ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

森本レオ

「サムライ先生」1 ☆☆

錦戸くん主演なのに……つまらなくはないけど……楽しめてませんorz  

幕末から、現代にタイムスリップしちゃった武市半平太(錦戸亮) 
ちょんまげ死装束のサムライに田舎町は大騒ぎ。第一接近遭遇カップルも、騒ぎに駆けつけたお役所の人もみんな最後に拾ってくれた家に住む人で、帰宅して勢揃いびっくりーなのはドラマ的お約束。連続殺人犯もこの村に逃れ、たまたま半平太と会って殺気を滲ませるのも、まあいいでしょう。うんうん。でもなんだろう、ワクワクしませんよ。
なんで村?
銀座でもアキバでもいいのに。
ってか県はどこ?切腹した同じ場所で時代移動なら史跡でもないのかしらん。そしてただ江戸と平成のギャップに笑うなら、市井の誰かで十分なはず。それを著名人にした意味は、おいおい分かるんでしょうか。

ちょんまげ結って裃のサムライ……w まあキチガイ扱い、良くてコスプレの幕末オタク扱いが通常ですよね。なのに「武市半平太です」と名乗ってあっさり「そうでしたか」と信じる人がいたことの方がひっかかります。おじいちゃん(森本レオ)は何か知っているのか、ただのいい人なのか。年表を広げて、あなたはこの時代から来たんですよーと説明されるより、誰だか知らないけどうちにいていいよ、の方がまだ腑に落ちるというか。
そしてその娘は、徹底懐疑派。なら半平太を問い詰めてみてくださいよ。そして論破されて「本物かも……」なお約束を期待。途中の幕末説明だけでもウザいので、半平太wiki羅列は視聴者置いてきぼりの可能性もありますが、そこをうまく処理するのが演出の見せ所ってものでしょう。 

気軽に楽しめた「民王」のようにまた、幕末と現代の違いを一緒に驚いて楽しみたいのに、なんか中途半端です。さらには神木隆之介が、なんなの、タイムスリップの先輩なの? 
予告では神木くんが「るろうに剣心」仕込みの剣術を披露している模様。そこは見たいんだけどなー。

「クロコーチ」~最終回 ☆☆☆

「せいか~い!」

と、いつもの台詞で締めくくられてきれいなラストでした。警察内部は腐ってるけどね!


結局、3億円事件は警察によって隠蔽されて消えた3億円は警察を守る為に使われているのでした。
証拠があっても証言があっても、バカ正直に報告すれば解決するというものではないとついに学んだ清家ちゃん。そっか、カノジョの成長物語だったのかあ、いやいやいやw

第1回から何人死んだ事か。数えたら怖い事になりそうです。


若い頃の黒河内、清家ちゃんと同じ様に純真だった頃の黒河内でスピンオフとか見てみたかった作品でしたw


「プロポーズ大作戦」ラスト前☆☆☆

「別れていた今までの人生より、一緒に生きていくこれからが大切」

 くー、いいこと言うじゃないですか、多田さん(><)
だから、あの時泣いていた理由なんか聞かないってキッパリ。漢だねー。その後も、振られた話なんかして笑いに持っていって完璧!なのですが……。
まさか、その完璧さ故にちょっと物足りなかったりするのでしょうか??
もっと縛って欲しかったり、もっとみっともなく足掻いて欲しかったり?? ……って、そんなことまだ全然描写されていなくてただただ笑顔の婚約者、礼ちゃんなのですが。最終回に向けてビクビクしながら見ています(^^;;;)

 礼も礼で回りくどいんだよね。
「一度も聞かないんだね」とか行ってないで、普通に
『あの日健ゾーに告白しようと思って出来なかった』
って言えば終わりじゃない。
(3年も前のこと、下手したら泣いてたことも覚えて無いぞ)
その辺、繰り返されている
「何も分かってない」と同じだわー(^^;;)

 披露宴のサプライズ映像を撮りに行った礼の実家。
基本まだ反対だというお父さんの談話が良かった。ツルじゃないけどちょっと涙腺にきます。森本レオさんなのが、ズルイっ(笑)
自分たちの結婚の時にも同じように反対された話などなど、親御さんの礼を思う気持ちに
『結婚って、親や家族も巻き込むことなんだな』
と、ただ恋愛するのとは違う大変さを実感する健ゾー。
そうだよっ。
まぁ、小学生時代から出入りしていて、通常の交際で問題な『実家にご挨拶』はクリアしているから。タイムスリップで過去がもし変わって自分が花婿でも、知らない義父母とぎくしゃくするってことはないわけだけどね。
それどころか、礼のけがの責任をとって嫁にもらうと、5年生でプロポーズしていたことも今更ながらに発覚!! 健ゾーも昔は漢だったんじゃない。どうして今はこう…(><)

 ともあれ、多田先生が何か賞を受賞した大きなパーティーで、婚約者としてたくさんの人にご挨拶している礼。ただ告白する→つき合うのと、結婚することは違うんだと実感した健ゾー。
これで、披露宴会場から花嫁強奪をするような軽はずみなことをする芽はもう、ないねー…と、まだまだ思えないよー(><)
 先週渡せなかった給料一ヶ月分の指輪は、まわりまわってハンバーガーショップのインテリアにくっついて来たし。受賞会場から礼をひっぱって飛び出したし!

 来週いったいどうなっちゃうんでしょう。ていうか、どうするつもりなんでしょう。(><)
予告で、多田さんが言い出した「賭け」の正体は??

 ツルとエリのラブラブ度増進だけが心の安らぎです。
でも、大学まで出たのに2人ともフリーターなのをどうにかしてあげたい。(←余計なお世話??だって今のままじゃ結婚できないじゃん。)

「PS羅生門」〜9 ☆☆

 異動だ有給休暇だ上司だ部下だって、毎回描かれるのは組織人・会社人の悲哀。舞台が警察なのは、それをオブラートにくるむための方便って感じ?
 そう考えると警察ってところは、毎回違う事件=悲劇が集まってくる格好の場所でもありまして。手を変え品を変えての人情話で、すみません食傷気味です。

 ちょっと前の『銀行に騙された社長さん』の6話では、生かさず殺さず搾り取った銀行よりも、倒産を決して許さず給料不払いでもいなくならない社員の方が、よりいっそう社長(前田吟)を追いつめた気がしてなりません。
 警察に連行される社長に
「俺達待ってます!!」
それ重荷に受け止めると、ちょっとホラーかも?

 なのに何故見てるって、ツレが大好きだからです。

 毎週喜々として見ては必ず
「ドラマはこうじゃなきゃ」
「『相棒』より断然これだよ」
まぁいいたいことは分かります。謎解きに興味ない常識人としては、職場の人間関係問題を放棄したあの人たちの言動にはまったくついていかれないことでしょう。

 でもこの話だって、部長経営のおでん屋台だの、舘ひろし(「かっこよく産まれたのは俺のせいじゃない」笑)ありえない要素てんこ盛りなんだけど。人情で許せちゃうんだろうなぁ〜。

 未亡人ヒロインの心をつかむのは義弟か舘ひろしか??
これもシリーズ化しそうですね。

「PS羅生門」1 ☆☆

 魑魅魍魎、吹き溜まりの警察署。
・・・って!! 官庁のくせに胡乱すぎるよ(^^;;;)

 伊東四朗に森本レオに舘ひろし。
これでもかっちゅー濃いメンツに囲まれた木村佳乃ちゃんが文字通り掃き溜めに鶴で、未亡人で、義理の弟に影ながら慕われちゃったりして、凄いことになってます。
 でも事件は人情派。

 青年による放火(実家も)だなんてタイムリー過ぎましたが、全体の設定があまりに胡散臭いのでかえってファンタジーに近くなっていたかと。
 まだまだ人物紹介が出揃ってない感じですので、2話も様子見。

 バイクより足が速いとか、それぞれスゴイ特技があるらしいのでどう事件にからんでくれるのかも楽しみです。

「女系家族」5 ☆☆☆

 もー、無茶しちゃ母体に障るじゃないですかっ

 どうでもいい催しを成功させようと頑張る文乃。
和服で駆けるのもたいがいですが、エレベータを待てずに階段駆け上がったあげくに救急車呼んでちゃかえって迷惑ですよ。
 何故か居合わせちゃう高橋克典師匠は、まるでお腹の子の父親の如くエコー映像まで一緒に見ちゃってます。おいおい。

 そうとも知らず、相続する山林を検分旅行に師匠と行こうと浮かれる藤代姐さん。
・・・でもその山はもう、木は売り払って丸坊主。なんだ宇一さん、掛け軸以外にもチョロまかしてますね??

 先週見逃したわりに、なにも話が動いていない感じ。まさか最終回で生まれて終わり、それまで宇一の悪事も露見せずだったりしませんよね??

 末っ子雛ちゃんのお見合いがいい感じでした。
男系家族六男坊、六郎くんとの会話だけじゃなく。高層ビルがどーんどーんと建ち並ぶ手前にひらける日本庭園の異空間ぶり。現代に残る名家をまさに象徴してましたよね??

「女系家族」3 ☆☆☆

 レディスクリニックに押し掛ける着物の一群。
まさか、千寿が不妊治療受けているクリニックなんでしょうか。

 とにかく、赤ちゃんの無事は確認できましたが母体が出産にリスクのある体質と判明(・・・って、何を検査すると分かるんでしょうあんな事??) 妊娠中毒症、たしかに軽く考えちゃいけないでしょうが、なりやすいからって中絶したりする病気とも思えませんが??
 終盤、そのことをネタに揺さぶる揺さぶる!終いには
「堕ろしなさい」とにっこり。
げに恐ろしきは女の闘い・・・・・!!

 その恐ろしい藤代姐さんと手を組んでいるのが高橋克典、踊りの梅村流の家元さん。
1話の段階ではイマイチ面白意味がなく、いっそ次女の婿養子沢村一樹と逆でもいいのに?と思っていたのですが今回出番が増えて裏も見えてきました♪
 藤代さんを色仕掛けでたぶらかした上に、不動産を巻き上げようってか?
 米倉にも急接近!(もう家にもあがりこんだそうですよっ)
危険な男の香り漂って、こちらも楽しくなってきました♪ふふふ。

 相続を巡っての身内の争いは見込んだ通りの荒れ模様で、お腹いっぱいです。

 他が凄すぎて、暴言も甘言も言われるがままのヒロインは役名も印象に残ってない程(浜田さん?)。早く反撃に転じて胸の空くような啖呵を切って欲しいです。
 ああでも、赤ちゃんはどうか無事にね。

「女系家族」1 ☆☆☆

 BGMがうるさい。こみいった話してるのに聞き取れないじゃない!

・・・と憤るほど引き込まれてる第一話でした。

 初回2時間の長さが面倒で後回しだったのですが、ナルホド。最後に一言
「お父様の子供をみごもっております」
と、初回に言わせるための2時間だったんですね(納得はしたけど。もう少しで見ずにリタイアするところでしたよっ)

 旧家の3姉妹、出戻り総領娘(高島礼子)・次女(瀬戸朝香)・パパッ子末娘(香椎由宇)に加えて、亡くなった婿養子パパが森本レオだったというキャスティングが絶妙。
 ああ、奥さんに何もいえなそう。
 娘達(特に長女)にも何も言えなそう。
かといって不倫相手の米倉涼子には、本当に好きだったと言わせてしまう相手。なかなか居るモンじゃありませんよね。

 盛大な葬式を取り仕切って、イキイキとしている長女:藤代。
婿養子を次期社長にしたい次女:千鶴とはソリが合わずに派手な口喧嘩しているくせに、泥棒猫:米倉に向かうときには
「それはそれ、これはこれ」
と、一致団結ですから(笑)
末娘じゃなくたって呆れます。

本家に呼ばれた米倉相手に、罵詈雑言。
「表裏がある人間は最低」って千鶴さん・・・・正直に暴言吐くのはいいんですか?(^^;;;)

叔母だとかいう浅田美代子を加えての舌戦もさることながら、それぞれの気性を映した着物の柄行や、古い日本家屋内の各部屋のインテリアの違い、そんなところも見応えありました。

異空間だった「大奥」でも「汚れた舌」でもない、身近な(?)険悪感とお家騒動にちょっとワクワクです。

一番気になるのは、先々代から信頼あついという手代(?)の宇市。
取引先と癒着、遺産相続がないのも不満。
演じる藤田まこと・・・もとい橋爪功が枯れてなくて、米倉涼子も家に上げろと言われてちょっと躊躇。何かされそうだもん(^^;;;) 
2話のあらすじを見ると、早速託された巻物をちょろまかしてますよ!

 最後は商売も傾いてしまうのでしょうか。
とりあえず、赤ちゃんは無事に産まれて欲しいです。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ