捏造されたインタビュー魔編集の経験も役にたったり。うざかった地下アイドルの粘着すらも、時間稼ぎの代役を頼むのに役にたったりと、いろいろいままで積み重ねてきたことの集大成で、復讐を狙うユーヤをちゃんと阻止して巨悪を逮捕!5人の絆にうっかり胸が熱くなりましたよー。

いやあいい最終回だったなあ。
え、違うの? まだ続くんだw 次回最終回が楽しみですw


「潜入捜査アイドル 刑事ダンス」1 ☆☆☆

大好物、バカドラマw

<刑事ダンス>と書いて<デカダンス>、<散・炎・時>と書いて<チェンジ>!
まさかの冒頭から渡辺いっけいが変な演歌熱唱ですw 曲も千本桜さながらに、小林幸子かという大物演歌歌手(渡辺いっけい)が歌う<散・炎・時>の画面が衝撃で、癖になります。
で、そのネット歌番組が脅迫されたための潜入捜査。てっきり捜査一課の落ちこぼれあたりが変装かと思うじゃないですか。ところがこの世界、警察組織に特殊芸能課が存在するんですw 全編解説しっぱなしのナレーション氏曰く『芸能人の犯罪は影響力が大きいから』だそうで、元子役(森永悠希)にネット民にバカにモテ男にと、若手刑事が 主人公だけでなくユニット組めるほどいるんですよ。
主人公辰屋すみれ(中村蒼)はダサい正義厨ね。知らないカップルの痴話喧嘩に口出して殴られ、忍者装束のダンサーが刀を取り出したと取り押さえて怒られる間抜けっぷりなのですが。一目見た顔は忘れない特技を持ち、その性格や感情を見抜く能力も人一倍……という設定(今のところセリフでの説明に頼りすぎかなー)で、 なんとか事件の黒幕をズバリ指摘。お手柄で1話終了です。

犯人確保のパフォーマンスダンス?が気にいられてデビューしちゃうのかな。ユニット名「デカダンス」は、誰かと問われ「刑事(デカ)だ!」と口走っちゃったのをごまかしての、とっさの命名なんですよw このバカバカしさ嫌いじゃないわー。中村蒼も「せいせいするほど愛してる」の関西弁男よりよっぽど活き活きとしてましたよね。
さてこれから芸能界の黒幕だの巨悪を暴いたり犯罪を摘発したりと大活躍するんでしょうか? 楽屋泥棒や寸借詐欺など小さな事件をこそっと解決の方が笑えそうかなあ。
芸人「バカよあなたは」ファラオがラップで登場したものお得感ありました。

「JKは雪女」最終回 ☆☆

どっこも最終回じゃない!

ついに犯る気になった志羽当主、狐火を呼び出しますが……昂めるために見る動画が「カッコイイ俺さま」って、どんだけ自分好きなのかw なのに咲雪に続き小雪まで自分より安藤と契りたいのだと知って憤りますが……。
死ね!いや死ぬ前にちょっと、女に好かれる策を伝授しろ、とかw また安藤も、自分と主人の違うところといえば「弱さ」でしょうかと、二人揃って間抜けで可愛いですw 

命令通り死にに行く安藤と、ねえねの元へ行く志羽。どっちを追うか迷った小雪、もう腹の呪いは赤く燃え始めているのに、愛に生きる方を選んで安藤を追いましたよー! 死んじゃうよー! ここで、いつも安藤のそばにいるシャーマン嬢は逆に咲雪を助ける方に。 

特撮バトルの撮影場所みたいな崖っぷちで、死にたい安藤、止める小雪、なぜか場所がわかったシャーマンと愛しい安藤のもとにまっしぐら咲雪、それを追ってきた当主と、ほぼ全員集合。さあ最終回らしい決着がどうにかつくのか? と思ったら全然終わらない、むしろ「聞いて」と語り始める咲雪で終わりって、じゃあ5話6話したらいいでしょうがw 
(普通に咲雪の冒険から描く選択肢もあったでしょうが、正直小雪のぴっちぴち感が好きで見てるので姉を探す小雪から描いた構成は正解だったかな)

ほったらかしのセレブ嬢はあやかしに乗っ取られピーンチ! で、シーズン2に続く?

「JKは雪女」2 ☆☆☆

なし崩しに料理対決w

男の心は胃袋で掴め!ってことで? 姉の情報のため? 誰が1番か決めたくて?
雪女vs狐火女の妖怪対決になぜかただの人間(ただし金持ちw)も参戦しての三つ巴ですが……お嬢様は代役でシェフが料理するのねw

「中華は火力よ!」
と皆の前でも堂々と狐火を操る朱音(池田エライザ)、お嬢にも「ただの人間のくせに!」って言い放ってますけど、この学園では妖怪公認ですか? そして堂々の裸エプロンだ〜!「履いてるけどね」ってw 「牡蠣とニンニクのスタミナ炒め」で精力増強、直球の下ネタですw

一方、家の手伝いなんてしてない小雪(平祐奈)は手も足も出ず。困っていると先生がこっそり教科書を見せてくれるんです、優しいw 完成した料理名は「39ページの野菜炒め!」可愛いじゃないか(><) しかし頑張るほど妖力がだだ漏れで、凍りついてガッチガチ~食べられたもんじゃなーい!

今週もテンション落ちないバカドラマ、楽しんでますw 他のドラマも始まってないしね。

ただし、ちょこちょこ日本語が変で気になるんですけど……
☆小雪が狐火に「それはこっちの言葉だ!」(「こっちの台詞だ」では)
☆お嬢が生徒会長に「私がばらまいて票を買ったからでしょ」(”金を”ばらまいて…と入れるか「私が票を買ったからでしょ」では)
まあJKの台詞なんだからむしろ間違っててリアルかぁ

同様に、志羽が安藤を全然大事に思ってないところもナルホドです。失うまで分からないよねえ

とりあえず小雪が可愛いです。あんな大人びた顔なのに、狐火と並ぶと結構小さいし、横から映すから凹凸の違いが目立ってナイスw 妹キャラが強調されますねえ。呪いのせいでナチュラルに腹見せなのもw うまい設定ですよねー
 

さて、対決の結果はともかくナニナニ繰り返す志羽のナニがアレになったのは咲雪のたった一言のせい……と、明らかになりましたよ! でも空から変な奴らが降ってきてそれどころじゃないよ!

音楽もメチャ盛り上がって来週に続く!

あ、ババ様が柴田理恵だったことにやっと気が付きました。メイク濃すぎw 


「JKは雪女」1 ☆☆☆

卓球台に乗っちゃダメww


いやあストレートおバカドラマで実に楽しかったです!

若い雪女が山から下りて、高校に通って子種採り。目的の志羽家当主龍之介(戸塚純貴)の×××は妖狐(池田エライザ)も狙っているそうで、火と氷の戦い始まってましたけど……いいのかなあ。行方不明の姉(玉城ティナ)を探し、24時間で戻らないと死ぬ呪いをかけられている状態で無駄な争い、セクシーポーズ対決なんてしてる場合じゃないでしょw ホラ、咲雪ねえねが苦しんでるよ!


龍之介の制服シャツ生地がすけすけに薄いのは何アピールなんでしょうw そして股間抑えてた様子からは、どうも若いのにアレがアレレなのねー。雪女のせいだとか言ってますけど…? 先祖代々お供の安藤くん(横浜流星)はどんな働きをしてくれるんでしょう。


堂々と日焼け、愛読書はファッション雑誌と、およそ雪女らしくないヒロイン小雪ちゃん(平祐奈)が堂々としてて魅力的。この先どうしょーもなく盛り上げてくれるのかw どうでもいいセリフをかき消す勢いのBGMと共に、気軽に楽しめそうです!

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ