ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

森川葵

「このマンガがすごい!」3 ☆☆

森川葵の回。
それこそ「監獄学園」「プリンセスメゾン」と原作モノで次々違う顔をみせてきてくれた彼女が、演じてみたい役とは……
「NHKにようこそ」
他局じゃないですよ、日本ひきこもり協会 ですからw うーんタイトルしか知らない。

めちゃインドア派だという森川葵、主人公でひきこもりの佐藤くんに共感。でも真逆の存在である岬を演じることにチャレンジしてみたいのだとか。そのアプローチにと、原作者を訪ねちゃうふたり。
何故かベッドに座るスキンヘッドの原作者さん(主人公の部屋を訪れるコンセプトの応接間?)から、ひきこもりも発信したい、という創作の発端を拝聴し、好きにアレンジしちゃっていいよとお墨付きももらって。そのインタビューを見守る秘書?いやいや恋人さんとも、自己改造声かけ運動で知り合ったそうなのですが……。
途中で襟を直すのに「ダサイ」と口にしてみたり、今日の発言の出来を評するご様子など、どうも先生より彼女の立場が上で。まるで作中の佐藤くんと岬さんではないのかとw 外に出していいんですか、これ。

そして公園。
原作者に会ったことで逆に不安を深める森川葵に、なんと「大丈夫」と声をかけたのはマネージャw 作品も見てきた、現場の彼女も見てる、だからきっと大丈夫、できる。ですってよ。
それを見ていた蒼井優、一人でもそう言い切る人がいてくれたら救われる、それを待っているときがある、と感慨にふけるのです。更にアドバイス、最終オファーを受けるかの決め手は
『他の人が演って悔しいかどうか』
ですと。なるほど。
出来上がった実写化(?)は、ふーんこういう話なんだぁ、と。原作に思い入れないとそんなものですよね。作品ファンの感想ってどうなんでしょう。

原作者の創作物である岬が、どんなに違ったキャラに見えても結局は原作者の中にあってひっぱり出されてきたように。演じる種が役者にもきっとある。そして一度演じれば残り続けていくのかも。
『今までやってきた役が自分を救ってくれるときがある』
どなたか、女優さんが語ってた言葉だそうですよ。いろんな人生を生きる職業ならではですよね、深い。

今週の蒼井優情報。小説を読むときにキャスティングをして読むのが好きw ←具体例を聞きたいものです。


「文学処女」5 ☆☆

こんなドラマあったんだ、LINE漫画のドラマ化ですか。なるほど。

ヒロイン月白(森川葵)は出版社勤務。文学誌の編集ながら奥手の文学少女(=文学処女?)で、担当のイケメン作家朔(城田優)が好きになっちゃう。いやー少女漫画ですねえ。
でもさすがに仕事のつきあいですし。朔への想いを抑えてるつもりの月白をからかう様に
デートしよう
と、連れ出す朔先生。月白が行きたい場所がどこもそこも文学にちなんだ場所で、一番近いのが墓場だったりするのですがw とりあえず入った映画の最中にも隣に座る朔の手や睫毛にぽ~っとみとれる始末。まあ城田優なら仕方ないな!

そのうち鉢合わせしたJK作家&同僚千広(中尾暢樹) とダブルデートになっちゃいまして。JKに背中を押され、自分の気持ちに素直になる!と意気込んだ月白なのに、ちょうどそこで『このデートは、恋を諦めさせるため』と、朔が心にもないことを語るのを聞いてしまいましてね。傷心の早退を追いかけてきた千広に抱きしめられ……てるところを、朔も追いかけてきて3すくみw
広場のど真ん中で抱きしめますかーw

『私なんて』が口癖の地味ヒロインがもてもてですよ、いいなあ。このまま千広の愛を受け入れるのか、何やらトラウマを抱えた朔を癒して愛されるのか?CM多めの30分、飽きずに見られました。画面がきれい。

ただ、月白の自虐を一笑に付したJKは千広が好きなんでしょう?月白が朔への想いを認めてアプローチするなら好都合でしょうに、『敵に塩を贈ってしまった』とは? うじうじ月白が前向きになって魅力が増したら、千広がますます好きになっちゃうっていう遠回しな心配でしょうか。いいけど。


「GIVER 復讐の贈与者」1 ☆

深夜番組なのに、やたらウルサい。

老若男女が集うイベントホールのビルに、いくつも爆弾を仕掛け、銃をぶっ放し、ずれた説教を始める若造(吉村界人) 何もかも誰かのせいなんだとさ。
今日もその原因のひとつ、高校時代の同級生とやらをインスタを通じ呼び出した上での犯行。名乗り出たその同級生はおとなしく思い出エピソードの再現につきあっていたけれど途中から様子が変わり
「……だそうです」
犯人の粘着に耐えかねた同級生が、復讐代行業者を雇ったのだとか。淡々と、殺すだなんだ口にする彼(吉沢亮)は、感情がどこかに置き去りな様子。出来れば大事故になる前に止めてくれ、という依頼に従って、事前に申し訳程度に
「止めましょうよ」
と、言ってましたね確かにw 
激昂した犯人が残りの爆弾を起動。あの状況でどっちも生きてるって凄すぎw 一体いくら払えば、この高性能刺客を雇えるのか。そして依頼遂行の一部始終はどこか本部から森川葵らに監視されていますよー。

次回予告のみならず、この先の依頼あれこれを初回終わりで見せていくスタイル。
死体入りスーツケースを引いて歩く男女とか。プールで溺死した親友はきっと殺された、と復讐を依頼する女子とか。警察ができない調査で犯人が判明したら、捕獲/拷問/殺害/遺体の始末。段階ごとにお値段違うそうで、ちゃんと遺体の始末までするフルセットがお得……と言われてもw 依頼するターゲットが思いつかないぞw あ、自分がターゲットな場合もある様ですね。さてはて。

予告のインパクトで、爆破男がどうなったのか忘れたわw 銃撃中の意味ないパンチラ、サービスなんでしょうか。笑ってしまいましたよ。

「やれたかも委員会」~最終回 ☆☆

え、『確認』てそうなる? ジーパン越しに手のひらも、体勢としても無理がありすぎる。するのなら、こう……。

最後は珍しく女性の相談。そして関西。
近所が映ったり、デート先が太陽の塔だったりして嬉しくなっちゃいました。そして福田麻由子が育ったらMEGUMIに! これが案外違和感なくて驚きました。田中麗奈以外の育成先もあるんだ!

てなわけで、勤務先で顔見知りになったヒロイン(福田麻由子)と彼(小関裕太)
昼ごはんでも一緒に……と声をかけられるまで知らなかった、エレベータで会う程度の人。いやこれ、同僚と昼に行くのと違うし。入籍間近の恋人がいる身で、昼ごはんぐらいならいいか、は罪作りな。案の定、親しさを増したころ
「つきあってる人とか、いるの?」
に、もうすぐ入籍~☆と返して、逆上した彼に「奪いたい!」と抱きつかれたりしておりましたが。そこまでされながら尚『友達として、デート』を受け入れるヒロイン。あ、悪女……。

そしてデート終わりに抱きしめられて。
彼の気持ち(←婉曲表現w)を「確認」したかったというヒロインに閉口する男性陣。そんな反応を描くのも初めてならば、判定はそれこそ初の「やれた」満場一致! そして判定後の問題提起は、すべての可能性に言及する『平行世界』の説明となって、ホワイトボードは可能性の枝分かれで埋め尽くされていくのですが……。そうなのかな。

太陽の塔の足元が、緑に覆われて見えない。すべて知らないほうがいいのかも……。

という観覧車でのやりとりから思うのは、すべて知ってしまったらもう憧れの人じゃなくなる可能性。実際、婚約者との結婚生活は2児をもうけて破綻、離婚しているじゃありませんか。
あの時そのまま誘っていたら、婚約者がいるのに流された女として、醒められていた可能性のほうを考えてしまいます。

なんにせよ、バリエーションをつけようとしたのでしょうが女性エピドードになったとて拭えない男性視点。違和感ばりばりな回でした。


中尾明慶の回では、ずーっと友達付き合いしてた森川葵との「やれたかも」に、とある晩の一言だけを気にする彼に「NO」をつきつけたじゃないですか。問題はその夜その一言への返答だけじゃなく。もっと何年にも渡ってずっと待っていたかもしれなかったのに見逃し続けて失ったんだよ、と。あれは実にしっくりきました。そして中尾くんは泣いたのに。

次の週にはもう、行きずりのカラオケ女とやれたはずと。以後ずーーーーーっと彼女を探し続けているホラーにw
アパートの郵便受けに彼女の名字を探し、商店街で似た後ろ姿を追いかける。ガクブル。そ、それで、本人とミラクルに巡り会えたとしても覚えてなさそうだし、同じテンションでキスなんかしてくるわけないし。むしろその意味のなさこそ正統派な『やれたかも』事案なのかもしれませんが、ドン引きですよ……。

時折キュンといい場面があるのですが、半分近くは意味不明。シリーズを通じてずっと、男と女はこんなにも互いにわけがわからない、と描いていたのかもしれません。

「明日の君がもっと好き」1 ☆☆

かわいいタイトルに反して病んだ人ばっかりorz

ヒロイン茜(伊藤歩)34才、美人秘書。モテモテですが相手に恵まれていません。
猛アタックの部下城崎(白洲迅)は年下すぎて無視ですが、実はこいつ虐待母と茜を重ねている危険な男。
何年か前には、10才下の妹、梓(志田未来)が茜の恋人を略奪婚。でも今の彼氏はプロポーズ目前、と思っていたら妻子持ちで騙されていたと発覚。
泣きながらタクシーに乗った茜、
「どこでもいいから、人のいないところ」
って自分に酔いすぎで不用心ですけどね。まさか運ちゃんが、それを誘われたと思うなんてね。好きモノ扱いをされ、抗議すれば脅されて。茜自身はいたって普通の、しっかりしたお嬢さんに見えるのに変な奴ばかり寄ってきますよね。


それにしてもタクシーって、運転手の顔写真と名前掲示されてるんだから、脅されたならそれ記録して通報でしょ。なのに通りすがりのバイクに助けを求めて、ニケツで逃走?警察呼ぼうよ!今度はそのバイクが悪人だったらどうするのorz
やっぱり茜にも何か問題が……。

しかしめちゃ世間が狭いことにバイクの主、亮(市原隼人)は茜の勤務ビル出入りの植木屋さん。カメラ趣味をエロ盗撮と勘違いで揉めつつも、職場ですぐ再会、誤解は解けました。大恩人ですし、出会いは最悪からの逆転パターンで恋愛ありえるかも。茜の明日もやっと輝くのかも。
更にその亮と兄妹同然に育った香(森川葵)と、茜の妹梓とは、ガールズバーのホステスと客として顔見知り。梓ったら、略奪までした旦那とは既に冷えきって愚痴ってるんですよ。香の父(柳葉敏郎)は、亮と香が結婚したらいいと夢を描いてますが、実は恋愛対象が女性なのかもしれない香。え、まさか香と梓でカップルな可能性も?

そこに茜を訪ねてくるタクシー運転手!
料金未払いで揉めてる場合じゃないですよ、脅されたのに!車内を撮影してるレコーダーだってあるんだから警察呼びましょうってば。
追い払ってくれた城崎が、少し頼もしく見えてしまったかもしれませんが……そいつは街で熟女ひっかけては、拷問まがいの仕置で亡き虐待母への憂さを晴らす異常者ですからね。逃げてー! 
あ、でも「男と女」の出会いだけでなく「女と女」「男と男」の出会いもほのめかしていたナレーション。救いない異常者にみえた城崎ですが、そんな彼を救えるのはやはり寂しいタクシー運転手(小松和重)なのかも。かもかも。

茜の祖父(品川徹)を自宅介護する祖母(三田佳子)も。
往年の浮気三昧を、動けない夫の顔に熱いものこぼしたりする地味な仕返しで溜飲下げてるようですが、報われなさすぎでしょう。愛されてたとわかるなり、新しい恋に羽ばたくなり、やっぱりなにか明るい明日が見えてほしいものです。

「先に生まれただけの僕」4 ☆☆☆

体育の先生がいない……!!

学園モノといえばつきものの、ジャージかランニングの呑気な兄貴が!そういえば京明館高校には居ませんよ。竹刀持った強面や笛下げた短髪ジャージ女史も。部活は野球や弓道の描写があるのに、体育ないんだ……。それともオール非常勤講師なのかw とにかく、体育教員である旦那が気づいて騒いでおります。

アクティヴラーニングの輪は順調に広がり、1年2年には大好評。混乱させないようにと従来通りの3年生は、見捨てられたと拗ねまくります。どんだけ授業好きなんですかw
仕方なく3年だけ集めて、これからの心得を指導する鳴海校長。
曰く、就職組には<理不尽な奴は山ほどいる、スルーも大事だけど嫌なら辞めていいんだよ>
専門学校組には<即戦力じゃない>うわー身も蓋もないw 
大学組には<君達が行く程度の学校はブランド力ないから、各自頑張れ> 更に身も蓋もないww

大人としては、常識も常識なことばかり。でもね、高3生が相手と思えば、誰もまとめては言ってくれなかったことかも。
「この勉強が何の役に立つんですか」
なんて言ってる奴、大学ではもっと狭い役に立たないことを沢山教えられるんですよ、だってそれが大学だもん。それでも、自分を磨いて人とのつながりを大事にすれば、仕事とめぐり合う……のかもしれない、のね。

『黒字にしろとは言ったが、改革しろとは言っていない』
と、鳴海の試みを全否定し罵倒する商社の上司(高嶋政伸) 社会に出ればいる、と生徒に語った理不尽の象徴な様な上司が、講話の途中に現れてまた不機嫌に去っていき……(何がしたかったんだい)これからまた、揉めそうです。
学校では慕われても商社での居場所は無くなっていくんでしょうか。

校長として赴任した時につけたままだった社章を、校内で外したと思ったら今度は社に報告に行く時に外しててネチネチ言われてしまう鳴海さんw TPOに合わせて着脱できない不器用さが嫌われているのか、秘書が言うように能力を認めたからこその圧迫なのか。

「プリンセスメゾン」~最終回 ☆☆☆

♪終わらない歌を歌おう♪ で、終わらなかったよw 

そっか、マンションが完売したら販促のためのギャラリーは閉まりスタッフは散り散りになるのね。モデルルームが消えるところは何度も見てきても、そこのスタッフのその後を考えたことはありませんでしたわ。

伊達さんは、出身地が合併でなくなってしまったから街づくりを志した人なのだとか(彼をモデルにした漫画、読みたいw) 
そろそろマンションを売る営業職から離れ、目指した仕事に……。そこにまた沼ちゃんとの接点は有りや無しや。ラブだけで考えるなら、伊達さんと沼ちゃんくっつけばあのハイソマンション303号室で一緒に暮らせるだろうけど、それは沼ちゃんの家じゃないよね。

枯葉を集める大家さん。なんと染色家でした。あの美しいカーテンは手染めでしたのね。え、じゃあずっと探されてたなんとかさんて大家さん?  
バーのママと沼ちゃんが知り合った時にもこの人が……?と思ったけど違ったしw 最後の最後、もうマンション作る側がこれを知ることはなさげに出してきてほったらかしなのがこのドラマらしいですよね。 大家さんのあの汚い格好もゴミ集めも、染色が始まるとなるほど仕事着、作業中と思えるから不思議ですw

理子さんはステップアップの予感、受付娘と新米くんはカップルに。ご近所の妊婦さんは、生まれてくる子に染色された布がひるがえる光景を見せたいと未来を語り……。
ドラマは終わってもみんなの暮らしは続き、不安はかかえつつもそれなりに幸せで。沼越さまの家探しも続いていきます。
素敵な作品でした
 


「プリンセスメゾン」~6 ☆☆☆

え、伊達さん沼ちゃんのことを??
あとオープニングのBGMが何かに似てる似てると思っててやっとわかりました、Wiiの待機音!(WiiFitの、かもw)

マンション購入を決意した沼越さまと、どんどん親しくなる従業員たち。吉田羊似の理子さんなんて、「沼ちゃん」呼びだわ、職場の居酒屋のみならず自宅に遊びに行っちゃうわ、別不動産屋の中古住宅内覧にまで同行しちゃうわ、友達じゃないですかー! 当の沼ちゃんが、いそいそと来客用カップや座布団を買い足して嬉しそうなのでまあいいですけども。社会人としてちょっとどうかと。

しかしその「沼ちゃん」呼びを咎める伊達さんだって実は……。
中古住宅の内覧を伝え聞くと無理についてきて、兄妹という設定を忘れて専門用語でヒートアップw 同業者とバレちゃって相当恥ずかしいぞw 思えば初期にも、沼越さまが高額物件を買い急いだ時に冷水をあびせるような真似をして、でもそれってむしろ沼越さまの為に……?と怪しんでいた理子さんの読みは当たっているのかも。
6話ではついに、別の客沼田さま御一行をずーっと沼越さまと呼び続けるという凡ミスまで!
それが恋なのか投影や情なのかはともかくも、小娘にそんなに心奪われちゃっているのかと思うと可愛いw いつもツンとすまして慇懃無礼なのに、実はアヒルボートに乗るどころか池に近寄れないほど水が怖いという弱点も愛おしいw その昔、無理に営業した家に住む人が「幸せ」と言ってくれて涙ぐんだり。高橋一生の伊達役、どんどん魅力的になってきています。

テンション低く語らない主人公沼ちゃんと、そんな頑なな人を見つめ続ける伊達さん。囲んでワイワイ、沼ちゃんから元気をもらう人々w その辺の人間模様は「繕い裁つ人」にも共通する池辺葵の真骨頂、ドラマでも心地よく再現できていると思います。
誰もこないから、と丈短カーテンで暮らしていたぞんざいな部屋に、客が来て客用グッズが増え、ついに美しいカーテンがやって来たときの静かな華やぎ。大好きな場面です。そしてそれが美しいからこそ、田舎からきた従姉妹が「ずるい」と東京暮らしを羨むのが許せません。

両親を亡くした東京に、いつか戻ると決めていた気持ちも。一人で戻ってきてからの寂しい暮らしも。
「ずっと住み続けられる家」
というささやかな願いすらも、何も知らないくせに!

そんなやつ出て行ってもほっといていいのにね。心優しい沼ちゃんは追いかけて謝って駅まで送っていくんですよ。
いつぞや忘れ物の携帯を届けた金持ち娘にだって、私が欲しかった部屋を親の金でポンと買ってもらった挙句につまらなさそうに暮らしやがってー!と吠えたっていいのにね。黙って微笑んでピザおごられて帰るんですよ。いい娘だ。
静かに一人でしっかりと立っている。応援したくなります。でもこの調子では、家は買えずに終わりそうな。

風呂や帰り道、自宅のソファでくつろぎながら……と登場人物が口ずさむ流行歌もまた見所(あれ、6話は歌わなかった?)30分とは思えないみっちり詰まったいいドラマです。

「プリンセスメゾン」1 ☆☆☆

ファミリーマンションの内覧会。場違いな三つ編みリュックの小娘(森川葵)がうろうろ、買えるわけないのにと裏で笑う案内員たちですが……ありったけの貯金をはたいて、買っちゃうのか『自分の家』を?

ボサッとした居酒屋社員沼ちゃんを、派手オーラ封印した森川葵が好演しています。マンションなんて高い買い物、もうちょっときちんとした格好で行けばバカにされないのにw 
もっともお客様のことを笑っていいわけもなく、お堅い主任(高橋一生)だけは彼女をきちんと「沼越さま」と呼び、どんな時にもきちんと応対。きっと彼には自分の城があるんだろうなあ。でも受付お姉さんあたりは派遣の身、お高いマンション売ってるのに自分は賃貸アパートで、狭い浴槽に浸かりながら「東京砂漠」唸ったりして……切ないわ。
そして、ひとり飯に入った居酒屋で働く三つ編みちゃん、もとい沼越さまと出会うのでした。

マンション買う側と売る側が、居酒屋で出会ってしかも互いに「あ」と顔が分かっちゃうなんていかにもドラマ。そしていくら勤務時間外だからって、年上だからって、敬語なしで話しかけるのはどうかと思ったりもするわけですが。とりえあず沼ちゃんが正社員なことと、マンション購入に本気なことを知った受付お姉さんは、応援する気が湧いてくるのでした。

沼ちゃん、建材やオプションについても良く研究してますよ。「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」は賃貸物件、これは購入物件に特化かな。これから家を買いたい女子にいいかも。

あ、関西出身スタッフで志尊淳。吉田沙保里一押しとバラエティで連呼されてたの、この人かー。


「遺産相続弁護士・柿崎真一」1 ☆☆☆

なんて下世話なw
金持ちの葬式をチェックしては乗り込み、揉め事にたかるハエのようなクズ野郎、それが主人公の柿崎(三上博史)です。ぐしゃぐしゃパーマに適当スーツ。トトリをだらしなエロくした感じですかね。

今朝も老人の葬式で、亡くなる6時間前に入籍した若ーい妻と娘が取っ組み合い、壮絶です(^^;;;)
結局、妻(奥菜恵)から依頼を受けて相続権のお話し合い、娘(紫吹淳)から法廷で争うと言われてそわそわする柿崎。だって弁護士資格ないんだもん…って!これは斬新、詐称でしょうか。それとも剥奪?どっちもありえるw
夫婦の間に愛はあった、と証明したい柿崎側。老人ホームやら妻経営のクラブやらで聞き込みをすればするほど金目当てとしか思えず、柿崎の部下(森川葵)はこっそり娘とコンタクト。相続を放棄させてみせるから金よこせ、ですと。分裂してますね!

でも柿崎のセフレ歯科医(酒井若菜)情報では、老人はそのクラブママとのチューのためにインプラントを入れ、不要になって入れ歯を『ご褒美』と称して彼女に贈っていると……。いやあ、総入れ歯を総インプラントだなんて何百万円仕事ですよね。どんだけ愛しててどんだけ金持ち(^^;;;) なるほど歯科って金持ち老人とつながれますねー。
で、ご褒美ってことはその入れ歯が純金製?と推理するお茶の間でしたが、それじゃ重いよw

マスコミに『6時間妻』とバレ、追いかけ回されてカメラの前で愛と相続放棄を誓ってしまう妻でしたが、代わりに故人の思い出の入れ歯をもらうことを娘に認めさせ……なーんだ、入れ歯の箱に貸し金庫の鍵が入ってたのかあ。そこに現ナマ(相続税なしの裏金?) が唸ってたのね

もとい、二人のイニシャルと出会いの日を命名した星の情報も。
望遠鏡、覗き用じゃなく本当に天体観測が趣味だったのねー。亡き老人は彼女を愛して妻にしたし、金を無くした芝居をされても世話したし入れ歯を捨てなかった彼女にも老人への愛があったわけですね。
(日記中の<ママ>は、彼女に会ったその日から亡き愛妻じゃなくなっていた……ドラマ的にはいい話ポイントで純愛ですが、正妻の身としては自分の死後とはいえそんなことになったら嫌だなあ)

てなわけで柿崎は成功報酬6000万円を見事手にし、女どもにスーハー嗅がせてやって左団扇……と思ったら。借金取り(豊原功補)が現れて利息だと全部持って行っちゃいましたよ!利息だけで6000万円って元の借金はいくらなのよー!
追いかけた部下は、漁夫の利だった相続放棄の報酬小切手を持って行かれます。こちらも、300万円を口止料と言われて引き下がるって、どんだけ後ろ暗いのよー!

いやあ、一筋縄ではいかないメンツ。また弁護士ものかあ、と文句言ってた旦那も最後まで笑って見ていて、期待以上の面白さでした。文句といえば、瀕死の割に枠に収まってる婚姻届の署名と、日記や星を贈るメモの妙に読みやすい文字w そこは老人の達筆でお願いしますよ、持ち道具さん。さておき、毎回とんでもないお家騒動や荒技法解釈が見られたら面白そうですねえ。
その反面、毎回見なきゃいけない話でもなさそうな……。例えば柿崎の過去やら借金の事情なんて解き明かされなくてもいいです。ずっとこんな男として生きてきててもいいじゃない。

「監獄学園」~最終回 ☆☆

『裏生徒会』があれば表もある!……確かにw

おばかだわ、エロいわ。とんでもない学園ドラマが最終回を迎えましたよ。なぜ私はこれを最後まで見てしまったのでしょう。なんかクセになるんです(^^;;;) 
通常は最終回あたりで発売決定が知らされ3ヶ月〜半年は待たされるDVD、なんともう来週には発売されるんですね、早い! 最初から販売で稼ぐつもりだったのかも。未放映にどんなもっとエロいことがー!と思ったら男子はマストバイですものねえ 
そういう意味では最終回は、監獄から解放された男子生徒の学園生活に時間が割かれて笑えるエロ場面少なめ、証拠のUSBを某所から取り出して校長に渡す下ネタぐらいで、あれは渡す方も受け取る方も拭けばいいのにとしか(^^;;;)  
思い出の中で一番くんだらなかった場面は、ドアノブにパンツひっかかってブリッジしてる副会長でしょうか。脂汗流して苦しんでいるのに、会長と金髪ボブちゃんは平然とティータイムw 副会長がまた身体鍛えてるねってぐらいに思われたのかなw あとは調理実習での花のエリンギw そ、そんなもの握りしめて記憶鮮明になられてもー。元々グラビアな副会長役護あさなはむしろど真ん中なお仕事+演技力を示せたとして、モデル出身の森川葵はアレ大丈夫なんですか、攻めてるなあ(^^;;;)
男子で印象に残ったのは主人公よりも柄本時生の岳人でしたよ。あ、理事量高嶋政宏もw

思えば発端は女風呂覗き。果たしてそれが監獄一ヶ月幽閉に価することなのか。むしろ奸計を弄しまくって解放しなかった裏生徒会の方が問題……ってことで、最後は生徒会が入れ替わりで監獄に!
ダサかった囚人服が妙に色っぽくなってます。そして終始高慢ちきだった会長が、不安げな眼差しを……。さてパート2に続くんでしょうか。男子が裏生徒会を助けて表と戦うことになるとか?
また見ちゃいそうな自分が怖いですw 

「監獄学園」2 ☆☆

うーん見事な谷間。たわわなおっぱい。
何が何でも手前にどーんとおっぱいが映り込み、顔を踏む靴越しにパンティ(黒)が写り込むという頑張ってるカメラワークに感服です。ほんとすっごく綺麗に撮れています!
男子生徒の監獄暮らしなんてその熱意に比べたらおまけみたいなものですねえw 

露出の多い生徒会副会長に罵られ、踏まれ、靴を舐めろと言われて抵抗する主人公なのですが、他の4人にはむしろご褒美に(^^;;;) それでは、と金髪ボブのかわい子ちゃん(森川葵)に看守が交代、楽になったと思ったらそっちは空手の名手で本当にただ殴る蹴る、ミニスカの下にジャージ着用でパンツは見えないし巨乳でもなくて辛いだけ……ってさ、もう、なんなんだお前ら(^^;;;;) 
男性不信の生徒会長じゃありませんが、こいつらとは話が通じない、とひたすら悟る30分のような。 唯一納得したのは、監獄入りへの公式抗議は親絡みになる、と言われた途端に黙って従うところですw 確かにどんなに処分に不満でも、原因が『女風呂を覗きました』じゃ親に言えませんねえw

それでも模範囚なら土曜は外出可、ということで約束の相撲デートに行こうと頑張る主人公でしたが、ハプニングで台無しに(主人公は悪くないのにねえ。野ションとかw)
じゃあ脱獄か? 
そして来週も見るのか私?


「監獄学園 プリズンスクール」1 ☆☆

バカですねえ……w 

人気漫画のドラマ化。本屋の平積みで表紙を目にしたのか、衣装に見覚えがあります。
ほぼ女子高の中たった5人で肩身の狭い男子生徒。裏生徒会だの、学内監獄だのと設定はエクストリーム。「JKは雪女」の録画設定のままで後半しか録画できていませんでしたが、そこだけでもうお腹いっぱいです。

女風呂に潜入、密かに思うクラスメートと脱衣所で鉢合わせ。
視力の悪い彼女は、主人公を女生徒と思い込み、手を引いてどんどんと大浴場に連れて行ってしまうのだー いやいやいやw 入浴中の女生徒全員ど近眼ですかw  てか握られてる手首がもうゴツいのですが『こうだったら天国!』という原作者の鼻息にもう何も言えませーん 挙句つかまるのは、主人公のケータイ画面を通じて屋上で覗いてた他の男子生徒の方が先ってw 

結局5人ともが囚人服を着せられて、一ヶ月の懲罰房入りを命じられての1話終了。

え、それじゃもう女生徒と触れ合ったり、うっかりチラ見えする機会もないですよ、いいんですか? 逆に何が起きるのか気になって録画設定を直しましたよ。脇の柄本時生やガリガリガリクソンがまたいい味出してます。

「テディ・ゴー!」1 ☆

「TED」じゃないのね、霊が喋るのね。
可愛い(?)ぬいぐるみテディが、鏡に映ると哀川翔なのねw 
そうなると「ゴースト」のウーピーゴールドバーグから「ボーダー」まで、よくあるっちゃーよくある設定でしょ。そして、ゴーストの声が聞こえる人間が、つい返事して聞こえない人との会話がこじれるのもお約束。

しかし今作ヒロインの察しの悪さはひどすぎですw 
そりゃ、自分は殺された刑事で、多分殺したのはこいつらだってことを伏せてヒロインを行かせたテディも悪いけど、ヤクザの事務所でもなく、一応はただの学習塾。「隠し金を取りに」と嘘目的は言ってあるんだから、もうちょっと賢く口閉じてようよ。◯◯の姪ですって詐称しておもてなしされてるのに、亡くなったのを知らなかった返事しちゃダメダメダメ。ああイライラする、だから振られるしバイトも首になるんだよ! 
しかし、窮地に突然「ぶーっぶーっ」と受信音を口で、受話器も手で作って部屋から出て行く強心臓には脱帽w 賢い娘にこれはできないかw 今回魅力的な森川葵、きれい系イジワルよりアホの子が似合うのかも。 

ラストに衝撃の事実、テディ刑事が殺された時、視界を遮ったハンカチはヒロインが捨てたもの。 
なぜ死亡時に分からないその事実を霊の今知ってるのかはさておき。 ちゅーちゅーしてたぬいぐるみ、遺品や事故現場の遺留品から流れ流れて射的の景品なんですか!霊以前にえんがちょだ! 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ