ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

森山未來

「リミット 刑事の現場2」2☆☆☆

今度の掟破りは、遺体とご対面!!
しかも焼死体です、きっついわー。

「ついてこい」
と、梅木が容疑者に声をかけてから遺体安置所まで。画面ではすぐでも、移動する間に何をするつもりかは分かると思うんだけど。(特に、加藤君はもう薄々察しがつかないと!)
でもやっぱり”まさか”と思いますよねー。

しかし画面のこっち側で”まさか”だったのは、今回も
「分かります、もし僕があなただって」
とまた言い出す加藤君。ええー??
ダンボールハウスごと中の浮浪者も焼いちゃっていい、と思うの??

ここで犯人を庇おうと出来るあなただからこそ、そんな非道いことを思うはずがないと…・思うのですが。隠している事があるのかしら。
まーさーかー、マリアの亡き恋人ひき逃げ事件に何か関わってるとかいわないよね(事件がひき逃げだったのにもびっくり。1話で侵入者がいたような映像があったのに)

一方の梅木さんは、17年まえに婚約者を(え?当時梅木何才??)殺され、犯人を今も殺したいほど憎んでいるのでした。
「殺す!」
って即答でしたよね(^^;;;;)

犯人も愛したいという加藤、憎むものだという梅木。
セオリーでは若造の人間愛に荒れたベテランが感化されて変わるものですが、武田さんの怪演と脚本のパワーで、逆もアリな気がしてきました。

加藤の私生活がぜんぜん愛に満ちていないので、正論を語ってはいても何かオーラがマイナスなせいなのでは。加藤君もマリアも可哀想。

殺伐と辛気くさいこのドラマの清涼剤は、いちご牛乳の君です。あの強き、好きー。

「リミット 刑事の現場2」1☆☆☆☆

通り魔殺人。
犯人に人権なんかない!と言い切ってしまう梅木刑事@武田鉄矢に胸がすっとしましたよ。

だって、そんなことが出来るのは人間じゃないから。
……はまだしも、
「バーカ」
に犯人ぶち切れてましたけど(笑) まともじゃない刑事を取り調べに指名して、何を期待してるんだか。謝罪だあ? ボコられずに暴言だけですんで御の字でしょうがー。

で、組まされた主人公、加藤刑事@森山未來は、犯人にも理解を示す派。人間を愛してるとか。
そういう奴に限って……と梅木が揶揄するので、酷い目にあう、と続くのかと思ったら何と、いつか自ら酷いことをすると言われてましたよ。予言?

この辺でもう既に前のめりで視聴。めちゃ面白いじゃないですかー。
しかも梅木も、過去には今の加藤のように愛にあふれた刑事だったのに? いったい誰を殺そうと思っているのか?(彼の論だと、”憎い相手を殺す”のは人間としてOK? ^^;;;;)

愛娘を意味なく奪われた父を、超法規的に犯人に会わせてやる梅木。
「私も殺したってください」
と泣いてすがられ、犯人が流した涙は……悔恨だったのか。少なくとも、父親の側にはきちんと恨みを吐き出せたカタルシスがあって。梅木は感謝されていますよね。
加藤に何が出来たのか、出来るのか?
次回では思いっきり”偽善者”呼ばわりされているしー。

どうやら犯罪被害者ならしい恋人@加藤あいとの結婚も、何か過去の因縁で問題がありそうだし……。

加藤くんから目が離せない予感。楽しみです!

「役者魂!」8・9 ☆☆

 血が繋がっていなくても家族だ。

 …そ、それを言いたいだけなら別に、芸能プロダクション設定は必要なくありませんか。ああでも、これが会社の社長と女子社員で、隠し子と同居じゃやっぱりまずいか……。
 俳優とマネージャー。
 密接な関係でありながら雇い主は別にいるというパワーバランスがいいのかなぁ。どうかなぁ。

 そんなわけで、前回はヤケ食いで売れた切符が今度は熱愛報道で売れました。はいはい。

 小学生がメールし放題、外で食事してきて相手のご家族に挨拶してないのって、普通にダメでしょう。注意する瞳美に逆らう桜子にイライラさせられっぱなし。アントーニオがびしっと怒ってくれてやっとちょっとすっきりしました。
 親子なら殴れるってのはまた問題が違うと思うんだけど、少なくともダメなもんはダメだよね(誰が払ってるんだ携帯代)
 しかし瞳美、探してもクラス名簿はみつからないと思うぞ。昨今の学校は”個人情報保護”に神経使ってるから。

 たかが誕生日で機嫌を悪くしたシェイクスピア俳優。
子供達が選んだマフラーを次の回で使っていてちょっと笑いました。瞳美へのプレゼントだったって知ってたくせに、構わないんだ返さないんだ(笑)

「役者魂!」7 ☆

 あ、妄想が妄想に戻ってる(^^;;;)

 父親を嫌う娘3人。「リア王」ですね。
でも妻との関係さえ良好なら、家に居なかろうがパパはパパだと育つ筈でしょう。これは娘との関係以前に、5年前に死んだ奥さんに恨まれていたんだと思いますよ……怖い。
 サブタイトルの”できちゃった結婚”は、頼みの綱だった3女。でも彼女と会って何が起こるでなく、本能寺パパも妊娠については怒らずスルー。まったく本筋と関係なかったじゃん!

「リア王」演出をやりたがってる社長。
例によって社長絡みの場面になるとメチャ楽しくて……ホントにホントに、ただの「芸能事務所奮戦記」で見たかったー。

 いまや親公認になっちゃったロミオとジュリエットは、
「結婚するって言われたら嫌いになってた」
と、摩訶不思議なことを言って燃えるリナちゃんが別れてくれません(^^;;;)障害のある愛が好きなのね?? …それって、結婚したら冷めちゃうってことじゃなくて??
いやーそれも、「芸能事務所奮闘記」で見たかったって。

 瞳美と子供達が本能寺邸に移り住んで、家族ごっこもしてみたけれど2日で終わり。
だよねー。っていうかそれ続いちゃったら、若い愛人と愛欲の日々、既に子供も2人って報道されちゃうって!!

 ついに桜子まで妄想してみる様に(^^;;;) それでいいのかなー。

「役者魂!」6 ☆

 社長のパスタvsアントーニオのシチュー♪
エンディングでのお料理対決、楽しかったですね。っていうか、そこしか楽しくなかったよ(^^;;;)

 教育費の為の夜の仕事なのに、内緒にするから案の定誤解されて怒られて嫌われてさー。唯一事情を知ってるアントーニオからいつフォローが入るかと思ったら後半出て来ないじゃないの!
 相談の仕方が分からなかった、ずっと1人で生きてきたから、って瞳美らしいんだけどね(「家族」竹之内豊の思考もこれってことかー・笑)

 まったく間の悪い時に高熱出すチュウ。でも子供ってそういうもんだ。大騒ぎの末、夜間診療から連れ帰るのに、雨の中おんぶで大通りまで出る一行。
いやタクシー呼べるだろっというツッコミよりも、ここか?ここで内緒で仕事中の瞳美に会えるのか??という焦りで前のめりで見てましたよっ まったくもー。瞳美ももっと大声出して!分かり易く!!

 反省本能寺さんが、自分の娘を呼んで子供を育てさせるって。それもいきなりっちゅーか。
とにかく金だけ出してくれればいいんじゃないの?

 そうそう、ロミジュリカップル。父親同士の和解でかえってややこしいことになりそうで・・・・タイミングさえ合えば好きあってたワケだから、モヤモヤ。笑えないわー。
 で和解の過程が、前回の”情念の女”と同様、瞳美の妄想モードな描写なのに真実っぽい。これって、彼女が妄想に逃げなくなってきたということなんでしょうか。それとも路線変更??

 瞳美の合コン疑惑を否定する、留守番経理くんのセリフ
「男なら間にあっているというのに??」
これは笑った。森山君いいなー。

「役者魂!」4・5 ☆☆

 うんうん面白くなってきた!
でもそれって、松たか子や森山未来の個人技だよね?

 チュウを引き取る云々はもう無かったことにして。
経理とアイドルのロミオとジュリエット騒動。これを収めるためには、松たか子が無理にでも経理を誘惑してオトスしかない!!・・・って発想もどうかと思うけど、誘われたらあっさりと
「年上好きです」
ってその気になってる経理!いいのかそれで!!

 そこでの松の気のない口説き方(教わったセリフそのまんま)も大笑いなら、以降突然に視線がじとっと湿り気を帯びる経理くんのキモさも上等(^^;;;)
 いやでもそれって、普通の会社の上司と部下でしたっていいワケで、なにも芸能プロダクションのマネージャーが、担当俳優の隠し子の生活費稼ぐためにしなくたっていいワケじゃないですか!!

 「家族」を演じる俳優とマネージャーが変に陽気で、戸惑う子供達。
一方で実の父子は喧嘩腰、照れくさくて見送りもしないわけで
「家族ってそういうものでしょう」と言われても、幼くして死別している松には分からない。幸せな「家族」で育った経理君にちょっと見惚れる。そんないい場面もあるんだけれどもね。
 全編通してあまりにくっきりはっきりと作り事で疲れます。

 まさか最終回で結婚して「本当の家族」になったら笑うよ。誰とって・・・本能寺と??

「役者魂!」2・3 ☆☆

 どんだけ大福が好きですか、シェークスピア俳優(^^;;;)

 ちょっとTVで目立ったからって、即日大入り満員だなんてお手軽。
でもそれ言っちゃったら前回の、やる気ゼロ「リチャード三世」がかえって大絶賛!!ってのもそれこそヒドい嘘だし。もしかして君島さん、演劇になにか恨みでもあるのかもってぐらい(^^;;;)

 そしてご近所のゲイといい、バラエティに馴染まない老俳優といい、実に紋切り型で・・・・何かをワザと表現したくてやっているとしか思えないんだけど・・・・その何かって一体なに?(^^;;;)
相変わらず元俳優の社長は素晴らしく場を浚うので、社長と秘書の出会いの方を本筋で見たかったぐらいです。

 とりあえず、ヒロインが小学生の母、俳優がお祖父ちゃん、経理とアイドルが弟妹ってことで疑似家族オーライ。
 来週は小学生その2が実の父に引き取られるっちゅーことで騒動らしいけど、それをひきとめられるほどの絆が、出来たばかり疑似家族にありますか??

「役者魂!」1 ☆☆

 妄想癖のある、天涯孤独ヒロイン松たか子が・・・・・・何をする話??

 1人が寂しいとは知らなかった、という前フリで家に子供が転がりこんだということは、この先同居コメディがスタートするのか??(それにしては、子供達があまりに・・・可愛くな・・・モニョモニョ)

 シェークスピア役者藤田まことの過去でまさか3ヶ月ひっぱりはしないだろうし?
経理の森山未来とは別に恋にはならなさそうだし?
朝ご飯をつくってくれるオカマとの友情はどうでもいいし(^^;;;)
事務所独立したら潰されるし(香川照之社長ステキ・笑)

 いろんなことがどうでも良くて不明のまま、「人生思うようにはならない」が座右の銘のヒロインとともに漂った第一回。視聴率悪そう〜。でも、退屈はしなかったなぁ。
 初日の幕は無事に開くのか??は、どうでもいいけど次回も見ます!

「危険なアネキ」2 ☆☆

 やっぱり料理できないんだ、姉(^^;;;)
レパートリーはチキン南蛮だけって・・・ポンカンと並んで名物なんですか??

 実はもうリタイヤしようかと思っていたくせに、不純な動機で(北陽とインパルスがゲスト出演って)つけてみたら結構笑えてしまった。
 弟の怒り方に理不尽度が減って、見やすかったのも1つ。でもその他にもミスターポンカンはでるわ、借金取りは荒川良々だわ、高嶋弟はグッジョブだわ。

「教授は、家が医者だったりお姉さんが美人だったりで差別するお人では」
いやホントにそれ、お姉さんは関係ないから(笑)
 酔って帰ってきた姉の痴態に、水かぶるタイミングはもう芸の域ですよ。

 これで、人が死ななかったらもっといいのにな。
病院を抜け出してキャバクラで倒れる末期癌患者、坂上二郎さん。見ていたら淋しくなっちゃった。死んだ娘の好きだった歌を、姉さんと歌えて幸せに死にました、って言われてもなー。

 舞台が病院じゃある程度仕方がない・・・なら、他の職業なかったのかなー。
 バカだけど人の良い姉vs冷血秀才な弟、を端的に表すなら、弟は敏腕弁護士・・・・弟はパイロット・・・弟はレーサー、ホッケー選手・・・は関係ないし。あれれ。

 まぁとりあえず様子見で。うふ。

「危険なアネキ」1 ☆☆

 なんでそんなにお姉ちゃんがキライなの??

 アネ視点のモノローグから一転、ラブコメな弟@未来くん。可愛かった♪
ここで美人のアネが乱入!となったら、マヌケでも明るい展開を想定しますよね(「鬼嫁日記」みたいな?)子供扱いしすぎ!とかさ。揉め事でも、意中の彼女から恋人と誤解される的な?
 なのに弟くん、強気で陰気に本気なんですもーん。さっきまでの好感度いきなり急降下じゃーん。

 下宿代に医大の学費、お父さんが出してくれたんでしょう?
お母さんはいない様子だし。実家時代の掃除洗濯食事の用意、お姉さんがしてくれたんじゃないの?それも弟担当だったなら、ちょっとは同情してあげるけど。
 ハッ そういえば姉さん、酒盛りはしてるけど手料理で出迎える場面がないっ 顔がいいだけで家事出来ないのか??

「アナタみたいにならないように」努力を決意した、その幼少時のトラウマが知りたーい!
究極、倒産も父死亡も後半に分かればいいから、代わりに可愛いアネと比較されまくって損しまくって、アネのバカの後始末ばかりしている、弟君の悲惨な半生から話を始めて欲しかったです。

 でもまぁ、ファンタジーだからいいか。
高嶋先輩から教授から現場のオッチャン患者さん、お姉ちゃんと出会う人はみんなお姉ちゃんのファン。そんな人気者だからこそ嫌いダーってなることはあるかぁ。それが不愉快に思えちゃうってことは、私もお姉ちゃんファンになっちゃってるってことだもんなぁ。

 婚約者に会いたい一心でキャバクラに勤めるお姉ちゃん。
何だそれ、と非難する弟だけど、いざ姉が悪し様に罵られたらやっぱり立ち向かっちゃうんだよね。分かっててもここは嬉しかったです!!
 そして気がつく。看護師の釈由美子がホステスしてるよ??

 迷惑な姉とちょっと仲直りしたところで、人間関係&物語が動き出すのは来週からになりそうです。とにかくこれ以上誰か死んだりはしないだろうから、気楽に見ます。

 インテリアもなかなか楽しい。弟君の部屋が古い和室でスクリーンと工夫で演出しているっていうのに、友達のボンボンのマンションったら2階付き。リビングにグルグル回る階段ついてるの!

 そうそう、芸人カメオ出演です。
一昔前なら伊藤俊人だの相島一之だの、劇場出身の役者さんがしたような役を今時は芸人さんがするんだよねー。
焼き芋屋の堤下さん、いい味だしてました。飛行機でのどに玉子つめてた板倉さんは・・・(^^;;;)恥ずかしくて直視できませんでしたよー。てっきり、CAの1人がイタッチーなんだろうと思って探してたのにっ

「ラストクリスマス」8 ☆☆

 検査って・・・妊娠だよね??(何故一週間もかかるのだ)

 元カノの桜井幸子が急に嫌な女になっちゃってびっくり。「住む世界が違う」だの「健次は普通の幸せを望んでる」だの。”子持ちバツイチ女”と”年下の美人秘書”を比べたら、相手として普通じゃないのは自分のほうだぞ(^^;;;) 一瞬、わざと嫌われて身を引くつもりかと思ったら宣戦布告でしたよ。

 それでまたぞろ夜、健次を誘ってお食事です。だから赤ん坊はどうしてるの! 見てるこっちだって
「仁美のそんな言葉聞きたくなかった」
ですよ、まったく。
 でも、これで元カノとの線はきっぱりなし。
先週のラスト「別れようか?」も、「何で俺試されてるんだろう」と大人の余裕で受け流す、健次の揺るぎなさが描かれてホッと安心です。
「そこに座りなさい」って説教する織田ちゃんもすてきー♪
いつまでも手をひろげたままの青井も可愛い。いっそそのまま抱きついちゃえっ♪

 借金話はネー。 そろそろ元の旦那と対決かと思ったのになー。お友達だったねー。

 現金ポンと渡すあいつも、説得に行く健次も、ちょっとヤリスギ。
お金に困ってる相手のところに、キレイ綺麗な格好で訪ねる青井とMEGUMIも無神経なら、手ぶらで座ってた公園のベンチに、どーんと大きな本忘れる女も女。

 ボウリング対決にも呆れました。そんなことで結婚を決める取締役といい、このドラマの会社ってどこまでしょーもないんだ。(一本スジが通っているともいえる)でもね。
”青井に応援されるなりストライク”には完敗。カッコイーんだもんどうしよう(^^;;;)

 そんなわけで、端々呆れながらも楽しく織田ちゃんを鑑賞してキャーキャー言ってます。
 2人の間のドアが消えてしまう場面も、流れを考えずにそこだけ見れば素敵素敵!
青井が入居する前に済ませておいてよっと思うんですけどね。それ言ったらドラマ始まらないからさ。

 そうだ。MEGUMIと新入社員。
 実は貴方が好きだった・・・からといって、結婚は全然別、ときっぱり言ってくれてすっきりしました。このまま是非、最終回まで心変わりしないでいただきたいです!!

「ラストクリスマス」6 ☆

 新谷さんに首絞められてる新入社員。
「俺・・俺・・・」

「ずっと取締役が好きでした!」・・・と、アフレコをして遊んでみる(笑)

いやー、MEGUMIが好きだといいだすかと思ったら、応援するんですか、それは意外でした。

 今回も決め台詞てんこ盛りの「ラストクリスマス」です。
でも、決め台詞ってここぞと言うときに使うから決まるんであって、何かを狙った手の込んだ会話ばかりずらずら並べられても・・・お腹いっぱい(^^;;;)

 それに、観たいのはメインカップルのラブラブなんであって、お母さんの同級生捏造とか、玉木くんの思い出のツリーとか、どうでもいいし!!
 同窓会、ホントに詐欺だったの? 替え玉立てるにしろ、ただ「**クンに会いたい」と言い出すだけじゃダメ??
 絵描きカップルの方は、指輪といいNYといい、エピソード凝り過ぎ。4年4年って。だったらそっちメインで別のドラマ作ればいいじゃないのさー!!

 今週も、チケット買って嬉しそうな春木くんとか。ハートのトーストとか!織田ちゃん絡みの場面はキャーキャーいいながら観てました(^^;;;)
 地図がいつの間にか春木側に貼られて、ピンは2つ並んでイエローナイフに!!キャーッ♪
エレベータの2人なんて、つきあい始めの初々しい感じがむんむん♪ 「5股の1人は春木か」と言われていた先週の疑惑を、思いっきり会社中に裏付けてますよねぇ。
 こういうのをもっともっと観たいわけですよっ!!

 しかし、そうなると半同居の設定がかえってジャマかも。
「一緒に部屋にいる」ことが日常でドキドキしないもん。

 家にいる2人、所帯じみてますよね。どーんと安定して。
だって、2人で招く相手が 元セフレって!!
ちょとは気にするでしょ、つき合いの浅いカップルだったらっ。特に春木の方はっっ。
招かれた玉木くんの方も、春木が自分と青井の関係を知ってるかぐらい確認しろよっ

 元カノに誘われてもほだされず、「何いってんだ」と背中を向ける春木さん。怒ってすらいない吹っ切れっぷりが盤石です。
 青井もそう・・・だよねぇ?

「ラストクリスマス」5 ☆☆

 きゃ〜っキスキス!!きゃ〜っ(大興奮^^;;;)

 いやぁ、じらされました。
「この期に及んで」好きだと言ったの言わないの「ありえないっ」春木さんだし、だいいち中盤での「俺が守る」発言で既に、ここで抱き合ってキスだろう????と気が揉めること揉めること。

 悪いけど、このドラマでの『仕事』『会社』描写の陳腐さは噴飯モノです。たかが中傷ビラで進退問題。きっとトイレ流し忘れても左遷だよこの会社。(支店で働く人に失礼ですね^^;;;) ご丁寧に写真入りの、ビラ作成者の品位は問題だけど。
 それでも我慢して観ちゃったのは、ひとえに春木と青井の仲がどうなるのか観たかったからですから。電飾ツリーの下でのキスですよ♪
 ああ満足。

 そうそう、ビラ。普通こういうのって事実を針小棒大にねじ曲げて書くものでしょう?なのに今回、5股もレディースもタダの真実で、笑ってしまいました。粉飾の仕様がない(笑)なので、青井がショック受けてるのが不思議。・・・・作ったのが春木や新谷だと疑う展開かと思っちゃいましたけど、違って良かったわ。

さーあこれで、元婚約者との再会も盛り上がるぞ♪
新人くんとMEGUMIの仲は、どうほだされていくのか興味あります。でも、デザイナーと女たらしの方はもう出てこなくていいよぉ。脇役の指輪の思い出なんてどうでもいいよぉ。

 ついでに、病気もどうでもいい・・・・・・・。

「ラストクリスマス」3 ☆☆

 MEGUMI、『意外にイイコ』カード発動!!
スーツのまま料理始めた手つきは怪しかったですけどね?。どうする新米社員。取締役に押しつけるのが嫌になってきたか?? MEGUMIに誘惑される伊原さん、視線がとにかく胸元!!「新選組」ではあんなに渋くてお素敵なのに(^^;;;)

 時間を割いてた、玉木と絵描きさんの4年愛はどうでもいいのだ。玉木君の変な髪型の謎が解けただけ。ずっと隠していた気持ちなら、個展にだしちゃダメじゃん。直接本人に贈るor裏にしまった絵を青井がみつけた、ならともかくさ。
 裏切られた婚約者が可哀想だよー。

 それでもって、メインの2人はずっと説教して/されてるだけでさー。散漫だなぁと思っていたところに、ほっぺにチュ♪ はちょっと嬉しかったです。そーだそーだ!!
 春木さんの紙芝居も良かったよね。口にすると説教臭い台詞をひらりとかわしてくれました。ちょっと寒かった『笑うところ!』も、ちゃんとこれでオチた感じ。

 ラスト、りょうの旦那も乗り込んできて、来週は話が動くかな???

 しかし、何をどう伝えると春木が殴られるコトに??
 りょうに抱きつかれた時にも、抱き返さず、拒みもせず、ノーガード戦法だったじゃないですか。誰に対しても、彼は終始受け身なのよ。本人どういうつもりなのかは謎ですが、女の子にとっては、ガツガツ迫ってくるひとよりも楽しくちょっかいが出せるには間違いない。

 最後に。ゴキ○リは、もっとそーっと追わないと危険です。飛ぶよ?

「ラストクリスマス」2 ☆☆

 手を出す気はない。全くない。でも君の力になりたい。
そんな展開を、いっそ10代のヒロインと足長オジサン織田ちゃんの話だったらなと思いながら見ていました。恋愛感情ゼロで振り回される設定が、それなら納得いくじゃないですか。例のビデオも、実は女優を夢見ていろんな設定で撮影してあるとか(笑)

 妄想はさておき、場面場面は楽しいでーす。
 お風呂借りる矢田ちゃんが、シャンプーは自分の!!だったり(^^;;;) MEGUMIに捕まってる未来君はかわいいし。
 納品の手違いは、職場モノではお約束。何故かモデルの代わりをさせられる織田ちゃんと矢田ちゃん!!エッチ直前で逃げられてやけ酒の次期社長(笑)

 ・・・でも、時々ハッと我に返っちゃう瞬間があるんですよ。こいつら何才だ?って。特に正論吐く織田ちゃんがもーカマトト。それが死語だったらナイーブ(^^;;;)可愛いけどね。

 ちょうど歯医者でみたAERAがそんな特集でしたよ。普通にカッコイイのに恋愛に臆病な30代の男たち。女の子に夢があって、幻滅したくない。職場や合コンでは楽しくやっても、深いつきあいを避ける。・・・ってことは、このキャラクターわざとなの??
 さんざん前フリがあってりょうに告白されて、『びっくり』するなよー。
 矢田ちゃんにだって、枯れてもホモでも童貞でもないなら、ちょっとはその気になったっていいじゃないの?。もちろん、そのうち恋愛になるんでしょうが今の関係がなんだか高校生みたいで、ちっともドキドキしないんだもん。

 ・・・あ。「絶対恋愛関係になる」という保証はないのか。これが月9幻想??

 どうでもいいですが、 あのウェアとボード、フジTVのサイトで売ってるんでしょうか。・・・スキーウェアにスキー靴はいて海に落ちたら絶対溺れるわー。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ