ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

横山めぐみ

「マッサージ探偵ジョー」1 ☆☆☆

おバカドラマ大好物w 

新米&コミュ障ながら腕は確かな出張マッサージ師ジョー(中丸雄一)、豪邸に派遣されるも奥さま(横山めぐみ)をマッサージ中とおぼしき時刻に邸内で当主が死亡。殺したろ愛人なんだろと疑われてしまったジョーは我が身の潔白を示すため、なんと容疑者全員を並べて寝かせてマッサージをするのですw

いやー、美しい奥様がつるんと全裸になるとは、最近おとなしくなっちゃってた深夜ドラマの面目躍如か手(なんのだ)  前のカバンでうまく身体が隠れw そのカバンが動いたと思ったら今度は花瓶で隠れw 笑ったわ〜。
 

なのに真面目にマッサージだけしたジョーは、奥さまが筋を痛めていて鈍器を振り上げて殴るような動作は出来ないと知っていたのでした。同様にマッサージから格闘技経験者と判明した容疑者がいてw しかも筋肉の張りから殺人キックを該当時刻にかましたはず!と断定!
うわー予想外にちゃんと捜査&推理してます! 
胃の切除手術もツボから分かるって、ホンマかいな~。そして筋肉の張りなんて消えてしまうものは証拠になり得るのかどうかですが、観念した犯人が自白したから無問題!
おばかドラマの推理としては整合性もあり上等な部類ですよね。これがオリジナルドラマってびっくりです。 刑事コンビ、マネー(小澤征悦)とタイガー(和田正人)がダメダメなのもお約束。

今回はまず自分を守るための調査と推理でしたから、次回からは能力を見込まれて、捜査協力をすることになるのかな?それでコミュ障は改善されるのか? そしたらジョーの補佐で付き添ってる同僚小娘(小芝風花)の出番がなくなっちゃいますねえ。

冒頭の、古今東西変人探偵でコナンや金田一少年やら月9ドラマ探偵「ガリレオ」「鍵のかかった部屋」に「掟上今日子」等々がコスプレで紹介される流れも楽しく、エンディングのツボダンスも更にナイスw このドラマの為ならなんでもやる勢いの、中丸くんの気合が半端ないですね。
そして賠償美津子さん演じるエコ婆店長が……インパルス板倉の女装に見えてしまうんですが……w

「ギルティ」最終回☆☆

「でもどうしても言えなかったの!」何故??

最後の最後で出てきた三沢父の私生児。
復讐のために息子に近付き、問題を起こせとたきつけたそうで、冤罪で芽依子が捕まっていたんじゃ、可哀想なだけじゃなく目的も達成されてません。サクっと真犯人を通報できなかった理由は??実は息子くんを愛しちゃったの、とか??(ムショ返りの芽依子に、必死に優しかった理由だけは分かったけどさー)
ドラマ的には、良くある最後の(余計なw)ひとひねり。恩人が全ての元凶だったと知り芽衣子の絶望は深まりますが……だから、匿名の通報ぐらいできなかった理由はなんなのよー。
ついでに言うと、三沢父の変死が自殺と断定されたのも何故なのよー。

でもまあ、そんな細かいことや、学校の休日警備がザルで部活動も禁止なのかって無人状態を気にせず、頭空っぽにして受け入れれば、いろいろ盛り上がりの多い最終回でした。
落とし穴大成功、母との和解までできてラッキー!(手錠を外すから逃げられるんだよ、真島くん……)

虫の息で絞り出す「ア イ シ テ ル」に主題歌がかぶる演出は狙ってましたね??
♪愛してる~って言うアナタの言葉はサヨナラよりも哀しい♪
まさかの真島視点!!女声に騙されました。
そして口づけ。
毒物を含んだ口に!! 
重なって動かない2人のシルエットは、もしかして真島も死んだかもしれないし。堂島記者の遺稿は発表されたかどうか定かでなく。

全てが虚しい、含みのあるラストは美しかったです。
本当は、芽衣子に
「生きて償え!」
というのなら、三沢息子も助けて、恥辱にまみれた残りの人生をきちんと生きて、償え!と、並べて叱りとばしてやって欲しかったのですが。様式美ではこうなるのかなー。 

人気ブログランキングへ

「ギルティ」〜6☆☆

野上芽衣子とあいつがつながっていた!!

……そりゃそうだ。小娘1人でできる情報収集じゃありません。でも情報を与える側にどんな利益があるのやらと思っていたらなるほど、復讐の日時場所がわかるならバッチリ写真が撮れるのね!鬼畜だわ(また、唐沢さんが相変わらず嬉しそうで嬉しそうで、出て来るだけで笑っちゃいますって)

そして野上の冤罪に関わる人々。何でまた、これだけの人々が寄ってたかって小娘に罪を着せたかったのか?それが明らかになったとき、果たして納得がいくのか?ハラハラです。

真島が刑事だったと、ついにばれましたが。自らの服役を明かし、
「驚かないのね」
ともう知られていたことを確認する芽衣子。しらを切り続ける彼に静かに逆ギレする怪演は流石菅野美穂でした(笑)あれもこれも捜査のためかと思うと、惚れそうになっていた分腹が立つのはわかりますが。そうじゃないのよー。
さて、真島の誠意は通じるのか?

人気ブログランキングへ

「ギルティ」1☆☆

復讐譚。嫌な話。
 

執拗な嫌がらせで相手を追い詰める菅野美穂がヒロインです。乳飲み子の孫や妊婦の妻を人質に、これを守りたかったらお前が死ね、と。
どうやら彼女の過去、冤罪で服役したことに関わった男たちの様ですが……事情も分からず、のっけから死なれても&殺されてもすっきりしません。「死に値する」と彼女が断罪する度に『えー?』と思ってしまう。『眼には眼を、歯には歯を』と説くハンムラビ法典、あれってそれ以上のことはしてはいけないという戒めの面もあるそうじゃないですか。ヒロインも命を取られたわけじゃないのであって、もう一歩手前でどうにかならないのかと。

しかも犬は可愛がっていて、実は悪い人間じゃないんだよ、アピールがちょっといやです。「心がない」と宣伝しているなら、小動物ぐらい蹴り殺してみろ!←苦情が殺到するでしょうねえ(^^;;;;)

で、たまたま知り合った玉木宏刑事が、これまた無理な連想で彼女の過去を知る。彼自身も辛い過去があり……云々。

2人で真犯人捜しでもするのでしょうか。

ヒロインの犯行を疑いもしなかった母は痴呆、不仲とされた姉(誤解の匂いがする)は事件後自殺、無実を証明して謝らせる相手も、無実を喜んでくれる人もいなくてどうするんでしょう。

小者記者の役を唐沢さんが嬉々として熱演。

人気ブログランキングへ
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ